5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

虐待を考える(煽りなど統一スレッド)1

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/10(木) 19:03
虐待者に対する煽りや、罵倒はここで
まとめてください。。
また、似たような煽りスレッドが立ったらここに誘導して下さい>住民
(ちなみに削除忍 ★さんのアイデアです。。)
ガス抜きで。。

765 :黒ムツさん:01/09/29 13:15 ID:kOg5Qe32
河童の 川やなぎ。

川やなぎの下にはいつでも泥鰌(ドジョウ)が居る。

766 :黒ムツさん:01/09/29 13:16 ID:0D4PHihg
かわやなぎってなんですか?(ワラ

767 :黒ムツさん:01/09/30 08:23 ID:MeA9KanA
あげ

768 :Ω返し(ぽあ)@賞味期限切れネタ:01/09/30 15:48 ID:yTGCojCQ
昨日、2chの「ペット大嫌い板」行ったんです。「大嫌い板」。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんかスレたってて、「猫虐殺」、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、「猫虐殺」如きで喜んで「ペット大嫌い板」に来てんじゃねーよ、ボケが。
「猫虐殺」だよ、「猫虐殺」。
なんか子持ちとかもいるし。一家4人で「猫虐殺」か?おめでてーな。
「よーしパパ三毛猫〆ちゃうぞー」とか言ってるの、もう見てらんない。
お前らな、10円やるからまともになれと。
「大嫌い板」ってのはな、もっと理路整然としてるべきなんだよ。
議論のテーブルで向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
諭すか諭されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。キチガイ供は、すっこんでろ。
で、やっとまともな議論が始まったかと思ったら、今度は愛誤の奴が、「かわやなぎ」
とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、そんな間違いする奴なんてきょうびいねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、「かわやなぎ」、だ。
お前らは本当にペットが大嫌いor大好き、なのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前ら、子供の口喧嘩したいだけちゃうんかと。
野次馬の俺から言わせてもらえば、「大嫌い板」の病巣はやっぱり、
虐殺おたく、これだね。
虐殺おたく。これが頭痛の元。
虐殺おたくってのは電波が多めに入ってる。そん代わり知性少なめ。これ。
で、それにネット環境、これ最狂。
しかし虐殺を実行すると次から愛誤にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
まともな人にはお薦め出来ない。
まあお前らドキチガイは、三流虐待文でも食ってなさいってこった。

769 :煽り隊員2 ★:01/09/30 15:50 ID:???
しかし、このシリーズいいな(w

770 :黒ムツさん:01/09/30 16:29 ID:wH6a/JD2
test age

771 :黒ムツさん:01/09/30 20:16 ID:unBI9Bsw
少しはまともな議論希望あげ

772 :正ムツ ◆jfV/EOA. :01/09/30 20:26 ID:1LQaXhK.
今はカワヤナギ遊びが旬だからなー。
カワヤナギが燃え尽きて廃人になるまで議論の季節はこないんちゃう?

773 :黒ムツさん:01/10/01 00:30 ID:Ll/wI/T.
 あげ

774 :黒ムツさん:01/10/01 01:22 ID:Cw1obnZI
>>772
かわやなぎ、いい線まで逝ったのに仕上げが拙いよな。
所詮バカなだけに後が悲惨。

775 :黒ムツさん:01/10/05 16:51 ID:iKqXtur.
まさかとは思うがここに人様のペットを殺してる奴はいないよな?

776 :黒ムツさん:01/10/06 11:24 ID:Pe9eXF0w
人様の物を〆のは愛誤だけ

777 :禿○:01/10/06 11:28 ID:5pvkCFk6
777!

778 :660 駄文・長文スイマセン:01/10/06 20:45 ID:05B/ciNQ
>660〜>731を踏まえて
『娯楽としての猟と虐殺との違い』
―――何故一方は社会に容認され、他方は否定されるか?

先ず、視座を何処に据えるかという事を考えると
(1)殺される動物の視点(2)殺す人間(ハンター、虐殺者)の視点(3)その行為を見る第三者の視点  が考えられると思いますが、
こと、「社会が容認するか否か」と言う問題については、やはり(3)の視点で考えるのが
妥当だと思います。

両者の違いを>>731で言う「対象の可愛さ」と、「行動の発生初期の目的」
に求めると言うのを参考にして自分なりに考えたんですが、
この場合「対象の可愛さ」と「行動の発生初期の目的」を心の中で天秤にかけている
ようなものでしょうか。
一方はその動物を殺す事を肯定し、他方は否定する。
天秤の一方の皿には「可愛さ」の変わりに「希少種としての価値」みたいなのも乗るかも
しれませんし、他方の皿の「行動の発生初期の目的」の変わりに「その動物を殺して得られる利」「その動物を殺して防げる害」等を乗せることが出来るかもしれません。

 結局、猟と虐殺の違いは前者が「それが太古より続けられており(=歴史・伝統)
今は娯楽になっているとはいえ、その原型が食料の確保(=必要性)にあった。」
と言う事が、「殺される動物への憐憫の情(=思い入れ・情移入)」を上回る、あるいは、
越えて納得させるに足ると言うことであり、後者=虐殺はその行為への抵抗感を上回る
「訴求力」のようなものがそれ自身に無い。と言う事のように思えます。
 また動物への「感情移入」の度合いは、その動物の種類によって違ってきますし(→ゴキブリと犬猫の比較)、人によっても違ってくる(→愛誤と黒ムツの比較(笑))のは言うまでも無いと思います。

例えば食用の動物の屠殺似ついて考えると
(殺される牛やブタは可愛そう)<(美味い肉は食べたい)
   ※ただし、条件として自身の心理的負担(?)を軽減する為
    屠殺の現場は秘匿・隠蔽すること。
ひどく単純化すればこう言う事ではないでしょうか。
この場合秘匿・隠蔽はあくまで条件であり、それを容認するか否かは、ある意味
ひどく打算的な結果とも言えるような気がします。
                            >続く

779 :660 駄文・長文スイマセン:01/10/06 20:50 ID:JY7jPREk
>778の続き

本当に身も蓋もない言い方をすれば、同じ動物を殺し利用する、と言う行為でありながら
虐待・虐殺を他と区別するのは、ひとえに「自身を納得させてくれるものが無いから」
と言う、人間のある種の欺瞞とも言えるかもしれません。
ただし、それが欺瞞に満ちたものであれ、世間一般で多数派であれば、常識として
認知されるということではないでしょうか。(当然、時代・地域によって変わってきますが)

訴求力云々の話しをしましたが、恐らく虐待・虐殺者から見れば
「何を馬鹿なことを言っている。元々自分は第三者に対して、何かを
アピールしようなどと思っていない。」と一笑に付すんじゃあないかと思います。
(これは「マヂ議論スレ1」の中にもありましたし…)
元々虐待・虐殺と言う行為自体が自分の「楽しい」と言う感覚以外に
他の何物をも目指さない、ある意味「純粋」な行為なのかもしれません。

上記の、<ある意味「純粋」な行為>について、少し“例え話”を
させてもらえるなら…。
この板の住人にはやたら薬に詳しい人が多いので、素人が比喩に薬を持ち出すのは
気が引けるのですが(笑)、市販の風邪薬なんかにも劇薬成分があり、確かに
それは人にとって、薬効として必要なのかもしれませんが、それを抽出した
劇薬成分100%の物は、人にとってやはり危険であり、少なくともその取り扱い
には慎重を期する必要があり、ひょっとしたら無い方が良いのかも?と思うのです。

780 :660 駄文スイマセン:01/10/06 21:38 ID:1BhfwgH6
今の自分の考えを表す言葉を思いついたので、書かせておいてください…。

虐待・虐殺とは
必然悪(←造語です。決して世の中から無くならないものとして…)であっても
必要悪ではないのではないか?(自分の中で、未だ確証には至っていませんが…)

781 :Ω返し(ぽあ)@悔恨の土下座:01/10/06 22:01 ID:eJq.SD.U
>>720 さんへ >>722 について
すまんかった。ワシが馬鹿じゃった。
ワシらコピペ/荒らし野郎にも五分の魂、やって良い事と、
悪い事があるのを失念していたようじゃ。
ホント―――に悪かった。ごめんなさい。
今後は真っ当なコピペ道、荒らし道に精進するつもりじゃ。
(「何を今更」と思うじゃろうが、謝っておきたかったので…)

782 :煽り隊員2 ★:01/10/06 22:09 ID:???
ふー

783 :黒ムツさん:01/10/06 22:56 ID:8yqSLW9g
猫さんかと思うほどの長文でしたあ

784 :駄文への駄文レス:01/10/06 23:47 ID:ynzQz8Fo
>>778-779
発言の途中であるのだろうか?まだ続きそうな印象で発言が結ばれているが・・・

娯楽やスポーツ、職業としての猟と虐待/虐殺は分けて考えるべきだと私は思う。
虐待者は趣味で行っている事は少なく、多分に内なる欲求により虐待せざるを
得ない状態にあると言えると考える。
虐待者の集合と狩猟を行う人の集合は弁図上共通部分を持つ可能性は否定
出来ないが、比較する事に意味が有るとは思えない。
貴方が指摘するように虐待者か狩猟者かは社会が決める。
ボーダーレス化している現在において娯楽的狩猟は動物虐待の範疇に入ると言う
人(動物愛護団体?)もいるだろうが、動物虐待者にとり自分が虐待者か否か
という事は自明であろう。この点では児童虐待者と大きな相違点が有ると思う。

虐待者の多くは己が虐待者である事を名乗る事は無い。
これは猟奇蒐集家が同好の士を集め自慢話に興じるのとは一線を画す。
つまり虐待者は自分が触法行為を行っている事に誰よりも熟知しており
時には自分自身にさえ行為を偽る事さえ有ると聞く。

785 :駄文への駄文レス:01/10/06 23:47 ID:ynzQz8Fo
このような状況を考えるととてもではないが、虐待行為が貴方が言うように
純粋な行為であるとは思えない。
ただ、貴方が指摘するように虐待行為が虐待者にとり「楽しい」行為で
あるのだろう事は想像できる。「楽しい」という言葉が適切でないのならば
ある種のリビドーを満たす、「不可欠な動作」なのかも知れない。

この板では猫が虐待の対象として取り扱われているが、自分も皆が指摘する
ように「猫の狩り」が主たる原因ではないかと愚考する。
満たされた猫は食用ではなく狩りを行う。猫のこの習性は長い年月かけて
家畜化された際、形成された特性であるが、猫が悪戯に小動物を弄ぶ事が
許されるのならば自分が猫を弄ぶ事が許されない理由は何処にあるのだろう?

786 :正義:01/10/07 00:01 ID:ReCbbhN.
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□

787 :アイヒマン:01/10/07 01:14 ID:WVjIpaTM
>660
例え話より上の部分には同意します。
必然悪云々の話についてはもう少しご説明を請いたいところです。
特に、虐待がなくならないとお考えの理由について。
つまり、後に784氏などが書いているような
人間のリビドーや衝動として虐待欲(←造語です(w)なるものが存在するから無くならないのか、
それとも、もう少し弱い、ストレスの解消法や純粋娯楽などの一つとして選択されるもの
(この選択には個人の趣味が多いに絡むわけですが)だから、無くなる可能性が極限まで低いのか?
そのどちら(第三第四の選択歓迎しますが)とお考えでしょうか?

788 :アイヒマン:01/10/07 01:14 ID:WVjIpaTM
>784氏
>虐待者の多くは己が虐待者である事を名乗る事は無い。
ここで名乗っているじゃないですか(w
ちょっと煽りととられそうですが、マジレスです。
あなたがおっしゃる様に、虐待者は虐待の違法性と反社会性については十分知っています。
だからこそ、一般社会でうまくとけこむタメに、親しい人間にもそれを話さず、
それゆえに同好の士を集めることが非常に困難なわけです。
ここでは匿名性のもと、互いの素性や顔を知ることも知られることもなく、
お互いの虐待経験を語り合っている。それが虐待文。そうはおもいません?

>リビドー
フロイトさんのせいで嫌なイメージがありますので、楽しいで十分だと思います。
私はもし虐待がユングの言うリビドーを礎にするものであったとしても、
それが必要不可欠であるとは思わないのですが。
虐待は他の行為で代替できるものであると考えます。
それをしないのは…趣味と猫への憎しみに突き動かされた行為だからですかね…。
だから猫が身近にいるうちは続くが、いなくなればあっさりとやめることが出来ます。
飽きた、という声も耳にしますし。

>「猫の狩り」が主たる原因ではないかと愚考する。
この辺は条件付賛成(主な原因ではないとおもうので)ですが、
「猫が悪戯に〜許されない理由は何処にあるのだろう?」
については、面白い指摘として読ませてもらいました。
ただ、猫の狩りをもって、ここまで論理立てた理由で自己正当化をすることは
、対外的にはありえますが、自己を納得させる理由としてはあまりないと思います。
猫の狩りを見て黒ムツさんが思うのは、
「コンチクショー生意気だな」や、「悪い猫を〆てやる」くらいでは?
これも、猫に罰を与える「ごっこ」くらいの行為で、
遊びを面白くするオプション程度のものだと思います。

>猫のこの習性は長い年月かけて家畜化された際、形成された特性であるが、
これは現在では不要な遺産なわけですよね。
人間が狩りや虐待をしてしまうのが、もし、
今では不用になった原始狩猟生活の名残であったとしたならば、
因果なものですよねぇ。

789 :660拙文スイマセン:01/10/07 02:35 ID:kklGppkU
>>784
最初に、以下の文章が貴方に何らかの不快感を与えてしまったなら、
それは私の浅薄な知識、未熟な文章力・読解力の故であり、
決して私の意図するものではない事を前もって申し上げておきます。
 先ず、娯楽としての猟と虐待の比較の有効性の是非についてですが、
両者が別物であることは、私も全くそう思いますが、虐待・虐殺を比較検証する為の
いわば「物差し」として一番有効であると考えています。
貴方の言う<弁図上共通部分>が最も大きいものとして。
 次に純粋な行為であるか否かは、自分は「純粋」という言葉を「善悪」に
関わらないものと考えており、そこが貴方との意見の相違の元であると思えるのですが
どうでしょうか?
<ある種のリビドーを満たす、「不可欠な動作」>とは純粋な行為のようにも思えるのですが…
 最後に >自分が猫を弄ぶ事が許されない理由は何処にあるのだろう?
については、自分の書いた本文の意味の繰り返しになりますが、
「他者に不快感を生じせしめ、かつそれを越えてその行為を容認させるものが
その行為そのものにないから」ではないでしょうか?
(その行為者が猫なら「猫(の本能)だから」と言う理由付けがされると思うのです。)

追伸――― >発言の途中であるのだろうか?
      実は「書き逃げ」するつもりだったんですがダメでした(苦笑)

790 :660駄文スイマセン:01/10/07 03:45 ID:dcxAg5S2
>>787 アイヒマン殿
>特に、虐待がなくならないとお考えの理由について。
端的に答えさせてもらえれば、御提示頂いた答えの選択肢の両方です。
この板を見ても、その二つのタイプがあると思えるのですが…。
 根拠と問われれば、返答に窮するのですが、自身の心の内にある
攻撃性(←この言葉禁句ですか?笑)とか日々の生活の中で溜まってくる、
ストレスとかの自覚が結構理由になっているかもしれません。

駄文の蛇足(笑)

 かわやなぎ
 どじょうの代わりに
 ムツ集い

791 :煽り隊員2 ★:01/10/07 06:24 ID:???
面白い

792 :新薬:01/10/07 17:42 ID:FQkfkRLo
>779殿
>本当に身も蓋もない言い方をすれば、同じ動物を殺し利用する、と言う行為でありながら
>虐待・虐殺を他と区別するのは、ひとえに「自身を納得させてくれるものが無いから」
>と言う、人間のある種の欺瞞とも言えるかもしれません。

単なる虐待と狩猟を一緒にして欲しくないなぁ。
一般人には類似行為かも知れないが、似て非なるモノだよ。

虐待は苛めて、苦痛を受ける動物の様子自体を楽しむのが目的。
だから呆気無く死んだりするとつまらない という。

狩猟は捕獲、とにかくその動物を何らかの理由で駆除するか、
後に再利用する事が目的。
駆除の場合、その理由は共通するものが有るかも知れないが。
あと、違いは法令で詳細に規定され それに従ってるという違いかな

現代の狩猟は生計を立てるものでは無く、趣味で行われているのが大半だが、
本能や擬態、運動能力で猟者から逃れようとする動物
それに対し、人間は銃・罠等の猟具、犬、経験 等を駆使する。
その勝負に勝った時に獲物と達成感を得る。
だから狩猟では獲物の事をゲームと呼ぶ。
紳士のスポーツであるから汚い手段で獲物を得た者や不必要に動物を苦しめた者は
軽蔑されるのだ

罠を除き、狩りの結果は獲物の死を意味するが、苦痛を与える事が目的では無い。
時間が掛かって苦痛を与えた場合、猟者は獲物に済まない思っている。
本当に信じて欲しいのだが殺した事自体を自慢する者はいないよ。

ただし、不法侵入の害猫にもう来ない様に多少のしつけを行う事は虐待とは思わないよ

それにしても木の実はコピペ他でやってろ
ここは議論スレだろ

793 :779拙文・長文、重ね重ねスイマセン:01/10/07 19:16 ID:Knw5MFv6
>792 新薬殿
>789 で >784氏にも答えさせてもらったのですが 、私個人も
猟と虐待は同じ物だとは思っていません。
あくまでも比較の為の「物差し」のつもりでした。
(両者が一番、違いが解りにくい=「物差し」に適当だと言う理由で。)
 もし、私の拙文の為、貴方の猟者としての矜持のようなものを、
極僅かでも傷つけ、不快な思いをさせてしまったのならお詫びします。
 私自身、釣りや猟を嗜みませんし、また周辺の人間にも適当な人物が
いないこともあって、その実行者=猟者、虐待者 の視点での比較は取り敢えず
割愛しました。
 これは素人の勝手な想像でありますが、虐待者 と 猟者 のメンタリティー
は恐らく、狩猟をしない人間 と 虐待者 よりさらにかけ離れているだろうとは
思っています。身近に生き物の死と直面しているぶん、逆にそれらに敬意や感謝
を持てるのではないかと。(まあ、出来れば止めて欲しいと言う意識も何処かに
あるかもしれませんが)
 少なくとも日本人は、狩りで殺生して「業」のようなものを感じつつも、
その生き物達に感謝する事も忘れない、感性を持っていたと思うのです。
(美化し過ぎでしょうか?)
 逆に言えば「利用するなら、食用だろうが玩具にしようが同じ事、それらに
憐憫の情や、その他の感情移入はナンセンス」ともとれるこの板の住人の
考え方(かなり極論かもしれませんが)にはどうしても抵抗があります。
 ただ以上述べましたことは、私の主観・感情そのものであり、それを
持ち出したら議論の体をなさないので自粛(笑)しました。
 貴方がこの板の中で、どのようなスタンスをとっておられるのか、
解りませんが、ここの住人であることが、私には今一つ解りません。
 兎に角、結構言いたかったことを、言わせてもらえる、きっかけを
与えて頂いたことに感謝します。(笑)

794 :駄文への駄文レス:01/10/07 20:47 ID:FG8Ua3W.
>>779
別に660から続く貴方の一連の書き込みを見ても不快感は感じられない。
ただ狩猟と虐待者を比較で論じる事には抵抗がある旨を指摘させて貰った。
狩猟にせよ釣りにせよある意味システム化された学問体系であると言える。
そこに有るのは対象物に対する深い理解と行動予測である。これが得意ではない猟師は
良い猟師でははずである。注目するべきはこの場合対象物に対する執着よりも対象物
(もしくは生態)への探求の方が勝り対象物への執着という観点は希薄化する。

>>784で私は虐待者を状態と言った。状態とは心の在り様と言っても良い。
私見ではあるが、虐待行為を行う事は個人のパーソナルな特性である事は少なく、
置かれた状況であると思う。
愛するにしろ虐待するにしろ対象の擬人化は必須である。「懲らしめ」たり「迫害」する
必要があるのは人間だけであり、道端に落ちている石を懲らしめたいと考える人間は少ない。
恐らくは動物虐待を行う者は、その対象に対して擬人化するほど執着を持っている筈である。

795 :駄文への駄文レス:01/10/07 20:47 ID:FG8Ua3W.
>>788
この板で虐待者が己を虐待者と名乗っていてもカミングアウトした事には決してならない。
ここに虐待文を掲載しても何ら犯罪性は無い。これはサリンの合成方法や
マジックマッシュルームの栽培方法、コンセプトウイルスの作成方法をネット上で
公開しても取り締まる法律が無い事と同じ事と言える。
言うまでもなく犯罪小説家は犯罪者とイコールで結ばれない。
この板にある虐待文の一部は本当の虐待者の手によるものだろうが、殆どは読者に
嫌悪感を与える事を目的としている煽り文であろう。
両者の区別は殆ど不可能であると思うが・・・

私自身もフロイト派の主張には生理的な嫌悪を感じる。私の言うリビドーは
ユングのそれよりももっと軽い「生理的欲求」「快感を満たすべく行う動機」とでも
置き換えて貰って構わない。ただ、「リビドー」に関しては>>789氏も含め私とそれほど
意見の相違は無いように見える。意見の相違があるのは寧ろ「純粋」という言葉に
関してではなかろうか?

796 :駄文への駄文レス:01/10/07 20:48 ID:FG8Ua3W.
虐待者が己の虐待行為に犯罪性、反社会性を認めている事は恐らく事実であるだろうが、
それならば虐待行為には虐待者にとり(精神的に)高いコストが必要なはずである。
人間である限り社会、法、道徳といった抽象的概念から完全に自由であるはずは無く、
成人して社会生活をまがりなりにも実現できているのならば、虐待者は己を虐待者と
見えないようにカムフラージュする方法を身につけているはずである。

なるほど虐待行為を行いたい動機そのものは「純粋」かつ根源的な欲求かもしれない。
人は誰しも残酷な心境になる事は否めない。ただ上記高いコストを支払ってまで
虐待行為を行った場合、その行為は「純粋」からほど遠いものとなると考えるが如何か?

猫の狩りが主たる原因では無いとの指摘はそうかもしれない。ただ猫の狩りに関しては
私はもう少し考察を続けたい。猫の起源は恐らくチグリス・ユーフラテス辺りの山猫で
あるのだろうが、想像するに山猫の成体に不要な狩りをする性質は無かったのであろう。
家畜化のセオリーとしては同類との隔離が有る。隔離された動物は成熟が遅れ、幼体の時の
性質が残存するようになる。つまり猫の狩りの性質は猫科の動物の幼体の時に持つ性質、
つまり動く物に興味を示しじゃれ付く動作が成体でも残るように矯正されたものであろう。

現代社会の人間に、結果的同じ矯正が行われていると考えるのは不遜であろうか?
虐待行動が幼児性に基づくと言う事は言うつもりは無いし、危険な考え方であると思うが、
不謹慎ながら猫に同類嫌悪を感じて猫への虐待が行われているという考えが浮かんでしまう。

正に駄文であった。謝意。

797 :新薬:01/10/08 00:34 ID:P246mqk6
>779殿
ご理解頂き、有難う御座います
貴方の書込が不愉快だったのでは有りませんよ。
ただ自分の感じている両者の違いについて説明させて頂きたかっただけなのです。
かえって己の中でも整理し切れていなかった課題について考察の機会が得られた
事にむしろ感謝しています。

>貴方がこの板の中で、どのようなスタンスをとっておられるのか、
>解りませんが、ここの住人であることが、私には今一つ解りません。
ここに居る理由は何故でしょうか?
スタンス的には・・強いて言えば 灰ムツさんに近いかな?
より良い狩猟者でありたい という自分への動機が有る一方で、日常生活では
害猫の被害に苦んでいる自分が居る。
ともすれば多少黒ムツさんにも共感を覚えてしまう自分と、猫さえ良ければ
すべて良しとする愛誤家の迷言への反感から多少黒ムツさん寄りのスタンスを取り、
言葉遊びに興じている。そんな所でしょうか。

>794殿
>(もしくは生態)への探求の方が勝り対象物への執着という観点は希薄化
>そこに有るのは対象物に対する深い理解と行動予測である。これが得意ではない猟師は
>良い猟師でははずである。注目するべきはこの場合対象物に対する執着よりも対象物
>(もしくは生態)への探求の方が勝り対象物への執着という観点は希薄化する。
時に仲間を守る為の彼らの知恵には舌を巻くのを取り越して驚愕を覚える事も少なく有りません。
この過酷な自然の中で彼らは何を考え、どの様に生きているのだろうか・・という
アニミズムに通じる自然への畏敬というか・・を感じる時が有ります。
私の場合は捕獲が目的である以上、目的物への執着が無くなる事は多分無いと思いますが
この事を自分の中でもっと考察し、深めて行きたいとは思っています。

798 :黒ムツさん:01/10/09 02:11 ID:QQbAqDGQ
すげぇ、長文ばっか( ´Д`;) 

799 :黒ムツさん:01/10/09 02:20 ID:857Zc7jE
新薬=正ムツか。

800 :正義:01/10/09 02:37 ID:PHqdpEU.
800★

801 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

802 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

803 :「てにをは」からやり直します:01/10/09 13:21 ID:hYsZT47.
>>796
>その行為は「純粋」からほど遠いものとなると考えるが如何か?

この問いに対する答えをを自分なりに考えてみたのですが
「法や道徳自体が、束縛の対象に人間の純粋な(同時に危険な)衝動・欲求を選択
しているとは考えられないか」…その他諸々、
 しかしこれでは結局、純粋と言う言葉の定義の問題になりそうですし、
またそれを「修辞」とか「記号」とか言う物でいじり回しても、所詮貴方の質問の
答えにならない気がします。(尤も、そう言う教養の素地が私にはありませんが)
少し論点を変えて、『恐らく貴方が未だ気付いていない点』『私が取り違えた点』
について述べさせてください。
 確かに<虐待者の「置かれた状況」が虐待者に「対象を擬人化」させ、その行為
に至らせる。>それは私も全く同意します。しかし、この板を見ていくと
それに当てはまらないケースが散見されるようです。
特に抑圧からの開放、単純にストレスの発散と言うのでしょうか?
そう言うものとは異なる動機で、行為に及んでいる者がいると思われます。
好奇心、攻撃性、etc…それが何なのか?なんと言ったら良いのか?
解りませんが、置かれた状況はあまり関係のない動機のようです。
また、そう言う者達は行為の実行に際し、あまり“(精神的に)高いコスト”
を必要としていないようにも思われるのです。(事が発覚しないように
計算はするようですが…)
ただ、その結果を、ネットで公開すると言う事には「愉快犯」的なものを
多分に感じますし、それが目的なら上記の範疇に入らないとは思いますが…。
つまり『恐らく貴方が未だ気付いていない点』とは以上の可能性であり、
『私が取り違えた点』とは、それらが恐らくは、少数派であることを失念し、
多数派の如く述べてしまった点です。
どうやら、私は自身の固守しなければならない視座を見失っていたようです。
それに気付かせて頂いた貴方のレスに感謝して、このレスの最後にさせて頂きます。

804 :え”?:01/10/09 19:56 ID:Af6z8NcY
>799 :黒ムツさん :01/10/09 02:20 ID:857Zc7jE
 新薬=正ムツか。

・・・なんですか?

805 :正ムツ ◆jfV/EOA. :01/10/09 22:28 ID:FSqJNLJM
違うよ〜!!時々名無し(黒ムツさん)になるけど彼は違うのでよろしく。

806 :新薬:01/10/09 22:44 ID:3l52JsxA
正ムツさんこんちは
うーんコテハンにした方がヨイかな
何処かにやり方書いてたがどこだか忘れてしまった。
とりあえず登場する時はいつもこれなのでダブハンはしないつもりだよ

807 :煽り隊員2 ★:01/10/09 22:49 ID:???
コテハンの後に「#」のあとに適当な文字で
トリップが使えるはず

808 :新薬 ◆3StCTqrU :01/10/09 23:01 ID:3l52JsxA
てすと

809 :新薬:01/10/09 23:03 ID:3l52JsxA
煽り隊員2どの
感謝。

810 :新薬 ◆3StCTqrU :01/10/09 23:05 ID:3l52JsxA
あれ?戻ってシマタ。
毎回#**入れる必要があるのか。

811 :駄レス:01/10/10 00:23 ID:Zto5ioJw
「駄文への駄文レス」というハンドルはやや失礼であった。以後「駄レス」という
ハンドルを使用する事にする。最も私の発言に有意義なレスが付かなければ
このハンドルを使用する事は最初で最後という事になるであろうが…

>>797
正直私には狩りの経験は無い。よって貴方の経験に基づく発言の方がリアリティが
有ると思う。私が愚考するのは対象を得る欲求にのみ関心が有るようでは狩猟において
良い成績を収める事は出来ないだろうという事。更に対象に対する理解や、生態に
対する理解を深めてしまったのであるならば、対象に対する虐待を行う事が可能か
否か?という私の問である。虐待は可能なのかもしれない。しかし可能な人は、
私の評価からはある意味超人の域に有ると思う。私が批評するレベルを超える。

812 :駄レス:01/10/10 00:23 ID:Zto5ioJw
>>803
貴方が仰るように「純粋」という言葉には余り意味が無い。取り様によっては純粋であり、
また別の角度から見ると欲望を満たす為の計算高い感情が読める。
「私が気が付いていない点」に関して興味深い指摘を頂き感謝する。貴方の考え方は私の
考え方に特に矛盾しない。以下貴方の指摘により私が考察を行った(反論では無く)内容を
披露させて欲しい。

私は別に虐待者に行為を止めさせようであるとか、糾弾しようとかの意図が有る訳ではない。
私のスタンスは>>797氏と同様灰ムツのそれである。貴方は「高いコストを必要としない」人の
存在を指摘した。私が指摘したい点は正にそこにある。
人間はあらゆる苦痛を麻痺させる才能がある。また、人間はあらゆる感覚を快感に置換する
才能を持つ。我々は先人の肩に乗りより高く遠くを見渡す事が(高いコストを支払う事無く)
できる。つまり「高いコストを必要としない人」はかくのごときシステムにより生み出されて
いると考えるのは妄想とも言い切れないと思う。

「悪事に身を染めて矜持を保ち続ける事は至難である。」チェスタトンの書く推理小説
ブラウン神父の言葉であるが、この板で遊ぶ私に当てはまるかも知れない。
この板は確実に虐待者への喫水線を下げていると思う。リアリティの有る虐待写真も
散見するようになり、猫に対する虐待に麻痺するようになって来ている。
興味本位にこの板を覗く私も一線を超える日が来るのだろうか?

やや妄想であった。御免。

813 :新薬 ◆3StCTqrU :01/10/10 01:38 ID:OchzWOEM
>811
>・・更に対象に対する理解や、生態に対する理解を深めてしまったのであるならば、
>対象に対する虐待を行う事が可能か否か?という私の問である。

かえってこの趣味を始めてからは頼まれても出来ないでしょう。
猟者は獲物を得た達成感とは裏腹に、その後の処置をする事によりもはやもの言わぬ
彼ら(獲物)が生き抜いて来た痕跡といやでも対峙し、毎回検証する事になります。

仲間との戦いで付いた傷や古い銃創、胃を見ればどんな場所にいたのか、等
を思い浮かべます。また食材とした時はそれを更に銘記する事になります
彼らを捕獲したのが自分なら、生き様を受止められるのも自分だけ・・
そんな感じでしょうか。

ただそれは単純なセンチメンタリズムでは無いです。
もしそうだったら獲物を視野に捕らえながらも引金が引けなくなる日が
いずれ来る事になるでしょう。

814 :黒ムツさん ◆22.2MhhM :01/10/20 01:21 ID:ykMX+1PA
age

237 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)