5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何をやるにも大袈裟なスレ

1 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:35 ID:???
今、2ちゃんねるという場に新たなスレッドがもたらされる。

期待と不安の入り交じった感情が私を支配する。
様々な人間の思惑の中、はたしてこのスレッドは人々に受け入れられるのだろうか?

私は今、震える手を抑えながら新規スレッド作成ボタンを押す。

2 : :01/10/27 23:36 ID:???
 

3 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:36 ID:???
2をゲットする!

複数の2ゲッター達による一瞬の駆け引き、
失敗して3や4、さらには5あたりになっていればそれは悲惨なものになってしまう。
その戦いは激化していき、臆病なものは無難に3ゲット、4ゲットをするだろう。
より早く、よりシャープな形を目指して人はとうとう名前欄には2、
書き込み欄にはスペースのみという形に辿り着いた。

しかし我々は何かを忘れてないだろうか、
私は今2getの本質というものについて今一度考え直してみたい。

その問題を提起するためあえて私は言おう、「2ゲット!!」と。

4 :マシ:01/10/27 23:36 ID:DI/kxKaQ
おれは5秒で長文を書き上げる。

5 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:36 ID:???
>>3

6 :ひっそりとやろうぜ:01/10/27 23:37 ID:???
                                 
   ●●                            
  ●●●                            
 ● ●     ●●                        
   ●     ● ●                       
   ●     ●                         
   ●●  ●●                         
     ●●●                          
                                 
          ●●●●●   ●  ●         
                ●    ●●         
            ●●●      ●          
                      ●●●       ●   ●
                   ●●●●●●      ●   ●
                   ● ●●●        ●   ●
                     ●                ●
                     ●               ●
                      ●●          ●●
                       ●●●      ●●
                                ●●
                                   
とやろうぜ

7 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:37 ID:???
>>1
道に倒れて誰かの名を呼び続けた事がありますか?

8 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:38 ID:???
>>7
うざいコピペ帰れ!!

9 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:39 ID:???
死ぬほど笑った

10 :マシ:01/10/27 23:40 ID:DI/kxKaQ
笑ったら死んでしまった

11 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:41 ID:???
敗北者、それが今の私を表すものだ。
>>3の長文をあらかじめ書き上げ、
迅速にコピーアンドペーストをしたにもかかわらず私は負けた。

この焦燥感はなんだろう、どんなに悪くともスペースには負けたくなかった。
>>5に晒されるのも仕方がないのかもしれない、甘受しよう。

だが最後に一言だけ言いたい

>>2
バーカ

12 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:42 ID:???
死ぬほど元気

元気すぎて逆に死にそう

13 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:42 ID:???
今から吉野家行ってきます。

14 :ろっぽんぞー:01/10/27 23:43 ID:???
「ろっぽんぞー」という響きに私は愕然としたことを吐露してしまおう。

「ろっぽんぞー」という言葉を目にしたとたん、私の心の奥底に秘められた
生物の本能が目を覚ましたのであった。

ここまで書いたとき、続きを書くのが面倒くさくなっていることに気がつき、
さらに愕然としてしまったのだった。

だから終わり。

15 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:44 ID:oZRr8Hxw
このスレッドに書き込むにあたって神が言われた事は次の通りである。
即ち、このスレが良スレに育つか否かは貴方方に託されている。
今まさに、貴方が書き込む時である。
わたしは、貴方の書き込みに対し祝福を与える。
貴方の書き込みが煽りに遭わぬ様、また、
荒らしに遭わぬ様、わたしは貴方に祝福を与える。
貴方を煽る者、またその書き込みを汚す者は永久に呪われるであろう。
その者に与する者もまた、その者の為に呪われるであろう。
彼等は書き込みの場所を失い、
名前すらもつ事を許されず、
ネット上をさまよい歩くであろう。
さあ、逝きなさい。
このスレと、このスレに書き込む人たちの為に。

――――――――――――――――――『>>1書』第7章13節より抜粋

16 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:46 ID:???
私はこのスレに書き込まれる言葉に少し違和感を感じている。
何故だろう?何故、皆死ぬ程と言う接頭語をつけるのだろう?

そして今その理由を悟った、スレッドのコンセプトが誤解されているのだ!

と、ここまで書いたところで一度このスレッドをリロードしてみた。
しっかりと理解されていたようだ、コンセプトにそったレスがついている。
どうやら杞憂だったようだ。

愚かな自分を恥じながら書き込みを続けよう。

どうもよろしくです。

17 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:48 ID:???
煽りとは、ただ特定の人物に暴言を吐けば良いという事では無い。
スレの状態と社会的背景を熟慮した上で、適正なタイミングで行わなければならない。
下に簡単な例を記してみた。
              
       ↓ 

18 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:53 ID:???
「書き込みが少ないな」
このスレッドの1といわれる男は率直にそう思った。
彼はそんなことは予想済みであったのだが、
実際問題現実を見るとやはり少し辛いものがあったようだ。

めんどくさいスレッド、長文スレッドは受け入れられ難い。
これはラウンジの宿命であろう。

今、彼がやらなければいけない事は1つであろう。
1人であってもスレの流れを作り続ける、これがスレたて者の使命だ。

流れをつくり、認知度を上げていけば一部の長文好きの固定した人々で続ける事もできるのだから。

つーわけで、負けねーよ!

フォロー。>>17の例は>>19に書こう。

19 :どこまでも名無しさん:01/10/27 23:59 ID:???
9が一番大げさ

20 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:01 ID:???
さて、安請け合いはしたものの誰をどう煽ろうか。
煽るにしてもスレのタイミングと社会的な背景を熟慮し、適正なタイミングで、だ。

このスレッドで煽るべき人物、私は深く考えた。
そして1つの道筋がもたらされた。では煽ろう。

>>1
めんどい駄スレ

21 :パンク・ポンク:01/10/28 00:01 ID:???
やれやれ。(村上春樹)
私は疲れた目尻を指で抑えながら顔を上げた。
僧坊筋は軋む音を上げ、そのまま首を回すと世界が大きく回転した。

22 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:02 ID:2pt/hPaT
「な、なんだこの糞スレは!?」
私は驚愕を隠せなかった。
有史以来これほどの糞スレがあっただろうか。
否。断じて否だ。
早速私はこの糞スレを教授に報告しようとした。
しかし……。
私は奇跡的な発見を喜ぶ自分と、嫌悪感で1を煽りたいと思う自分がいることに気付いた。
「駄目だ……。1を煽っては駄目だ……。1を煽れば、この糞スレの空気を乱しては全てが終わる……。」
しかし、私の右手はマウスを軽快に動かし、コピペを探し始める。
「やめろ!やめろぉーーーーー!!」

>>1って面白いですね』
何にも知らない初心者でお子様で厨房で油でデブでメガネでオタクで
知ったかぶりでかまって君で自分だけは賢いと思ってる勘違い君で
童貞で包茎で早漏で鬱でヒゲ濃くてワキガ臭くて息も臭くて鼻毛出てて
臆病者でいじめられっ子で学級会でよく題材にされてひきこもって
先生が迎えにきてママにヤツ当たりしてそれでいてマザコンで
クールを装う寂しがり屋で恥かしくて友達いなくて誰からも相手にされなくて
このままでいいのかなぁ?なんて思いながらもオナニーは止めなくて
浪人して就職出来なくてバイトすぐクビになって親のスネかじって
1日の大半がネット上でも相手にされくて
何度も自殺しようかなぁ?と思ってやっぱりオナニーは止めれなくて
臭い部屋から出るのが面倒で外に出る時はママにばっかり頼んでいる貴方。
面白いですね。

「終わった……。」

23 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:02 ID:???
>>19-20

24 :22:01/10/28 00:03 ID:???
「ageてしまった……。」

25 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:09 ID:???
クリックした指がおれちゃったよー

こーゆーのとはちがうの?

26 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:12 ID:???
さて、おそらくこのスレッドは私のいない間はほとんど、いやまったくレスがつかないだろう。
流れの早いラウンジの夜、
しかも書き込むだけで無駄に時間のとられる新規の長文スレッドならしかたがないことだ。

現在のスレッド数は681、下手をすると私が眠っている間に
スレッドがなくなってしまっている可能性さえある。

そこで私は悩んでいる、このスレッドをage屋に依頼してよいものだろうか?
様々な意見が交錯し、葛藤する。
さてどうしたものだか、他の人の意見を聞いてみたい。

どうっすか?

27 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:13 ID:???
>>25
残念だ、このスレッドは君の期待に応えられない。
確かに勘違いしてしまう節はあるようだ、
素直に謝っておこう、すまない。

28 :teilfiar ◆b4bZpMqs :01/10/28 00:20 ID:???
わたしはつい先ごろ、1つのスレを掌握した。
私は幾つかのスレを立てたがこのような形は初めてだ。
現状の目的はスレの活性化。
それを達成するためには…そう、人集めだ。
荒らしや厨房がいてこそ、そのスレは活性化する。

強制はしない。
だが一旦来てくれれば私は歓迎するだろう。

http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=1004190426

29 :パンク・ポンク:01/10/28 00:22 ID:???
その時、7万人の群集の中から一人の少女が歩み出た。
彼女は不思議な輝きに満ちており、人々はただただ呆然としたまま
少女のために道を開けた。
「私もこのスレッドに参加させていただいてもよろしいですか?」
彼女の名はパンク・ポンク。その美しい瞳には長いまつげを湛え、
さくらんぼうのような小さな唇から発せられる言葉には、
聞く人々をうっとりとさせる神秘的な響きがあった。(以下あほらしいので割愛)

30 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:22 ID:???
その言葉だけが頭に残る。
たった一言、たった一言なのに…
その言葉をいつまでも残そうと私はコピペする


風邪(ノ゚◇゚)ヒイターヨ

31 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:26 ID:???
ものすご〜いスレですね。

32 :10円 ◆y10YENWc :01/10/28 00:46 ID:???
 >>1によって創造されたこのスレも、厨房色の濃厚なラウンジという空間では
dat行きを免れるのは不可能だろう。

 ラウンジャーは長文レスに高揚感(エクスタシー)を得る事ができない。
つまり、このスレは空間の調和を乱す雑音(ノイズ)でしかないのだ。

33 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:51 ID:???
>>28
私ははっきりいってこのようなスレが嫌いである。
そのスレッドの当事者だけが楽しく、後から読むROMなどにとっては
何の面白さもない、無駄なスレッドだからだ。
だから最初は私も無視しようと思っていた。
しかし、だ。彼は書き込み数を増やしたいにも関わらず
レスの時間のかかるこのようなスレにスレッドのフォーマットにしたがって書き込んでくれた、
私は少々感銘を受けてしまった、そして少しだけ君に協力をさせてもらった。

>>29
全てのスレッドにおいても参加者を拒むスレなどないだろうが、
私は存分に貴方を大歓迎しよう。
スレッドは続ける事に意義がある。
しかし悲しいかな謀らずとも長文を強要されるこのようなスレッドでは
人はレスをつけてくれな。、
だから貴方のような存在は他のスレッド以上に貴重に思われる。

34 :どこまでも名無しさん:01/10/28 00:57 ID:???
>>30
その言葉に私は特に感銘を受けないが、君を動かす何かは確実にそこに存在するのだろう。
私は君にこれを送ろう、ありがちなコピペなのだが。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!

>>32
君の言っていることは確かに正論であろう。
しかし私はそれをこのスレに対する挑戦だと受け取る。
私は何がなんでもこのスレを続けよう、
そのためになら臆面もなくage屋さんに依頼もする。
このスレをラウンジのアンチテーゼとして、できるだけ長くそこに存在させようではないか。

35 :どこまでも名無しさん:01/10/28 01:09 ID:???
レスのつけ難いこのようなスレ。
なにを書いていいか分からないような状況ではそれも際立つだろう。

だから私は書き込みやすい雰囲気、雑談に持っていく。

好きな漫画はなんですか?

こういう風に話をふっておいて私は人生物の大きな謎である行為、
睡眠という行動にふけろう、惰眠を貪ろう。
おやすみなさい、明日もこのスレが生きてますように。

36 :どこまでも名無しさん:01/10/28 01:42 ID:???
なんとなくage

37 :どこまでも名無しさん:01/10/28 02:14 ID:4Cs898dl
老婆心? いや・・・age!

38 :どこまでも名無しさん:01/10/28 04:21 ID:m5L7+z/r
なんと先日、あの幻の吉野家にたどりついたんです。家から歩いて三千歩の吉野家に!
そしたらなぜか人口爆発していて日本経済の未来を案じることができないんです。
それで原因を調べようと双眼鏡でなめまわすように見たら垂れ幕が盛大に飾りつけられいて
150.087962148円引き、と心を締め付けられるような字で書いてあるんです。
もうね、人類に未来はないと。愚の骨頂かと。
あなた達、約150円引きごときで多くの人の命の源になっている吉野家様に気楽な気持ちで
訪れてるんじゃねーよ、貧乏神が。
150円だよ150円。
なんか家庭的な雰囲気を漂わせながらもどこか鋭い印象を与えるご家族もいるし。
一家4人で吉野家?もうコレはただ事じゃない。
よし・・・パパ特盛りで究極の味を追求しようと思う、みんなついてきてくれるか?
とか言ってるの。もう涙をながさずに見てられない。
お前らな、血の滲み出るようなことをして稼いだ150円やるからこれで一生暮らせと。
吉野家ってのはな、常に世界の中心でなきゃいけないんだよ。
Uの字テーブルの向かいに命を預けた奴といつ殺し合いがはじまっても全く違和感のない
相手と自分、どちらが自然の掟に敗れるのかそんな張り裂けそうな雰囲気がいいんじゃねーか。
女子供は命の重みでも感じてろ。
で、やっと座れたかと心に安息を覚えたと思ったら、隣の奴が、俺は人類の限界に挑戦する・・
大盛りつゆだくで!とか体を震わせ絶叫してるんです。
そこでまた全身の血管が破裂寸前ですよ。
あのな、つゆだくなんて幾千万の歳月を重ねても歴史から掘り起こされることはないんだよボケが。
まるで世界でも治めたかのような顔をしてなにが、つゆだくで、だ。
以下略

39 :age屋代理:01/10/28 06:57 ID:???
依頼されたスレに初めて書き込まんとする、いまの気持ちを例えるならば
日本への渡航を決めた時の鑑真にも似たり。
その心は・・・・・・後で考えることにしよう。

依頼主のプレッシャーをひしひしと感じながら、
一字一字、誤字がないか確かめつつ、タイプするその指は
行き場を失った蟻のようにキーボード上を彷徨う。
既に書き始めてどれだけの時が経過したのだろうか。
ふと、モニタの右隅の時計に目をやる。もうすぐ7時・・・こんな時間に何をやっているのだろう。
自己嫌悪に陥っていく・・・

できることなら、「保守」の一言で済ませたい。
しかし、それは甘えではないだろうか、と中途半端なプライドが目の前をちらつく。

・・
・・・
自己嫌悪とプライドのせめぎあい・・・結局勝ったのは眠気であった。

そして、私は静かにその筆を置く。

40 :どこまでも名無しさん:01/10/28 10:36 ID:???
このまま埋没させるにはおしいと思慮したのでこのような
行為にでてしまおう。いわゆる、定期age

41 :どこまでも名無しさん:01/10/28 11:36 ID:???
朝の太陽にさらされながら自然と目が覚める、覚醒、少し遅い起床です。

初期のレス数の少なさは覚悟してたものでしたが、
私の思っていた以上にこのスレッドのうけはいいようです。
続ければもっとレスをつけてくれる人も増えるでしょう。

如何せんまだ頭の回転が鈍いようだ、長文を書くにも試行錯誤しながら、
平易な文章、修飾しか思いつかない、これで大袈裟といってはばかるには忍びない。

少し頭が回るようになってからレス返し、所謂マルチレスというものをやろうではないか。
会話とは、相互的に行われる事によって成立し、ここはそれを可能にする媒体だから…

42 :どこまでも名無しさん:01/10/28 12:12 ID:???
今、僕はお昼御飯を食べている。
母親が少し前にもう既に完成させていたものなのだが、
僕は2ちゃんねるをやっていたのでしばらくほっておいていた。

今日の私は私ではなく僕という感じだ。
僕は今冷めた焼飯をかきこんで食べる、まだ少し温かい。

43 :どこまでも名無しさん:01/10/28 12:44 ID:???
では少し頭が回りはじめたのでマルチレスといこうか。

>>38
君のレスを読んだ時、体中が幸福感に包まれ、
僕の周りの世界が全て希望に満ちあふれたようだった、所謂ワラタ、である。

>>39
僕はこのスレに書き込まれる言葉は1行レスでもなんでも歓迎する。
このスレッドは長文ばかりだと書き込み難いだろうからだ。
だからage屋さんに依頼する時、僕は
スレッドのフォーマットにのる必要はない、と書いておいた。
ただでさえ保守に苦労をかけさせるのに、その上長文となるととんでもない労力になる、
それでも、それでもage屋代理さんはスレの主旨にのってくれた。
これはなんとも喜ばしい事態である。
僕は渾身の気持ちをこめて貴方にこの言葉を送ります。
けっして大袈裟ではないです、ありがとう。無理し過ぎないで下さい。

44 :どこまでも名無しさん:01/10/28 12:53 ID:???
このスレッドではどうしても仰々しい修飾語がついてしまうが、
実はよりシンプルに、簡素で素朴で純朴な言葉の方がその実を発揮しやすいのではないだろうか?
ふと、そんなことを思った所存である。

>>37さん>>40さん貴方達にも、
その他のここに書き込みをしてくれた全ての人にも僕は感謝しています。
いちいち言葉で表すのもおかしいのであまり表にはだしませんが。

1行レスでもなんでもいいのです、ここはそれを許容します。

45 :どこまでも名無しさん:01/10/28 13:16 ID:???
長文を書いている途中で、しかも完成直前にパソコンがフリーズ、
そんな事も本当にあるのだな。
少々へこんでしまったよ。また後で書き直そう。
そう、また新たな希望を探して…

46 :どこまでも名無しさん:01/10/28 13:34 ID:???
『ここはどこだ?』

いまだ覚醒しない頭で開いたラウンジに平時では考えられないスレッドを発見した
「大袈裟」という曖昧なテーマの下進行するそこは
今まで見守ってきた俺の知っているラウンジのスレッドとは一線を画していた。

かくして俺はその魔境の推移を知るべく過去ログの探索にあたる・・・

47 :どこまでも名無しさん:01/10/28 14:00 ID:???
フリーズする前に書いてた文章は、
今日、自分が目を覚ましてから他の人の書き込みが無い、というものだったのだが、
>>46、ふふ、皮肉なものだ。
しかし、age続けてたかいもあったものではないか、
僕はその歓喜に震え、小さくガッツポーズでもしよう。うっしゃ!

このスレは非常に地下むき、というか地下に良くありそうなスレであると思われる。
しかし、このスレは先に述べたラウンジにおけるアンチテーゼであり続けるためには
地上、大きな混沌の渦巻く地上でやらないと意味が無い、
だから僕のメール欄は今も0、ただひたすらにage続ける。
自分の存在を隠匿しながら。

あっ、他の人はsageててもいいんで〜

48 :どこまでも名無しさん:01/10/28 14:05 ID:???
We and Taliban started holy war.
Bin Laden is supported according to the instruction of Allah.
It is the purpose to exclude Jews and to create the free world in peace.
We fight until the blood which does not fear death extracts and falls to the last one drop,
and we will surely win.
It warns the countries which blame President Bush, Lega Lombarda, and Taliban.
we attain exclusion surely, without judging, coming out and flinching from if compelled
-- people -- have a gun Holy war started.

the Taliban highest leader Omar

49 :どこまでも名無しさん:01/10/28 14:12 ID:???
ふふ、また書いてる途中で、ふふ。
ならば幾度となく書こうではないか。

と、いうわけで僕がこのスレで何をしたいかというと、
とりあえず今は雑談である。
極めてラウンジらしくないこのスレで極めてラウンジらしい事をやる。
それもまた一興ではないか。

だから私は>>35でそういう風に話をふったのである。
しかしそれは他の人の目に止まらなかったようだ、
否、興味をもたれる事がなかったようだ。
ならば発言者である私だけでもその労力に報いよう。

また落ちるのが怖い、一度この段階で送信だ。

50 :どこまでも名無しさん:01/10/28 14:46 ID:niBLX0FG
>>48
ふむ、単語以外は中学生でも訳せそうな英語のようだ。
あえて、私はそこを避けて通るが、ようするにめんどくさいという事だな。

で、漫画の話だな。
僕は最近楳図かずおの漫画を読んだ。衝撃だった。驚天動地である。
最初はなんとなく漂流教室を読みはじめたのだった。
その世界に、恐怖に、絶望に、存在感に、ただただ圧倒された。
少しずつ読もうと思っていたのだが全巻一気に読んでしまった。

そして今は14歳を読んでいる、
はっきりいって今まで読んできた漫画とスケールが違う、
あんな話しは普通の人間なら思いつかない、よほどの天才かひねくれ者なのだろう。

読んだ事のない人は一度読んでみるといい、新たな世界が開けるかもしれない。

ん?ただの楳図の話か、大袈裟ではないかもしれないな。

51 :どこまでも名無しさん:01/10/28 14:57 ID:???
突如として私に軽い睡魔が襲ってきた。
休日はいつもこうだ。ただ無駄に時間を使ってしまう。
無限に見えて有限なこの世界を、時間をいかに有効に使うかは本人に委ねられているのに、
私はすぐに眠る、睡眠に走ってしまう。
生物において睡眠とはなんと無駄な行為に思えるのだろうか。
その真の意味はなんなのだろうか?
それを知った時私は睡眠を無駄に思わなくなるのだろうか?

私が今見えるはこのまどろみだけだ。
つーわけでちょっと寝ます、っていうか休憩。

52 :どこまでも名無しさん:01/10/28 15:10 ID:???
睡眠は人の記憶装置と聞いた事がある。
人は眠る事で記憶を反芻し脳に焼き付けていくと言う。

>>51が貴重な休日の時間をふいにしてまで忘れたくないもの、
覚えていたいものとは何であろうか。

確かに過去にすがるのはいい。
往々に人の記憶と言うものは美化され、改竄されていく。
その言うなれば各人の理想郷に浸り、人は明日の活力を見出すのであろう。

>>51よ、誰も咎めはしない
存分に己の過去に、いや妄想に嵌まって来るがいい。
それを苛める物は誰もいないのだから。

53 :どこまでも名無しさん:01/10/28 16:21 ID:???
いやいや、結局すぐに復活してしまった。
どうやら本当に反芻したい事などまだなかったようだ。
しかし>>52の話しをきいて長年うつうつと抱いていた疑問が少し氷解した。

しかし、僕は過去にすがる事は嫌いだ、未来に目を背ける事も嫌いだ、
理由もなく未来に希望を持つ事も嫌いだ。

大切なのは「今」だ。今のラウンジに適応し、それを楽しむ。
楽しんでいる人間に過去を振り返る余裕などないはず。
だから僕は過去というものを蓄積としてみよう、大きな蓄積、遺産として。

54 :どこまでも名無しさん:01/10/28 19:08 ID:???
age!
自分の心の琴線に触れるスレッドを上位に持っていき、人に見てもらうためにする行為!
さぁ、このスレッドに注目してくれたまえ!このスレを活性化してくれたまえ!
このスレッドにはまだ成長する余地がある。

55 :どこまでも名無しさん:01/10/28 19:26 ID:???
「なんだ?今までの駄スレとは違う・・。」
このスレを目の当たりにした私はそう思った。
「この様なスレこそ私の待ち望んでいた世界。素晴らしい世界!!」
今、水を得た魚の様に意気揚揚とこのスレに書き込んでいる私が居る。
初めて私をこんな気持ちにさせてくれたこのスレに対し、感謝の意を込めて
言わせて貰う。

「良スレの予感」、と。

56 :どこまでも名無しさん:01/10/28 19:32 ID:???
未だかつてこの様なスレが存在したであろうか
私は今、焦燥感と敗北感との狭間で揺れ動いている
さて、人間には本音と呼ばれる、ある種の社会隔離された言葉が存在する。
それを敢えてここで唱えたいと思う。


「駄スレ立てるなボケ」

57 :ラウンコ:01/10/28 19:48 ID:6ESrhvjB
ボクはこのスレを発見し、驚愕した。
なんと力の入ったスレッドなのだろう!
長文を嫌い、チャット紛いのスレが大勢を占めるラウンジで、レス50ほどで
これほどの文字数を誇るスレにはそうそうお目にかかれるものでは無い。
掲示板というものが自分の思いをぶちまけ、それに対する反応を楽しむ場だとすれば
片手間にレスをして満足してしまっているボクに比べ、
このスレの1はどれほど掲示板というものを楽しんでいるのだろう。
まったくもって想像がつかない。失礼を承知で言わせてもらうのなら、半ば狂人の域に
達してるのではないかと推察してしまう。

と、ここまで書いたところでボクは気付いた。
いままでの文はメニュー上の一部の書きこみを受けて書いたものだったのだが、
スレを開いてみると、運命の悪戯としか言いようの無い、
恐ろしい光景が広がっているではないか。
恐らくは1の書き込みだと思われる文章、その間隙を美しく空白で占める2。
笑った。腹筋は引きつり、悲鳴を上げる。休日のアパートに声は響き渡り、
住民が迷惑するのではないかという考えが脳裏を掠めたが、
この胸からこみ上げてくる思いを止めることは出来ない。

素晴らしきかな1よ、もうキミを止めることは出来ないのだろう。
だがあえてここで言おう、

長文uzeeeeeeee!!

と。

58 :どこまでも名無しさん:01/10/28 20:12 ID:???
>>55-57
ふふふ、age続けるという事も効果があるようだ。
ただ単に無駄というわけでもないようだな。
この広大な電脳空間でこのスレッドが君たちになんらかの感銘を与えたことだけでも
私は歓喜に打ち震える。

>>55
特にこうして賞賛されることは自分自身への活力にもなる。
>>56-57のように批判もあるかもしれない。
それでも私はそれを受け入れながら乗り越えよう、
このレスさえもこのスレッドを成長にいたらしめる糧にしよう。

実の所、私はこれらのレスが批判とは思っていないが。

59 :どこまでも名無しさん:01/10/28 20:19 ID:hDYqgsVt
俺が好きなのは、つゆだくだくだくだくだくだくだくだく

60 :どこまでも名無しさん:01/10/28 22:34 ID:???
何と言う事だろう!
ラウンジという案内のカテゴリに身を置きながらも実状は雑談場と化し
平時短レスを用いた雑談スレがおよそ、総スレの8割を占める板に置いて
此の様なスレッドが存在していたとは!

…正直に言って目眩を覚える。
観察スレから誘導されてきたのだが、最初は何の期待も持っておらず
『どんな糞スレだ?ゴルァ』な気分だったのだが、なんだ此の力の入り具合、
スレを満たす在る意味幻想的な空気は…。

指が震える…。心が躍る…。だがしかし、私は同時に解っている。
『最初だけだ』と。
それでも良い。
1氏が走っていくというのなら私もつき合おうじゃないか。
否、見届けようじゃないか、彼の生き様を。
其れはまるで夭折したジェームスディーンの傍らで彼を支えた人々にも
似た気持ちだ。

何が述べたいのかというと要するに
『ガンガレ』だ。

61 :どこまでも名無しさん:01/10/28 22:41 ID:VXI9Vky+
今1から順に全部読みました。

ゆるしてください。

全部、私がわるいんです。

ゆるしてください。

ゆるしてください。

62 :どこまでも名無しさん:01/10/28 22:45 ID:???
この無限の宇宙の如く広がるインターネットの電子空間
そこに光り輝く青き星のようなサイト、2ちゃんねる。
今、僕は、そんな広大とも言える世界の中で、このスレッドを発見した今僕は
喜びに打ち震えながらキーを叩いている。
嗚呼、めぐり合いとは何と美しいものだろう。
今私は、このスレッドに書き込み・・・いや、自分の分身を電脳空間に残す作業とでも
いえるだろうか・・・
自分は永遠ではないが自分がこのスレッドの中に書き込む事で
俺のレスは電脳空間に永遠に残るのだ
そして・・・あなたの心の中へも・・・

63 :どこまでも名無しさん:01/10/28 22:46 ID:???
書き込んだ処で置かれていた雑談のネタに手を付けたいと思う。
私の好む漫画、種類は多伎に渡っているが敢えて絞り込むならば
今はひかわきょうこの『彼方から』と敢えて述べよう。
少年漫画からすべきか?いや、青年漫画か?と迷いを見せて
指が止まったのだが、此処は清涼剤の役を果たすであろう
少女漫画から選ばせて貰った。

大まかなストーリーは、現代日本に生きる平凡な女子高生である主人公が
異世界に誘われ、其の世界を巡る騒動に巻き込まれていくと言うモノだ。

うむ、こうざっと記した処に置いてはまさしくただの少女漫画だ。
新井素子の「扉を開けて」を思い出した諸兄も多いかと思う。

だが、ひかわきょうこの柔らかな筆致と相まってなかなか読ませてくれる
作品だと私は思う。

64 :どこまでも名無しさん:01/10/28 22:54 ID:???
60だが。
作業の合間に63を書き込んでいて気が付けば二つも新規レスがついているではないか?
落ちぬようにと気を払い、ただスレを拾い押し上げたのだが其れで此の場に気が付いた
諸兄が居たので在ればまさに此は天啓と言える。


改めて今晩は。
同胞の書き込み嬉しく思う。
>>61氏よ。
君は何故その様に平身低頭に謝罪を繰り返されるのだ?
其処まで此のスレッドが君の心に衝撃を与えたのだろうか…嗚呼。
本来ならば君を気遣わねば成らぬのだろうが今私の心を満たすのは
『ヨカタ』だ。
…すまない。謝罪すべきは此方の方だ。
君も明日を夢見て走ってくれたまえ。

>>62
嗚呼、君も電脳空間を流離った果てに此処へと辿り着いた様だ。
同じ経緯を辿り来た私としても貴兄の書き込みには心を打たれる。
残していこうではないか、共に生きた証と成る欠片を。

65 :どこまでも名無しさん:01/10/28 23:25 ID:???
正直いって長文ばかりを書いて心身共に満身創痍だった。
そしてこのスレッドのクオリティをさげない為にも
自分が落ち着くまで書き込みを控えていた。
しかし>>60の書き込みを見た時、私は目の覚めるような思いがした。
全身に電撃がはしったとも言えるだろう。

私はただ単に逃げていたのだ、明日まで放置して他の人の流れに乗ろうとしていたのだ。
それでは駄目だ、ここは私の為のスレッドではないが、
私が責任を持って丹念に育て上げねばならないスレッドだ。

ここまで来て他の人のレベルの高さに私は少々嫉妬する。
量産ではいけない、質を維持したまま書き込みを続けなければ。

66 :どこまでも名無しさん:01/10/28 23:33 ID:???
>>65
貴殿の決意には感服した。
そして、明日仕事だから・・・と逃げる私をどうか思う存分詰って欲しい。

もうリミットが近づいてきたようだ
おこがましいとは思うが、今スレの繁栄を影ながら・・・いや
猫の待つ暖かい布団、いわゆるエルドラドから祈る事をお許しいただきたい。

草々

67 :どこまでも名無しさん:01/10/28 23:36 ID:???
>>62
この電脳世界は一方的ではない、相互、いや他方面への繋がりを可能にする。
君の書き込みは広大な海に手紙のはいったボトルを投げるような行為ではない。
だから僕は君へレスを返そう、無限にも思える広さの中で出会った奇跡に感謝しながら。

>>63
残念だ、非常に残念だ。この身が張り裂ける思いだ。
雑談にのってきてくれたにも関わらず私はその漫画を知らない。
というか少女漫画全般について無知である。
だからといって君が悔いることはないのだ。
これから書き込んでくれる人も存分に少女漫画について語ってくれて良いのだ。
私は影でひっそりとそれを見守り続けるから。

このような機会を得たのでいずれその漫画を読もう。
それこそ天が与えてくれた出合いになるかもしれない。

68 :どこまでも名無しさん:01/10/29 00:38 ID:???
今日も僕の平穏な1日は終わりを告げる。
長いような、短いような、そんな1日であった。
これから荒波のような平日へと向かっていくので
僕のこのスレの出現時間、滞在時間も目に見えて減退していくようになってしまう。
下手をすると丸一日現れない、そんな日もあるかもしれない。
だが、僕は君たちに僕の事を気にせずにやっていって欲しい、
確かにこのスレッドは書き込むのに異常な労力もかかるだろう。
書き込みを強制はしない。

僕は続ける。
たとえこのスレッドを書き込む者が世界で僕1人になろうとも…

う〜む、いまいち…

69 :どこまでも名無しさん:01/10/29 01:17 ID:???

おお、神よ!この罪深きスレに慈悲の光のあらんことを!

70 :JARO:01/10/29 01:28 ID:???
ちょっと!!!!!!!!!!!!!!!!
このスレ大袈裟過ぎますよ!!!!!!!!!!!!
それはさておき……………………


  
     

     
  
 
 
     

 

 


70ゲット!!!!!!!!!!!!!!!!!!
万歳!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

71 :どこまでも名無しさん:01/10/29 01:35 ID:???

糞レスをつけたために、ののしられたり、迫害されたり、
また、空気を読めないために悪口雑言を言われたりするとき、
あなたがたは幸いです。喜びなさい。喜びおどりなさい。
天においてあなたがたの報いは大きいのだから。あなた
がたより前に来た固定者たちも、そのように迫害されました。

マタイ書5:10

72 :大袈裟といえばこのこぴぺ:01/10/29 02:15 ID:NAog1Ri7
昼飯のスパゲティナポリタンを眺めながら、積年の疑問を考えていた。
それは「なぜナポリタンは赤いのだろうか」という問いである。
簡単に見えて、奥の深い問題だ。
「赤いから赤いのだ」などとトートロジーを並べて悦に入る浅薄な人間もいるが、
それは思考停止に他ならず、知性の敗北以外なにものでもない。
「赤方偏移」という現象がある。
宇宙空間において、地球から高速に遠ざかる天体ほどドップラー効果により、
そのスペクトル線が赤色の方に遷移するという現象である。
つまり、本来のナポリタンが何色であろうとも、ナポリタンが我々から
高速で遠ざかっているとすれば、毒々しく赤く見えるはずなのだ。
目の前のナポリタンは高速で動いているか否か?
それはナポリタンの反対側に回ってみることでわかる。
運動の逆方向から観察することで、スペクトルは青方遷移し、
青く見えるはずなのだ。
逆に回ってみたところ、ナポリタンは赤かった。
よってこのナポリタンは高速移動をしていないと言える。

73 :どこまでも名無しさん:01/10/29 02:57 ID:???
大袈裟と言うより まわりくどいよ

74 :どこまでも名無しさん:01/10/29 04:18 ID:???
ログをいま読み返しながら、此のスレッドの致命的欠陥を再確認した深夜、
諸兄は如何お過ごしだろうか?

欠陥というのは非常にレスが返しにくい、との事だ。

嗚呼、十二分に解っていた事だ、だが今更ながらに思い至った
現実の重さに目が眩み、そっと離れ身を伏せようかとしたが…

出来ない。何故ならばスレッドホストとも言うべき>>65氏が書き残したレスを
見たからだ。
其れに続く>>66氏が述べた様に私も感服した。

故に>>67氏。
君がくれたレスに私も返そう。
私が広げたやくたいもない考察に反応を返してくれて嬉しい。

正直少女漫画という分野は男性には遠い存在だろうと推察する。
嗚呼、此は君を男性と踏まえた上での判断だが。

だが其れ故にふと踏み込んだ時には思いもかけぬ名作との出逢いが
待っていることが往々にして在る。

有り難う、君が進めてくれたように少しずつ私も記していこう。
君も君のカテゴリから広げてくれることを期待する。

75 :どこまでも名無しさん:01/10/29 04:28 ID:???
>>68氏よ。

君の気が赴く侭に続けていって欲しい。
私も同じく猫が優雅に歩を運ぶが如く
成るべく気軽に此処を訪れたいと思う故に。

>>69>>71両氏。
貴兄らの祝福、感じ入った。
此のスレッドに書き込む一人として有り難く受け取ろう。

貴兄らにも祝福の鐘、高らかに響かんことを。

>>70
そしてJAROと名乗る君。
おめでとうと祝辞を述べさせて頂こう。

此からも『ゲトー』を続けて行くで在ろう君に幸多からんことを。

>>72氏よ。
コピペで在ろうが、拘りを見せる君に瑣末では在るが謝辞を示す。

>>73氏。
すまない、大袈裟とまわりくどい、此は似て非成る事象かも知れない。
が、しかし、此のスレは走り出してしまった。
良ければ君も此のスレに乗らないか?と誘いの水を向けよう。

76 :どこまでも名無しさん:01/10/29 08:02 ID:???
あぁ、なんということだろうか!
僕はレスを書くのに没頭する余り>>66の書き込みを見逃してしまっていた!!
神よ!!哀れな小羊をお許し下さいませ!!とりあえずageだけ。また、数時間後ね。

77 :パンク・ポンク:01/10/29 09:32 ID:???
age、エイ・ジー・イー。
私は、ずいぶん長い間、そう、雨樋から垂れる一滴の水が
その下に寝そべる大岩に一つの穴を穿つほどの年月、
「あげ」という言葉は、englishの“age long”から
派生した言葉であると思っていた。

これは、文部省の発表でもそうなっていることであるし、
どの百科辞典を紐解いたところでそのように書いてある。
いわば疑う必要の無い事実というものであった。
今日という名のこの日までは。

“age long”とは、皆さんご承知の通り「長年続く」という意味である。
ここから「スレッドが長年続きます様に」という願いを込めて
ageが使われるようになった。というのが今までの学説であった。

しかし私は今日ここに、あるひとつの斬新なアイデアを発表したい。
それは、「ageとは“上げる”に端を発する言葉ではないか」というものだ。
これには反対する各氏も多いであろうが、私はこの発見は
世界を変えうる何物かを含んでいる気がしてならない。
私は戦い続けるだろう。

78 :age屋丁稚 ◆2iaGEYaE :01/10/29 11:48 ID:???
保守ヽ(´ー`)ノ

79 :age屋子分:01/10/29 16:14 ID:Qyz8IDnj
保守(´Д`)ゝ

80 :どこまでも名無しさん:01/10/29 16:28 ID:???
>>78-79
「保守」
この二文字の言葉が書き込まれている事により、糞スレが乱立する
ここ「ラウンジ」という戦場から私の居場所がDATの海へ行くことを免れた。
感謝。
この言葉だけでは足りないのは分かっているがあえて言わせて貰う。
そして、心無い煽り、厨房に中傷されるかもしれない不安を持ちながらも
勇気をもってこのスレを立ててくれた>>1
あなたには言葉では言い表せない程の感謝の気持ちで一杯だが
この言葉を言わずにはいられない。
>>1マンセー!」

81 :どこまでも名無しさん:01/10/29 19:32 ID:???
さて、今日もこのスレッドはある。
自分で保守依頼していたにも関わらず保守があると妙に嬉しい。
目の前が光で満たされるようだ。

昨日から私に代わって書き込みをしてくれている方がいるが、非常に有り難い。
まだまだ至らない所の多い私などよりずっとしっかりした書き込みをしてくれている。

貴公からは色々学べることがありそうである。

さぁ、スレッドよ!!
大いなるラウンジの地上へいざ浮上せん!!age!!

82 :見習いage屋:01/10/29 20:39 ID:???
保守しまぁす。

83 :どこまでも名無しさん:01/10/29 21:29 ID:???
今一番大事なこととはなんであろうか?

>>80氏が書かれているように
「ラウンジ」は数多くある戦場でもかなりの激戦地であることは十分承知であることと思う。
今までも数多くの名スレがDATの海に飲み込まれていった。
かなりの戦力が整っていたとしても油断してはならない。
テレホというものはあらゆる局面を打破してしまう恐ろしい力を持っている。
一気に形勢が変わってしまうのである。
テレホはBB勢力の台頭によりかなり力は弱まってきてはいるがまだまだ
侮ってはならない。荒波にのまれる前に確実な戦力を整える必要が不可欠なのである。

昔を思い出そうとしても藻屑と消えてしまったものはもう帰っては来ない。
「それなら新しいものを作り出せばいいだけじゃないか」と言うかもしれない。
しかしそうではないのだ。 新しく同じ物を作ったとしてもそこにはあのときの友人たちはいない。
楽しく、時には激しく語り合ったあの思い出はすでに永遠のものとなっているのだ。

同じ過ちを繰り返してはならない。
たとえゲッターでもいい!こうなっては手段を選んではいられない!
読者の君たちもここは一つじっくりと考えてみてもらいたい。
そして立ち上がり共に叫ぼうではないか!「age〜」

84 :どこまでも名無しさん:01/10/29 21:39 ID:???
>>83
>新しく同じ物を作ったとしてもそこにはあのときの友人たちはいない。

これは2ちゃんねるの大きな魅力である名無しさんシステムの副産物、
狭間によって引き起こされたものだろう。
なんとも皮肉なものである。

それでも私は名無しという名を名乗り続ける。
新たな名無しとの出合いを求めて。

85 :ほえほえ ◆OtJW9BFA :01/10/29 22:11 ID:c9fsh2Dk
まさに今!名スレの希望の予感・・・

86 :どこまでも名無しさん:01/10/29 22:12 ID:???
そうですね。
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    ) ←>>85
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

87 :どこまでも名無しさん:01/10/29 22:13 ID:???
adfadsfadsfadsfasdfas

88 :どこまでも名無しさん:01/10/29 22:21 ID:???
>>83-84両氏よ。

貴兄らの残した書き込みに私は血の叫びを聞いた。

其の場が失せれば集う者達は離散してしまう。
だからこそ、今在る場を慈しみ、愛でなければ成らぬ。
必然故に悲しくも脆い邂逅を導いてくれた此の場を維持して行くが為
私も言葉の欠片を幾人もの有志によって構成された此のスレッドに
刻み続けていこう。

89 :どこまでも名無しさん:01/10/29 22:24 ID:???
85氏と86氏。
貴兄らのやり取りに、言葉だけでは伝わりにくい機微を補わんが為産まれた
AAの神髄を見たように感じた。

レスに対する滾らんまでの情。素晴らしい。

90 :どこまでも名無しさん:01/10/29 22:29 ID:???
>>87氏よ。
君が何をしたいのか、未だ若輩の私には解らなかった…。
だが、何かを…そう、自分の生きた証を此のスレッドに幾らかでも
残したいだろう、と浅慮ながらもそう考えに至った。

其の謎に満ちた文字の羅列、其れに君は己を込めたのだな。

君の電脳海における人生に幸多からんことを。

91 :どこまでも名無しさん:01/10/29 22:37 ID:???
>>87
asdf、キーボードの中心のキーを左から押すとこうなる。
そこに君が求める何かはあったのだろうか?
その文字列をここに書き込むことによって誰かに何かを伝えたかったのだろうか?

君がここに残したかったもの、それが見つかった時もう一度ここに来て欲しい。
私は存分にそれを受け入れよう。

92 :どこまでも名無しさん:01/10/29 22:47 ID:???
このスレッドを打ち国税をも物とも言わないその勇気。
きっとその血税を払っているにも関わらず無駄な政策と
駄目な行動力の国民にとって、このスレッドはきっと
世界各国からも非難の嵐となるであろう。

今、世界駄スレ協議委員なるものが >>1 の心理的不調和と
現実ともつかぬ妄想との狭間をさ迷っている精神状態を監視
し、抑制の措置を国家レヴェルで開始するだろう。

その為に >>1 は秘密諜報部員に監視され爪を切る事すらまま
ならないはずだ。

そうなる理由は只一つ、逝ってよし。 全世界が君の逝去を
望んでいる。 

93 :どこまでも名無しさん:01/10/30 00:35 ID:gMhYUZv/
>>77パンクポンク氏
あなたのそのレスを読んだ時、私の精神、及び私の肉体において
確かにある種の変化が、しかも急激な変化が生じたという事を私は
告白しなければならない。

私の顔面
皮膚の下を貼り巡る括約筋が収縮を起こした。特に口腔付近の収縮が著しい。
あるものは水平に、またあるものは斜め60度の方向への収縮が見られる。

下腹部
腹筋の硬度が増した。やはり収縮を起こしているものと考えられる。いわゆる「肉」
のような模様が微かに観察された。(身体の衰えが無ければ、この模様はより
鮮明に浮き出たであろう)

口・咽喉
声帯からやや周波数の高い音声が、周期的パルスとなって発せられている。

以上が目立った変化である。
その後私は、ある事に気がついた。
ある事に関係付けてみてはどうか。
つまり、私の身体に起こった現象は、この掲示板で言うところの
「激しくワラタ」
という現象と同一のものではないのか、と。
そして私は、今では、同一であるという確信を得ている。
しかしその同一性を証明するには1200文字の日本語を要する。
ここではその詳細には立ち入らないことにしよう。

94 :どこまでも名無しさん:01/10/30 00:57 ID:???
僭越ながら今日もお休みのレスをつけさせてもらおう。
私は恒久的に>>93のようなレスはつけることができなさそうだ。
できることならば同一のレスを君に返してあげたい。
だが今の僕にはそこまでの文章能力がない、悔いる、非常に悔いる。

こういう時にはその悔いを他の手段で隠蔽してみるのも1つの手段であろう。
>>93(・∀・)イイ!!

95 :age屋:01/10/30 07:08 ID:???
保守…長文書けない(;´Д`)

96 :どこまでも名無しさん:01/10/30 08:09 ID:???
>95
有り難う、age屋どの。
君が其処までこだわらなくても良いのだ。
いや、寧ろ長文を書かねば等と考えられ作業に支障を来しては
本末転倒ではないか…。

だから、ひっそりと、訪れ去って行く君に
私達はありったけの感謝を捧げよう。

97 : :01/10/30 11:11 ID:???


98 :どこまでも名無しさん:01/10/30 11:19 ID:???
先ほどから下腹部の筋収縮が目立つ、間違いない
私は生理的栄養素欠乏にあるようだ…
そのような思案を思い浮かべて居ると更に筋収縮を感じる
時刻は11時を回っている、後一時間弱、私は如何すればいいのだろうか

99 :どこまでも名無しさん:01/10/30 14:03 ID:???
私は今漫画喫茶という空間の中でインターネットをしている。
はっきりいってここは未知の領域である。
我が家のパソコンはMacであるのでWindowsの慣れない操作に戸惑いながらこの文章を書いている。
何か不手際がないだろうかと思うと少し恐怖を感じる。
今はあまり神経が回らない、操作に慣れることで必死だ。

>>96
君が僕に代わってage屋さんにお礼を言ってくれることに感謝する。
僕もまたage屋さんに感謝し、その苦労に報いたいと思います。

>>95
あなたのその保守という行為の積み重ねによってこのスレッドは今も存在しています。
その行為は何行にも及ぶ長文と等しい効力が発揮されています。
どうかあなたの仕事に誇りを持って下さい。
それでは、又引き続き保守をお願いします。

改めて>>96君にも僕はいろいろ助けられている、
君のような人がいる限り僕も安心してここに居続けることが出来るだろう。感謝。

100 :どこまでも名無しさん:01/10/30 14:43 ID:v8TRaZSe
悦びにうちふるえつつ、高らかにここに宣言したい。 100ゲット。 !

101 :どこまでも名無しさん:01/10/30 14:44 ID:???


102 : :01/10/30 16:33 ID:???


103 :どこまでも名無しさん:01/10/30 18:13 ID:kWT931DM
と、まあ>>1から読んできたわけだが、
私にはこのthread、(つまりみなが言うところの「スレ」である)がとても滑稽な物に見える。
我が隣人も失笑し、そこにいる人々をあざ笑った。
彼らは言う
「何故、我らをあざ笑うのか」
「何故、この偉大さを理解しようとしないのか」
何故、何故・・・

友に言わせればこうである

 「お前ら長文を書きたいだけちゃうんかと」

嗚呼、神よ。

104 :age屋丁稚 ◆2iaGEYaE :01/10/30 20:06 ID:???
保守ヽ(´ー`)ノ

105 :どこまでも名無しさん:01/10/30 21:03 ID:???
>>100氏よ。
まずは「100ゲトー」おめでとうと言おう。
率直に言って壮大なくどさで創り上げられている此のスレッドが
其処まで成長するとは微塵も期待していなかった。
なのに、100。君が「100ゲトー!!」と宣言できるまで保って居たことは
感慨深い。
此もヒソーリ黙々と保守作業を敢行し続けてくれている
>>104age屋氏ご一行や>>101-102両氏の方々の尽力に負うことが
多いだろう。
無論、>>103氏の様になんだかんだ述べながらも書き込んでくれる
方、我らが同胞の存在も忘れはしない。

106 :どこまでも名無しさん:01/10/30 21:10 ID:???
>>99氏。
君の血を吐かんまでに凄まじい努力を私は知っている。

何度も力尽きかけただろう。
幾度スレッドの存在を忘却の彼方に押しやろうとしたのだろうか?と
君の思索の遍歴が欠片に思いを至らせるだけで忍びない…。

だが君は出先からでも書き込みを続ける。
素晴らしい。
思わず目頭が熱くなったほどだ。

そして>>103氏の友人の言葉を思い出す。

我らは長文を書きたいが為に…。

そうだな、端的に言えば其れの一語に尽きるのだろう。
だが、望んで書き込みをしているにも関わらず
何故に書く、其れだけで在る種の疲労に襲われるのだろうか、と
自嘲が浮かぶ…。

「嗚呼、神よ…。」
>>103氏が最後に残した言葉が私の胸に酷く響いた夜だった。

107 :103:01/10/30 21:23 ID:???
103だが・・

今になって読み返してみるとわれながらイマイチな文章である。
もちろん私は物書きなどになる気はまったくないので、それでいいのだが。
ただ、>>105>>106には感謝している。本当にありがとう。

108 :どこまでも名無しさん:01/10/30 23:40 ID:???
なんて素晴らしいスレなのだろう。
1レス、1文を読み進めていく度に、血沸き肉踊る感じに捕らわれる。
この偉大なスレを創り上げた諸兄らに敬意を表し、この駄文に変えさせて貰う。

109 :どこまでも名無しさん:01/10/31 00:39 ID:k67CsJIz
>>108氏よ。おお、108氏よ!
私は1ではないが、あなたのその喜びに満ち溢れたレスを読み
このスレの末長き発展を願う者の一人として、何かこう、
私の精神までもが幸福感で満たされてゆく。

スレが繁栄する悦び

それはなにものにも代え難く、なにものにも代え難い。
このスレはもはや100を越えた。
われわれはさらにゆかねばならぬ。
1氏の意志を汲み取り、共に戦わねばならぬ。

110 :どこまでも名無しさん:01/10/31 01:40 ID:???
さて、今日、というかこの24時間、私はこのスレッドに書き込むのは2回目である。
明日にレスすればいいという思いは自分自信の堕落、このスレッドに対する逃げに繋がるので、
2ちゃんねるに繋いだこの機会に書き込みをしておこう。

>>103
その友人の考察力には目に見張るものがあるようだ。
そぅ、私は長文が書きたいだけだ、このスレッドがある限りそれは満たされる。
なんと素晴らしいことではないか。

>>106
私はこのスレッドを自分の限界までやってみようと思って立てた。
そのためには今のラウンジでは他の人の協力が不可欠である。
私はその為にage屋さんに依頼した。
そして依頼をしていなくても、保守してくれる人、そして君や他の書き込みをしてくれる人がいる。
そんな多くの他者の上で成り立っているこのスレッドで、私が誇ることなど何もないのだ。
私のしていることは努力でもなんでもない、ある種人として当然の事をしているまでである。
むしろ私はこのスレッドに好きな時に書き込める存在であるのに、
定期的に、そして良質の書き込みをしてくれる君を尊敬する。
君がその人物であるということに確証はないが、私はそうであると確信する。

111 :111:01/10/31 02:40 ID:???
私がこのスレッドに出会ったのは、秋の深まり感じさせる肌寒い夜であった。
まさにサイバー時代の到来を思わせる巨大掲示板2ちゃんねる。
星の数ほどのスレッドの中で、私がここにたどり着いたのは果たして偶然であろうか。
仮に私が今ここで、これを偶然であると言って片付けるのは至極簡単なことである。

しかしだ。
果たしてそのような安易な思考に片寄ってしまうのは、酷く危険なことではないだろうか。
どんな物事をも深く考察していくというスタンスこそが、コペルニクスの地動説を産み、
アインシュタインの相対性理論を産んだのではないだろうか。

よって私は考える。
このスレッドとの遭遇は少なくとも偶然ではない、と。
私は、私がこのスレッドに出会った理由、
はたまたこのスレッドが私を呼んだ理由が存在する事をあえて仮定したい。
そして今後、私がこのスレッドと関わりつづけていくことによって、
その仮定が確定となるための道筋を見出していくことになるであろう。

112 :111:01/10/31 03:12 ID:???
おお!なんという悲劇であろう!!
私の唯一無二の趣味であると呼べる鼻糞飛ばしをしたところ、
たった今丸めたばかりの鼻糞が私の頬を目掛けて、
まるで空気を裂く弾丸のように飛来してきたのである!
当然そのような速度に反応する術もなく、
鼻糞は溶岩流のような粘着度をもって今も私の頬にくっついているのだ!
一刻も早くこの不快極まりない状態を打破したいが、不運にも見当たるところに鏡はない。
ここは勘だけを頼りに、死角である頬に手を伸ばすべきだろうか。
しかし万に一つでも、目測を見誤った挙句その忌まわしい物体を
頬に塗りたくってしまったというような大惨事だけは避けねばならない。
かと言って今更鏡を探すのももはや手遅れなのかもしれない。

駄目だ。もはや私の知恵の及ぶところではないのだ。
嗚呼こんな悲劇に見舞われるのならば、普段より鼻糞飛ばしなどせねば良かった。
後悔先に立たずという言葉をもっと重んずるべきだったのだ。

・・・というような事態に陥らないように、
私は鼻糞を必ずティッシュに包んで捨てている。
そう、これを書きこんでいる今も。

113 :疑問に答えンヌ ◆jKdzC2TE :01/10/31 04:12 ID:zZTqLWdx
会社から15kmにも及ぶロングジャンプで一気に帰宅した俺は部屋の窓に激しい
体当たりをかまして入室!PCの電源ボタンを256回連続でどつき回して起動!
起動中のわずかな時間も我慢がならずに東アフリカはアッテム族の安産祈願の踊り
で部屋中を暴れ回った!起動するかしないか、矢も盾もたまらずにIEのアイコン
をクワドラブルクリックして速攻接続!奇声を上げながら2chのメニュー画面を
今か今かと目から迫撃弾を出すような勢いで待ち、ラウンジの「ラ」が表示される
瞬間の2ナノセコンドを逃さずクリック!上位スレのリストを見る暇すらなくスレ
を立てる。「マターリ行こうYO!part5」

114 :ひよこage屋:01/10/31 09:27 ID:???
あげ( ・∀・)

115 :age屋丁稚 ◆2iaGEYaE :01/10/31 14:15 ID:???
保守ヽ(´ー`)ノ

116 :age屋代理:01/10/31 18:45 ID:???
>>43殿
まずは返事が遅れた無礼を切腹せんばかりの勢いで謝罪する。
心の奥底から申し訳なく思う。
もし過去に戻ることができるならば>>44にお礼の言葉をものすごい勢いで書きたい。
しかし、それは残念ながら出来ない。なのでここでできる限りの謝罪をする。
さて恐れ多くも>>43氏の書き込みをここに引用させていただく。

>ありがとう

感謝の言葉。某アニメの影響を微妙に受けているが、
そこは、あえて突っ込みを入れないでもらいたいと切に願う。
>>43氏がこのネタを知ってるかどうかも不確定な状況下でこれを書き込むのは
相手が勝手に自分のことが好きだと勘違いして一人で嬉しがってる状況にも似て
なんとも緊張感がある。

長々と書いていると自分のボキャブラリー不足が露呈する危険性が指数関数的に
増加するのでここらが潮時であろう。

では最後に定番ともいうべき言葉を書き込もう。
「保守」と。

117 :どこまでも名無しさん:01/10/31 21:49 ID:???
ここだ、こういう時に私は弱い。
2ちゃんねるそのものにやる気が感じられない。
全身がけだるい、少し眠気も感じる。
しかしこれでは駄目だ、このスレッドを盛り上げなければ。
これは私の責務だ。その契機の為に、さぁ、とりあえずageだ。

118 :どこまでも名無しさん:01/10/31 22:36 ID:???
あぁ、危ない。こういう時には諦めも早くなってしまう。
一度ageてもレスがつかないだけでこのスレッドを一寸見捨てそうになった。
駄目だ駄目だ!たとえ1人になってもこのスレッドは続けると決意したはずだ!

何の為にage屋さんに依頼していると思っているんだ。
このスレッドを保持する為になくなっているスレッドがあるんだ。
よっし!がんばろう。

119 :どこまでも名無しさん:01/11/01 00:24 ID:eDB10sSn
嗚呼、なんということだろう!
>>117-118は1氏のレスに相違は無いな?
許してほしい。この愚かな私を許してほしい!
>>117のレスがついた時点で私は一度このスレを見た。
確かに見ていたのだ。
にもかかわらず私は、1氏のこのスレに対する
ほとばしる情熱に応えることなく、
「長文書くのウゼー」
などという傲慢な理由付けを行い
レスをつける事を怠った・・!
今私の心はまさに、慙愧の念で溢れ返りそうである。
ここに、1氏に対し深いお詫びを申し上げたい。
>>118のまさに鬼気迫るレスに比べ
なんと私はちっぽけな存在なのだろう?
この駄文を、せめてもの償いとして1氏に捧げたい。

120 :突発的age屋:01/11/01 02:45 ID:???
あああああっなんて事だなんという事だ!
私は己の愚かさに、無力さに、驚愕し、打ち震え、後悔する!
まさかこんなスレがあるとは思っていなかった同志よ!
下から回るという事がこんなにも己を混乱させ、困惑させ、神をも称えるような
心持ちにさせるのかと!
嗚呼私は懐かしい!あの輝かしい青春の日々を思い出す!
大仰で時代がかった台詞の数々が、私の脳細胞を、全神経を、末端の隅々を
目覚めさせてくれた!
そう、あのスポットライトを浴びた舞台で私は輝いていた!
今か今かと自分の台詞の番を、おびただしい量の汗を手に握りながら!

そう、私の台詞は・・・・・・・・・・・・・「保守。」

121 :age屋子分:01/11/01 08:16 ID:gV668ClU
ほ…ほしゅぅぅぅぅ!
いつか長文で挑んでみたいと思いつつ今はただこの一言で
済ませてしまう自分が情けなく感じる。
だが、いつか。そういつの日か。きっと。

122 :どこまでも名無しさん:01/11/01 08:26 ID:???
このような時間にスレがあがるのを見て、
私は驚嘆の叫びをあげずにはいられない。
しかしここに書き込みをしてもよいのか?
これから出勤しなければならないのに書き込まなければという強迫観念を、
書き込みつつも常に抱えているのである。
しかしだ!このスレッドなるものがあがってきているのだ!
これは私に対する挑戦として受け止めなければならないのだ!
私は書き込む!朝の仕度の慌ただしさに耐えてまでこの挑戦に挑むのだ!
そしてこれをsageで書くとこに関しても、
私は今日一日中悩み続けなければならないであろう。

123 : :01/11/01 13:40 ID:???


124 :age屋代理:01/11/01 17:22 ID:???
勉学で疲弊しきった身体に11月の風は冷たくあたる・・・
その中を自転車で疾走してきた私に考える力は残っていない。

意味不明な言葉を書き連ねつつ、保守。

125 :どこまでも名無しさん:01/11/01 20:44 ID:???
いろいろ思う事はあるのだが、愚痴ばかりも言ってられない。
願うべくはこのスレッドが悠久の栄華を誇る事である。

さぁ、進歩しようではないか。
とりあえず他のスレッドの雑談を模倣する事から始めよう。
なにごとも進化とは模倣から始まる。

私のクリアーすることができなかったゲーム。
「ブシドーブレード」

このゲームはスクウェアが1997年3月14日にプレイステーションで発売した格闘ゲームである。
大手メーカーの発売であるので知っている方も多いであろう。

このゲームの最大の特徴は格闘ゲームであるにも関わらず、体力ゲージがなく、
ほぼ一撃で死ぬという従来の格闘ゲームからは一線を画した画期的なシステムである。
さらに、このゲームには目潰しなどという技が全キャラクターに共通であるのだが、
この技をストーリーモードで使うと途中でゲームオーバーになってしまうのである。
武士道に反するという理由らしいのだが、ではこの技は何故に存在するのだろうか?

私はこのゲームをクリア、というか完全クリアができなかったのである。
完全クリア、その方法はこのゲームのストーリーモードを
一切のダメージを受ける事なくクリアする事なのだが、
その道中での中堅的存在、所謂中ボスに銃使いが存在するのである。

126 :どこまでも名無しさん:01/11/01 20:49 ID:???
このゲームは最初にキャラクターと武器を選択するのだが、
全て打撃、接近用の武器である。
そのような世界での銃を持ったキャラクターは鬼神の如き強さである。
銃の弾道をかいくぐって敵の懐に近付き、一撃で仕留めなければいけない、
こちらが一度でも攻撃をうければ一番最初からやり直しである。

私にはそこまでの気力が存在しなかった。-了-

127 :age屋代理:01/11/02 02:20 ID:???
せっかく>>125-126氏が今後このスレの中心を担うだろう話題を振ってくれたのにもかかわらず
私はその話題には触れることが一切出来ない。
理由は想像に難くないであろうからここではあえて何も書かないでおこう。

ここで、何の前触れもなく「ラウンジと夜」について考察してみたい。
考えることは人間にとって必要なことだから・・・

すでに時刻は草木も眠る丑三つ時・・・には少々早いが、一般に言われている所の深夜である。
街はその活動を止め、来るべき新しい朝に備えてしばしの休息を取る時刻である。
しかし、ふとラウンジに目を向けてみると、どうだろうか。
この時間になっても絶え間なくスレッドが浮き沈みする。
このことはラウンジには夜型人間が多いことを指し示している。
これはラウンジに限ったことではないだろうが。
昼間に、職場で、学校で、その他各所でたまったであろうストレスが
夜になって一気に爆発しているのであろう。
そして、発散した所で、またいつもの生活へと戻っていくのだろう。

忙しすぎる日常、不安定な人間関係・・・
そんなしがらみから解放される場所、それが夜のラウンジではないだろうか。
そうだとするならば、糞スレが立つのもわからないでもない。
みんな病んでいるのだから・・・

まぁ、結論として言えるのは「やっぱり糞スレ乱立はよくないよ」ということだ。

128 :どこまでも名無しさん:01/11/02 02:54 ID:???
意識が朦朧となり、
私の人格を他が支配するかのごとく、瞼が閉じていく。
嗚呼、絶望か。この世の終焉か。
再びこの世界に戻れることを祈りつつ、
流れに身を任す。

みんなおやすみ。

129 :age屋子分:01/11/02 07:21 ID:Gacd4nC/
さて、今日も新しい朝が来た。希望の朝が。
新聞屋さんも朝刊を配り終えたであろう……
昼間の喧騒とは変わってこの静寂。まだ外界の音といえば雀が朝だと告げるように囀っているだけ。

日本の多くの人達は学校に行くため、会社に通う為に起きだしている頃なのか。
いや、暖かい布団の誘惑から逃れられずにいるのかもしれない。
しかしもう今日という日は始まってしまった。一生という規模で見てみれば些細な、他愛の無い時間かもしれない。
だが2度と訪れる事の無いこの一日。
そんな今日を明るく楽しく始めるためには…まず人との交流から始めるのが良いだろう。
今日一日、平穏に、だが思い出に残る良い一日になるように、という思いを込めて。
頬の筋肉に力を入れ微笑みながら……
そう( ノ゚▽゚)才/ \∋〜  と。

130 :助教授:01/11/02 07:40 ID:s++vreid
おお、神よ!

 あなたのしもべ、罪深い人間であるこの私めが
俗悪で穢れた唇でこうつぶやくことをお許し下さい!!!!



「眠いよう・・・。(;´Д`)」

131 :age屋:01/11/02 11:39 ID:???
四肢を酷使し、非常に身体の状態が悪化している。
脳は眠くなくとも、身体が訴えている。
もう寝ようや、と。

132 :どこまでも名無しさん:01/11/02 11:49 ID:g5z5qleP
>>129氏の文面の冒頭部分は、私の体に一瞬の電気が走ったかのような衝撃を与えた。
頭の中になんとなく懐かしい、そして軽やかなメロディーが流れ出すではないか!
どう振り払おうとしてもこのメロディーは鳴り続ける。
そうしてしばらくたち、鳴り止んだと思ったそのとき再び衝撃が走った。

急に体操がしたくなったのだ。
そしてスタンプが押してもらいたくなった。
あぁおそろしい。何者かに操られているかのようだ。
今日はおそらくずっとこの恐怖におののきながら過ごしていくことになるだろう。
「それ1,2,3!」

133 :age屋代理:01/11/02 16:14 ID:???
もう何度謝罪しただろうか。見飽きたかもしれない。
しかし、今一度書き込むことをお許し願いたい。

保守。これしか思い浮かばない。せめて上げることで
一人でも多くの人がこのスレの存在に気づきますように・・・願いを込めて

age!

134 :どこまでも名無しさん:01/11/02 16:46 ID:???
なぜage屋さんはこのスレッドに長文を書かない事を悔いるのだろうか?
私はむしろage屋さんが長文を書いてくれるのを見ると、少し申し訳なくなる。
このスレッドがage屋に登録してある事でage屋さんに多大な負担をかけているように感じてしまう。

だから謝るのはやめて下さい。
age屋さん達の目的は保守です、それ以上は望みません。
ただ一言「保守」と書かれるだけでこのスレッドは生き続けるのですから。

135 : :01/11/02 19:43 ID:???


136 :age屋丁稚 ◆2iaGEYaE :01/11/02 23:34 ID:???
お言葉にあまえさせて頂きます。
保守ヽ(´ー`)ノ

137 :どこまでも名無しさん:01/11/02 23:42 ID:???
さきほど、私はこのスレを発見した。
そう、まるで20年来の両親に会った気分だ。
何か壮大でかつまろやかな繊細さがうかがえる。
私もこのスレに何かを書き込みたい、
いや、しかし書き込んでいいのだろうか。
もしかして今までの歴史に泥がつくのでは・・・・
そんな事を思いながら欲望に勝てず今、
震える指先から一つ一つの文字に魂を送り込んでいる。
この指さきから放たれる分文が届くころにはもう12時間近だろうか。
そう、また一つ地球は・人類は・歴史は・年を取るのだ。
さて。そろそろ疲労困憊の指先が悲鳴をあげてきたようだ。
それではまた皆さんに出会えるようゼウスに祈りながら。
グッドナイト。

138 : :01/11/03 03:38 ID:???
 

139 : :01/11/03 10:17 ID:???
ああ、私は今猛烈に感動している・・・
この保守嵐の中、一気に1000スレdat落ちの惨劇の苦悩の中、
このスレがまだ生命を持ち、更に我らに楽しみを与えうることを、
喜びの涙を流しながら書き込むを押すことにしよう・・・

140 :どこまでも名無しさん:01/11/03 11:27 ID:???
あげ〜

141 :どこまでも名無しさん:01/11/03 11:33 ID:???
今、私はタバコに火をつけようとしている

数十種類に及ぶ有害な化学物質と発癌性物質、
ナポレオンをも死に至らしめたヒ素も含まれる
この白くて細くてたくましいこの一本

142 :どこまでも名無しさん:01/11/03 14:16 ID:???
私は深く悩んでいた。この偉大で壮大なるスレッドに対して、
いかなる書き込みを刻み込めば良いのだろうかと。
その悩みは私の五臓六腑にまで染み込み、激しい苦悩すら
もたらしていた。だが、私はここに大いなる決断を下す。
今、勇気を持って、私は高らかにこう告げるであろう。
さあ、今こそ時は来た!克目せよ!

「age!!!!!」

143 :どこまでも名無しさん:01/11/03 19:47 ID:???
保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!
保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!
保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!
保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!
保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!保守だ!

144 :どこまでも名無しさん:01/11/03 20:01 ID:???
どうも昨日大きな圧縮があったので1日ぐらいは大丈夫だろうと思い、
書き込みをサボっていたのだが、どうやら私は甘く見過ぎていたようだ。
今日は2回も圧縮があったそうだね。
そんな中でよくこのスレッドが生きていたものだ、本当に奇跡のようだ、
いや、これは奇跡などではない、必然、保守してくれた人による成果だ、
保守してくれていた人には多大に感謝したい。
age屋さんによる保守依頼も解除したので、
これからは厳しい戦局になるだろうが私は戦おう、
このラウンジという大きな戦場を、このスレッドという武器を持って…

145 :ひよこage屋:01/11/03 21:49 ID:???
「ラウンジ」
なぜ、あなた達はこの板にやって来たのですか?
否、板などという表現では括れなくなってしまった、
日々肥大化する仮想空間のおもちゃ箱
何が、あなた達をこれほどまでに惹きつけているのでしょう?
エネルギッシュで魅力溢れるアクターがいるから?
連帯感を感じられる企画に参加するため?
それとも日々のストレスをここに投げ捨てにきてるだけなの?
刹那的にレスをつけるのはかまわないよ
でも、これだけは覚えておいてほしい
あなた達が気がつかない場所でそっと羽根を休めている人がいることを・・・

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)