5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

予備校講師との恋愛できる?

1 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:26
去年、現役の時に講習会へ5日通っただけなのに、とても気になる先生が
いました。浪人しちゃって、その先生のいる予備校に行きました。
そしたら、この前、200人くらいいる講義が終わった後に、先生に声かけ
られて、「講習取ってたよね?」って言われました。
先生も私のこと、気にしてたんじゃないかなぁって思っちゃいました。
何か、恋っぽい感じです。
このまま、先生に告って、恋愛しちゃっていいのかな?

2 ::2001/04/22(日) 04:28
駿台の雲幸一郎という先生です。

3 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:29
向こうに恋愛感情が有るかどうかわかんないだろ?

4 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:31
>>3
来週、質問する感じで、いろいろと話してみます。
あ、私は駿台じゃありませんから。>>2は騙りです。

5 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:39
>>4
お前はめす学生?おす学生?

6 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:39
>4 はっきり言ってあんた受験生でしょ?
恋愛感情なんて持たれたら教える方も迷惑だよ。それに、講師とまともに恋愛できるなんて思ってる身のほど知らずはまずいない。
取り巻きがたくさんいるってのに自分だけが特別に相手されるなんて図々しい。そんなことやってないで勉強しろよ

7 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:45
>>5
女です。
>>6
嫌われるタイプですね。

8 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:49
http://www.ad.il24.net/~jet/777/ootani_mitsuho/
1が彼女より可愛いかったら許す。


9 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:51
>7 自己中女のほうがよほど嫌われるに決まってるでしょう。
わたしも女だけど、あなたは何をするために予備校に入ったの?

10 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:52
>>8
許す許さないって、どういう問題なんですか?
アイドルオタクも嫌われるタイプですね。

11 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:54
>>9
というか、迷惑です。あなたこんな時間まで起きてて人にチャチャ入れるのは
止めてください。彼いないのですか?

12 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:55
>>1 君が他人のことを嫌われる嫌われないと決めつける権利はない。
人の話が素直に聞けないのならここに来る必要はない


13 :ken:2001/04/22(日) 04:55
>11 オマエモナー

14 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:58
>>10
冗談くらい軽く流せよ。

15 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:58
ネタってことで
---------------------終了----------------------

16 :名無しさん:2001/04/22(日) 04:59
>>9
>先生も私のこと、気にしてたんじゃないかなぁって思っちゃいました。
>何か、恋っぽい感じです。

 これのどこが自己中なんだろ? 思うだけで自己中かよ?
恋の予感か好意かわかんないから悩んでんじゃないの?
 俺は11の言うように、9は恋愛したこともない、顔面偏差値低い女
だろうな。

17 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:01
>「講習取ってたよね?」って言われました。
これ言われたぐらいで気があると思うのはどうかなあ・・・
俺も講師やってるけど、チョーク芸者が愛想良くするのは当たり前だよ

18 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:06
どの先生かは知らないけど、講習や200人いる講義の中で、君だけに
声かけたんなら、結構、貴女は可愛いか美人か、それとも全くその逆か
のどれかでしょう。
ひょっとすると気があるのかもね。

19 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:09
ていうか、知り合いでもないのにいきなり告白かよ・・・
講師室に質問行ったり、話していくうちに付き合うんなら分かるが・・・

20 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:09
俺も講師やってるが、大教室でやった講習に来てた現役生なんて
ほとんど憶えてないぞ。
ましてや春の講習ならいざ知らず、それが前年の夏や冬だったら
顔を思い出すのも困難。よっぽど好みのタイプとか、目立つ奴
なら憶えちゃいるが。


21 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:11
>>19
1本人かどうかは知らんが、>>4では質問するって書いてるぞ

22 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:16
だったら質問すればいいじゃん。
ここで相談する事はない

23 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:18
問 好意を持っているかも知れない予備校講師と恋愛できるか

ってことだろ? 問に対する答えが今のところ無いように思うが…

24 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:18
ネタなので終了〜

25 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:23
>23 一般的には無理だと思う。でも人による。
竹内先生捕まっちゃったね。てなわけで終了しましょう

26 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:30
強引にやっちゃったからね、竹内

27 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:41
マジレス

もしも恋愛が上手くいっても、相手は大人。遊ばれないようにしないと
いけない。他の女生徒や女講師、女子職員と親しげに話していても、
妬いちゃいけない。
結構気を使うと思うから、やめておいた方がいいと思うな。

28 ::2001/04/22(日) 05:57

やれ、家までおしかけ女房だ。
妊娠して子供作れ。

29 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:59
妊娠=子供ができたってことじゃないのか?

30 :名無しさん:2001/04/22(日) 05:59
私は1を許さない。

31 :名無しさん:2001/04/22(日) 06:00
少女漫画読み過ぎの1に乾杯!

32 :名無しさん:2001/04/22(日) 06:03
もてない女の僻み?
それともスレ違い?w)

33 :名無しさん:2001/04/22(日) 06:40
32=1

34 :名無しさん:2001/04/22(日) 06:54
||
 Λ||Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( / ⌒ヽ < 俺はちょっとだけみんなにかまって欲しかっただけなのに・・・・・・
 | |   |  \_____________
 ∪ 亅|
  | | |
  ∪∪
   :
   :


35 :名無しさん:2001/04/22(日) 06:54
ネタスレだったわけね

36 :名無しさん:2001/04/22(日) 11:02
まぁ午前4時にネットやってるのはヲタクだけだよ。

37 :名無しさん:2001/04/22(日) 11:03
そんなこたあない。

38 :名無しさん:2001/04/22(日) 17:48
いいんじゃねぇか?

39 :陰性:2001/04/22(日) 17:51
俺も予備校講師になろうかなー。はあ・・。

40 :名無しさん:2001/04/22(日) 18:00
オタクでネクラな君は、女子生徒にも女子職員にも敬遠されると思うよ

41 :七資産:2001/04/22(日) 18:57
お前がかわいいなら
俺と寝ろ
ぶすなら
市ね

42 :名無しさん:2001/04/22(日) 19:17
うわっ、>>41は妄想童貞ヒキコモリ…

43 :名無しさん:2001/04/22(日) 19:28

            ∩
             | |
             | |
             | |
             | |
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  < 先生!妄想童貞がたくさんいます!!
      /     /    \_____________
     / /|    /
  __| | .|    | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||



44 :名無しさん:2001/04/22(日) 19:32
別スレにあったが細野は女生徒に手を出しまくりだったらしい。

45 :名無しさん:2001/04/22(日) 19:35

            ∩
             | |
             | |
             | |
             | |
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  < 先生!妄想処女がたくさんいます!!
      /     /    \_____________
     / /|    /
  __| | .|    | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||



46 :名無しさん:2001/04/22(日) 22:20
予備校の先生ってさ、教団の上に立ってる時と、プライベートはやっぱり
違うんだから講師っていう立場に幻想持ってるだけなら憧れで
ストップかけといた方がいいんじゃないかなあ。
仮に付き合うことになって講師の素に幻滅するよりは、夢で終らせたほうが
1さんにとってもその講師にとっても良いと思うよ。
なんて久々のマジレスはハズい(藁


47 :名無し:2001/04/22(日) 22:21
安っぽい女ね

48 :ななななななし:2001/04/22(日) 22:29
代ゼミ町田校数学のMは生徒と不倫して大問題になってる奴らしい。
細野なんて目じゃないぜ!
第二の週刊金曜日事件勃発だぜ、おい。
なんで教師にいくんか。町田校生にはマシなのがいないいってか?
このくそブスども!

49 :名無しさん:2001/04/22(日) 22:31
どうしても好きなら大学生になるまで、待ちましょう。

50 :名無しさん:2001/04/22(日) 22:35
1はネタということで、撤収〜〜〜?

51 :名無しさん:2001/04/22(日) 22:43
fff

52 :名無しさん:2001/04/22(日) 23:06
竹内先生・・・ハアハア

53 :名無しさん:2001/04/22(日) 23:18
46教団×→教壇○
麻原ショーコーじゃねえんだよ!

54 :名無しさん:2001/04/22(日) 23:20
48のMってだれだよ!代ゼミのサイトじゃわかんねぇだろ!
この厨房!実名はけ!


55 :名無しさん:2001/04/22(日) 23:25
>>53
hagesikuwarata



56 :ナナシさん:2001/04/23(月) 00:00
春期の時、質問とか1回も行ってないのに
通常授業の時に「あれ!君。」って言われた。
200人いても覚えてるもんだよ
でも私も、好きな講師いるよ!!

57 :名無しさんって優香:2001/04/23(月) 00:09
春期講習出てないのに「君も来てたよね?」と言われてる男の子がいた。
ちょっと困ってた(笑)

58 :名無しさん:2001/04/23(月) 00:19
でも講師に憧れた人って結構いるんでない?


59 :名無しさん:2001/04/23(月) 00:24
>>56
そういうこと。所詮商売だろ、顔ぐらい覚えとるよ。
で、「私に気があるの?」とか思わせたら勝ちだろ。

うまくいって食えりゃ儲けもんだしね。
K合の英語教師どもなんて、相当食っとるぞ(w

60 :名無しさん:2001/04/23(月) 00:38
>>56
自分もいます>好きな講師。
その教科すごく頑張ろうと思うのでなかなか励みになったりします。


61 :名無しさん:2001/04/23(月) 00:43
>>56
私、チューターの方が好きだったかも。
励みになるものがあるのっていい。

62 :名無しさん:2001/04/23(月) 00:51
憧れがよい方向にいけば最高だね。(最高だね!)

63 :名無しさん:2001/04/23(月) 02:32
yypsyf派sy

64 :講師T:2001/04/23(月) 20:53
呼んだ?

65 :ナナシさん:2001/04/23(月) 22:19
>>59 ウソ!!
K合の英語講師が好きなんだけど・・・
まぁ生徒に手出してそうな先生だけど
でも危ない感じが好きなのかも

66 :名無しさん:2001/04/23(月) 22:21
河合塾なんてろくな講師いないじゃん
東進とどうレベルかそれ以下

67 :名無しさん:2001/04/23(月) 22:23
Kって去年の秋〜冬くらいにHPで「セクハラ対策」とか何とか言ってなかった?
下手なことしたり不確実な情報流したりすると首飛ぶんじゃないの?

68 :名無しさん:2001/04/23(月) 22:24
>>66 代ゼミよりかはマシだろ。

69 :名無しさん:2001/04/23(月) 22:28
いや代ゼミは講師は大手で一番だろ
河合は東進以下ということで。
河合塾なんてテキストで持ってるようなもんだろ
英語なんて糞ばっかだし

70 :マジ惚れ:2001/04/23(月) 22:28
やっぱかなり良い人いるよね!
今も予備校行って来ました!
マジかなり惚れたーーーーー
っつうかかっこいいよーーー
C講師兼チューター!!!
今日チューター発表見たけどCの担当だった人!マジいいなぁーーー
授業もいいし。恋愛とか結婚についての英文になるとモテナイみたいなこと
言うけどゼッタイあの顔はモテルって!彼女いそう・・・城南横浜校にいます!
分かる人いる?写真とかって合格しないとムリかな・・・

71 :名無しさん:2001/04/23(月) 22:29
>69
講師の代々木
生徒の駿台
うんこの河合

72 :vm:2001/04/23(月) 22:29
【美人講師ハメ撮り画像騒動】
 犯人がだんだん見えてきた!
── メールアドレスと本名知る身近の人物 ──

 都内の大手塾のホームページが何者かにハッカーされ、20代の美人女性講師のハメ撮り写真が掲載された騒動で、“犯人”が徐々に絞り込まれてきた。
 この騒動は、今月13日、同塾が警察のハイテク犯罪対策室からの通報を受けて発覚したもの。警察によると、問題の書き込みはHPのパスワードを知らない限り不可能という。塾でパスワードを知っているのは当の女性講師を含めて4人だけだが、いずれも“アリバイ”があって「シロ」。女性講師は精神的ショックが激しく、何も答えられない状況で、“犯人追跡”は事実上不可能な状態とみられてきた。
 ところが、今回明らかになったのは、極めて有力な“物証”。HPにアップで登場したハメ撮り画像には、女性講師の本名と正確なメールアドレスが書き込まれていたという。
 きょう(23日)発売の「週刊現代」によると、もともとのHPを見ただけでは、女性講師のメールアドレスはもちろん、本名も分かるはずがないという。それが、ハッカー画像では正確に記載されていることから、「よほど身近な人物の犯行」との見方が急浮上している。
 もっとも、塾側は「本格的に捜査すると身内から犯人が出る可能性がある」と指摘され、告訴を断念している。騒動はやっぱりウヤムヤで終わる公算が大だ。



73 :ウンカス:2001/04/23(月) 22:29
あの女最高やったなぁ〜フェラテクさいこ

74 :名無しさん:2001/04/23(月) 22:31
河合いくやつってどういうやつがいくの?
駿台は理系はいいし、代々木は英語すごいし河合って何?

75 :名無しさん:2001/04/23(月) 22:33
>74
河合はドキュソ専用

76 :名無しさん:2001/04/23(月) 22:34
竹内逮捕されたって本当?

77 :ウンカス:2001/04/23(月) 22:35
フェラいいね〜〜

78 :農農:2001/04/23(月) 22:44
例の講師は代*****ー*

79 :名無しさん:2001/04/23(月) 23:29
でもさ、結婚しちゃった人ととかっているのかね?
教師は多くない?てかうちの学校の体育教師がそうだった。
(卒業後付き合う〜そのまま結婚)

80 :名無しさん:2001/04/24(火) 01:53
1がその後どうなったのか気になってあげてみる。

81 ::2001/04/24(火) 01:59
>>80さん
1です。こんばんは。その先生の授業は金曜日にしかありませんから、
今度の金曜日にゆっくりとわかんないところを質問してきます。
いきなりプライベートなこと聞いちゃうと引かれるだろうから、ここで
マジレス下さった皆さんのアドバイスを参考にして、焦らずにいこうと
思います。
御心配いただいてとっても嬉しいです。

82 :名無しさん:2001/04/24(火) 02:14
>>81
ホント1なら金曜日報告キボン

83 :名無しさん:2001/04/24(火) 02:31
このスレ見て、「俺のことか?」と勘違いしている予備校講師が全国で
100名以上いそうな気がする(w

84 :名無しさん:2001/04/24(火) 02:36
>>83
同感

85 :名無しさん:2001/04/24(火) 02:39
>>83
ワラタ

86 :C:2001/04/24(火) 02:57
>>83 ukeru..

87 :名無しさん:2001/04/24(火) 03:04
金曜日、質問に来た女子生徒を勘違いして待ちかまえている予備校講師も出そうだな(w

88 :大学生:2001/04/24(火) 04:03
Z会○大○○○ーコース、生徒喰いまくり

89 :743:2001/04/24(火) 04:27
人喰い人種?

90 :名無しさん:2001/04/24(火) 04:28
>>89 ネタだから放っておけよ。妄想してるに過ぎないんだから。

91 :名無しさん:2001/04/24(火) 15:10
>>87
お互い激しい勘違いだったらウケるな(藁

92 :名無しさん:2001/04/24(火) 18:41
塾の先生が、生徒を食っちゃう事ってあるの?(予備校とかではなく、個人指導の塾で)




93 :名無しさん:2001/04/24(火) 19:03
>>92
それはあるでしょう。多分。

94 :名無しさん:2001/04/24(火) 19:15
食われちゃう事もあるらしいじょ、女子生徒に・・・・・。

95 :名無しさん:2001/04/24(火) 19:16
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




96 :名無しさん:2001/04/24(火) 19:30
>>94
それでも講師の責任になるから大変だね。

97 :名無しさん:2001/04/24(火) 22:15
よぜみのえいごきょうしのうわさは?

98 :ナナシさん:2001/04/24(火) 22:19
>>79
女子高はスゴイよ!!
校長含めて私の知ってる限りだと7人の先生
が生徒と結婚。今は5人の先生が生徒と付き合い中

99 :名無しさん:2001/04/24(火) 22:53
つき合ってる最中はゴム付き必須?

100 :名無しさん:2001/04/24(火) 23:34
大手予備校で喰われちゃった講師っていそうだな。
逆はまあ、がいしゅつだが(w

101 :名無しさん:2001/04/25(水) 00:42
>>98
いくらなんでもヤヴァイよ、それは(藁

102 :1:2001/04/25(水) 01:14
>>82さん
 ちゃんと報告させてもらいます。おやすみなさーい

103 :H大医学部:2001/04/25(水) 11:26
『Xェロー』で生徒に手を出すやつが、なんと多いことか。
いくつか有名な話を聞いたけど、とてもここには書けない!
ふがいない『エロー』もいるようだし。よくあんなに実力無くて金もらえるよな。
^^^^^

104 :名無しさん:2001/04/25(水) 13:17
1さんの気持ちはわかるけど、勉強以外の質問はしない方が良いのでは?
講師と生徒である以上は具体的な行動に移すべきでは無いし、どうしても
今すぐ深い仲に、と言うならば塾をやめるべきだと思う。

大学入ったら講師の事なんか忘れるよ、とか教える立場の人間に対しての
憧れを恋愛と勘違いしているだけだ、とか言われると思うけれど決して私
はそうは思っていないし、1さんにそう言う気も無い。
同じ立場の人間として焦るな、と言いたい。

105 :名無しさん:2001/04/25(水) 14:00
>>103
是非書いてよ

106 :名無しさん:2001/04/25(水) 14:27
>>104
まあ、大学行ってもどうしても忘れられないんならそれからだと思うんだけど。
付き合ったって首が飛ぶのは講師の方なんだし。
ホントに好きなら今付き合うのはどう考えても迷惑だしね。
なんてマジレスなのでsage


107 :名無しさん:2001/04/25(水) 17:17

(・∀・)カエレ!(・∀・)カエレ!(・∀・)カエレ!(・∀・)カエレ!(・∀・)カエレ!(・∀・)カエレ!
   
 \_____ ___/ \____ ___/ \_____ ___/
          |/              |/               |/

        /⌒ヽ⌒ヽ         /⌒ヽ⌒ヽ         /⌒ヽ⌒ヽ
          ....:::.. Y.  .          ....:::.. Y.  .         ....:::.. Y.  .
        .::::::::.(・)(・)::ヽ       .::::::::.(・)(・)::ヽ        .::::::::.(・)(・)::ヽ
     ( ::::::::;;;/ ○ ヽ;.:;)    ( ::::::::;;;/ ○ ヽ;.:;)     ( ::::::::;;;/ ○ ヽ;.:;)
      丶1;.' ≡ | ≡!/     丶1;.' ≡ | ≡!/      丶1;.' ≡ | ≡!/
       ζ,  t-┴‐' .j       ζ,  t-┴‐' .j       ζ,  t-┴‐' .j
       i   `'ー‐' .j       i   `'ー‐' .j        i   `'ー‐' .j
        |     八   |        |     八   |        |     八   |
         {=====(T)===}         {=====(T)===}        {=====(T)===}
       | i し " i   '|       | i し " i   '|      | i し " i   '|
      |ノ (   i    i|      |ノ (   i    i|      |ノ (   i    i|
      ( '~ヽ   !  ‖     ( '~ヽ   !  ‖    ( '~ヽ   !  ‖
        │     i   ‖       │     i   ‖     │     i   ‖
      |      !   ||      |      !   ||      |      !   ||
      |    │    |     |    │    |     |    │    |
      |       |    | |     |       |    | |     |       |    | |
     |       |   | |    |       |   | |    |       |   | |
     |        !    | |    |        !    | |   |        !    | |
    |           | ‖  |           | ‖ |           | ‖
   /            ヾ  /            ヾ   /            ヾ

108 :104:2001/04/25(水) 17:48
>>106
理性無くなったら受験も終わるからね。自分を抑えているよ。
マジレスありがとう。

109 :     :2001/04/25(水) 18:02
>>104
いえいえ。私も同じ立場の人間だからね。
なんか気になったのです。

110 :名無しさん:2001/04/25(水) 20:19
おなじ受験生? それとも大学生ですか?

111 :だまされた男:2001/04/25(水) 20:45
予備校講師なんて絶対止めろ。
大人になれば判るけど、予備校で教える女なんてみんな3流だぜ。
合格して落ち着いたら、なんであんなババアに夢中になってたのか
歯ぎしりして後悔してしまうぜ。
大学でフレッシュな女子大生見たら本当にうっとおしいババアに思える。
人生損するよ。

112 :ななしジャック:2001/04/25(水) 20:50
>>111
Why?
Something is beter than nothing, isn't it?

113 :     :2001/04/25(水) 22:02
>>110
受験生。
しかも浪人。
まずは勉強します。


114 :名無しさん  :2001/04/25(水) 22:41
>>111
マジで?
もちっと詳しく書けや。


115 ::2001/04/25(水) 22:47
なんか荒れ始めてるようで、スレ立て本人としては見るのが悲しいです。
ちょっと早いですが、疲れたの寝ます。おやすみなさ〜い。

116 :名無しさん:2001/04/26(木) 12:57
予備校教師って、えろいよね、基本的に

117 :名無しさん:2001/04/26(木) 13:06
生活していくのはそのうち難しくなるよ。>予備校講師と

118 :名無しさん  :2001/04/26(木) 13:46
>>117
そうだね。
予備校業界も斜陽産業になりつつあるからね。

119 :名無しさん:2001/04/26(木) 14:11
>117 生活というか、恋愛・・ね

120 :104:2001/04/26(木) 15:12
別に荒れているという程ではないよ>1(115が本当に1かどうかわからんが)

121 :なな子さん:2001/04/27(金) 02:08
はっきりいって目立つぐらいの美人で、遊び慣れた子じゃないと講師に相手にされないと
思うよ。向こうは選び放題なわけだし。
遊び慣れてない子だと、あとあと大変になることが多いからね(藁


122 :名無しさん  :2001/04/27(金) 02:14
>>121
まあそのまま結婚したって人もいるからねえ。
大手のとこじゃないけど。

123 :名無しさん:2001/04/27(金) 02:22
予備校高氏の何処が良いんだ?!

124 :名無しさん  :2001/04/27(金) 11:57
>>123
それを知りたければ公使になってみよう(w

125 :名無しさん  :2001/04/27(金) 21:15
1のためにageてみる

126 :名無しさん:2001/04/27(金) 21:29
>123
受験生や浪人は他に年上の女と接する機会がないだけだろ
「年上の女」と言うカテゴリが好きな人間には他に選択肢がないから
予備校講師に憧れるんじゃない?
浪人とか現役で合格してれば大学やバイト先の先輩やがいくらでもいるのにね

>124
たぶん、>>123はこういう事を聞いてるんじゃない?

127 ::2001/04/27(金) 21:53
約束通り、今日の結果、書いてみます。
あれから1週間、職員の人に聞いたりして、先生のことを
それとなく聞いてみたりしました。職員の人も「情熱あるいい先生」
だって言ってました。
今日、先生の授業だったんですが、授業も前の方に座りました。時々
目が合いました。授業後はさっそく質問に行って、問題を解いていて
わからないところを聞いてみました。丁寧に教えてくれて、さらに私
的に先生にさらにいい印象を持ちました。今週は他の科目の先生にも
質問へ行きましたが、その先生と比べると、あまり丁寧な感じじゃな
かったです。
質問する人もかなりいたし、高校の同級生も一緒に質問しに行ったの
で、問題のところだけしか質問できませんでしたけど、かえって今日、
プライベートなことを聞かなくって正解だったと思います。
毎週、質問者は多そうなので、来週は一番最後に質問する感じで残って
いろいろ聞いてみようと思います。


128 :@名無しさん@:2001/04/27(金) 22:59
電波少年の企画みたいになってきたな・・・

「予備校生は予備校講師と恋愛できるか」
大学受験板的 講師との恋愛         か?(笑)

129 :名無しさん:2001/04/27(金) 23:04
かってに恋愛すればいいのに
独身なら問題なし
そうでなければただの不倫
以上。

130 :nanasi:2001/04/27(金) 23:37
かってにしてろ

131 :名無しさん:2001/04/27(金) 23:40
電波少年の企画・・・(藁
いいね、それで逝ってみよう。

132 :名無しさん:2001/04/27(金) 23:50
相手が高氏もしくは生とだから
なんだっていうんだよ
関係無いとおもうが

133 :名無しさん:2001/04/27(金) 23:55
予備校ガイの人間から見りゃ
なんてことねえよ
だれもおまえ等の事きにしちゃいねえよ

134 :なな子さん:2001/04/28(土) 00:35
>>127
生徒に優しい先生は誰にでも優しいし、冷たい人は基本的には誰にでも
冷たい。
大人から見れば、「この子自分に気があるな」ぐらいは態度でだいたい
ばれてしまうもの。
告るのはあなたの自由だけど、私はあまり勧めないなあ・・・。

135 :名無しさん:2001/04/28(土) 01:26
132-133 って、恋に見放された、いや言い過ぎた、恋とは無縁の人なのでしょう(藁

136 :名無しさん:2001/04/28(土) 01:27
予備校と無縁の人なのでは?

137 :名無しさん:2001/04/28(土) 01:30
ってか、予備校知らないドキュソでしょ?

138 :名無しさん:2001/04/28(土) 01:31
予備校での恋愛ってそんなに大問題か?

139 :104:2001/04/28(土) 14:40
生徒が18歳以下の可能性があるから問題なんだよ。
それ以外はどうでもいいと私も思うよ。

140 :104:2001/04/28(土) 14:41
あげておくか

141 :名無しさん:2001/04/28(土) 14:46
18歳以下でも本人らがしっかりしてりゃええやん?ちゃうか?

142 :104:2001/04/28(土) 15:37
しっかりしてても18歳以下は法律違反。
河合塾なんかはセクハラガイドラインなんての作ったから
難しいんじゃないの?

143 :104:2001/04/28(土) 15:55
でも>>133にはちょっと同意

144 :名無しさん:2001/04/28(土) 18:37
>>104 日本じゃ結婚できるの何歳か知ってる?厨房でも知ってる常識。
    厨房以下ということは、小学生以来のヒキコモリか?それとも
    学習障害児?

145 :名無しさん:2001/04/28(土) 19:12
法律で決めてるなんておかしい・・・

146 :ナナシさん:2001/04/28(土) 22:45
@は「浪人しちゃった」って書いてあるから法律の問題も
大丈夫でしょ ガンバッテね!!
私は法律でも河合のセクハラガイドラインでも
引っかかるよ。ってゆうか彼女いるみたいだし

147 :名無しさん:2001/04/28(土) 22:48
19歳まで待てば良い

148 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:20
うむ、147の言う通り

149 :@名無しさん@:2001/04/28(土) 23:33
18だとか19だとか、セクハラどうのこうのだとか。。
つまり恋愛=性交という短絡思考で考えてる訳ね。
元Yの日本史T氏の例があるから、みんながそう考えるのも無理ないか。

150 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:38
T氏は今なにやってるのかな。

151 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:38
神主

152 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:39
ほんとに神主やってたら嫌だな(藁

153 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:40
恋愛=性交だろ

154 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:42
性交からまず入るだろ、だいたい
だからとやかくいわれんだよ

155 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:44
ほんとに好きなら大学入るまで待てばいいのにね。

156 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:46
中学の頃

157 :名無しさん:2001/04/28(土) 23:48
153-154 は、恋愛したこと無い妄想童貞と認定されました。

158 :名無しさん:2001/04/29(日) 05:58
>>121=134
なんとなくだけど、
あわよくば彼女になろうと思ったのに結局セフレ止まりだったとか。(笑)
まあ別にいいんだけどー。
遊び慣れているかじゃなく、
大人としてちゃんと対等に見られるかどうかが重要じゃないの?
心がすさんでぶっ飛んでいる人が多いから、
優しく聞き役に徹すると向こうはいくらでもしゃべりますよ。多分。

…でも興味本位で調子に乗って講師に近づかないでよね。
悪いけどムカツクよ。
疲れるだけだし、傷つく可能性大だからやめたほうがいい。
普通に考えたら世間には良い男なんてたくさんいるって、
将来もあって家庭人に向いていそうな。(笑)
奥さんや彼女いたら案外怖いかもね。
でもトラブルになった時悪いのはやっぱり講師だわ、
いい大人がトラブル起こしちゃダサいね。愛想も尽きる。

159 :104:2001/04/29(日) 16:06
>>144
あのねえ親は同意する?

160 :名無しさん:2001/04/29(日) 16:09
相手次第

161 :104:2001/04/29(日) 16:10
18歳以下って書いたし・・・

162 :104:2001/04/29(日) 16:16
でも即結婚に結びつける訳ではないか

163 :名無しさん:2001/04/29(日) 16:17
>>158
悪いけどムカツクよ、ってそれは158さんが講師と付き合ってるように
見えるんだけど、そうなの?

164 :なな子さん:2001/04/29(日) 20:54
>>158

>あわよくば彼女になろうと思ったのに結局セフレ止まりだったとか。(笑)
>まあ別にいいんだけどー。
(゚Д゚) ハア?

>遊び慣れているかじゃなく、
>大人としてちゃんと対等に見られるかどうかが重要じゃないの?
158さんが何歳の人か知らないけど、18やそこらの子娘と対等に付き合える
講師なんて、問題あるんじゃないの?

>…でも興味本位で調子に乗って講師に近づかないでよね。
>悪いけどムカツクよ。
悪いけど、そんな経験は皆無です。

ちょっと煽りっぽくなったけど、個人的な意見としては
生徒に手を出す講師=低レベル人間
であることには間違いない。

165 :名無しさん:2001/04/29(日) 22:34
>>164
>>遊び慣れているかじゃなく、
>>大人としてちゃんと対等に見られるかどうかが重要じゃないの?
>158さんが何歳の人か知らないけど、18やそこらの子娘と対等に付き合える
>講師なんて、問題あるんじゃないの?

周囲によほど精神年齢&知的レヴェルの低い18歳しかいなかったのね、ちみは。
30代40台をインスパイアする10代は確実に居ると思うよ。
数は少ないだろうけど。
ただ、講師・生徒の立場を考えず手を出すのは確かに愚かな行為だわな。
それをやってしまうのは、人生と職業倫理を舐めたやつか、
モラルもエシックスも吹っ飛ぶような感情を持ってしまったやつか、、、

漏れの予備校時代の知り合いに講師と恋愛した女子がいたが、
実にいい女だったよ。ファムファタル的な。
立場の問題で別れたらしいけど。


166 :名無しさん:2001/04/29(日) 22:54
>>164
ロリータを読め!あれは名作だ。
まあ、生徒が大学入ってから付き合う分には問題ないからね。
予備校在学中に恋愛できる神経がわからん。

167 :名無しさん:2001/04/29(日) 23:03
>>166
おいおいロリータのハンバートは充分問題ありだろう。
彼はロリータの人格そのものではなく年齢に恋したんだからさぁ。
#それが証拠に終章近くの年を取り人妻となったロリータは
#主人公の目に色褪せて映っているのだ
164はハンバートみたいな奴をおかしいと言ってるんだって。

168 :名無しさん:2001/04/29(日) 23:12
>>167
ゴメソ。個人的にめっちゃ好きなんだわ(藁
突っ込んでくれてサンキウ。


169 :名無しさん:2001/04/29(日) 23:25
18歳とか19歳はロリータでは
ないだろう

170 :名無しさん:2001/04/29(日) 23:33
ケバイ人多いよね。
ほんとに18かよ?って感じ。

171 :名無しさん:2001/04/29(日) 23:35
ていうかもう大人だよ
すくなくとも日本はちょっと
子供あつかいされすぎてるからなんだけど
日本以外ではだいたい一人前じゃない?

172 :奈々氏:2001/04/29(日) 23:40
体や見た目は大人でも、中身はガキってのが
たまにいるがな(笑)
まぁ18歳に限ったことではなく、30、40過ぎた人間でも
たまに見かけるが

173 :名無しさん:2001/04/29(日) 23:42
予備校講師と生徒が付き合って、話がかみ合うのだろうか。
とマジメに考えてみる。

174 :名無しさん:2001/04/29(日) 23:53
あうだろ。

175 :名無しさん:2001/04/29(日) 23:56
共通の話題が同年代と話すよりはるかに少ないんだろうけどね。

176 :名無しさん:2001/04/30(月) 00:01
勉強にはなる

177 :名無しさん:2001/04/30(月) 00:10
いろいろとね

178 :名無しさん:2001/04/30(月) 03:16
>>163
そう。
>>164
ごめんね。あなたに対して
ムカツイたわけじゃないです。

179 :名無しさん:2001/04/30(月) 07:59
状況的に講師と生徒ってできてしまいやすいのかもね。
もちろん、批判されるのも好奇の目で見られるのも当然のことです。
ぶっちゃけた話、体の関係までいくのはまだ簡単な方で、
それからがむしろ大変かも。
真面目に勉強して合格する方が自分のためになるよ、絶対。
っていうかそのために金払って予備校通っているんでしょ。
受験勉強が辛くて(擬似)恋愛に逃げちゃっている人はいませんか。
合格した後なら、好きにおやりなさいな。ね。

…だけど実際そこまでのいい男なんてまずいない、と思います。
私も昔どうかしてたところあったもん、あーあ懐かしいな…。
まあ今のほうが幸せだけど、悪運が強かっただけ。

164さんごめんね、ほんとに。いちいち心配してもしょうがないのよね。
>生徒に手を出す講師=低レベル人間
とわかっていて一緒になった私も低レベルだねえ。
休みの日の朝に2ちゃんねる見てるし。

180 :名無しさん:2001/04/30(月) 23:48
♪♪♪ひとつageては1のためーーーー♪♪♪

181 ::2001/05/01(火) 14:47
私が通っていた予備校(大手)の先生(かなり美人)のご主人は、その先生が
浪人生だった時の予備校の講師(今も某大手予備校で教えています)です。
受験が終わった時に『結婚を前提に付き合って欲しい』と言われたそうです。
その女の先生は、大学卒業後すぐに結婚&出産。『なんで私はこの年で家で
子供見ているの』とか『ご主人に対する劣等感』とかに苦しまれて、離婚を
決意したこともあったとか。
「離婚するにはまず職を!」と始めた予備校講師(地方だけどオリジナル単科
もってるし)が成功して、ご主人への劣等感も克服でき、今は仲良くやっている
そうですが。その先生が言っていました
『教壇の高さの分、カッコよさが割増して見えていた』と。
この女の先生が予備校生だったころは、喫茶店でお茶おごってもらった位
だったそうです。質問も数回しか行った事なかったとか。

これは、当の女の先生が授業の雑談で話していたものです。ネタとしての脚色が
ないとは言い切れないけれど、結婚されているのは、事実(のはず)。
1さん、よかったら参考にしてください。


182 :名無しさん:2001/05/01(火) 15:23
1さんちゃんと読んでんの?

183 :早稲政経1年T:2001/05/01(火) 16:08
>181もしかして伊籐し○○先生のこと?

184 ::2001/05/01(火) 22:15
180さん、あげてもらってありがとうございます。
181さん、まだ先のことはわかんないけど、参考になります。
182さん、ちゃんと読んでますよー。昼間は予備校なんでちょっと見れないです。

185 :名無しさん:2001/05/01(火) 22:21
ていうか講師って生徒見下してそう表には出さんが
でも頭の悪い人と付き合うよりはいいなと小生などは思いますが
いやしかし個人の好みでしょうなんだかんだいって
大学講師とどっちが良いかな???

186 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:06
大学講師兼務の予備校講師だと一挙両得だな(藁

187 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:07
予備校講師兼務の大学講師、これが正解だと思われ。

188 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:13
>1
頭おかしいんじゃないの?

189 :(・з・):2001/05/02(水) 23:20
予備校講師なんてこの世の中でもっとも恥ずかしい職業のひとつだよ

190 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:23
188-189 別にお前達の彼女になるわけでもなし、何をそんなにムキに
    なってんだ?(笑
     さては、片想いだった女予備校生を講師に持っていかれた
    トラウマでもあるんじゃねぇーの?(笑笑

191 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:27
>>190
バカだねこの子わ

192 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:29
>>191
妄想童貞よりはマシだと思われ。

193 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:29
>1
講師に迷惑だけはかけるなよ。
発情したメスは始末が悪いですから♪

194 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:33
1の文面から見る限り、まだ発情までは逝ってないように思えるが…

195 :名無しさん:2001/05/02(水) 23:34
>>192
自作自演やめれ

196 :名無しさん:2001/05/03(木) 01:30
私受験生の時すごい好きな先生いた(かなり遊んでそうな危なそうな人)。
でも先生の好みのタイプって全然私とかぶらないし、私可愛くないから、
頑張って勉強して認めてもらおうと思った。友達とだけど毎週質問行って
名前覚えてもらって、食事おごってもらったり。楽しかったよ、辛かったけど。
多分私が好きだってこと、ばれてたと思う。今考えると恥ずかしいかな。
で、今は第一志望の大学にいます。あの先生東大至上主義っぽいから、
私立専願なんて実際たいしたことないかもだけど、
でも受かった時先生に褒めてもらえてすごい嬉しかった(まあ現役だしいいかな)。
バイトは先生と一緒にいられるのを選びました。片思いだけど、まだ好きです。
彼氏できたから心の中で他の人のこと時々考えてるのってちょっと
後ろめたいけど、あの先生かなり私の理想形男性だったから、許してってかんじ。

ぐだぐだくだらない自己満足話ごめん。
でも1さん同い年だし…やっぱり受験の時って先生が大きく見えるよね。

197 :名無しさん:2001/05/03(木) 01:32
>>196
富田?

198 :196:2001/05/03(木) 01:43
違うよ、予備校からして違います〜。>197

199 :名無しさん:2001/05/03(木) 01:45
何処の予備校?
いいじゃん、おせ〜ろよ

200 :196:2001/05/03(木) 02:31
あらま、レスついてるし。
どこの予備校か書いちゃったら身元すぐ割れそうなんで黙っときますv

201 :名無しさん:2001/05/03(木) 02:32
なんの科目だよ、そんくらいおしえても
ええだろ、な?

202 :名無しさん:2001/05/03(木) 04:34
>>197
何故に富田(藁

203 :名無しさん@1周年:2001/05/03(木) 08:48
>1

おまえあほか。どこの大学にも絶対受かることはない。
おまえがいまどういう立場にいるのかよく考えろ。

204 :講師の彼女:2001/05/03(木) 09:16
>1さんへ

今現在、予備校講師と結婚を前提につきあっているものです。
ちなみに、彼とはいわゆる「講師と生徒」の関係ではありません。
全く予備校とは関係のないところで知り合いました。
感覚的には「自分の彼氏になった人がたまたま予備校講師だった」
という感じかな??彼はYゼミナールの講師をしています。

講師を好きになったと言っても、相手は普通の人間なんだから、
誰を好きになってもいいんじゃないかな?モラルとか、いろいろ
言われているけど「人を純粋に好きになる」という気持ちは否定
されるものではないと思います。

1さんが、どのような講師を好きになったのか分かりませんが、
受験生であるうちは、勉強に集中しましょう。「大学に受かった
ら告白する!」と決めて、とにかく今は受験勉強を頑張って!
やはり、生徒であるうちは、その本分を全うしなくてはダメです。
講師は、受験生を「志望校に合格させる事」が仕事で「女生徒に
モテる事」が仕事ではありませんから。

私の彼も一応講師なので、1さんのように思いを寄せてくれてる
生徒さんはいるようですし、過去に自分の教え子から告白された
こともあるそうです。彼は生徒には恋愛感情はわかないという人
なので、そういうのは一切断っているようですが、自分を慕って
くれる気持ちは嬉しいと言っていました。
講師側から見れば、自分の生徒は皆自分の妹や弟みたいに「かわ
いい」ものなのだそうです。その公私が1さんに対してどのよう
に思っているかは分かりませんが、1さんが本気でその講師の事
を好きなら、大学合格後に自分の気持ちを伝えるのは別に構わな
いと思います。うまくいくかは分からないけれど…今の気持ちを
大切にして、それを受験勉強の活力になるように頑張って下さい。

もし、何かあったらメールして下さい。いろいろお話聞きますよ!
掲示板には書けない事もあるかもしれませんし。

とりあえず、真面目レスです。


205 :名無しさん:2001/05/03(木) 11:24
こちらも真面目レスです。
直接メールするのには抵抗があったのでまずここで。
相手の方は英語講師ですか?
差し支えなければ教えてください。

206 :講師の彼女:2001/05/03(木) 12:54
>205さんへ

私の彼は英語の講師ではありませんよ。

実際に、講師と生徒の関係で、その生徒が卒業
してから真面目に交際している講師の方も何人
かいらっしゃいます。
私の知る限りでは、言い寄って来る生徒と適当
に遊んでいる講師もいますが、生徒とは個人的
な付き合いをしない、とはっきり公私を分ける
タイプ(私の彼はそのタイプ)と、卒業したら
友達のようにどこかに食事に行ったり、遊びに
行ったりするタイプがいます。大多数の講師は
後者ですね。

私が思うに、「憧れ」のままでおいておいた方
が受験時代の「いい思い出」になるような気が
しますけど、ひとつの「恋愛」として、相手を
真剣に思っているならば、気持ちは伝えるべき
です。ただ、205さんが今受験生ならば先の
レス投稿にも書いたように大学に合格するまで
は行動には出ない方がいいですよ。

詳しい話をしたいのであれば、メール下さい。
メールに抵抗がるのであれば、そのままレスを
して下さい。私も話せる範囲でお答えしたいと
思います(一応、ここは公の掲示板ですし)。

他の方でも、特定の講師に恋愛感情のある方で
その悩みを打ち明けられない方がいましたら、
何でも相談に乗りますので、ご遠慮なくメール
してください!お待ちしてます。



207 :名無しさん:2001/05/03(木) 13:10
>>206
予備校とは関係ないところで出会ったにしても、
結婚を考えて付き合っているにしても、
そのハンドルはちょっとまずくない?
このスレのタイトルと、あなたのハンドル名だけ見た人が、
どういう風に受け取るか考えた方がいいかもよ。

208 :ななしさん:2001/05/03(木) 13:21
世間なんていい加減なもの。
彼がクビにならなきゃ問題ないでしょう。
あなたが受かるも落ちるも自己責任。
とりあえず1回告白しておいたら?


209 :とくめいきぼう:2001/05/03(木) 15:09
>206

では、なまえをかえますね。


210 :207:2001/05/03(木) 15:57
ちょっとキツイ物言いになってしまいましたが、その方がいいと思います。




211 :うくと:2001/05/03(木) 20:59
ロリがいいです

212 :名無しさん:2001/05/03(木) 21:05
予備校講師ってなんでブランドずきなんだろう。
ヴィトンのでかいかばんとかみんな持ってるよね。
超ダサいのに…。

213 :名無しさん:2001/05/03(木) 21:11
大学生のバイトも手だせますか?

214 :名無しさん:2001/05/03(木) 22:24
予備校高氏は車も外車大好きです

215 :196:2001/05/04(金) 00:22
彼と別れてきちゃった。気づくと先生と彼をいつも心の中で比べてる
自分がやだったから。彼には当分の間友達でいてくれるように頼みました。
で、本当に私が冷静になった時まだ好きでいてくれたらまた付き合ってって。
ほんと私自分勝手でやな女。でも彼を騙しつづけるよりいいと思った。
私の説明にうなずいて待つって言ってくれる彼。でもそんな彼より先生が好き。
先生には絶対思い伝わらないのにね。一人相撲。馬鹿みたい。
でも馬鹿だってわかってても先生好きな気持ちどうしようもないんだもん。
受験終わったら冷めるかなって思ってたのに。今は友達が結構浪人してるし、
私もバイトで先生と接点あるから、週に2日くらいは会おうと思えば会えるけど、
来年は、なんて思って今から苦しい。どうしよう、私。
付き合いたいなんてそんな贅沢なこと望まない。
でも友達みたいでいいから、時々でいいから、先生に一緒にいてほしい。
わがままかな。私変かな。これからどうしよう。

なんか書いてみたらネタっぽくてやだな。でもこんな人もいるんです…。

216 :名無しさん:2001/05/04(金) 00:25
>>215
ぜんぜん変じゃないと思うよ。
彼を先生の代用にしなかったのは偉いと思う。
憧れでも一人相撲でも好きなものは好きなんだよね。
どうにもならないかもしれないけど、その気持ちは大切にして欲しいな。
ここでマジレスしても説得力ないかもしれないけど(笑)

217 :名無しさん:2001/05/04(金) 00:28
元彼もまぁお人よしだこと。

218 :名無しさん:2001/05/04(金) 00:38
ていうかその先生196さんの気持ちに気付いてないのんか?

219 ::2001/05/04(金) 00:38
とくめいきぼうさん はじめ、アドバイス・応援いただいた方、ありがとう
ございます。
みなさんの言われるように、今年、コクるのは止めておきます。でも、
さりげなく先生には私のことを気に入っててもらいたいって気持ちはあります。
だから、質問なんかたくさんして、仲良くなっておきたいです。
土曜日には模試があるんで、明日はちょっと早い時間にまたここに来ます。


220 :196:2001/05/04(金) 00:39
>>216
レスどうもありがとう。今すっごく自分でもどうにもならない
くらいぐちゃぐちゃもつれた気持ちだけど、もうちょっと落ち着いて
考えてみたいと思ってます。
>>217
とてもいい人なんです。彼はずっと静かで、怒らなかったけど、
私は彼を傷つけてしまった。この償いはしなくちゃいけないって
思ってます。本当に友達でいられるかな…。

221 :名無しさん:2001/05/04(金) 00:43
>>219
はじめはネタかと思ったけど(失礼)
まあ焦らずがんばりや〜。

222 :196:2001/05/04(金) 00:47
>>219
私なんかが悩み相談しちゃってごめんね。
>>218
気づいてると思う。それで気づかないふりしててくれてる。
いつも先生と会う時、友達とか、誰かしら一緒だし。
私がこんなに真剣だとも思ってないでしょうしね。
前にも書いたけど、私は先生の好きなタイプじゃない。
だから仮に告白する、なんてことになったとしてもはっきり
ふられて却って先生に近寄りがたくなるだけだから、
今のままがいいのかも。これでもうちょっと距離が縮められれば…。

223 :196:2001/05/04(金) 00:51
>>221
そうですよね、ネタっぽいですよね。本人もそう思ってます、
でも違うんです〜。それが悩みのタネの一つでもある…。
有難うございます、頑張ります。

224 :196:2001/05/04(金) 00:56
あ、ばかばか×100。何かいてるんだか。
私ついに頭変になって数字もわからなくなったのかも。
221さんがネタ?って思ったのって1さんのことだったんですね。
私、前に友達に相談した時、ネタって笑って済まされたのがトラウマで…。
う〜、今日は本当にテンション変ですね。スレ引っ掻き回してごめんなさい。
特に1さんには失礼いたしました。

225 :名無しさん:2001/05/04(金) 03:15
>196
先生のスキなタイプってどんなだよ?ああん?
紀にすんナよ。卑屈過ぎるよチミ。

226 :なんか、文句ある?:2001/05/04(金) 03:20
代ゼミ富田の妻は、元生徒。

227 :196:2001/05/04(金) 13:16
>>225
浜崎あゆみみたいな…絶対無理!!!!
卑屈ですかね〜。つけまつげでも買ってこようかな…。

228 :陰性:2001/05/04(金) 14:14
もし僕が予備校講師になったら、恋愛してくれます?

229 :221:2001/05/04(金) 16:33
>>224
まあまあ少し落ち着いて(´ー`)
よっぽどその人のこと好きなんだね。
あんまり卑屈になるなよー。


230 :196:2001/05/04(金) 22:25
>>229
ごめんなさい、一日たって、ちょっと落ち着いてきました。
見た目は化粧でカバーってことで、大人もはっとするようなことが言えるような
感性と知性みがくように頑張ります。有難うございます。

>1さん。
昨日から連続して私のことばかり書いてしまってごめんなさい。
お詫びに一つ。質問に行く時一番最後にならぶっていうのは本当に
効果的ですよ。なにか添削課題のようなものを出してもらえれば、
毎週かよういい口実にもなり、実力もつき・・・。
友達と一緒にいって、先生の前でその子にあなたの名前を言ってもらえば、
自然に名前も覚えてもらえると思います。頑張ってください。

231 ::2001/05/04(金) 22:35
196さん、ありがとうございます。今日、最後まで粘って質問してきました。
もう名前は覚えてくれたみたいです。大学の話とか、研究する話とか、趣味の
話とか、いろいろ聞いてもらったし、聞かせてもらいました。
今日はGWってこともあって、去年の先生の教え子さんとかも一緒にいて、
二人で話すって感じじゃなかったですけど。去年の人達とも和気藹々って
感じで話せて、先生の情報も結構聞き出せて良かったです。
その後、先生は去年の人達と一緒に飲みに行っちゃいました。私は誘って
もらえませんでした。。。ちょっとショック・・・

232 :196:2001/05/04(金) 22:43
>1さん。
とりあえず話せて、良かったですね。しかも名前もう覚えられてるとは!
素早い。飲みは、、、あなたも来年連れてってもらえますよ。
いや、夏ごろになったら、生徒にもお昼おごってくれる人とかいるし。
実は私も昨日連れてってもらい損なった。。。ちょっとショック・・・
でも昨日はそんな精神状態じゃなかったけど。
あの、差し支えなかったら、一つお聞きしてよろしいですか?
1さんの好きな先生の教科って、なんですか?文系科目?

233 ::2001/05/04(金) 23:02
文系科目といえば科目ですけど。。。先生は理系出身です。

234 :221:2001/05/04(金) 23:15
>>231
受験生でしかも未成年は呑みには誘えねえだろー。
そこで誘うような講師なら、まともじゃないってことよ。
来年連れて行ってもらいなさいな。


235 :221:2001/05/04(金) 23:19
>196
美人ってわけじゃないけど、綺麗な人っているじゃん。
雰囲気とか、しぐさとか。
その場しのぎの化粧じゃすぐにボロがでるよ。
内面から変わっていくようになれば、自然と綺麗になるさー。
浜崎あゆみは予防線のためかもしれないしさ。

236 :196:2001/05/04(金) 23:28
>221さん。
アドヴァイス有難うございます!中身磨きます!
内面のにじみ出るいい女になりたい(切実)!
それと並行してできるだけ外見も努力してみます!
できることは何でもやってみます!
浜崎あゆみは予防線、、、だといいな〜。
でもちょっと元気でました。本当にありがとうございました。

>1さん。
レス有難うございました。恋ゆえのオバカな質問でした。
私の好きな先生はもろ文系なので。。。

237 :221:2001/05/04(金) 23:35
>196
んー。
またなんかあったらテンパっちゃう前にカキコしなよ。
とりあえず日焼けには気をつけろー。
この時期油断しがちだから無防備になりがちでけっこう危険(笑)
美白美白。

238 :ズボラ:2001/05/04(金) 23:46
>196 >1がんばって!!
>>228いろんな場所で見かけるけど頑張れ

239 :196:2001/05/04(金) 23:55
>221さん。
ほんとうに心強いです。感謝です!!!
明日からしっかり日焼け止めぬってしっかりかば〜!!

>ズボラさん。
ありがとうございます。がんばります!

240 :名前入れてちょ:2001/05/05(土) 00:00
以外と真面目なスレになってきたなぁ、チャチャ入れる方が恥ずかしくなってきた。

優秀スレになる予兆・・・・

241 :名無しさん:2001/05/05(土) 00:04
こういうスレひとつはあったほうがいいでしょ。

242 :元祖・陰性:2001/05/05(土) 00:10
名前譲ってやった、陰性クン、あいかわらず痛いね、キミ。。。。
「陰性」の名折れだから、今後は使用しないように。

243 :名無し:2001/05/05(土) 09:42
私も好きな講師いるよ。
今は、その予備校やめて、違う予備校に行ってるけど、会いに行ってるし、
メールもしてる。
絶対、気づかれてるけど、気にならない。
受験勉強で疲れた心が癒えるから、迷惑かな?って思いつつも会いに行く。
去年、その講師のいる予備校にいたときは、質問にもたくさん行ったし、
席も一番前を陣取ってたよ。
でも、それでいいと思う。その教科はいい点取れたしね。
あ、告白するつもりはないよ。
その人の記憶の一部に私がいたら、それでいいし。
付き合ったら、ややこしそうだし・・・。

244 :名無しさん:2001/05/05(土) 10:53
1さんへ。受験生である身としては合格してから食事したり、
告白するのが妥当だし、私もその方がいいとは思う。
でも、それは当たり前過ぎる順序であって、それから挽回するのは、
すでに講師のほうがその生徒のことを相当気に入っていないと難しい。
だから、本当にその先生が好きで、受験と恋愛両立する覚悟で、
周りにも迷惑かけない、どうなっても自分で決めたことだから
後悔しないというのなら生徒であるうちに親しくなるのが
乱暴な言い方だけど、一番手っ取り早いよ。
ただし親しくなってもどこかに余裕を持って気楽にのぞむのが
よろしいかと。
講師が自分に好意を持ってくれたならそれはすぐわかるはずだから、
それが本気に変わっていくかどうかと、一人の男としてどうかを
常に見極めながら関係を深めてください。
本気だからこそ一歩引いて見ることが大事だと思います。
私は元生徒→妻になっちゃたけど、確かに付き合ったらややこしいよ。
でも相手も真剣なら一緒に乗り越えられることだと思うから
がんばってうまくやってね。中途半端はダメだよ。

245 :196:2001/05/05(土) 13:39
>243さん。
メールって、どんなこと入れてらっしゃるんですか?
先生も4月はいって講義始まっちゃうとお忙しくなるし、
最近、入れるにいれられない。開いてみてくだらないこと書いてあったら
不愉快にさせちゃうんじゃないかって。
受験生の時は、それでも質問とかがあったからマメに入れられたけど。。。
さらに電話なんか絶対できないし。結構平気でかけちゃう人もいるみたいだけど、
なんだか踏ん切りがつきません。。。

246 :名無しさん:2001/05/05(土) 14:08
243じゃないけど
私は今までに講師と付き合った事が3回あります。
(いずれも大学受かってから)
今まで彼らと話していた印象では、教え子に言い寄られるのは
悪い気はしないけど、しつこくされると困るらしい。
相手の部屋に泊まった後、部屋を出てみると、ドアの前に
手紙がぶら下がっていた事があった。夜中、ここに来てたのか
と思って、ぞっとしてたよ。
手紙、メール自体は嫌ではないらしいけど、やっぱり度を超したり、
忙しい時期に返事の催促されると、面倒に思えてくるみたい。
電話は止めた方がいいと思います。i-modeのメールならOKだと思う。

247 :今井信者:2001/05/05(土) 14:17
子牛と恋愛

248 :243:2001/05/05(土) 14:49
>>245
あまりに普通。近況とか書いてる。
しょーもないこともいっぱい書いてるけど、
私のメールに構わなくていいし月1回見るだけでもいいって言っておいてる。
別に私からメアドを聞き出したわけでもないし、社交辞令にせよ、
「送って」って言われたからには送る!!というわけ。
今年受かってたら、その講師の下で働くことになってたのね。
まぁ、落ちたけど。
受験生だから合格するまで待てってのもあるかもしれないけど、
246が言ってるみたいに、しつこくしなければ、いいと思う。

ま、前期のうちは、昼間は忙しくないらしいから、(現役専門だからね)
「前期だけ」ということにしてる。
私も後期は忙しいし。

249 : :2001/05/05(土) 15:32
age

250 :名無しさん:2001/05/05(土) 16:25
初々しいね。自分の受験生の頃を思い出すよ。
院生になって、自分の周りが予備校講師になって、教え子に
好感を持たれているのを見ると
「ううむ。こいつも教壇に立っていると、格好良く見えるのか」
と不思議になるなあ。
全然女と縁のなかったそいつが、初めてもてるようになって、
戸惑ったり調子に乗ったりしてて、面白いし。
まあ、予備校講師も人間だし、生徒が思っているほど、孤高の
存在でもないので、たまには付き合うようになる子がいても
いいんじゃないの?
でも、予備校講師になる人は、学校に対する自尊心やコンプレックスが
多い人も少なくないので、真面目に付き合いたかったら
ある程度の大学にはいった方がよさそうだ。
好きな講師に認められるのを目標に勉強頑張るってのも
いいんじゃない?


251 :243:2001/05/05(土) 16:49
>>250
ただ、講師より学歴が上になっちゃ〜いけないのよね。
私の場合、目指してる大学は明らかに講師のいってた大学より上だから、
そういう面でも、付き合うのはあきらめたの。

252 :free:2001/05/05(土) 19:29
下ネタ(含恋愛)しか頭にない人間は予備校にくるな。

253 :243:2001/05/05(土) 22:21
>>252
人間も動物も恋愛はするもんでしょ。
私は、それでいい点取ったから、それでいいんじゃないの?
恋愛しか頭に無かったら、そんなこと無理でしょう?

254 :名無しさん:2001/05/05(土) 22:22
>>253
放っておこうよ。既成概念に固まったステレオタイプなんだから。
こうゆーの相手にすると荒れる素だしね。

255 :名無しさん:2001/05/05(土) 22:27
>>252
お勉強(含偏差値)しか頭にない人間はこのスレから退散しましょうね。


256 :196:2001/05/05(土) 22:35
>>246さん。
はい、電話できるほど私はやっぱり根性太くありませんでした。。。
先生にご迷惑かけるようなことできませんもん。節度は守ります!!
まして家がどこかなんて絶対に、訊かないし、調べないし。。。
最寄駅くらいは知ってますけど(*^-^*)。。。
実感のこもったアドヴァイス、有難うございました!

>>243さん。
お返事ありがとうございました。先生は浪人生も持たれていて、
殆どお休みの日のない方なので、暑中お見舞いとか(遠い(;;))、
節目節目にメールしてみようと思います。バイトでも会えるし。。。
学歴は、、、私東大じゃないので大丈夫、なはず。。。
この板でもかなり叩かれてるようだし。。。大学のつりあいか、、、難しいですね。

>>252さん。
お蔭で偏差値もあがって、第一志望に受かったのでゆるしてくださいv

257 :名無しさん:2001/05/05(土) 22:44
>>231=1 GWの休日にもやってる予備校って…Kか?

258 :名無し:2001/05/05(土) 23:56
女の子の生徒に携帯番号教える講師って多いけど、「この人、けっこう
寂しい人なのね」って思ってしまう。


259 :196:2001/05/05(土) 23:59
携帯番教えちゃう先生って結構いるんですか?
私は先生のを知りたいがために結構策略をめぐらして。。。
(実際にはかけないくせに(笑))

260 :名無しさん:2001/05/06(日) 01:42
ageてみよう、そうしよう。

261 :243:2001/05/06(日) 12:47
>>258
番号教えるの?確かに寂しいよね。
かけてくる人がいないから教えるんだし。
私も番号知りたいなと思ったこともあったけど、
よくよく考えたら、携帯持ってなさそうだった。

>>259
ま、番号知ったら、なんか近くなったような気がするよね。

262 :名無しさん@1周年:2001/05/06(日) 14:03
>1
おまえらさあ、なにロマンスしてるの?
浪人生だろ?立場考えろよ。
恋愛を避ける意思がないあんたが受験する資格なんてねえんだよ。
とっとと受験やめろ。見ていてむかつくんだよ。

263 :名無しさん@1周年:2001/05/06(日) 14:05
目が覚めないと一生後悔するんだろうね、こいつら。
まあ、そいつの人生なんだからいいんじゃない?
勝手にさせとけば?

264 :名無し話変わるけど・・:2001/05/06(日) 14:07
駿台と代ゼミと河合塾どれが一番いい?スレ建てようと思ったけど
建てられなかったからさ。


265 :名無しさん@1周年:2001/05/06(日) 14:16
駿台だね。
代々木は受講生のレベルの差が大きすぎる。
河合塾は教室の環境悪い。
駿台は上位クラスに入れば刺激になる。

266 :名無しさん:2001/05/06(日) 14:27
>262
見ていてむかつく?なら見んなよ。どういう受験生活送ろうがそいつの勝手、
お前には関係ないだろ?恋もして合格もすればそれもまたよし。
人を好きになるにはそれ相応の理由あってこそだろ?
むしろ俺は1や196を応援するがね。君心せまいよ。

267 :名無しさん:2001/05/06(日) 15:23
同意。
男だって、勉強が好きで受験勉強してる訳じゃない。
あの大学に行けば何か楽しい事が起きるだろうと思ってやってるだろ。
下心があって、それを原動力にして勉強している点では一緒じゃないか。
合格さえすれば、受験生としての本分は全うしている訳だし。
禁欲しようが恋愛しようが、受験生活のは過ごし方は人それぞれだよ。

268 :名無しさん:2001/05/06(日) 15:28
>266 見てるとこのスレってさ、1とか196は、262みたいなヤツ全然無視してるじゃん。
   だから変に荒れないし、真面目なスレになってると思うぜ。
   262みたいなヤツは無視して晒しとけばいいんじゃない?    

269 :258:2001/05/06(日) 16:27
>>259
けっこういるよ。でも、教えてくれる先生って自分が好きな先生じゃ
ないことが大半だったりして(W
マトモな人はあまり生徒になんて教えないな〜って思う。


270 :246:2001/05/06(日) 17:44
私が講師の連絡先を教えて貰ったのは、
年が明けて後期最後の授業が終わったとき。
「受験結果を報告します」と言ったら、簡単に教えて貰った。
別に異性として好きな先生じゃなくとも、連絡先を教えてくれた。
その年の授業が終わると、先生の方も「義務は果たした」と
思ってホッとするのかな。
授業が残っている時期だったら、教えてもらえなかったと思う。

271 :名無し:2001/05/06(日) 18:07
質問の為にFAX番号を教えてくれた講師がいた。
かけたら自宅のTEL番号だった。
びっくりした・・・(-_-)

質問の為にmail adressを教えてくれた講師がいた。
送るとき署名に携帯番号を書いといたら
「説明が長くなるから」とTELがかかってきた事があった。
番号通知されていたので携帯番号を知ってしまった。
罪悪感にかられた・・・(-_-;)

ちなみにこの講師方のTEL番号は今も携帯に残っています(^.^)b

272 :恋愛史上主義:2001/05/06(日) 18:15
大学入るとつくづく思うね
恋愛>>>勉強
だって
我慢は体によくないよ


273 :246:2001/05/06(日) 18:15
普通の講師は、特に意識せずに、必要があれば教えてるのかな?
英、国の、一部の人気講師になると、変な学生の誘いも増えるから
用心してるのかも。
私が連絡先を教えて貰った講師は、すべて理系の科目。
あまり色恋とか考えてなさそうな先生ばかりだった。

274 :恋愛史上主義:2001/05/06(日) 18:25
金目当てに近づく方もいるだろう

275 :恋愛史上主義:2001/05/06(日) 18:37
ていうか全人生における価値としてはやはり
恋愛>>>>>>>>>>>>>>>>受験勉強
ではないのか?

276 :名無しさん:2001/05/06(日) 18:42
問題がわからないからってわざわざ
電話番号調べて深夜に聞いた生徒もいるんだってね(ワラ
恋愛とは関係ないと思うが
気持ち悪いね

277 :禁断の名無しさん:2001/05/06(日) 18:47


155 名前:22世紀を目指す名無しさん投稿日:2001/05/06(日) 04:25 ID:???
なんでもあり有力者固定一覧表(改訂版)

まま氏(なんでもあり1人気者。金髪アフロ。唯一の画像アプ者)
トオル(削除忍の別ハン。なんでもありの帝王。美形)
黒い日(なんでもありの頭脳。美形で有名)
しー(アイドルギコ猫。トオルの所有物。美形)
オナニスト(なんでもあり1番人気女固定。ラウンジにも出没。美形)
目黒ゑびす(議論派固定。廃墟にも出没)
くーどろあ(オタク板のアイドル。美形)
カレー気味(削除人と噂される。浮気性。大石恵似の美形)
ひっくすろっくす(なんでもありの姉御。女王様。美形)
かぷりこ(うんこ投げ固定。ファンクラブを持つ。美形)
にーなっとう(うんこ投げ固定。浮気性)
飴色ガッシュ(議論派固定。かぷりこの恋人候補)
殿下くん(アイドルキャラ。17歳)
ぷわぷわ(なんでもありの母。コテハン萌えの筆頭者)
そこもで(元祖萌えられ固定。取り巻き多し)
ギコ一号(なんでもありの相談ギコ)



278 :マジ:2001/05/06(日) 19:01
北Q州予備校、英語講師のなんとかは
某校で東大文○に進学したなんとかさんと
予備校卒業してから付き合った。

ホントです。この講師も東大出身。

279 :名無しさん:2001/05/06(日) 19:04
>>271
いい先生だね(´ー`)


280 :留吉&捨吉:2001/05/06(日) 19:25
あんがい生徒と付き合っている(いた)講師って多いよね。
大学に入ってから、再び連絡を取り合ってつきあい始める
パターンが多いような気が。

281 :196:2001/05/06(日) 20:34
>>266-268さん。
フォローどもですv

>>269
レスありがとうございました!!いらっしゃるんですね。

昨日元彼含むで飲み会だったんで「おしゃれは我慢よ!」とのピーコさんの
教えに忠実にちょっと薄着してったら一発で風邪ひきました。辛いです(涙)
でも元彼ともいい感じで話せたのでほっとしてます。やっぱりいい人だ。。。

先生のメールアドレスは私も「質問のため」に教えていただきました。
生徒には基本的に携帯番おしえてないみたいでした。
あんまり自分のプライヴァシーばら撒きすぎるのもどうか?ですよね。
大学受かって報告メールいれてからはこっちからは何もいれないようにしてたんですけど
先生から、どうしてる?みたいなメールもらって、それからは結構文通ぽくしてた。
嗚呼、楽しかったあの頃。。。(笑) 授業始まっちゃうと、そんなの望めないしね。
携帯番わかったのはやっぱり生徒離脱してからですよ。
メールの署名に私の番号入れといたら、
連絡事項があってたまたま番号通知のままでかかってきた。ラッキ〜。
何度も書くようだけど、こっちからはかけないんだけど、、、ね。


282 ::2001/05/06(日) 22:22
模試終わりました。頭錆び付いてるかも。
先生のメールアドレスは知ってます。ホームページのURLも知ってます。
質問用にどうぞということで、みんなに教えてくれました。
でも、プライバシー聞く勇気がありません。だからまだメールはしてません。

なんかキッカケつくってメールしたいなぁと思ってます。


283 :243:2001/05/06(日) 23:36
>>282
怪しまれるから、あんまり急がないようにね。
授業中にもちょこちょこプライバシー出していくかもしれないし、
ますはそれを全部逃さずキャッチしましょう。
ちなみに私はプライバシーはほとんど聞いていません。
(授業中に出したの以外は)
まず、うちの予備校は「プライバシーを出しすぎない」っていう
規約みたいなんがあるらしいから・・・。
だけど、今度会うとき(この木曜日)には、ちょっと聞く予定。
今はもう、生徒じゃないし。
楽しみ♪

284 :196:2001/05/06(日) 23:54
そうそう、授業中の雑談をかき集めて、それを繋いで推理!<プラヴァシー
きっとそれで国語力もアップ!!(希望)
メールとか、個人でやり取りする時でも、根掘り葉掘り、って感じになると、
先生にも嫌がられてしまうと思うので。。。取り調べじゃないんだし(笑)
多分メールよりも、質問に行ってついでにおしゃべりする、
その時の先生の言葉の端々からのほうが、先生の事いろいろわかるのでは?
でもさりげなくメールの中に、向こうが自分の事を喋りたくなるような
フレーズを入れておくと吉、かも。
先生の趣味があったら、それに精通していないとわからないような言葉を
ちょっと織り込んでみたり。。。
って、私なんだか書いてることあぶないですね。。。。暴走中。。
、、、、1さんも頑張ってください!!

ひょっとして私、1さんも243さんも同い年かもですね^^

285 :名無し:2001/05/07(月) 00:01
>283
プライバシーに立ち入った話を聞いてしまうと
時に、幻滅してしまう事もあります。
講師も人間なんだという事を忘れないようにネ(^_-)

私も好きな講師いるけど、
その人は二次が終わってから発表までの間しか
相手してくれなかったです。
理由は私の受験がまだ終わっていないから。
予備校が違っても受験生と予備校講師という関係は
仕事上、かなりまずいと言われました。

迷惑をかけないように気をつけましょう!!

286 :名無し:2001/05/07(月) 00:15
>1
メールを送っても質問以外の無駄話は
無視される可能性があります。
忙しい講師はとことん忙しいらしいので。
そういう時も落ち込まないようにね。

講師室で質問のついでに探る時は
相手の顔を見て機嫌を伺いながら探りましょう。
疲れている時にそういう話をしようとすると
空気がかなり重くなります。

適度に頑張って下さい !(^^)!

287 :名無しさん:2001/05/07(月) 01:58
最初はもっと荒れるかと思ったけど、意外にも優良スレになったな。
恋する女たち、がんばれよ。

288 :221:2001/05/07(月) 03:30
恋する女はきれいさ〜♪
でもこのスレみてるとみんな一生懸命でかわいい。
だから応援したくなっちゃうんだよねー。
ほんと、頑張れよ〜

289 :243:2001/05/07(月) 21:19
>>284
私は18歳ですよ。一浪中。
なんかね、私、精神年齢がかなり高い人が好きらしくて、
だから、予備校講師を好きになっちゃうのよ。
講師って尊敬できるし、未知の世界を提供してくれるわけだし。

私が好きな講師は私が始めてみた種類の方で、ものすごい
カルチャーショックみたいなんがあって新鮮だった。
今は、たまに会いに行ってるけど、
告白したいとかそんなんじゃなくて、
その人を感動させるような人間になろうとがんばっています。

ちなみに私が得たメールアドレスは質問用じゃなくて、
雑談用なので、無駄話歓迎なんです(^^

290 :196:2001/05/07(月) 23:23
>243さん。
レスどもです。やっぱり同い年ですね〜v
私も今まで好きになったのって年上ばかりです。
自分が随分いろいろとお稽古事とかやってきたので、幅広い知識をもっている人に
惹かれるのかな。最初は先生のもつ専門の知識にただ憧れてるだけだったけど、
話してるうちに、私がかじってきただけの世界それぞれに造詣が深いのが
わかって。。。人間も面白かったんだな、って。
先生と対等に話せるだけの自分にならなくっちゃなって思うよ。
。。。ってまた自己満話。。。ごめんなさい。
先生のこと考えるといつも冷静じゃなくなってしまう。。。反省。
にしても雑談用のメアドってかなり羨ましいですよ〜!!

>221さん。
隊長!!アドヴァイスいただいてから外出時の日焼け止めは欠かしておりません!
もうあと何日かでまた先生に会えるんです♪
バイトの隙を見て少しでもお話できたらいいなって期待してます。

>>287さん。
ありがとうございます!がんばりまっす☆

291 :243:2001/05/08(火) 00:16
雑談用メアドっていうか、まず質問用メアドなんてのはなさそう…。
1ヶ月に2回しかチェックしない方なので、
メールで質問してもほとんど意味が無いでしょう…。

292 :名無しさん:2001/05/08(火) 06:09
足のマッサージうまくなっとけ。喜ばれるから。

293 :名無しさん:2001/05/08(火) 06:17
あと、頭良くないとまず好かれないよ。
偏差値だけのことじゃないけど。
年々生徒のレベル落ちてるって嘆いてるよ、講師連中は。

294 :ななし:2001/05/08(火) 07:55
純情電波女はまず門前払い。

講師の目にとまるのはカワイイ系or癒し系
でもって大人の女になっていくことを期待できることは必須条件です。

295 :名無し:2001/05/08(火) 12:57
>292
私はマッサージできるけど
する場所が無くて断念しました。
どこでするんですか?

296 :名無しさん:2001/05/08(火) 13:15
>なんかね、私、精神年齢がかなり高い人が好きらしくて、
>だから、予備校講師を好きになっちゃうのよ。

・・・・・・。
予備校講師にはピーターパン症候群のやつが多いのだが?
まあ、駿台の鎌田さんや大島さんは普通に大人だと思うけど。

297 :名無しさん:2001/05/08(火) 13:21
荒らそうかな。

298 :名無しさん:2001/05/08(火) 16:15
>297
確かに。ここにいる人達は察するに無理だもの。

299 :私も!:2001/05/08(火) 17:56
1さん196さんはじめまして。
私は予備校の時の先生を二年以上経つ今でも好きですよ。
だから、お二人にはメチャメチャ共感できます。特に、
196さんのプライベートを推理する話&1さんの質問の
列の最後に並ぶ作戦!私もやった。
現在の先生との関係は、大学の長期の休みに先生と当時の仲間
(男女混合)で集まってお食事するくらい。私は1さんと違って、
仲良くなるために、集団戦法をとってしまったの。だから、
告白できません(244さんの指摘「挽回するのは難しい」は痛い)。
そんな、私ですが、★オススメの作戦は『相談』★
勉強方法→受験生活全般→・・・→人生哲学・・・と、自分の
プライベートから徐々にだしていきました。
今では、先生は「頼れる兄貴」になってます。(T_T)


300 :222:2001/05/08(火) 18:54
はじめまして。去年予備校かよってました。そこでならった先生を好きになってしまったみたいです。最初友達が追っかけしてたんですが、その子はいつのまにか冷めてて、そしたら今度は自分が好きになっていました。すごく人気のある先生で、ファンはすごく多いとおもいます。大学生になった今でも忘れられず、時々予備校まで会いにいってしまいます。自分から告白なんてできないし、もしそんなことをしたら予備校のいい思い出が消えちゃう気がします。でも、大学の男子を見ても、絶対先生の方がいいとしか思えないんです。先生は私をいつもからかってるだけですが、それでもいつもドキドキしてしまいます。忘れる必要ってありませんよね?

301 :243:2001/05/08(火) 20:35
>>296
精神年齢高いけど、子供っぽさもあるからかなぁ?
私は意外性に弱いから。ふとそういうトコ見つけるとドキドキする。

>>300
私も周りの男子を見ても、明らかに先生のほうが勝っていると思います。
周りの男子は幼稚な話ばかりしてるように思えてしまう。
でも、先生に会っても、「謎だ」とか「怪しい」とか言われるだけです。
たぶん子供にしか見られてないのだろうなぁ・・・。
私の場合、「好きだ」ってバレてますけど(^^
いくら頑張っても、隠せなかった・・・(*_*)

だけど、私は忘れる必要はないと思う。
いつかもっと勝る人を見つけて付き合って、
「これも笑い話」って言えるようになるだろうしね。
そういう日を待つさ!!

といいつつ明後日、会いに行くんだけど(^_^)

302 :196:2001/05/08(火) 20:52
>299さん。こちらこそはじめまして。
私も女の子集団で添削してもらったり質問しに通ってたので、いつも、
他の子よりいい点とらなきゃ、他の子と一味違った面白いこと言わなきゃ、
ってかなり気を遣いました〜。個人的にやり取りしたいことはメール使ってたな。
頼れる兄貴、でもいいからなって欲しいんだけど、、、
先生は人の事興味ないそうなので(泣)、面倒見はいいのに。。。
とりあえず、先生の趣味に関して一緒に話してて楽しい子路線狙ってますv
今のところうまくいってるかも。。。めずらしく向こうから私のこと訊いてくれた♪

>300さん。はじめまして。
私の好きな先生にもすごいファンが多い。教えてる人数も半端じゃないし。
人気があるのってこっちも嬉しいけど、今年の生徒さんが先生を囲んでるのみると、
この中の何人が去年の私たちみたいに先生と仲良くなるのかな、なんて
考えて、やだな、なんて思ったりしてしまう。。。複雑。
同じく大学生になった今も先生への思いを引きずってる私は勿論、
222さんも先生のこと忘れようとする必要なんてないと思うよ。


303 :名無しさん:2001/05/08(火) 21:03
一気に人が増えたなー。
何気に予備校講師に惚れてる女は多いのか?

304 :名無しさん:2001/05/08(火) 21:28
多いみたいだな。
なんだかんだ言われながらも、予備校講師は結構面白い人間が多いことも事実。

305 :名無しさん:2001/05/08(火) 22:22
うらやましいぞ、予備校講師!

306 :名無しさん:2001/05/08(火) 22:34
>295
ホテルに決まってるじゃん、そんなの。


307 :某予備校講師:2001/05/08(火) 22:54
(゚д゚)セイトウマー

308 :名無しさん:2001/05/08(火) 22:56
>>306>>307
 雰囲気壊すからやめようね

309 :某予備校講師:2001/05/08(火) 22:57
ハァハァ>>308タン萌

310 :308を犯したい:2001/05/08(火) 22:58
ずんずんずん
ぱんぱんぱん

311 :名無しだもよん:2001/05/08(火) 22:59
>>308
(・∀・)シラネーヨ!!コノスレハモウシデル!!



312 :名無:2001/05/08(火) 23:00
(・∀・)セイトゴウカン、ワルカコイイ

313 :竹内:2001/05/08(火) 23:01
ハァハァ(;´Д`)ツカマッチャッターヨ!!デモヤッチャウーヨ!!

314 :竹内:2001/05/08(火) 23:02
やっぱ中学生の方が………

315 :306:2001/05/08(火) 23:03
激しく同意

316 :名無しさん:2001/05/08(火) 23:32
自作自演はみっともない。情けない。虚しくない?

317 :名無しさん:2001/05/08(火) 23:37
代ゼミの西きょうじ

318 :えー?:2001/05/09(水) 00:07
私も約10年前、予備校の先生に惚れてました。
しかも、男として、のみならず、人間として多大な影響を受けました。
今でこそ、かなり有名講師ですが、当時はまだ「やや売れてる」くらいだったので、単科とか、そんなに苦労せずにとれました。
私もやったよ!最後尾に並ぶ作戦。あと、必ず質問には行ってた。
絶対何かしら質問ってあるんだよね。真面目にやればやるほど。
浪人して、結構覚えてもらって、合格してからは食事にも連れてってもらえたし、
バイトで「手伝わないか」みたいなお誘いもあったけど、当時まだワープロも叩けなかったので、話は流れちゃいました。
でも、先生が私に目をかけてくれたのは、私がその科目を凄く一生懸命やって、それなりの結果を出したからだと思う。
だから、先生に恋したのなら、その科目に関しては先生に負けないってくらい頑張るのがいいと思う。
自分にとっては勿論、相手に認めてもらいたいならなおさらね。
それと、これ先生が見てたらばればれだけど、
最後の授業の日、教務室には行きませんでした。
駅で待ってて、花束を贈りました。
ラッシュの時間、迷惑だろうことは百も承知。うけを狙ったわけでもなく。
純粋な、感謝の気持ちでした。
そしたら先生は、お茶に誘ってくれました。
相手によっては迷惑がられるかもしれないけど、変に狙うより、素直に行動する方が、
後悔とかもしない気がする。
今、何の因果か先生と同業者になってしまった立場からも、そう思います。

319 :名無しさん:2001/05/09(水) 00:07
まあまあ、せっかく人があつまってるんだからまたーりうやろうや。
あたたかく応援してやって男を磨こうぜ諸君。
煽るよりずっと有意義でイイ!

320 :295:2001/05/09(水) 00:19
ホテルなんかへ行く関係じゃないし・・・。
そんな所へ生徒と行く講師じゃないし・・・。

でも、疲れている講師の姿を見ていると
マッサージしてあげたいと思っちゃいます。
これってダメなのかな・・・(*_*)

321 :名無し:2001/05/09(水) 00:20
暴走族>大学生
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=1211109876 東京
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=actuality 東京
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=ALBAVIP 東京
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kantofuryo 東京
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=SPECTER1 東京
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=TENKANONAO 東京
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=ysVERSACE 東京
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=R20G 東京
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=NABE2001 栃木
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=yonan 栃木
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=KMODS 北陸
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=HIROABP 山梨
大卒なんかより、族のほうが人間的に優れてるし、友達多いし
人生経験豊富だし、よっぷど人の役に立てるっつーの
お勉強なんてつまらんことやってないで、族に入らない?
おもしれーよ ひ弱な受験生君

喧嘩上等!!!




322 :名無しさん:2001/05/09(水) 00:24
>>295 こういうこと書くと煽る人出てくるからね。予防して書こうね

323 :名無しさん:2001/05/09(水) 00:25
>295
ごめん、そんな深刻にならないで。
でも、ほんとの話さね。

>315
?何に同意してるのよ。

324 :位置文:2001/05/09(水) 00:26
予備校講師ってエリートなのか?

325 :名無しさん:2001/05/09(水) 00:38
どうして煽られるかわかる?
同世代の男がガキだって
予備校講師と比べちゃってる方がよほど「ガキ」だよ。
人を見る目がちょっと浅いうえに単純な証拠じゃない?

このスレ見てると淫行だの何だのっていう問題が
常につきまとうのが良くわかるよ。
だってあんたらは講師にとっては使い道ないもの、ヤること以外に。
魅力ないよ。きついかもしれないけれど、それが現実。
よしんばイイ感じになってヤったら
その後の関係がなかなか進展しないと、
すぐ地雷化するでしょ。遊ばれたの、何だの不安になって。
真面目に受験勉強している人から反感もかうよ、
自分のおかれている状況わかってるのってカンジ。
だから煽られるんじゃないのか。

326 :名無しさん:2001/05/09(水) 00:43
>324
予備校講師といっても色んな人がいるからね。
でもエリートというより、サラリーマン社会からあぶれ出た人達ってところか。
まあだから面白い人は多いよね、頭はもちろん良いし、
多趣味で教養もあることはあるけれど、
協調性のない人が多いから、色々と誤解はされやすいかもね。
根はまじめな人が多いよ、多分。

327 :196:2001/05/09(水) 00:52
ちょっと見てなかったらあれてるし(T_T)

>>318さん。
去年その先生の教科だけ(笑)は必死になって勉強しました。大学受かったのも、
その教科が異様にできたからで(予備校の速報で答え合わせした)。
一時期受験学部をどこにしようか物凄く迷ってたけれど、
先生に習っているなかでその分野の面白さにひかれ、それを選びました。
今は大学院にも行きたいなんて不遜にも考えてたり。。。
不純な動機の勉強がここまで(純粋に)おもしろくなるなんて。。。
もちろんそういう勉強面だけじゃなく、先生にはいろいろ学ばされ、影響を受けたと思う。

近くに大きな目標があって、それに向かって必死に勉強できてた、去年は。
でも今はなぁ。。。なんだか毎日の講義とっても面白いのに頑張れない。
先生との接点をいかにして保つか策略(笑)をめぐらすことで、
現実逃避してるのかも。。。    と、ちょっと暗くなったりしてみています。


328 :名無し:2001/05/09(水) 00:57
私も予備校講師が好きです。今大学生なので、もう何年越しになるんだろう。最近やっと連絡先を教えてもらい、今度個人的に会ってくれる予定です。
自分でもおかしいと思うんだよねー。良く知らない人を何年も好きでいるなんて。多分「先生」って要素が大きいんだと思います。だから私は長年の幻想を壊すために会おうとしてる。もう何年も勝手に理想化した先生に縛られてきたから。
はっきり言ってやり逃げされるのも覚悟のうちです。このスレに出てくる予備校講師に恋してる女の子達の今までの恋愛経験、知らないけど、処女は捨てといた方がいいよー。初めての人にやり捨てられたら多分立ち直りにくいと思う。
って言っても今現在好きなのはその先生なんだからそれは無理か。言いたいのは、先生に憧れるんなら、体っていう面からも検討すべきだということです。相手は生身の、大人の男なんだから。

329 :名無しさん:2001/05/09(水) 00:58
>196
力が欲しいんでしょ、要は。
自分を高いところへ引き上げてくれそうな。
ただ現実逃避になっちゃわないようにね、
つらくなっていくだけでしょう。

330 :名無しさん:2001/05/09(水) 01:06
代ゼミの現国のふくなんとかっていう若い先生はどうなったの?

331 :名無しさん:2001/05/09(水) 01:08
>328
あんたみたいのがいるから、
講師がつけあがるんだよね。
処女捨てておいた方がイイってなんて
お門違いなアドバイスしてるのよ。
そりゃ講師は大人だよ、年齢的に。
十代のコに比べりゃ経験も知識も豊富だわ。
アドバイスするなら、ヤリ捨てされるような恋なんかするなよ、
そんな人好きになるなよってカンジじゃないの?
もっと自分と向き合って見直したほうがいいよ。
純情でかわいい通り越してやっぱり何か破綻していると思う。

332 :196:2001/05/09(水) 01:10
>>329さん。
レス有難うございます。引き上げてくれる力か。
確かに私が先生を好きな中にはそういう要素も含まれていると思う。
今までに好きになったり付き合ってきた人ともそういう事あったと
思うけど(だって相手の中に尊重したいと思えるようなもの
見出せなかったら(私には)続けられないし)、今回は特にそれが
強いかも。う〜ん。とにかくそれを逃げ場にしないように
自分のすすんでいく方向性もう一度見直してみます。

>>328さん。
むずかしいですね。とりあえず当分は一方的なプラトニックな憧れで
いきますです。。。多分私絶対に先生に告らないと思う。

333 :名無しさん:2001/05/09(水) 01:15
そのほうがいいよ

334 :名無しさん:2001/05/09(水) 01:16
向上心のある女は力のある(ありそうな)男に寄るんだよね

335 :295:2001/05/09(水) 01:48
>328
なんか、それって違う気がする…。
そういう事をしてると低く見られるよ。
ちゃんと体ではなくて自分を見て欲しいから
私はそういう事はしたくないです。

336 :328:2001/05/09(水) 01:52
>>331
傷つくからやめといた方がいいよっていう逆説的なアドバイスだったんだけどなぁ。
私自身高校生のときその先生と二人で出かけて、きわどくなったことがあるから。びびって逃げちゃったんだけど、今でもあの時逃げて良かったと思ってるし。
大体自分の行動を純情でかわいいなんて思ってたら、体のことなんか持ち出さないでしょ。
>>328
私もその方がいいと思うよ。

337 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:02
なかには童貞の講師も
いらっしゃるでしょう

338 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:03
言い訳ばかりっすね>328
>長年の幻想を壊すため
>もう何年も勝手に理想化した先生に縛られてきた

純情路線の女の方こそ体のこと持ち出すよな、
328がどうとかじゃなく。

339 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:07
>>337
いるわけないだろ

340 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:10
>>339
いたよ

341 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:11
童貞っていうか、すっごく
幼稚な講師はいた
授業のギャグとかも寒くて

342 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:12
>>341それはイタイな

343 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:14
厨房っぽい死も寝たばっかり話す
講師って童貞?(藁

344 :328:2001/05/09(水) 02:17
>>338
何についての言い訳??
やり捨てられることへの言い訳かな?っていうかまだやり捨てられるって決まった訳じゃないけど。
そういう覚悟がないと倍ほども年の違う人には近づけないと思って言ってるんだけども、そんなことないのかなぁ。
だってやった後じゃないとやり捨てかどうかわかんないっしょ。
あと純情の解釈が微妙にずれてる気がする。


345 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:20
結論。
深刻にならない、期待しない、迷惑かけない、

大人の男に憧れる時期もあるかもしれないけれど、
うじうじ思い悩んでるだけこっちに分はない。


346 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:21
328、あんた、自分がだまされてんのいいかげんに気付いたら?

347 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:26
>>346
328は長く妄想していたので
キツイこというと、余計殻に閉じこもるよ。意固地になってね。

そういう覚悟が必要だと思いこんでいるところが痛い。
講師の勝ち。足元見られてヤリ捨て決定。
講師はお見通しさ。


348 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:27
講師ってどのくらいの年だよ
まさか40過ぎてるとか。。。

349 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:29
良い思い出くらいにしておけ、深入りするな。

350 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:34
結婚願望の強い講師君多くない?
ちょっと気のある素振り見せたら
すぐ「結婚」どうのこうのって・・・
ヤバ過ぎ(藁
ほんとだれでもいいって感じだったぞ
私ブスでデブだし

351 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:37
私ブスでデブだし
私ブスでデブだし
私ブスでデブだし


352 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:38
>>351
正解

353 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:40
なにが?

354 :328:2001/05/09(水) 02:40
>346、347
もううすうす気付いてるよう。だまされるかもって。
でも長年妄想し続けてるよりも、だまされてすっきりした方がいいかなぁと思ったんだけども。
よくないかなぁ。
>348
過ぎてる。

355 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:42
>350
調子に乗っている講師にからかわれただけです。
結婚願望持っていない人も多いです。

356 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:47
なんか藁タ

357 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:49
>>354
本音が出てきたね。
まあ一回現実見て傷つくのも悪くないよ。
傷つく覚悟でぶつかってみ。正面から。
結果はわからないもんだし、ヤった後が女にとっては重要だよ。
巻き返すっていう意味で。
いつでもここに愚痴りにくればいい。

358 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:51
予備校講師ってそんなに
傷つける人が多いの?

359 :328:2001/05/09(水) 02:52
>>357
ありがと。
そうする。

360 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:56
>>358
色んな生徒がいるからね。
時には結果的に傷つけざるを得ないときもあるんだよ。
むやみに手出しまくる講師もいないことはないが、
そんな奴に本気になる生徒にも問題ありだよ。

361 :名無しさん:2001/05/09(水) 02:57
360のカキコどっかでみたような・・・

362 :名無しさん:2001/05/09(水) 03:00
遊んでくれそうな講師が好きな人は、まだ遊んでくれるだけましかも。
私が前に好きだった人はそんなこと絶対してくれ無さそうだったし。

363 :名無しさん:2001/05/09(水) 03:11
だいたい口の上手い奴はだーれにでも同じ事いっている。

自分だけと思っているうちはシアワセですね。

それにはまっているいけにえの世の中。現実。

364 :名無しさん:2001/05/09(水) 03:12
>>361
どこで見た?こんなこと書きこむことは初めてだけど?
同じこと思っている講師が多いのかな。
>>362
まあそうだろうね。お互い割り切っていればね。
ただトラブルは怖いからね、対応は慎重になるよ、やっぱり。
仕事とプライベートを区別できない奴は困るね。
講師なんてしないほうがいい。

365 :名無しさん:2001/05/09(水) 03:16
1がこないね。どうしてるかな。

366 :名無しさん:2001/05/09(水) 03:19
代ゼミ逝ってた時ちょっと好きな先生いたけど
四年経った今考えると全然好みぢゃないし超気持ちワルイ!!(藁
受験の時って何かと妄信的でおかしくなりがちだからなーーー
これからは個人的に受験産業の人とは関わりたくな〜い!

367 :名無しさん:2001/05/09(水) 03:20
1はネタだったんじゃない?
でもテーマにある種の普遍性があったから
スレが育っていった、という。

368 :名無しさん:2001/05/09(水) 03:24
>366

これからは個人的に受験産業の人とは関わりたくない

といいつつ、なんで大学受験版にきてるんですか? おつむ大丈夫?


369 :名無しさん:2001/05/09(水) 03:26
>おつむ大丈夫?
大丈夫じゃないよ

370 :傍観者:2001/05/09(水) 09:58
まず、このスレッドをたてた1さん、1さんに共感している講師に恋を
している方々に1言。差し支えなければお互いにメアドを交換してやり
とりした方のがいいのではないかと思います。スレッドの関係上、変な
煽りレスもありますし(いろんな意味で、広く様々な意見を聞くことは
良い事だとも思いますけど)。

私は最近このスレを見つけて、「自分もこんな時代があったなぁ〜」と
懐かしく思い、暇があれば皆さんのやりとりを覗かせてもらっています。
私の場合は、必ずしも「良い思い出」ではないのですが…
今受験生の方で、好きな講師がいる方には少し酷な話かもしれませんが、
批判覚悟で私のとある経験談をお話したいと思います。

私も皆さんのように、受験生の時に「いいな」と思っていた講師がいま
した。でも、恋愛感情というものではなく、「講師として」憧れていた
程度です。卒業してから2年くらいまでは、講習会の時期などに友人と、
あるいは1人でその人のところに訪ねたりもしました。うまく言えない
けど、その人に会えるのが楽しみで、また嬉しかったのだと思います。

でも、少しずつ歯車が狂いはじめました。その人は私が自分の事を好き
なんだと勘違い(もちろん、嫌いではなかったけれど、恋愛感情は全く
なかった)したのか、一人で訪ねた時だけ食事に誘ってくるようになり
ました。結局、その人とは個人的に食事に行く事はありませんでしたが、
今考えるとその人は私に対して講師と生徒以上の関係を求めていたよう
に思います(ちなみにその人は既婚者です)。

他にも、卒業後に予備校に訪ねると、習ったことのない講師から食事に
誘われたりもしました。「2人きりでないならいいかな」と何度か講師
数名と友人の卒業生数名で飲みに行ったりもしました。
その時にお互いに名刺交換をしたら、その後、いろんな講師から電話が
かかってきて、全然知らない講師から告白されたこともありましたし、
ひどい講師だとあからさまにホテルに誘ってくる人もいました。

その中で卒業後に知り合った1番まともな講師(というと語弊があるか
もしれませんが)に「実は、君は講師の間で『付き合いたい(=愛人、
不倫相手として)卒業生』ナンバーワンで、誰が君を落とせるか賭けて
るみたいだよ」と言われ、かなりショックを受けました。
自分にもそう思われてしまう「スキ」みたいなものがあったのかもしれ
ないけれど、正直な話、お世話になった講師達にそういう目で見られて
いたんだと知って、講師に対する盲目的な憧れの念はなくなりました。



371 :傍観者:2001/05/09(水) 09:59
(上の文の続きです)

受験期という精神的にも辛い時は、受験生にとって「講師」という存在
はかなり大きなものだと思います。特に女生徒の場合は恋愛感情に似た
思いを抱く人もいるでしょう。
でも、多くの講師は言い寄って来る生徒と真剣に付き合おうと思う人は
ほとんどいないと考えていいと思います。中には真剣に交際をされて、
結婚された方もいると思いますが、稀なケースだと思います。

ほとんどの生徒は卒業後に適当に遊ばれて泣きを見るのが関の山です。
憧れなら憧れのままで、必要以上に深入りせず、卒業してもその感情が
消えないのなら、「友達」として長く付き合えるような関係を作る努力
をされた方がいいと思います。私自身、上記の話をしてくれた講師とは
「何でも話せる友達」として今でも仲良くしています。たまにテキスト
作成のバイトをしたりもしています。そういう関係の方がお互いに楽で
いいのではないでしょうか。

1さんやその他の人は、やはり「できれば彼女(奥さん)になりたい」
とお考えなのでしょうか。相手を純粋に思う気持ちは尊いものだと思い
ますが、相手は大人です。20前後の自分の生徒に恋愛感情を抱く講師
はやはりどこか人間としてのモラルガ欠如しているように感じます。
もっとも、今は割り切って体だけの関係を求める生徒もいれば、そういう
生徒との個人的なつきあいは一切しない真面目な講師もいりので、一概に
講師との恋愛を含む関わりあいを否定するつもりはありません。私自身、
仲良くしている講師がいるわけですしね。

要は、生徒側が自分の立場と相手の講師の立場を考えて、どのように付き
合うのがベストなのかを見極めて、上手にその講師を交流してって欲しい
ということです。個人的な考えとしては、サポート的な立場になるのが、
ベストなのではないかな?と思います。それから恋愛に発展するかどうか
は当事者の問題です。

いろいろ思うところもあるでしょうけど、自分を1番に考えて、受験生の
方は今は受験勉強をしっかり頑張って、卒業生の方はその講師のいい意味
での「支え」的な存在になれるように頑張って下さい。少しでもあぶない
関係になりそうだったら、ちゃんと防衛線をはってくださいね。それでも
いいなら止めないけど。余計な傷はつけない方がいいですよ、絶対に。




372 :no name:2001/05/09(水) 10:01
>358
私の友達数人はある1人の講師に全滅でヤラれてました。
でも、みんな「自分だけ」と信じてた…(^^;)
たまたま一人が言い出したのが発端で明るみに出たケド。
でも、予備校講師みんながみんなそういう人ではないです。
むしろ、その講師が特殊。
だって予備校クビになったもん。

373 :傍観者:2001/05/09(水) 10:44
ちなみに私は誘って来たどの講師とも肉体関係は持っていません。
いつもギリギリで逃げてたから(笑)。奢らすだけ奢らせておいて
逃げた私も罪深いかな?でも、食事奢る→エッチOKというのを期待
してる講師も幼稚ですよね〜。でも、その講師に心酔してしまって
いる受験生はもっと幼稚かな?自分がかつてそうだったし(苦笑)。

>372さん
私の友達にもそのテの被害者いますよ。やっぱり、すごく傷付いてた。
「初体験は先生がいい!」と言っていて、実際にそうなって、1回で
ヤリ捨てられてました(シャレにならない)。やっぱり、「1回きり
でもいい」なんて思ってても、それ以上の関係を求めてしまうみたい。
講師は講師で「1回きりでいいと割り切ってたんでしょ?」とサラリ。

結局、講師だけがおいしい思いをして、生徒は何らかの傷を負ってる
んです。講師側から見れば「勝手に近付いて、勝手に盛り上がって、
勝手に傷付いて、バカみたい」と思ってたりするんですよね。
でも、372さんの言うように、そういう風に思う講師の精神構造が
異常であって、そういう講師に惚れた自分が愚かだと悟りましょう。
でも、特殊と言っても、そういう講師結構いるから大変なのよね〜。

某Yゼミ日本史講師の一件で、他の講師も大人しくなっているようで
すけど。そういうのは、生徒側でバリアーはらないといけませんよ。


374 :留吉&捨吉:2001/05/09(水) 13:26
傍観者さんの言うことはもっともだと思います。
でも、大人になった今では、「一回のやりにげ」が
どうして悪いのか、という気がします。
今時は性行為に結婚の意味が含まれている訳ではないし。
多分、講師も性行為をそのように解釈して、こんな暴挙に
出ているのでしょう。
でも、講師の場合、陽性転移した生徒の好意を自らの性的楽しみ
に利用した点で問題ありますよね。
予備校生の場合は、不安な立場に置かれていて、性的楽しみと
いうよりは、安心を求めて好意を寄せる場合が多いのですから、
講師側の勝手な大人の解釈で「一回きりでもいい」「相手だって
楽しんだ」とみなして生徒の気持ちを踏みにじるような事は
教師の倫理として許されないと思います。

375 :196:2001/05/09(水) 13:31
>傍観者さん。
たくさん書いていただいたのですが、ちょっと時間がないので
一部にのみレスしたいと思います。読み返すひまもないので
いつも以上に支離滅裂な文になると思いますが、ゆるしてください。
先生と付き合いたいのかどうか、、、私に関していえばそれはNOです。
確かに私は先生のことすごく好きだけど、倍以上年も差があるし、
頭の中身のつりあいこととか考えてみても、
結局講師が生徒とつきあうメリットって、みなさんがよくかかれているように
要は若い子の体だけ、といってしまえるかもしれない。
前にも書いたけど、(多分私の感情はもう気づかれていると思うけれど)
私は今、先生に告白するつもりはまったくありません。
講義の中で垣間見たり、質問に行ったときに話したりして感じた
先生はごく一部分だから。本当の先生なんて実際私はまったく知らない。
(本当の姿って付き合っていくうちにわかってくる、という意見もあると思い
ますが、それにしても先生と生徒という限られた関係のなかで見える
相手というのは、友達づきあいのような至近距離からの観察で知った相手の像
とはまったく異質だと私は考えます。)でもその一部分に私はほれちゃった。
友達に、というか、相手のいいところを吸収していくために、
それなりにいつも近いところにいたい、とは切実に願っています。
そして相手にも、私を、尊重すべき部分を持った人間として見てもらえたら、、
と願っています。たくさんいる生徒の内の一人、としてだけではなしに。

メールのことですが、やはりちょっと抵抗あります。。。
どうしたらいいのかな。


376 :留吉&捨吉:2001/05/09(水) 13:40
若い子の体だけ、って事はないと思う。
ていうか、そんなに女の子が思ってるほど、どの男も
若い体が好きって訳じゃないし。(年取りすぎは問題外だけど)
むしろ、若さが可愛くて、なんとなく放っておけないって気持ち
の方が大きいんじゃないかな。普通は、そう思っても何もしないけど、
相手の方から言い寄られると、ついつい羽目を外して、話にのって
しまうとか。でも、その後、やっぱりまずいことをしたと落ち込んだり、
自分のやったことにびびったりして、関係を辞めようとしたことが、
相手の子には「捨てられた」と思うのかもしれないよ。
ただ、今までのレスに寄ると、相手は40歳位だよね?結婚してるんじゃ
ないのかな???

377 :299:2001/05/09(水) 13:50
196さん早速返事ありがとう。222さんにも共感します。私も先生に
会いに行きたい!!!(通学途中にあるんです)。でも、卒業生が
しょっちゅう現れるのもダメかな〜と控えています。先生の立場、
周囲の目もありますし。
370の傍観者さん、どれくらいの頻度で行っていましたか?一緒に
行く友達がいないんですが。

受験生の1さんには申し訳ないことに「卒業後も忘れられない」者の
集まりになってきてますね。「先生を目標にして頑張ろう」と考える
似た者同士!?
久々に「セフレ止まりだよ」と言った158さんや、「元生徒→妻」
の244さん、「講師と3回付き合った」246さんの様な違ったカンジの方
の意見も聞いてみたいです。

370さんのアドバイスように「友達」として長く付き合えるような関係を
作る努力をしてきて、頼れる兄貴みたいな関係になっていますが、
たまに「幻想を壊しに会う…」の328さんの様な衝動に駆られたりする。
手遅れ(結婚しちゃうとか)になるかもしれないし・・・。

体の関係で傷つくことを心配下さってる方々、ありがとうございます。
「お世話になった講師達にそういう目で見られていたんだと知って、
講師に対する盲目的な憧れの念はなくなりました」とか「講師が生徒を
傷つける」話が多いですね。講師室に来る生徒には、講師を単に先生として
慕っている人と、異性として好きな人が混ざっていますよね。だから、
見分けるのは難しいのではないでしょうか。期待させておいて「先生としか
思ってません」では反対に傷ついてしまう講師の方もいらっしゃるかも。
だから、卒業後までもキャーキャー言うことにも問題ありかな?と躊躇します。
360の予備校の講師の方、どうですか?


378 :傍観者:2001/05/09(水) 15:10
あらっ、いつの間にやらレスがこんなに増えている…。

まず、留吉&捨吉さん。ご賛同ありがとうございます。批判レスが多いと
思っていたので、ちょっと安心しました(笑)

私自身は、講師と生徒の関係でも、お互いがお互いを本気で好きなら別に
恋人同士として付き合う事は構わないと思います。恋愛は自由ですし。
ただ、「講師」という立場を利用して生徒に手を出す(生徒側から近付い
てきたとしても)のは人間としてのモラルに反していますし、聖職と言わ
れる教育者のすることではないと思っています。ただ、それだけです。
もし仮に関係を持ってしまったら、相手が自分に冷めて離れていくまでは
夢を見させてあげて欲しいなぁ、と思います。本当はちゃんと責任を取る
べき=結婚するなり、ちゃんと交際するなり、だと思いますけどね。

>196さん

196さんは特別な関係ではなくても、その講師の「1番近くにいたい」
と思われているようですね。なら、それでいいのではないですか??
今までの書き込みを見ても、その講師は196さんのことを嫌いではない
と思いますし、むしろ、お気に入りの生徒(卒業生?)だと思いますよ。
講師も人間ですから、生理的に好きになれない生徒はいるみたいですし。
友人の講師はそれを生徒本人の前で態度に表わす事はないけれど、たまに
愚痴られる事があります(笑)。
196さんは、その講師が自分に対してプライベートな事でも、仕事の事
でも何でも話してくれるような存在になりたいんじゃないかな?だけど、
相手は196さんの事を「自分の生徒」だとしか思っていないと思うから
少し時間はかかるかもしれないけど、「彼女になりたい」と思うよりは、
ずっと確率は高いと思います。

職業柄、講師はいろんな人から「相談されること」が多いですよね?
だから、卒業してまで相談を持ちかけて仲良くなろうとするのは逆効果。
相手が自分の弱い部分をポロっと見せてしまうような雰囲気のある人に
なりましょう!!友人の講師いわく、私は「一緒ににいて楽しい人」で
「何でも話せる人」なのだそうです。今で言う「癒し系」人間(笑)?
キャピキャピしている子は、可愛いとは思っても、個人的に付き合いたい
とは思わないようです(自分の友達として、という意味でね)。
もちろん、講師によると思いますが。


379 :傍観者:2001/05/09(水) 15:12
>299さん

私が予備校によく訪問していた時は、学期ごとでした。
1年で言えば、春・夏・冬の講習会に各1回ずつ、という感じかな?
私は夏や冬によく訪ねていましたよ。年間5回くらい。多いか少ないか
よく分からないけど、私自身は多かったかな?と思ってます。
でも、毎週通ってる子とかもいたから、一般的に見れば少ない方かも。
まぁ、卒業後も頻繁に予備校を訪ねること自体、普通ならあまりない事
だと思いますが。会いたいなら、いつでも会いに行っていいんじゃない
ですか?「学校の通り道で、なんとなく寄っちゃうんです」と、いくら
でも理由づけができますし。多くても1か月に1回くらいがベストだと
思います。毎週だと、たぶんうっとおしがられるような気がします。

個人的に連絡を取れる関係なら、電話やメールなどで予備校以外で会う
約束を取り付けてみてはどうですか(生徒と遊びに行く事に抵抗のない
講師なら)?予備校に訪ねて、少し話をして帰るだけの関係では「仲が
良い」とは言えないと思います。講師から見れば、訪ねてくる卒業生は
皆「その他大勢の教え子」でしかないです。個人的に付き合いたい、と
思っていたら、向こうからもっとアクションがあるはず。

講師と生徒として知り合った以上、その壁をなくすのは大変なことだと
思います。それを乗り越えて結婚された方もいる(実際に、予備校講師
ではなく、学校の先生はそういう人が多いみたいですね)わけですから、
絶対に無理とということはないと思います。その講師と「対等」に付き
合えるだけのもを、299さんも196さんも身につけましょうよ。
そうでないと、「自分を慕っている教え子」止まりです。最悪の場合、
都合良く使われて…ということもあります。

私自身、卒業後に講師のいろんな顔を見せらたけれど、それもいい経験
だったと思っています。そういう風に見られていた自分にも非はあると
思うし、逆にそういう目で見ず、「私」という人間を評価して、対等に
付き合ってくれて、時には自分に頼ってきてくれる講師もいると知りま
したしね。要は、相手次第です。196さんや299さんの好きな講師
が本当に人間として尊敬できる人であることを願ってやみません。


380 :名無しさん:2001/05/09(水) 15:17
正直予備校講師の意見が聞きたい。

381 : :2001/05/09(水) 15:18
名スレあげ


382 :名無しさん:2001/05/09(水) 15:21
傍観者さん、冷静ながらもお優しいですね。


383 :竹内:2001/05/09(水) 16:01
女子高生ハァハァ(;´Д`)

384 :竹内:2001/05/09(水) 16:04
女子高生ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハッハッハハーーーーン(;´Д`)

385 :222:2001/05/09(水) 18:01
>傍観者さんへ。
書いてらっしゃること、すごく優しいですね。予備校講師って、そんなに肉体関係をかんがえているものなんでしょうか?私の好きな先生は、いい意味で子供っぽくて、そういう感じには見えませんが、、、。本当はそういうことを考えているのかな?と思ってしまいます。私はその先生の科目をすごく頑張って、質問もたくさんして、それで覚えてもらいました。あそこまで頑張れたのは、先生に認めてほしかったからだと思います。合格して先生に会いに行った時、ストレートに感謝の気持ちを伝えたら、とても喜んでくれたみたいに見えました。(私の思い込みですか?)その先生は、生徒とは一歩距離を置いて話すことにしていたみたいで、浪人中講師室ではあまり親しく話してくれませんでしたが、卒業したらすごく打ち解けて話してくれるようになりました。浪人中に先生が一歩距離を置いてくれて、今ではとても感謝しています。月に1回ぐらいなら会いに行っても大丈夫ですか?うっとうしいとか思われたくないんで、、、。本当に人気講師で、いつも女の子に囲まれていて、質問もなかなかできず、1時間も待ったこともありました。いつも最後になるまで待っていて、バレバレかも、とも思っていたけど、、、。でも、先生に、<おまえ、よくがんばったよね。>って言ってもらえて、本当にうれしかったです。その分、よけいに忘れられないのかもしれませんね。  ちゃんと文章になってるか不安です、、、

386 :名無しさん:2001/05/09(水) 18:03
長いレスが増えてきましたね・・・

387 :名無しさん:2001/05/09(水) 18:04
小学生ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハッハッハハーーーーン(;´Д`)


388 :243:2001/05/09(水) 18:12
>>196
そんなに歳の離れた講師なのですか・・・?
私が好きな講師は20代ですので、そこそこ話も合うわけです。
一回りも違いませんし。

私は会うのは1ヶ月に1回くらいに押さえています。
本当はもっと行きたいのですが、私も受験で忙しいですし。
個人的に会うことを約束してもらうっていう意見が多いように思いますが、
なんか、頼みにくいです・・・。
一人で会いに行くのは平気なのですが、
食事に行ったりお茶したりするのは、私自身抵抗があります。
(結局、相手にお金を払わせてしまうことになりますし)
あまり長時間話したこともありません。
私が行く時間が悪いのですが・・・。

ただ、先生と生徒の間の一線をきつく引く方なので、
(そういう、真面目なところが好きなのですけど)
体を求められることはないと思っています。
というか、信じています。
尊敬しています。
低俗な講師ではありません。
第一、低俗な講師ならば、私の通っていた予備校は彼を雇いません。
まじめすぎる予備校ですから。

信じて当たって砕けるのも人生。
そうやって生きてるから私は毎日楽しいの。
選択肢は自分で選択しなきゃ楽しくない。

私は「告らないけど、側にいられるような人になる」
という選択肢を選びます。
失敗したら、気の済むまで泣けばいいさ。

389 :243:2001/05/09(水) 18:14
失敗したら、気の済むまで泣けばいいさ。

390 :名無しさん:2001/05/09(水) 18:14
講師じゃなくて
教え子好きなんですが
だめですか?
ちなみに
今教えてる子は
小4のみゆちゃんです

391 :名無しさん:2001/05/09(水) 18:16
長文形式レスが増えてきましたね・・・


392 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:17
講師は体のことも考えているさ、
講師に限らず、一般の男はそうだよ。
先生に限ってそんなことはないって思うのは勝手だけれども、
男ってそんなものじゃないの。
でも、生徒のほうが振り回されてしまうだろうね、どうしても。
軽い気持ちで真面目な生徒の気持ちをわかっていて振り回すのは最低。

393 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:20
先生に限ってそんなことはない
なんて誰が思うかよ(ワラ

394 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:22
ねえ、竹内睦泰って年下の人にしか
興味無いの?

395 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:25
>393
ここにいる女はそう思っているらしい。

396 :傍観者:2001/05/09(水) 19:30
>222さん

予備校講師が生徒に対してよこしまな感情をいつも抱いているか、
と言われると、そんなことはないと思いますよ!
実際、10代後半〜20前半の一般男子の方が悶々としているの
ではないでしょうか。性欲は自然の摂理ですから、講師だけが…
とは思わないで下さいね(笑)

ただ、講師も人間ですから、時と場合によっては、そういう面を
見せると言いたかったんです。どうしても「講師=クリーン」と
いうイメージが生徒の中で出来上がっているようなので、そうで
はなく、普通の人と同じなんだよ、と言いたかったんですけどね。

222さんのその講師を尊敬している気持ち、とても良く分かり
ます。私も憧れていた講師にそういう気持ちを抱いてましたから。
でも、自分の場合は未遂だったとしても、男女関係を求められた
ことで、その講師に対する見方が変わってしまっただけです。
今では、実害があったわけではにので、別にどうとも思っていま
せんけど…(当時はかなりショックだったなぁ…笑)。

で、222さんはその講師と今後何らかの関わりをお持ちになり
たいのでしょうか??会いに行くのは222さんが行きたい時に
会いに行けば良いと思いますよ!できれば、学期や講習会が終わ
る頃に差し入れなんかを持って陣中見舞い的に訪ねれば向こうも
喜ぶと思います。ただ、文面だけを見るとその講師は222さん
のことを「かわいい教え子の1人」としか見ていないと思います。
合格報告に来てくれたら、どの講師も嬉しく思うのは当たり前。
特に、自分が目をかけた生徒なら、なおさら嬉しいはずです。

でも、「生徒」は「生徒」なんですよね…講師にとっては。
222さんの好きな講師は生徒との距離を置く人のようなので、
生徒に手を出すなどの行為はされていないと思います。
もし、222さんがその講師のことを本気で好きなら、告白して
もいいと思います。たぶん、しっかりされている講師なら222
さんの気持ちを受け入れることはしないと思いますが、気持ちを
伝えるだけでもスッキリすると思います。もし、お友達のような
関係を続けたいなら、先生の近くでバイト(講師室のバイトとか、
先生本人のところでテキスト作成時だけ臨時でバイトをするなど)
をするのもいいと思います。今度会いに行った時に、さりげなく
そういうバイトを雇っていないか聞いてみてはどうでしょうか?

講師と対等に付き合いたいなら、まずが自分自身を磨かなくては
いけないと思います…。仕事&精神面のサポートができるくらい
素敵な人になれるように頑張ってみて下さいな。


397 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:33
読むのが大変だなー

398 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:39
なんつーか、眼が疲れる・・・

399 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:46
なんかここに講師いそう

400 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:48
講師じゃなくて
教え子好きなんですが
だめですか?
ちなみに
今教えてる子は
小4のみゆちゃんです


401 :名無しさん:2001/05/09(水) 19:57
うわあ、横レス失礼しまっす。
講師との恋愛といえば自分が浪人していた時、変な子がいたよ。
なんかね、普段は周りの人とも普通に接しているし、
何てことはないちょっとおとなしくておとなっぽい子だったんだけど、
私相談されちゃってたよー講師とのこと。もうだいぶ前だからいいよね?
私の前だけではすごい情緒不安定だった、びっくりするくらい。
会話成立しないし、なだめたり落ち着かせたりしてあげてた。
講師本人の前でも冷静装っていたみたい・・・。
どうやらまじめな恋愛になっちゃたらしく・・・。
個人的にはやめとけって思った。
でもいろいろ話聞いてて悪いかもしれないけど楽しかったし、こんなこともあるんかって変に興味持っちゃった。
たんにおなじクラスでたまたま私が話しかけたのがきっかけでしゃべりだしたんだよねその子。
なんかせきをきったふうにばーっと。
お互い大学生になってからは音信不通なんだけど、今ごろどうしてるのかふと気になっちゃったよ・・・。

402 :196:2001/05/09(水) 20:31
>243さん。
実は先生の本当の年齢を知らないのです。若く見える方なので、30代前半と
思っている友人も多かったのですが、私は(例の雑談から推理っていうので)
44,5なのではないかと踏んでいます。経験値や知識の堆積からくる差は
大変なもので、、、先生に「ちょっと」いいな、って思ってもらえるように
なるには相当の努力が要りそうです。。でもその差のぶんだけ、私は今まで
自分を高めてくれそうなものに触れることができ、又そこに惹かれたのでも
ありますが。。。

>留吉&捨吉さん。
先生の行動パターンから見るに、ご結婚はされていないと思います。
というか、お話していて感じたところでは、結婚願望そのものが
ないみたいです。本当に自由な生活を満喫、ってかんじで、、、。
自由だからこそ、元生徒とお仕事の無い時に遊んでくださったりするのに、
いっそのこと先生が結婚なさってれば、、みたいにも思ったり。。。複雑。


403 :名無しさん:2001/05/09(水) 20:34
>>402
44,5てのは凄いねえ!
私ならとてもじゃないが好きになれん。
そんな年齢では。

404 :名無しさん:2001/05/09(水) 20:44
1はどうしたんだろね。
その先生が誰かバレそうになったから出てこないのだろうか?

405 :246:2001/05/09(水) 21:03
えっと、私の場合は、一人目は某大手予備校の講師ですが、その後は、
直接自分が教わった相手ではありません。元々大学の先輩がたまたま予備校
講師になっちゃったとか。
で、今までの経験や相手との話で思ったことは、講師は教え子が自分に
好意を持っていたら、それは直ぐに分かるので、変に駆け引きはしない
方がいいのではないかと言うことです。講師は、相手が生徒である限り、
プライベートな関係にはなってはいけないと思っているので、アプローチ
は、されれば嬉しいけど、講師の方では何も答えられないようです。
だからといって講師の煮えきらなさに苛立って暴走してしまったら、講師と
しては、相手と距離を置くしかなくなってしまうでしょう。
だから、辛いだろうけど、受験生でいるうちは、好意があるのを何となく
示すだけで、それ以上の事はしない方がいいのではないかと思います。


406 :196:2001/05/09(水) 21:09
>傍観者さん。
親切なレス、本当に有難うございました。すごく納得させられ、
心強くもなりました。お友達の講師の方が傍観者さんを何でも話せる人と
評してらっしゃる理由が垣間見られたような気がします。
、、、そう、私はもっと先生の事知りたい。去年接していた中だけでも
先生がかなり複雑な方だとわかるから、それだけに抱えているものを話して
もらいたい。でもその話す相手に、私ではまだ器不足だとも自覚しています。
これから「ただの生徒」から挽回していくためにも。。。
私が精神的な成長を見るまで、先生との接点を失いたくないんです。
しかもその接点を、一生徒と先生、のものでなく、
お友達候補(将来の成長が期待できる)であるお気に入りの生徒と先生、
というものにしていけたら、、、そう思うから、一人でパニックになったり、
オコチャマの稚拙な作戦に走ろうかと悩んだりしてしまうんです。

>222さん。
バイトはいいですよ。だって必ず仕事の時に先生に会えると保証されている
わけですから。私は講師室付きとかじゃなく、ちょっと特殊な仕事なのですが。
でもバイトさんは受験生さんを邪魔できないので、
楽しそうに先生を囲んでる受験生を羨ましく思いながら指くわえてみてなくちゃ
ならない。勤務中は先生とおしゃべり〜、なんて油売っていられないし。
それはそれで結構つらいです。。だからもしバイトするんだったら、
傍観者さんがあげておられるように、テキスト作成(これは講師の方が個人では
担当されない予備校もありますが)など、先生と直接関係のある仕事の方が
いいと思います。。。以上おせっかいレスでした。

407 :留吉&捨吉:2001/05/09(水) 21:15
44,5歳…。男としては一番いい時期ですな。頼りがいがあって、
エネルギーもまだあるし。
ただ、それほどの年齢で独身で自由な生活ってことは、
以前に結婚していて、その生活で何かと辛い経験を
した後なのかもしれませんね。。。
ま、どうでもいいことですが。

408 :196:2001/05/09(水) 21:15
>>403さん。
いや、あくまでも私の推測ですから、違っている可能性のほうが
大きいです。見た目全然(一見?)40代じゃないので。。。
でもまあ年齢って私にはあまり関係ないです。。。。
別に20代だろうが40代だろうが(それ以上は流石にちょっと、、
矛盾してるけど)要は中身!!と思う。。。
でも私先生の外見も好きだしな、、、説得力ないな。。。う〜。

409 :名無しさん:2001/05/09(水) 21:16
講師じゃなくて
教え子好きなんですが
だめですか?
ちなみに
今教えてる子は
小4のみゆちゃんです



410 :名無しさん:2001/05/09(水) 22:26
講師じゃなくて
教え子好きなんですが
だめですか?
ちなみに
今教えてる子は
小4のみゆちゃんです




411 :名無しさん:2001/05/09(水) 22:31
http://216.101.214.102/souko/pic_post3/image/1172.jpg
これでもみとけ

412 ::2001/05/09(水) 23:02
なんか凄いことになっていてびっくりです。
私は浪人生なんで、みなさんみたいにあまり書き込みできずにゴメンナサイ。
それと、男女の関係どうのこうのは、大学合格するまで全く考えてません。
また、そういうことで煽られるのはとても悲しく感じると共に、そういうこと
で恋愛を始めようとは私自身思ってません。
尊敬を恋愛感情に変化させちゃいけないかどうかは個人的な問題であって、
それを議論する気もありません。人それぞれですから参考にはしてますけど。
あ、こーゆー考え方や恋愛の仕方があるんだって。
ここでは経験則として、先輩方や同年の人からいろいろ聞けるから、それが
楽しくてスレ立ててみました。

413 :243:2001/05/09(水) 23:07
>>196
大丈夫。私は中3〜高1のとき、55歳にハマっていた。
今考えると、恐ろしい気もしますが、その時は熱中してたので、
「年齢差なんてなんのその!」でした。
ちょっと現実逃避が入っているような気もする・・・。
その人とは、別に何も無く終わり、
今では普通にメールをやりとりしています。
いつか、今好きな講師ともこんな関係になれることを祈っています。

414 :名無しさん:2001/05/09(水) 23:09
>>413
じいさんチンポたってた?

415 :迷探偵小南:2001/05/09(水) 23:21
ども 迷探偵しょうなん でちゅ。
1ちゃんの発言からどの講師か推理ちてみまちょう。

ヒント:>>1 >>233 >>282
    から、1ちゃんは河合塾生との疑惑。GW中やっていて塾生の
    模試の事前実施は5/6で、ほぼビンゴ。
    講師は文系科目で、理系出身。理系出身で文系科目でできそう
    なのは、英語・現国・小論・地理・政経のいづれかと思われ、
    講師自身のHPを持っている。
    200人程受講者がいるのは、英語かセンター現国かセンター地理。
    それもかなりの大規模な校舎に出講している。

    さて、誰だ?かなり絞れてきた。   

416 :名無しさん:2001/05/09(水) 23:27
傍観者さんとやらは、ちょっと自慢が入ってない?
自分は講師にもてもてなのよ〜って。

>友人の講師いわく、私は「一緒ににいて楽しい人」で
>「何でも話せる人」なのだそうです。今で言う「癒し系」人間(笑)?

自分で自分を「癒し系」なんてのたまう人初めて見た。

417 :名無しさん:2001/05/09(水) 23:56
モシカシテ奴は「みみっ」「??」「いわりん」ではナイノカ・・・
代ゼミ現代文A木の有名オカーケ Σ(°Д °)ヤベッ

418 :名無しさん:2001/05/10(木) 00:04
>417
誰?それ。。。

419 :名無しさん:2001/05/10(木) 00:08
『代ゼミ現代文A木』って、青木先生のことー?!
去年お世話になったけど。
確かにお取り巻きに囲まれて華やかだったな。
結婚してるって噂だったけど、そのひとそれでも
追っかけしてるの?すごすぎ。

420 :高2信長-雑誌ライター志望-:2001/05/10(木) 00:10
糞スレ。
講師など勉強道具の1部にしか過ぎない。
こっちも高いかね払っているのだから。
合格したらさっさとおさらば。


421 :名無しさん:2001/05/10(木) 00:33
おみゃあの立てた超・超・超糞スレに比べたら
一億倍マシだろこのうつけ者w<ヴァカ信
ま、でも貧困脳みそ信長の言うことにしちゃ、
随分マトモな部類に入るな。確かに講師は勉強道具。

422 :名無しさん:2001/05/10(木) 00:35
恋することで勉強はかどってみんな大学受かってるんだから
ここの人たちは上手く講師を使えてるってことじゃないのか?

423 :高2信長-雑誌ライター志望-:2001/05/10(木) 00:36
>>421
おまえ振られたのか?

424 :名無しさん:2001/05/10(木) 00:44
>>423
安心しろ、お前は誰にも相手にされないから


425 :ものずきや:2001/05/10(木) 00:47
>417
青木先生に追っかけなんているの〜?
あ、でも、私が某関西校で受験生だった時、いつも
青木先生が帰るまで待ってて、駅まで一緒に帰って
た女の子達がいたけど、その子達かな?

>419
こんなところで青木受講者に出会うとは(笑)
結婚してるって噂は私も聞いたことあります。
本人は否定してたけど。
浮いた噂も全然聞かないし。



426 :名無しさん:2001/05/10(木) 00:47
何か代ゼミって、こういう話題になるとやったら出てくるね。
河合とか駿台ではどうなんでしょ。

427 :高2信長-東大後期志望-:2001/05/10(木) 00:49
>>424
おまえみたいなブサイクには興味ねーよ。
ホモ野郎。


講師と恋愛?
これだからブスは・・・・
津田塾いっとけ!

428 ::2001/05/10(木) 00:50
明日の予習終わりました。講師機関説ですか、そういう見方もありますね。
人間と人間ですからね、機関とみるのもいいかも知れないですね。
でも、私にはできそうもないですね。そういうドライというか人間と触れ
合えそうにない人の考え方と行動は。。。

429 :高2信長-東大後期志望-:2001/05/10(木) 00:53
>>1
お前は講師から裏で「俺、生徒とやったんだよ。ブサイクだったけどやったよ」って言われ点だよ。
目覚ましておなっとけ

430 :信長警報発令中!:2001/05/10(木) 00:55
◆高2信長の相手はお止しなさい
アレは人の意見や資料の提示を聞いているような
返事はすることがあってもその内容を実際には
見ることさえもなくましてや受け入れたり考えの
参考にすることなどなく、旗色がわるくなった場合
しばらく発言を停止するのみで、いつまでたっても
独りよがりの意見を述べるだけだから、相手にする事
いやアレの書き込みを読む事すら時間の無駄です



431 :名無しさん:2001/05/10(木) 00:56
>1
 うつけ信は、昨夜発表されたヒキコモリ相談の一例/6000件だから
無視して正解。
 確かに、人間と触れ合えないというのは、事実だろ。
 こういうヤツに限って対面するとチキンだし。

 うつけ信は、優良スレになったこのスレが羨ましくてしょうがないのさ。
自分の立てたスレはすべて沈没してるヤツだから。
 うつけ信は、自分が参加することで、

 さらにこのスレ成長→自作スレは流れ→ますます僻む→荒らす

 というワンパターンなんです。うつけだね、この法則に気付いてないし。

432 :高2信長-東大後期志望-:2001/05/10(木) 00:57
>>430

で?

433 :名無しさん:2001/05/10(木) 00:58
ってゆーか、寂しいんだよ、実生活じゃ誰も相手にしてくれないから。

434 :高2信長-東大後期志望-:2001/05/10(木) 00:59
>>431
そういうお前がブサイクなんだろ?
講師なんて糞。
富田の不倫相手か?(藁

435 :高2信長-東大後期志望-:2001/05/10(木) 01:00
>>433
逆にされてて困るが。

436 :名無しさん:2001/05/10(木) 01:01
講師じゃなくて
教え子好きなんですが
だめですか?
ちなみに
今教えてる子は
小4のみゆちゃんです


437 :名無しさん:2001/05/10(木) 01:01
はーい、バカが来たから今日はこの辺でお開き。
相手すなよ。これ以降のスレはうつけ信の自作自演と見なす。

438 :高2信長-東大後期志望-:2001/05/10(木) 01:04
>>437帝京は逃げるのか?

439 :ななしさん:2001/05/10(木) 01:06
今このスレに来てみてぎょっとしたよ。
ドウシテこんなに荒れてるんでしょー(TOT)
一時は優良スレだったのにーーー(泣)。

440 :名無しさん:2001/05/10(木) 01:07
>>438
こいつのせいだよ

441 :名無しさん:2001/05/10(木) 01:08
>439
まあほうっておきましょう。今見えてるところの前までは
あいかわらずの優良スレですよ。また常連さんの来る時間になれば、
もとにもどりますよ。

442 :名無しさん:2001/05/10(木) 01:08
うわ、荒れてる・・・
せっかくいい感じに育ってたのに439同様驚き。
結局スレだって取捨選択なんだから嫌なら来なきゃいいのになあ。
なんていったらまた荒れるのか。
はあ、鬱山車脳・・・

443 :名無しさん:2001/05/10(木) 01:30
>>442
市んじゃイヤっっ。
嵐の挑発に乗らず、またーりとスレを続けて行きましょうよう。
こういう話題って、リアルワールドではとても人に相談できないし、
必要なスレだとおもうよう。

444 :196:2001/05/10(木) 01:38
そう、面と向かってじゃなかなか相談しにくいんですよね。
なんとかここは守りたいです。私ここのみなさんに随分助けられましたもん。

>243さん。
レスありがとうございました。大丈夫ですか?わたし。
でもやっぱり暴走するに出来ない年齢差。まあそれがいいのかも。
でもやっぱりあれぐらいの歳の人特有の大人の雰囲気ってありますよね。はう。



445 :名無しさん:2001/05/10(木) 01:48
そろそろ優良あげ

446 :名無しさん:2001/05/10(木) 01:59
この時間になると落ち着くみたいね。
またーり再開しますか。

447 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:03
私ブスでデブだし
私ブスでデブだし
私ブスでデブだし


448 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:09
http://www.muvc.net/pudding/leaf/orimegane.html
こんな恋愛もありだな

449 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:14
http://www.geocities.com/vakzu/Yo_ListGCA.jpg
これはヤバイだろ

450 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:16
>>426
Yゼミはホントにそうゆう話題多いよね。
K合でも結構聞くよ。
S台はなんか聞かないね。どうしてなんだろう。

451 :名無し:2001/05/10(木) 02:28
>196
私が好きな講師は16歳上です。
1回り以上、大きいです。
でも、好きなモノは仕方ない。
むしろ、あれだけ年上だからいいのかも。

大人っていい感じしますよね。

452 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:34
>196
私が好きな講師は16cm以上です。
1回り以上、大きいです。
でも、好きなモノは仕方ない。
むしろ、あれだけ太いのだからいいのかも。

大人っていい感じしますよね。


453 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:41
講師の本音と建前
建前「生徒と個人的に親しくするなんてことはしない」
  「生徒に好意を持たれることは講師として嬉しいことだよ」
本音「若い女はいいなー、しかも好みのタイプだ」
  「ヤれるかな、さわがれないかな、…もみ消してしまえばいいか」

感覚麻痺してるんだよ、業界ではよくあることってなっちゃってるから。
生徒と仲良くなること自体がやましいこととして定着しているから、
真剣な恋愛の対象にはなりにくいだろう。
何人かが言う通り対等に見られなければ、
おっと思わせることがなければ。だけどそれは稀なことだろう。

454 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:46
>>450
Sの講師がジミ。生徒がマジメちゃんしかいない。

455 :講師の本音:2001/05/10(木) 02:46
次はどの子とやれるかなぁ・・・竹内のようにならんよう、気ぃつけてガブリンチョせんとな。

456 :名無しさん :2001/05/10(木) 02:47
>>454
福崎いるだろが

457 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:51
>>456
奴はS台ではある種例外的な存在じゃ?

458 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:51
口が上手い人が多いから建前で防御することは得意。

459 :名無しさん:2001/05/10(木) 02:59








460 :196:2001/05/10(木) 03:00
そうですね。対等なレベルにまで相手の自分に対する認識を
引きあげないといけないと思います、関係を続ける(これは
恋愛関係になる云々だけではなく広い意味で)ためには。
そのために自分を磨き、育てなければならない。
でも、そんなことはみんなよくわかっているんじゃないですか?
そしてそれがとても難しいことだというのも。
だからこういう匿名の場所でしか思いを打ち明け、相談できないんです。
身近にいる、先生も自分の事も知っている人には相談できないんです。
だってどこから「○○が先生を好きだといってる」と本人に漏れるか
わからないから。自分が対等になれるまで、先生には思いを
打ち明けられない。でも会いに行ったりせずにはいられない。
だからそのジレンマを、みんなここに書いてるんじゃないですか?
、、、みんな、なんてわかったみたいに一括りにしてごめんなさい。
でも少なくとも私はそうです。。。。

なんだか↑変な文章ですね^^; 意味通じるか心配です。。

461 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:06
結論からいおう
まじめに恋愛して富田みたく結婚するやつもいれば、竹内みたく遊ぶやつもいる。
これは講師というより人間の問題だ。
あとは恋愛板でやれ。

462 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:12
これは予備校講師と生徒の関係、っていう大学受験独特の問題なんだからここにのこしといてもいいんでないのかい?

463 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:14
>>462
激しく同意!

464 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:16
受験に関係ないだろ、こういうたてるから他の糞スレもたつんだ
削除依頼してきたよ

465 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:24
他の糞スレとは全く違うだろうが。ここは内容だってあるし
優良スレとみとめる声も多い。糞スレがここまで成長するかよ。
大学受験板での需要があるから続いてんだよ。

466 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:27
じゃあ受験勉強してて、毎日オナニーしてますってスレたったら削除依頼ださないか?
受験に関することならなんでも認めるのか?
内容的には恋愛なんだから、恋愛板だろが。

467 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:32
恋愛だけなのかなあ。ここっていろんな問題をはらんでると思う。
って、なんか話ずれてごめん。いちおsageで・・・。

468 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:44
漏れもsageとく。
このスレ寧ろ恋愛どうこうより、
1)受験生の精神的な脆さ、頼れる対象が欲しくなる気持ち
2)ジレンマを抱えた受験生はどうやって頑張るか
3)予備校におけるセクハラの問題
に換言できないだろうか。
そう考えると大学受験板にあっていい、つーかあるべきじゃねえ?

469 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:52
>>468
それだったら納得がいく、あと基本的に雑談なんだからsage進行で頼むわ
あとせめてタイトル変えてくれ、恋愛の話もちょっとということでいいかい?

470 :名無しさん:2001/05/10(木) 03:59
大学合格後も予備校講師と長く付き合う方法の一つは
恋愛感情を抱かないことです。



471 :名無しさん:2001/05/10(木) 04:03
だからあげんなって

472 :名無しさん:2001/05/10(木) 04:46
やはり男からしたら予備校講師がこれだけ好かれているのを
傍らで眺めているというのは面白くないのだろうか。

自分も468に同意だ。
純情恋愛板では学校の先生を好きになってしまったスレがある。
仮にこのスレ移転させても講師と教師は一緒のスレでやれと言われるだろうな。
よって講師に限っては別にこの板でいいんじゃないのだろうか。
別に削除される理由はないだろう。
このスレを不快に思う輩が無理に見なくてはいけない義務などないのだから。

473 :名無しさん:2001/05/10(木) 06:08
>>325の意見はきついがもっともだな
でも>>401が言うように気軽には相談できないことでもあるんだよな
一人で悩んでいると精神状態がおかしくなるのも事実だし
恋愛に限らず大学受験や予備校生活に関係のあることであり
スレもそれなりに育っているのだから削除はしなくてもいいだろ
そのかわり不愉快な人のためにタイトル変えますか
恋愛という言葉を入れないようにして

474 :傍観者:2001/05/10(木) 10:17
うわ〜、一夜明けたらこんなにレスが…(読むの大変!)
掲示板の性質を考えて、いろんな意見が出るのは当然かな?
でも、明らかに荒らし行為だと思われるものもありますね。

ここで、1つ提案です。

今までのレスで、講師についていろんな悩みを抱えている
人たちの気持ちもいくぶん晴れたようですし、ここいらで
スレ自体を終了して、題名を変えて新しいスレを作りませ
んか?投稿数もかなり増えてきたことですし…。

とりあえず、新しいスレを立てますので、今まで真面目に
投稿をされて来た方は、そちらに移動して下さい。題名は
『予備校講師との上手なつきあい方』でどうです?
恋愛に限らず、広い意味で受験ライフを円滑に過すための
スレに変えていきましょう!予備校に通う受験生にとって
やはり「講師」というものは必要不可欠なモノですからね。


475 :傍観者:2001/05/10(木) 10:18
最後に、自分がレスした以後に投稿された気になる記事に
ついてレスさせて下さい

>416さん
自分ではそう思ってなくても、周りの人がそう言ってくだ
さるので、そうなのかな?と思う程度です。
自慢とかではないですよ〜。事実をありのままに投稿した
だけです。それに、不特定多数の人に性的な対象にされる
のと、モテるのとは違う気がします(自分の中では)。

>453さん、455の「講師の本音」さん
講師の本音と建前論(?)、興味深く拝見しました。
確かに、そういう部分はあるでしょうね。特にタレントの
ように扱われている有名講師は、そのように勘違いをして
いる方が多いように感じます。

でも、全ての講師がそのように考えて仕事をしているとは
私は思いません。そういう気持ちが態度に出ず、生徒にも
伝わらなければ。心の中で思っている分には問題はないと
思います。心配なのは、そういう風に書かれて、「自分の
好きな講師はいつもそんなことを考えているのかしら?」
と不安になる受験生のことです。普通に考えれば、誰でも
性的な欲求を持っているものなのに「講師」というだけで、
すごく汚い事をしてるように思われる(思ってしまう)の
はなんかちょっと違うのではないかと。

受験生も講師もお互いに対する「意識改革」が必要なので
はないでしょうか?実際のところ、私自身は講師が生徒と
付き合おうが、遊ぼうが、自分の行動に責任を持ってして
いることなら、第三者がなんやかんや言う次元の問題では
ないと思っています。でも、こうして掲示板に相談を持ち
かけて来る人に対して、自分の経験談からアドバイスなど
をさせてもらっています。自分のレスが誰かの為になって
いるのかどうかは分かりませんが、少しでも悩める人達の
力になれれば、と思っています。

この板を見ている講師の方!
講師は受験生から見れば「立派な大人」です。「バレない
ようにどうやって生徒と遊ぼうか」などというバカな事は
考えず、純粋な気持ち?で、受験生を志望校に合格させる
お手伝いをしてあげて下さい。よろしくお願いします。



476 :名無しさん:2001/05/10(木) 10:49
便乗スレ立てたいヤツ、やっかむヤツ、いわゆる精神貧困層が多いことが、
このスレにより、改めて認識できる。

この意味でも優良スレ。存続求む。

477 :名無し:2001/05/10(木) 11:01
浪人の時から大学2年まで予備校講師と付き合ってたよ。
現役の時から授業受けてて、その頃から結構仲良かった。
帰る方向同じだったから、一緒に帰ったりね。
でも、教壇に立ってるとマジで3割増しくらいで良く見えるもんだよ。
付き合ってる後半の1年くらいは惰性でって感じだった。
プライベートばっかり見てると、「あれ?こんなんだっけ?」って思う。
年は9つ離れてたんだけど、会話が噛み合わないとかはなかった。
同じ予備校の人には結構バレてたと思う。なんにも言われなかったけど。
ちなみにWゼミナール。
あんまり人気のある講師じゃなかった、というか、結構嫌われてたかも。


478 :傍観者:2001/05/10(木) 11:59
こちらのスレに代わる新しいスレを作ったので、良ければそちらも
利用して下さい!

479 :傍観者:2001/05/10(木) 15:05
ちなみに新しいスレはこちらです

http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kouri&key=989457955

480 :名無しさん:2001/05/10(木) 15:14
逆レイプしろ、そして子供ができたから結婚してといえ。
結婚しなければマスコミに公表するとなそうすればその講師はお前のもんだ。

481 :299:2001/05/10(木) 16:40
>246さん
アドバイスありがとうございます。
暴走しないように気をつけます。
「講師側は応えられない」ということは、「生徒が行動しなければ、
何も進展しない」ってことでもありますよね。
程々の加減が難しいです。

482 :名無しさん:2001/05/10(木) 16:41
>>481
お前何回いってもわかんないのな、あげんなっていってんだろヴァカ

483 :299:2001/05/10(木) 17:00
>482
ご、ごめんなさい。sageたい!
でもsageボタンとかないんだけど…(;_;)



484 :299:2001/05/10(木) 18:00
sageでお願いしまーす!(でいいのかな?)
受験版にふさわしい話題を・・・
>講師機関説について
友達機関説ってどうですか?
前列で受講&講師室に頻繁に質問→そこで(勉強熱心な人と)友達になる→
→一緒に質問に行く→講師室の常連になる→お目当ての先生の情報もget!
・先生と仲良くなれる
・成績あがる
・楽しい
どうでしょうか?他の人の質問を傍らで聞くのってかなり勉強になりますよ。

でも、お目当ての講師がセンターまでの教科の担当だとイマイチかも。
そんな時は、英語or数学の先生のとこに(お目当ての講師の情報をもらえる
くらい親しくなれるように)質問に行きましょう!

私はこの方法で受験生活を楽しく過ごしました。




485 :名無しさん:2001/05/10(木) 18:16
>>484の299、
ぉぃぉぃよくないぞ・・・。
sageるためには、E−mail欄に半角英字(ここ重要)で
sageと入れなくてはいかんのよ。
頼むから初心者板でルールをひととおり勉強してきてくれ。

486 :名無しさん@1周年:2001/05/10(木) 20:46
こいつらどいつもこいつも
浪人生の身分だろ。
立場わきまえろよ。
今勉強に打ち込まずして将来うまくいくわけねえだろ?
恋愛だかなんだかしらねえがそんなこと乗り越えろよ。
誰のおかげで空白の期間がもらえてると思ってるんだよ。

487 :名無しさん:2001/05/10(木) 20:50
じゃああげんな厨房

488 :名前はまだない。:2001/05/10(木) 21:16
大学生と半々じゃん。自分が両立上手くいかなかったからって、
人もそうだと思ったら大間違い。

489 :名無しさん:2001/05/10(木) 22:37
>>486
少なくともお前のおかげでないことだけは確かだな。


490 :名無しさん:2001/05/11(金) 00:14
なんであげるなって、sageでやれっていわれなければならいか、理解に悩むね。
それに素直に同意してる諸君にも。
自作自演でsageってやれって書き込みが連続すると、多数派意見として捉えちゃう
甘ちゃんなのかね?諸君は。

491 :名無しさん:2001/05/11(金) 00:16
自作自演

492 :名無しさん:2001/05/11(金) 00:20
>>490
お前みたいな社会不適応者がヒッキーになるんだな(プ

493 :名無しさん:2001/05/11(金) 01:32
491-492=自作自演と認定されました。お疲れさま。

494 :名無しさん :2001/05/11(金) 01:44
491=493
だよ、厨房

495 :299:2001/05/11(金) 10:48
「長年の幻想を壊すために会おうとしてる」と言っていた328さんは
その後どうしているのでしょうか?

477さん、貴重な経験談、ありがとうございます。
できれば「彼女になれた477と、生徒止まりの299の違いはココよ!」
みたいな、指摘が聞いてみたいです。

新スレでお待ちしています。(今度こそ下げ書き成功したかな?)


496 ::2001/05/12(土) 00:39
先生にメールしました。ちゃんとお返事が来ました。
ちょっと不真面目っぽく質問のメールしても、真面目に
御返事を返してくれました。ますます好きになっちゃいました。
今日の授業の後は、かなり質問がいたので、質問最後尾の法則?
は一休みでした。。。


497 :名無しさん:2001/05/12(土) 01:01
>>495
お。ちゃんと学習したんだな。偉い偉い。
多分sage書き成功してたと思うよ。
あまり不用意にageるのは荒れる元だと
漏れは思うので、下がりすぎてしまった(300以下位?)
時だけageるといいんじゃね?
上手に続けて逝けたらいいなこのスレ。

498 :328:2001/05/12(土) 01:14
>>328です。
1さんは完璧プラトニックっぽいのにいきなり体のことを持ち出して失礼致しました。
先生とは来週会います。(多分。)こないだ書き込んでからも友達に色々相談に乗ってもらって、ちょっと冷静になれました。
多分、20と40には世間的に幸せな結末はありえないだろう、という諦めや、年上相手にプライド保ってもしょうがないや、という気持ちが、簡単に体を投げ出してしまうかもしれない、という心境につながったんだと思います。
いやー、やっと自分を取り戻せました。多分次会った時に、あからさまに誘われたら、きっぱり断って、終わりにする自信が出来ました。
まあ、どう対処するかは個人の自由なんで正解はないですけども。
なんか結論が出たら報告させて頂きます。あと、他の皆さんのために、できたら予備校講師の実態をリサーチしてきますよ。


499 :名無しさん:2001/05/12(土) 01:19
ウザイなお前ら、さっさと好きかどうか聞けばいいだろが
それではっきりすんだろ、くだらんことで悩むな
さっさと氏ね

500 :名無しさん:2001/05/12(土) 01:20
ウザイなお前ら、さっさと好きかどうか聞けばいいだろが
それではっきりすんだろ、くだらんことで悩むな
さっさと氏ね




501 :名無しさん:2001/05/12(土) 01:20
ウザイなお前ら、さっさと好きかどうか聞けばいいだろが
それではっきりすんだろ、くだらんことで悩むな
さっさと氏ね




502 :名無しさん:2001/05/12(土) 01:21
ウザイなお前ら、さっさと好きかどうか聞けばいいだろが
それではっきりすんだろ、くだらんことで悩むな
さっさと氏ね




503 :名無しさん:2001/05/12(土) 01:24
ウザイなお前ら、さっさと好きかどうか聞けばいいだろが
それではっきりすんだろ、くだらんことで悩むな
さっさと氏ね



504 :名無しさん:2001/05/12(土) 01:25
ウザイなお前ら、さっさと好きかどうか聞けばいいだろが
それではっきりすんだろ、くだらんことで悩むな
さっさと氏ね



505 :名無しさん:2001/05/12(土) 01:26
ウザイなお前ら、さっさと好きかどうか聞けばいいだろが
それではっきりすんだろ、くだらんことで悩むな
さっさと氏ね



506 :名無しさん:2001/05/12(土) 12:31
荒らしって、精神的に醜いんだよね。親や兄弟、その一族も逝かれてんだよね。
醜いDNAを持った人間は、人間である資格がねぇーんだよ

507 :名無しさん:2001/05/12(土) 12:49
>>506
わかったからsageでやれ。


508 :名無しさん:2001/05/12(土) 12:59
晒し上げ対象

509 :299:2001/05/12(土) 13:37
>328さん
早速の反応、感激です。
私も、あせっていた自分に気づきました。
年齢の差は縮まらないし、のんびり行こうかな?
報告を楽しみにしてます。

>1さん
先生とメールうらやましいわ。
人気のある先生に質問するのって大変ですよね。
常連さんは、暗黙の内に各休み時間を縄張りみたい分け合ってたなぁ



510 :名無しさん:2001/05/12(土) 21:15
>>506
お前の荒らしに対する発言が荒らしを呼ぶんだ、お前も荒らしだよ
童貞厨房氏ね

511 :名無しさん:2001/05/13(日) 00:52
あげあーげー

512 :名無し:2001/05/13(日) 01:07
ウザイなお前ら、くだらんことで悩むな
さっさと氏ね

513 :ななしさん:2001/05/13(日) 02:52
やっぱ恋愛感情持つとうまくいかないって。
好き好きオーラが出るとひくでしょう?まあ、相思相愛なら別だけど。

514 :傍観者:2001/05/13(日) 07:16
久し振りに来て見ました。
ここでいろんな悩みを抱えてきた人達は、何らかの
「答え」みたいなものを出されたようなので、私は
この話題=スレッドから身を引きます。
どんな恋愛の形であれ「自分に正直に生きること」
が1番だと思います。皆さんの恋がその後、どのよ
うに成長&変化するのかは分かりませんが、影なが
ら応援しています。受験勉強も恋も頑張って!

515 :名無しさん:2001/05/13(日) 15:42
晒しアゲ!

516 :243:2001/05/13(日) 21:14
>>513
別に引かれないよ。
先生と軽い口喧嘩したとき、
「俺のこと好きだって自分で人に言ったのと違うん?」
っていう意味のこと言われたくらい気付かれてるけど、
あだなで呼んでもらってるし、メールもしてるし。
たぶん、引かれてないと思うけどなぁ・・・。

517 :513:2001/05/14(月) 00:54
>>516
516さんは相思相愛なんじゃないの?
私がもし好きでもない人にオーラ出されたらひくけどなあ。

518 :名無しさん:2001/05/14(月) 19:03

  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;´Д`) < 旅に出ます 探さないで下さい
 (    )  \__________
 | | |
 (__)_)

519 :243:2001/05/14(月) 21:13
>>517
だったら、かなり嬉しいんだけどなぁ・・・。


520 :名無しさん:2001/05/14(月) 23:11
>>519
生徒は大切なお客様なので別に気がなくても
そのくらいのことはするので勘違いしないでね。
こういったヤツが一番ウザイ生徒なんだよね(w

521 :nanasi:2001/05/14(月) 23:25
>>520
大切なお客さまねえ・・・
変な時代がきたもんだ。

522 :名無しさん:2001/05/14(月) 23:28
>>520
そうそう。金のために仕事してるだけ。

523 :243:2001/05/14(月) 23:29
>>520
でも、もう生徒じゃないですが。
生徒やめたあとも、助手として働く事になってたし。
落ちたから無理だったけど。

524 :名無しさん:2001/05/14(月) 23:46
ちんけな相思相愛だこと。
その講師、馬鹿?しかも助手だって、プ。

525 :名無しさん:2001/05/15(火) 00:36
>>523
相手の気持ちが読めずにキャーキャー言ってる時点で
アウトだよ!こういう勘違いもマジウザイので勘弁して



526 :ななし:2001/05/15(火) 01:03
自分の恋愛がうまくいってないからってすぐ他人のことについても否定的になるのはどうかとおもうわぁ。貧しいぞ。

527 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:04
あだ名で呼んだり、メールしたりするのは危険だな(w

528 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:07
年くった大人をなめていると痛い目見るよ。
期待している時点でなめているんだよ。
講師だけじゃない、周りの人間も、自分の人生さえも。
教壇の上の姿しか何も知らないくせに簡単に講師に傾倒する人は
予備校に来ないで欲しいくらいだ。

529 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:07
>>526
明らかに勘違いしてるからこんだけ言われてるんだよ。
少し恋愛経験あるヤツだったら分かると思うのだが。


530 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:11
>>526
本当に馬鹿だね。さっさとヤリ捨てられろ、な。


531 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:16
>>528
「歳食った」大人で悪かったわね!(笑)

532 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:25
>>531
じゃ、関係ないでしょ、別の板に逝ってくれませんか?
年だけくってても中身は子供の人っていますよね。
遊びのことしか考えていない大人って、子供よりタチ悪いことってありますよね。
別にあなたの年齢聞いてないんで、わかったらとっとと逝ってください。


533 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:38
>1
予備校講師との恋愛はできるかといえば、
「できる」というより「あり得る」といったところ。
お互い真剣なものなんてごく稀なケース。
もし恋愛したとしても、公言することではないです。
不特定多数で言い合ってても無駄、だと思いますが…。

534 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:46
>>532(531ではございません)
なんか勘違いしてないコイツも?オマエが逝けっつーの!

塾講とチューターをやってるけど、こんな所でマジになるんなら
勉強に力入れてくれよって言いたい。2ちゃんって場の雰囲気を
理解してね。一生懸命な生徒を応援したいと思うけど、こういう風に
騒いでいる生徒は迷惑だよ、自分に関係なくてもさ。243辺りは
完全に勘違いして浮かれてるバカじゃん。

応援してますとか、頑張ってと言ってる某氏の方がよっぽど
無責任で、いいかげんな事をいってると思うけどね。


535 :名無しさん:2001/05/15(火) 01:53
>>532
年くった大人、予備校講師は来ちゃいけなくて
受験生の馴れ合いの場だったのですね(w

自分の事、もしくは受験生を子供と言ってるのなら
それこそ痛いな。

536 :535:2001/05/15(火) 01:54
サゲ忘れた

自分が逝ってきます・・・。

537 :名無しさん:2001/05/15(火) 02:01
>>532
オマエみたいなのがタチ悪いってゆーの。
恋愛はもちろん受験も失敗だな。

538 :名無しさん:2001/05/15(火) 02:01
>>534
あのー…塾講やってる立場からみれば
…やっぱり騒いじゃっている生徒は迷惑ですか?
それから某氏って?

539 :名無しさん:2001/05/15(火) 02:10
>>532
つーか痛い人って多いねー。
どっちもどっちじゃんって気がしてきた。
バカは放置ってことで。

540 :名無しさん:2001/05/15(火) 02:10
>>538
534っす。
講師に恋愛感情抱くなとは言わないけど、騒がれるのは
やっぱり迷惑だよ。自分も533の意見に同意だね。
騒ぐなら友達同士で、周りの受験生や講師に迷惑の
掛からないところでやって下さい。

某氏は分かる人には分かるでしょう(藁

541 :名無しさん:2001/05/15(火) 02:21
講師も普通の人間なのに「予備校講師の実体をリサーチしてきます」なんて
ほざくヤツはゴメンだね。

542 :名無しさん:2001/05/15(火) 02:53
バカな生徒に応えるのはバカな講師

543 :名無しさん:2001/05/15(火) 02:57
>542
似たもの同士ってことだね

544 :名無しさん:2001/05/15(火) 03:28
>328さんは 大学生ですか?

予備校講師の実態っていってたけど、やっぱりやるだけしか考えてない人もいるのか
そうじゃないのかは知りたいです。
何の教科を教えてるかよければ教えてください。


545 :名無しさん:2001/05/15(火) 03:47
だんだん否定論が主流派になってきたね。
傍観者の起こした一連のスレ移動騒ぎから、このスレのマターリかつ
ノホホームとした雰囲気が壊れて始めたねぇ・・・

なかなか近頃には珍かな優良スレだと思っていたのにさ。
1ちゃんも嘆いていそうだな。

546 :243:2001/05/15(火) 06:51
なんか勘違いしてない?
私は冷めてるから、キャーキャー騒ぐ女子が嫌いですの。
別にメールも普通でしょ?
その先生だけでなく、他の先生ともしてるし。
メールなんて、たかが「お話」の一環。
それとも、なんかラブレターかなんかでも書いてると思ってんの(笑)?

547 :名無しさん :2001/05/15(火) 11:10





ダ








グ
ダ
グ
ダ





デ













548 :名無しさん:2001/05/15(火) 11:12
晒しあげ

549 :名無しさん:2001/05/15(火) 12:17
>>546
誰も思ってないから、うん、くだらんメールの内容なんてどうでもいい。
見た目騒いでようと騒いでなかろうと、一緒なの。
講師目的であることには変わりないので、
思考回路からしてウザいです。場違いです。勘違いも甚だしいです。
冷めてるってそーいう態度とらざるを得ないだけでしょ。
相思相愛じゃないから。(笑)
他の先生とも話しているって、そんなんで話しかけられる他の先生も
迷惑だっつうの。
騒いでいるコも相思相愛じゃないから騒ぐしかできないし、同じだと思う。

550 :299:2001/05/15(火) 16:39
>549
相思相愛じゃないから騒ぐしかできない
=相思相愛の人(恋愛できてる人)はバレないように騒がない。

一理あるかも。

551 :243:2001/05/15(火) 20:40
>>549
なんか違うんだよね。説得力が無いって言うか、
どっか勘違いしてるでしょ。
相思相愛じゃないことくらい、分かってるわ。
言葉キツイし、暴言ぶつけるし。
望むのは本能だから、理性で片づける事など出来ない。
騒がないのは、生まれつき。
子供みたいに騒ぐのは嫌い。

つうか、普通、先生とメールってしないもんなの?
私の周辺では当たり前のように行われてるけど。

552 :名無しさん:2001/05/15(火) 21:03
>>545
激しく同意。
結局傍観者がこのスレ引っ掻き回して
(まだスレ全部使い切ってないのに移動とかしちゃったりして)
自分が教祖みたくなりたかったのか?
それで文句でたら言いたい事だけ言ってはいさよならってか。
もとのまたーり優良スレに戻って欲しいな。
ってことで>>546もまたーりしようぜ。な?

553 :名無しさん:2001/05/15(火) 22:53
>>551
一番説得力ないのアンタじゃないか(笑)
だから煽られるんだよー。ここでは結構感情的になって
騒いでいるけど、実生活では違うのかな?

今まで書いたところ最初から全部目を通してみなよ。
無知無学無教養丸出しだよ。

554 :名無しさん:2001/05/15(火) 22:55
↑サゲ忘れました・・・(スマソ


555 :名無しさん:2001/05/15(火) 22:58
生まれつき騒がない人間なんていない。
243はクラスでもちょっと早熟な方だったのかな?
騒ぐのが嫌いなら落ち着いて553の意見を見てみようね。
客観視してみようか。またーりリラックスしてね。
煽りじゃないです。一応。

556 :名無しさん:2001/05/15(火) 22:58
>>553 につられてサゲ忘れてた・・・
逝ってきます(鬱

557 :名無しさん:2001/05/15(火) 23:03
一番の勘違いは243の気がするのですが。
先生と相思相愛とかメールの内容とかではなくて、上手く言えないの
ですが243の存在というか、発言全てが...



558 :名無しさん:2001/05/15(火) 23:08
無知無学無教養(ワラタ
彼女にピターリだね

559 :名無しさん:2001/05/15(火) 23:11
恋愛経験以前に人とのコミュニケーションが
きちんと取れるようになるのが今の243さんの
課題ですね。

560 :名無しさん:2001/05/15(火) 23:17
>544
予備校講師も普通の人間です

561 :196:2001/05/15(火) 23:50
風邪ひいて(というか飲み会やりすぎ?)てぶっ倒れてる間になんか凄いことに。。。
私はスキスキオ〜ラは極力抑えて、先生だけじゃなく大人と対等になれるような
自分になれるように(最近はオイ2、って感じの大人もいるけど^^;)
頑張ってまっす。この前友達集団と一緒に先生と話してたら、大学に入って
かなりはじけた友達がぐさっと言われてたもん、私は見下されたくな〜い。
最近かなり割り切れてきたので、大学生活も、先生と話してるときも楽しいよ。
元彼ともいい感じで友達やれてます^^
と、また突っ込み入れられそうな自己満カキコ。
でも一時は自分でもどうなるかと思ったけど、ここの皆さんのお蔭で
立ち直れたので、いちおご報告です!!励ましてくださった方、感謝です!!

562 :243:2001/05/16(水) 00:01
無知無学無教養ってのは
まったく反対ですが、ただ経験は少ないですから。
あ、つうことは、経験的には「無知無学無教養」て言葉も通用するのかな。
まぁ、そこらへんを考慮してくださいまし。

っていうか、私、今、冷静に見えないかしら?
これくらい、普通に書く言葉なのですが。
まった、煽っちゃって!!くらいにしか考えてないし。
こんなのは所詮、言葉遊びに過ぎないんだから。

>>560
講師とて普通の人間ですよ。
ただ、初めて見る種類の人が多いのは事実。

563 :名無しさん:2001/05/16(水) 00:59
243が鼻息フフンと人を厨房扱いして上から見下してるように
しか見えないのは俺だけか?

564 :名無しさん:2001/05/16(水) 00:59
しまった・・・アゲてもうた(鬱
スマソ。

565 :名無しさん:2001/05/16(水) 01:14
>>564
違和感を感じるのは俺もだよ。

冷静・言葉遊びに過ぎないと一生懸命になっているところが
痛々しいですな。必死になっているのはよーく伝わってくる。
こっちの予想以上の反応をしてくれて楽しいけど(藁



566 :513:2001/05/16(水) 01:17
ageたいところだけどsage進行なようなのでsageます。

243氏は別に楽しく生活できてれば問題ないんでないかと。
メールでもなんでも講師がウザがってなければOKでしょう。
傍観者氏は完全にこのスレから消えたの?
このスレ中で一番の勘違いだったと思うんだが…。

567 :名無しさん:2001/05/16(水) 01:22
>243
546 551もただの言葉遊びだったのですね(笑)

568 :名無しさん:2001/05/16(水) 01:31
>>566
243には相手がウザがっているかどうか判断する能力がありません。
てゆーかさ、513の発言がなければ243が煽られることなかった
気がする。

569 :名無しさん:2001/05/16(水) 01:34
勘違いさん登場!>>513

570 :名無しさん:2001/05/16(水) 01:37
243は日本語の勉強を頑張った方がいいと思う。
まだ日本に来て日が浅いのでしょうか・・・。



571 :名無しさん:2001/05/16(水) 02:22
243さんのどこがそんなにやばいのですか??
私にはなぜみなさんがそんなに執拗に煽るのか理解できないっす。
うざいと思うなら他へいけばいいし、あるいはもっと建設的なアドバイスをしてあげたら?

572 :名無しさん:2001/05/16(水) 02:32
>>571
2ちゃんだから、それだけです>執拗に煽る


573 :名無しさん:2001/05/16(水) 04:01
>>552
はい、ゴメンナサイ。またーりします。
私、キツイ性格なので気をつけます。

>>550
そうなのよ、予備校行かないで付き合えるからね。
周りに迷惑かける可能性も十分あり、他の受験生にも失礼なので
辞めて自分で勉強するのが妥当だと思います。

574 :名無しさん:2001/05/16(水) 04:12
>>568>>571 そんなことはない。 >>289の発言でひきました。
未知の世界提供してくれるだの、勘違いな期待しているところが
もう病的としか思えないのですが…。
243に限らず、予備校講師に惚れるコは現状認識が甘過ぎるし、
現実逃避していると思うのですが。
誰が何を言っても痛いままっぽいので、
建設的なアドバイス(=否定的なものになる)なんてする余地なさそう…。
本当に本人が楽しければそれでいいの?…にしては深刻そうだし。
その講師の教科の成績が上がるからいいっていう意見も
たまにあるけれども不可解。受験自体舐めているし、学問、教養に対する冒涜。
無責任に頑張れと応援できることではないと思うんです。

>>243
大人に憧れるのは簡単だけど、
自分が大人になるのは時間もかかるし、難しいことだから、
精神面で講師(大人)に頼ったり期待するのは自分のために良くないと思うよ。

長文失礼しました。

575 :名無しさん:2001/05/16(水) 04:27
>>574(=姿を変えて登場!の傍観者)だったりして(w

576 :名無しさん:2001/05/16(水) 06:34
>575
違うと思われ。

577 :名無しさん:2001/05/16(水) 12:06
>>574
別に講師に頼ってもいいと思うんだけど。
てか予備校通ってること自体頼ってんじゃン。
講師に惚れてない生徒(男女)だって講師に
支えられてる部分もあるわけだし。
まあ受験の域をこえて頼るのはよくないが、受験勉強が辛い中で、
特に浪人なんかには決して一概に「頼るな」とは言えんぞ。

教科の成績が上がることも然り。
なんでそれが舐めてるとか冒涜になるん?
そしたら講師に恋愛感情を抱いてないけど頑張ろうとしてる
生徒も受検を舐めてると言えるかというとそうでもない。
大人に憧れて自分もゆっくり大人になっていくことは
そんなに悪いことじゃないと思うぞ。マジで。

578 :名無しさん:2001/05/16(水) 13:54
(574じゃないけど、)頼りすぎや期待しすぎは
やっぱりおかしいと思うぞ。
講師に恋愛感情抱いて、担当教科の成績上がるのもふに落ちない。
何のために勉強してるんだ?
キャーキャー言って勉強してるヤツ、マジうざい。
予備校のシステムに頼ったり、それを使用するのと、
講師に依存することは全然違うことだ。
いくら浪人といっても今は幼児みたいな人多いんだよ、
保母さんと一緒になってんじゃないか?講師が。
何でそこまで面倒見なきゃいけないんだよ。

579 :名無しさん:2001/05/16(水) 14:51
>>577
あのさー、君が普通の受験生と講師に恋愛感情持ってる受験生を
一緒に考えてるから、ややこしくなるんじゃない?
頭悪そうだと思われるよ。

580 :名無しさん:2001/05/16(水) 15:13
>>578
受験の世界は『勝てば官軍』。動機が不純だろうがうざかろうが
成績を上げたものの勝ち。『何のために勉強してるんだ?』なんて
いうのは受験生がいちばん考えちゃいけないことなのよ。

581 :名無しさん:2001/05/16(水) 15:48
>580
>受験の世界は『勝てば官軍』。
仮にそうだとしてもその後つらくなります。まだまだわからないと思いますが。

>動機が不純だろうがうざかろうが 成績を上げたものの勝ち。
老若男女問わず世間の人に堂々と言ってみてください。

>『何のために勉強してるんだ?』
これは578の真意がはかりかねますが、自分のためでしょう。

>受験生がいちばん考えちゃいけないことなのよ
考えていないから、安易で幼稚な行動に出られるんでしょうね。

煽ったりしている人もいるけれど、否定している人の中には
講師の恋愛に走っている人のためにレスしている人もいるのだから、
ちゃんと聞いたほうがいいと思いますよ。

582 :名無しさん:2001/05/16(水) 16:48
ここを時々読んでいる浪人生です。
私も講師に恋をしているのかもしれません。
でもまた落ちてしまったらと思うと恐くなりました。
今年はその講師の授業は取っていません。
教科の質問以外の会話は絶対に私からはしません。
友達も予備校にはいません、だからあまり口を開きません。

ひたすら我慢をしています。でもそれは去年落ちた自分の責任です。
受験が終わるまで絶対にアクションは起こしません。

でも行動に移している方が少しうらやましくなるときもあります。

583 :名無しさん:2001/05/16(水) 16:52
>>579
そっか。切り離して考えるべきか。
信者なんかは、どうなんだろ。
しかし紙一重のような人もいるような気がする。



584 :299 :2001/05/16(水) 17:14
「キャーキャー騒ぐ集団にいては、講師の恋愛対象にはならない!」
って言えるでしょうか? 意見求む!
講師や講師と付き合った経験のある元生徒さん等の意見歓迎!

キャーキャー騒いで勉強する事の善し悪しとは話題ずれますが…よろしく


585 :名無しさん:2001/05/16(水) 17:16
>>584
つかそれは恋愛じゃないでしょう。
目障りな憧れだと思われ。

586 :名無しさん:2001/05/16(水) 17:24
>>584
ならない、です。
あとは585に同意です。

587 :名無しさん:2001/05/16(水) 17:25
>>584
恋愛対象どころか自分の担当生徒にもしたくない。
こういった人とは関わりたくないね。

588 :名無しさん:2001/05/16(水) 17:26
sage忘れてゴメソ


589 :名無しさん:2001/05/16(水) 17:27
あらされませんように

590 :名無しさん:2001/05/16(水) 17:30
>>584
講師だけじゃなくみんなの迷惑になるし、反感かうと思うし、
馬鹿にもされる対象になるよ。
講師だって対処に悩むよね、どう?>>587

591 :名無しさん:2001/05/16(水) 17:37
>>590
講義中や講師室で邪魔にならなければ、また騒いでいるのが
講師や予備校に関係ないところであれば、どう騒ごうが
勝手だけどね。講師だけでなく同じ生徒からもウザがられる
対象にはなるだろうね。



592 :名無しさん:2001/05/16(水) 17:53
集団でキャーキャー騒いでいるヤツらって
ジャニヲタと一緒?

593 :名無しさん:2001/05/16(水) 18:03
どんな形にせよ迷惑になるのは変わりない。
恋愛対象以前の問題だな。


594 :名無しさん:2001/05/16(水) 18:03
げっ、不覚にもサゲ忘れた・・・
すんまそ。

595 :196:2001/05/16(水) 19:43
>>584さん。
講師室で騒いでる子って必ずいるよね。。。あれはイタイよね。
こっちは(下心あるとはいえ^^;)勉強で大切な時間割いて並んでるのに
かなり邪魔だった。雑談したいんなら最後尾にならんでほしい。。。
場所柄わきまえて欲しかったよ。先生にもかなりひかれてるのに気づいてくれない。
というか騒いでる人たちは平板な毎日の受験生活に動きがほしいだけで、
彼ら自身本当に先生が好きとか、そういうんじゃないんじゃないかしら。

596 :243:2001/05/16(水) 20:02
かなり昔さぁ、
「ある教科を好きになろうと思えば、その先生を好きになりなさい。
先生が好きでないと、その教科は嫌いになります」
と塾の先生に教えられたんだけど、違うんかな?
ま、これは「恋愛対象」っていう概念からは外れると思うけど。

講師室でキャーキャー叫ぶ生徒は、ボスに追放されます。
他の講師に迷惑ですから。

雑談したい場合は、外に出て話せばいいのに。

597 :299:2001/05/16(水) 21:57
>>584 について意見ありがとうございます。
講師室での質問の常連で、授業中に講師に話し掛けられたりしてる様な人は、
キャーキャー騒ぐ人に含まれてますか?上記のような人が信者ですか?

通っていたのが地方校舎だったからか、様子が違うみたいで戸惑ってます。
「講師に覚えられてる人」てくくりで、同じに思ってたけど間違ってたかな?



598 :196:2001/05/16(水) 22:21
>299さん >>597
私は質問の常連かつ授業中に頻繁に話し掛けられる人だったけど、
キャーキャー騒いではいませんでしたよ。
私みたいなのとは別に「かっこいいよね〜」とかキャーキャー騒いでミーハーして、
質問無いのに講師室入り浸って、妙に先生の講義日程詳しい人達が存在して
ましたが、、、それが信者さん?でも私は先生の問題を解く上での方法論を
盲信していたので(そして今も。。。)、その意味では信者といえるかも。。
線引きは難しいんじゃないでしょうか?

599 :243:2001/05/16(水) 22:26
>>597
その講師の言う言葉すべてが真実だと思えるようになったら、
信者じゃないかなぁ?

>講師室での質問の常連で、授業中に講師に話し掛けられたりしてる様な人
はキャーキャー騒ぐ人に入らないと思う。
講師が299さんを話しやすいと思うから
授業中にも話し掛けてくれるんだよ。
講師側もそういう人がいると授業しやすいと思うけどな。
少なくとも、悪い印象は持たれてないよ。

600 :名無しさん:2001/05/16(水) 23:03
>>597
入らない。かな。
ただ、発言から入らないと言われることによって安心したい、
って感じがしなくもない。
深読みしすぎかもしれんがまあ度をこさないようにするんだな。

601 :513:2001/05/16(水) 23:21
なんだか勘違いと言われてしまいましたが…
何か間違ったこと書いたかな?
243氏は別におかしいこと書いてるとは全然思わないんですけど。

私も受験生当時は講師室で騒いでる軍団はすごくウザいと思ってました。
けど時間を経て考えてみると、「ああ結局は一人で講師に近付く勇気が
ないから群れをなしているのね〜、かわいそうに」という感じです。

軍団は確かにウザいけど、あれはあれで好きにしたら?と思えるように
なりますよ、きっと。

602 :243:2001/05/16(水) 23:45
にしても、なぜ、群れるんだろう?
一回、一人で行ったら、あとは楽なのにね。
講師室に行くのは、一人のほうが絶対いいのに。
私は一人で行くほうが好きだったなぁ。
友達にも秘密で行ったりとかよくしたよ。
30分くらい独占できたし(講師を困らせる派だったんだなぁ)
またーりできるし(^^

603 :196:2001/05/16(水) 23:52
私小さな群れで行ってましたよ。で、頼みにくいこととかは友達に言わせてた(笑)
結構人の質問内容聞いたり、友達が問題のどこにひっかかったかとか見るの、
勉強になってよかったと思っています。
でも模試返却後とかの相談は一人で行ってたな。予めメールで相談の内容
絞っといて、友達が来る前に。まあ両方のメリット、デメリットうまく
使い分けられればいいのでは?でも群れで騒ぐのはいただけないっすね。


604 :243:2001/05/17(木) 00:16
>>603
そういう効果もあったのか!!
今後の参考にするよ。

605 :名無し:2001/05/17(木) 01:07
マジ講師室で我が物顔で騒いでるやつら消えてほしい。
それこそ客じゃなかったら注意するだけじゃなくてつまみ出してほしいよ。

606 :名無し:2001/05/17(木) 01:07
あ、さげわすれた。鬱だ詩嚢。

607 :名無しさん:2001/05/17(木) 02:25
はじめに断っておきますが、煽ってるつもりではないです。
ここは「うんうん、そうだね、がんばろうね」(←群れてるよ)
っていうスレで、群れていなければ自分自身の下心については何も問題ないと。
なぜ恋愛感情をもってしまうのか、そんな自分と向き合ってますか。
講師と仲良くなりたい、
これって大人にかまってほしいだけ、じゃないですか?違いますか…。
特別扱いされたい、とか。自分が一番かわいいから。
憧れならまだしも、相手不在で「恋愛」なんて成り立たないのにね。
同じ土俵に立っていない。騒ぐ、騒がない、
信者であろうとなかろうと、…ただの受験生であることはかわりない。
恋愛に発展する時は勝手になるようになるものです。
恋に落ちるときは落ちる。接し方云々や方法の問題じゃないです。

まあいいか、では頑張ってくださいね。結果が楽しみです、色々と。

608 :名無しさん:2001/05/17(木) 11:22
>>607はおもしろいこと言ったな。
受験生であるうちは確かに同じ土俵には立っていないのかも。



609 :299:2001/05/17(木) 12:26
>>584 >>597 にコメントいっぱいありがとう\(^o^)/
私は、浪人生の頃、十分にイタイ娘だった模様です。(;^_^A

>>607 「なぜ恋愛感情をもってしまうのか、そんな自分と向き合ってますか」
か、考えてみます・・・。
 >>574「現実逃避・・・」>>578「講師に依存する・・・」の指摘に通じるのかな〜


610 :名無しさん:2001/05/17(木) 14:49
いろんな意見がでてきているけどさ、どんな経験でも自分の成長の糧にしていってくれ。
プラスに、プラスに。
もし何かあっても若いうちの恥や失敗なんてたいしたことじゃあないさ。
>>609イイ女になれよー、だまされるなよー

ジジイみたいでスマソ

611 :名無し:2001/05/17(木) 22:34
あたしも予備校の先生好きだよ〜。
高校とか中学校の時もそうだったんだけど、あたしってまず先生の
左の薬指見ちゃうのね。
でも予備校の先生ってほとんどしてないじゃん?
年くった先生も。
あれって未婚ってことなのかな?
キモイ先生とか指輪してないと、なんとなく怖いって思うのあたしだけ??


612 :243:2001/05/17(木) 22:50
あ、あたしも見る。
ってゆうか、講師に限らず、老若男女すべて見る。
電車に乗ってても、暇だったら見る。
相手どんな人なんだろ?とか考えてみたり。

613 :名無し:2001/05/17(木) 23:11
受験と恋愛は別だし良いんじゃないの。
落ちても恋愛が成功して幸せかもよ(皮肉じゃなくて)。
受験だけが全てじゃないからな。僕は受験したけどね。

今日のニュース23は立花隆氏出演だー!わーい。


614 :名無しさん:2001/05/17(木) 23:13
>>611
指輪の有無なんて、あんなあてにならないものないよ。
既婚なら指輪着用を義務づける、みたいな法律でも有れば
また別だろうけど・・・。
予備校の先生方って、わりと既存の価値観や世間のお堅い常識に
反抗するようなところのある人が多いように思うんだけど、
結婚指輪っていうのも彼らの厭う”社会的記号”なんじゃないか、なんて。
・・・ま、予備校の先生に限りませんが・・・。
いっそ法律で既婚者はお歯黒に(以下自粛・爆)

615 :名無し:2001/05/18(金) 00:58
私、5年くらい前ですが某大手予備校の
有名講師と付き合ってました。
授業の後にファンレターを渡したら
すぐに向こうも喰いついてきて。

処女も捧げたし本気だったのに
向こうは遊びだったんじゃないかな。
長くは持ちませんでした。

というより、大学に合格してしまえば
教祖様のように見えていた先生が
ただのおじさんに見えてきたというのが
別れの要因です。
だって近くには若くてかっこいい大学生の
青年がいるんだよ。
そっちにいくでしょ、普通。

今でも「なんで好きになってたんだろ??」と
疑問ですね。
予備校生のみなさん、経験者のお姉さんが忠告いたします。
先生がかっこよく見えるのは今だけですよ!
もっと冷静に客観的に見てみてください。



616 :名無し:2001/05/18(金) 01:16
>614
確かに、予備校の先生って社会のお堅い常識ってものに
反抗してるってカンジするわ。
あたしもお歯黒案に一票っ(笑)!!

あと予備校の先生って、”先生”って呼びにくい。
”さん”付けで呼んじゃう。
そんなのもありなのかなぁ?


617 :243:2001/05/18(金) 01:35
>>616
>あと予備校の先生って、”先生”って呼びにくい。
>”さん”付けで呼んじゃう。
>そんなのもありなのかなぁ?

そう?先生側としては「先生」と呼ばれるほうが
嬉しいらしいけど。
「さん」って言ったら自分と同等になっちゃうじゃない?
やっぱり講師は尊敬すべき存在だから、
「先生」と呼ぶほうがいいと思う、私は。

どうでもいいけど、先生にエッチメールを期待されてた私って一体…。

618 :196:2001/05/18(金) 01:58
私も先生は先生って呼ぶな〜。
それはやっぱり同等じゃないからなんだけど、最近、一度でも先生として
接した人は一生先生のままなんじゃないかなって思い始めてる。
たとえ自分を相手と同じレベルにまで引き上げることができても。。。
それが前にどなたかがおっしゃっていた「先生と生徒という関係を越えるのは難しい」
とうことなのでしょうね。。。うむ。
にしても243さん、エッチメールって?一体どうしたの〜?
私前にコイバナ系メール先生からもらったとき無視しちゃった。。。
あ、それは私が直接ホレタハレタと絡んだのではなかったんだけどね、なんとなく。。
どんなに一般化されてても、先生と恋の話って、、抵抗あるよ〜。

>>614さん。 鉄漿、、、ナイスっす!!

619 :名無しさん:2001/05/18(金) 02:49
>>616
やっぱ先生じゃない?
自分の習ってる講師も一人称が先生だったし。
たまに俺とかになるけど。
まあ大学生になったらありなのかもしれないけど。

620 :名無しさん:2001/05/18(金) 05:20
>>615
処女も捧げたし本気だったのに

押し付けがましくてイタイな、たかが膜だろ。

621 :名無しさん:2001/05/18(金) 06:52
>>620
あら、そのとーり本当にイタイのよ。
たかが膜だけど。


・・・でも心まで痛くなっちゃねえ・・・カワイソ

622 :299:2001/05/18(金) 10:31
>>615
「某大手予備校の有名講師が在籍中の生徒と付き合う」ってあるんだ。
ラブレターは毎年もらうって言ってたけど・・・

>>616
 私も在籍中は「先生」と呼んでいました。
大学生になってからは、表面的だけでも対等っぽくしたくて、
手紙では「〜さん」って呼びかけたりしてる。
面と向かうと照れてしまい「〜さん」と呼べないけど。(*^.^*)
 でも、予備校の外で「先生」と大声でいうのは注目引きそうで怖いわ。
〜壁に耳あり障子に目あり〜 (私は気を使いすぎかもね。)

623 :名無しさん:2001/05/18(金) 14:18
>243のお相手のせんせってYぜみ? よかったらおしえて。

624 :196:2001/05/18(金) 14:34
>>622の299さん。
やっぱり塾以外で先生を先生と呼ぶのってまずいんですかね。
高校とかの先生は卒業打ち上げコンのとき露骨にいやがってましたけど。。。
私食事行ったりしたときにも普通に先生って呼んじゃってるよ〜。
なんか先生⇔生徒っていう関係はどこでも変わらないから、呼名も変えられない。

625 :299:2001/05/18(金) 20:05
>>629
 「先生!」って呼ぶ声聞くと、思わずそっち見ない?
若い先生や、有名な講師は嫌かな?との推測です。
世の中に先生は掃いて捨てる程いるけど、世間って広そうで狭いし、
わざわざ視線を引くこともない!
私は、照れもあって、呼びかけなくて済むように話しています。

 以前サテで受講してた東京の講師が春講で地元来たの。
で、挨拶&見物に訪れた私たちは、授業後地元の名物を案内したの。
その時、連れが店の前で「先生!」と思いっきり呼んだら、
「ここで『先生!』は止めてくれ」って言われてた。

626 :299:2001/05/18(金) 20:12
>>625の訂正です。
 誤>>629 →正>>624

627 :243:2001/05/18(金) 23:16
>>618
コイバナは全然抵抗ないんだけどさ。
以前から、エッチ系の話をしてくれと言われてたけど、
社交辞令みたいなもんかな〜って流してたの。
でも、社交辞令じゃなかったらしい。
さて、私はどうしましょう・・・。

>>623
誰も知らないであろう、ちっぽけな予備校です。
Yゼミではありません。

628 :受験生:2001/05/18(金) 23:20
私も予備校の先生に恋してます。
だから予備校行くのもその先生に会いたいから、
勉強するのもその先生に「よくやったじゃん」ってほめてほしいから
ちゃんと「大学に行きたい」ってのもあるんですが先生のために
勉強とかしてたらやっぱ落ちますかね?その先生のことはあきらめるべき
でしょうか?

629 :名無しさん:2001/05/18(金) 23:27
女って惚れやすいな 

630 :名無しさん:2001/05/19(土) 01:04
えーと。
sage進行でお願いしますって言ってるだろゴルァ!!


631 :名無しさん:2001/05/19(土) 02:47
>>243
エッチ系の話をしてくれ・・・というのは
普段そのほかにどういった話をしているか
分からないから、それだけで判断するのは
難しいけど。。。

社交辞令でそんなこと言わない(メールでも書かない)し、
(恋愛感情だけに限定せず)真面目に付き合いたい人に対しては
そんな要求はしないよ。243はそんなつもりはないとしても
明らかに恋愛の対象外ではあるね。軽く見られていることは
確か。

632 :名無しさん:2001/05/19(土) 03:04
>>243
あなたの行動を抜きにして、その講師の人間性を疑ってしまいます。
予備校の専任講師(これが本職の人)って研究者崩れや、予備校の
講師しか出来ない人等、これらが悪い訳じゃないけど「変な人」が
結構居るんですよね。人と上手く付き合えない、付き合い方を知らない
人もいるから問題を起こしてしまう人もいるし、243に対しての
ように訳わからんこと言ったりするバカ講師もいる。

633 :名無しさん:2001/05/19(土) 03:38
>>632
見るからに「コイツ予備校以外の世界じゃ
やっていけないんだろうな」というのいるよね。


634 :名無しさん:2001/05/19(土) 03:57
だいぶ昔の話だけど通ってた山田義塾の講師、中学生に手出してたな(w

635 :243:2001/05/19(土) 07:43
>>631,632
先生は私がエッチ系の話が得意な人だって知ってるけど、
できるだけ先生の前ではしないようにしてたの。

私も最初は人間性を疑ったけど、
しばらくやってないんじゃないかなって思った。
飢えてるんと違うかなって。

636 :名無しさん:2001/05/19(土) 11:25
>>635
いくら飢えてるからって生徒にそういう話を持ちかけるなんて
素晴らしい人間性ですね(w

637 :名無しさん:2001/05/19(土) 12:12
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

638 :3:2001/05/19(土) 12:13
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

639 :名無しさん:2001/05/19(土) 12:13
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

640 :無しさん:2001/05/19(土) 12:13
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

641 :名無しさん:2001/05/19(土) 12:14
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

642 :名無しさん:2001/05/19(土) 12:30
荒れてる

643 :名無しさん:2001/05/19(土) 13:35
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア




644 :299:2001/05/19(土) 14:42
昨日、金曜日だったのに>>1さん来なかったみたいね。
>>328さんのその後も気になってみる。

645 :名無しさん:2001/05/19(土) 14:52
荒れてるね。。。

646 :名無しさん :2001/05/19(土) 15:52
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

647 :名無しさん:2001/05/19(土) 15:53
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャ
ヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャ

648 :名無しさん:2001/05/19(土) 15:54
ヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャ

649 :名無しさん:2001/05/19(土) 15:54
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

650 :名無しさん:2001/05/19(土) 16:21
アアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャ

651 :名無しさん:2001/05/19(土) 17:08
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


652 :名無しさん:2001/05/19(土) 17:12
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


653 :名無しさん:2001/05/19(土) 17:13
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


654 :名無しさん:2001/05/19(土) 17:14
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


655 :名無しさん:2001/05/19(土) 17:23
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


656 :名無しさん:2001/05/19(土) 18:34
>>243
飢えてるから、というのは違うと思う。
そんなの少し考えてみれば分かることだと思うけど。

やっぱり人間性に一番問題ありそうなのと、そういう
話を持っていっても大丈夫と思われた243にも
隙があったのかもしれない。でも、やっぱり243が
軽く見られてるというよりは、講師側に問題ありだと
思う。プロ意識のない講師だね。

そんな奴にくっついている?243も人を見る目が
ないというか・・・他にいい人・まともな人にしなよ。


657 : :2001/05/19(土) 18:55
  ∧∧ / ̄ ̄              ̄ ̄\  ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!             イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__              __/  U U ̄
  ∧∧ / ̄ ̄              ̄ ̄\  ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!             イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__              __/  U U ̄
  ∧∧ / ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ̄ ̄\  ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!| オ、オマエモナ〜 | イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__ \_ _____/  __/  U U ̄
  ∧∧ / ̄ ̄  ∨ ∧_∧_∧   ̄ ̄\  ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!  (´∀`;三;´∀`) イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__    (つ  つ    __/  U U ̄
  ∧∧ / ̄ ̄ ,ヽ、 〈 〈〉 〉      ̄ ̄\ ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!| | (   )_)     イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__ |  |   ̄        __/  U U ̄
  ∧∧ / ̄ ̄ ∧∧            ̄ ̄\ ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!( ゚Д゚)          イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__ U ~∧         __/  U U ̄
  ∧∧ / ̄ ̄ / ̄   ̄ ̄\      ̄ ̄\ ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!| 無理するな。|     イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__ \____/     __/  U U ̄
  ∧∧ / ̄ ̄                 ̄ ̄\ ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!              イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__              __/  U U ̄
  ∧∧ / ̄ ̄                 ̄ ̄\ ∧∧
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!              イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__              __/  U U ̄


658 :名無しさん:2001/05/19(土) 18:56
>>243をレンジでチンしちゃった!

いままで度胸がなくってできなかったんだけど遂に!遂にやりました!
想像以上の効きめです!
失禁脱糞対策にあらかじめ中のみえるビニール袋に閉じこめて500Wでまずは30秒に
TRY!
243とはいえコンビニ弁当より重いんだし余裕かなと思ったんだけど・・・
たった12秒で袋を蹴破りでてきました。目が逝っちゃってたのでとりあえず出してあげ
ました。
犬みたいにハアハア出し入れしている舌は真っ赤です。顔を近づけてみたら吐く息が

すっごく熱くてビックリ!耳もすっごく熱くなってて真っ赤でした。やっぱ肉の薄い部分
だからかな。
案の定、中で失禁しちゃってました。失禁は日課なのですっかり慣れて手袋もせず処
理しました。
いつもなら罰として更に厳しい愛の鞭を与えるんだけど、今日は頑張ったのでご褒美

乾燥エサを10粒もあげました。3日間なにも与えてなかったので腹が減っていたのか
ガツガツ喰ってました。まだ手や足の末端の肉の薄い部分は熱くなってます。
だいぶ回復してきたので手足耳をカーテンに糸で縫いつけて大の字型に宙づりにして
ます。
また失禁しやがりました。むかついたのでエアガンを乱射してます。 ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ


659 :243:2001/05/19(土) 19:28
>>656
そうだね。
18歳の生徒に要求するのはおかしいと思った。
ある意味セクハラだしね。
ちょっと冷めてきてたし、その講師のほかに気になる人もいるし、
そっちの方に傾くよ。
あ、その人は今のところ、まともです。
高校中退ですが、同いでいい人です。

飢えてるのは事実だと思う。
彼女居ないって言ってたし。

660 :7資産:2001/05/19(土) 19:42
死にな=だめ厨房(藁

661 :名無し:2001/05/19(土) 19:48
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャ
アヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアア
アヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャア
アアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒ
ャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒ
ャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャ
ヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアア
アヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャ
アアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒ
ャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャア
アヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアア
アヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャア
ヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャ
アヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャ
アヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャ
アヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒ
ャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアア
アヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアア
アアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒ
ャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャ
ヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャ
ヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアア
アヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャ
アアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャ
ヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャア

662 :名無しさん:2001/05/19(土) 20:11
>>659
冷めてきたっていうよりか、初めから恋じゃなかったような気が・・・

663 :243:2001/05/19(土) 20:37
>>662
いや、熱が冷めてきたの。
「冷静になる」っていう感じ。
恋とかそういうんじゃなくて。


664 ::2001/05/19(土) 22:37
風邪ひいちゃって、、、急に冷房入ったので風邪ひいちゃったみたいです。
昨日は風邪で休んじゃったので、授業前にメールしました。そしたら、来週
プリント取りに来いよ、ちゃんと質問に来いよって返事がきました。
今は講師と生徒っていうイイ関係が続いてま−す。先生の方はうすうす気付いて
いると思うけど。


665 :名無しさん:2001/05/19(土) 22:40
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア



666 :名無しさん:2001/05/19(土) 22:40
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア



667 :名無しさん:2001/05/19(土) 22:56
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


668 :名無しさん:2001/05/19(土) 22:57
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


669 :名無しさん:2001/05/19(土) 22:57
    ∧_∧
   (;・∀・;) エロ本読もうよ!
   (l⌒ll⌒l)
    ⌒ .⌒

マルミエダネ ∧_∧∧_∧
      (*・∀・)・∀・*) ソウダネ
  (○) (つ|⌒|⌒|⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 ボクモマゼテ
             イイヨ
      ∧_∧∧_∧   ∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)  (・∀・*)
  (○) (つ|⌒|⌒|⊂ )  ⊂ ⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    コレナンカドウ?
      ∧_∧∧_∧∧_∧ スゴイネ
      (*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| ) ⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                    チガウノモッテキタ マゼテヨ
             モチロン イイヨ
      ∧_∧∧_∧∧_∧    ∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)*・∀・)   (・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )つ  )   O□⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)    (⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       コレモイイネ        ソソルデショ
      ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )|⌒|⌒|)⊂   )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       ムラムラ         モンモン
      ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )|⌒|⌒|)⊂   )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       ガマンデキナイ
 タッチャッタ ∧_∧∧_∧ ヌレチャッタ   ∧_∧∧_∧ ハヤクイレテー
      (* ・∀・)・∀・*)        (; ・∀・)∀・*)
  (○) ( つ|⌒|⌒|⊂ )      Oノ   へつ⊂ノ
  ヽ|〃 (⌒)(⌒)(⌒)(⌒)       (_(⌒)へ_ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ガンガンイクーゼ イキソー     フェーラサイコー
  ∧_∧ .∧___∧       ∧_∧      モウデソー  アソーコカラオトガ
 ( ;・∀・)( *・∀・)      (・∀・ ;)      ∧_∧∧_∧ デテハズカシー
 (  つ/   つ    ∧_∧   つ     (; ・∀・)∀・*)
 . ) )(___⌒)    (    )  /     Oノ   へつ⊂ノ
 (__)_).(_) .  / /  つ(⌒)    (_(⌒)へ_ノ
            ( (  ノ ングング        クチュクチュ
           (⌒)(⌒)

475 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2000/08/22(火) 22:46
  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (; ・∀・)< 結局セクース!?
 ( つ つ  \__________________
  .)  ) )
 (__)_) ナンデヤネン


670 :名無しさん:2001/05/19(土) 22:57
    ∧_∧
   (;・∀・;) エロ本読もうよ!
   (l⌒ll⌒l)
    ⌒ .⌒

マルミエダネ ∧_∧∧_∧
      (*・∀・)・∀・*) ソウダネ
  (○) (つ|⌒|⌒|⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 ボクモマゼテ
             イイヨ
      ∧_∧∧_∧   ∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)  (・∀・*)
  (○) (つ|⌒|⌒|⊂ )  ⊂ ⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    コレナンカドウ?
      ∧_∧∧_∧∧_∧ スゴイネ
      (*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| ) ⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                    チガウノモッテキタ マゼテヨ
             モチロン イイヨ
      ∧_∧∧_∧∧_∧    ∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)*・∀・)   (・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )つ  )   O□⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)    (⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       コレモイイネ        ソソルデショ
      ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )|⌒|⌒|)⊂   )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       ムラムラ         モンモン
      ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )|⌒|⌒|)⊂   )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       ガマンデキナイ
 タッチャッタ ∧_∧∧_∧ ヌレチャッタ   ∧_∧∧_∧ ハヤクイレテー
      (* ・∀・)・∀・*)        (; ・∀・)∀・*)
  (○) ( つ|⌒|⌒|⊂ )      Oノ   へつ⊂ノ
  ヽ|〃 (⌒)(⌒)(⌒)(⌒)       (_(⌒)へ_ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ガンガンイクーゼ イキソー     フェーラサイコー
  ∧_∧ .∧___∧       ∧_∧      モウデソー  アソーコカラオトガ
 ( ;・∀・)( *・∀・)      (・∀・ ;)      ∧_∧∧_∧ デテハズカシー
 (  つ/   つ    ∧_∧   つ     (; ・∀・)∀・*)
 . ) )(___⌒)    (    )  /     Oノ   へつ⊂ノ
 (__)_).(_) .  / /  つ(⌒)    (_(⌒)へ_ノ
            ( (  ノ ングング        クチュクチュ
           (⌒)(⌒)

475 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2000/08/22(火) 22:46
  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (; ・∀・)< 結局セクース!?
 ( つ つ  \__________________
  .)  ) )
 (__)_) ナンデヤネン


671 :名無しさん:2001/05/19(土) 22:57
    ∧_∧
   (;・∀・;) エロ本読もうよ!
   (l⌒ll⌒l)
    ⌒ .⌒

マルミエダネ ∧_∧∧_∧
      (*・∀・)・∀・*) ソウダネ
  (○) (つ|⌒|⌒|⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 ボクモマゼテ
             イイヨ
      ∧_∧∧_∧   ∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)  (・∀・*)
  (○) (つ|⌒|⌒|⊂ )  ⊂ ⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    コレナンカドウ?
      ∧_∧∧_∧∧_∧ スゴイネ
      (*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| ) ⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                    チガウノモッテキタ マゼテヨ
             モチロン イイヨ
      ∧_∧∧_∧∧_∧    ∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)*・∀・)   (・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )つ  )   O□⊂ )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)    (⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       コレモイイネ        ソソルデショ
      ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )|⌒|⌒|)⊂   )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       ムラムラ         モンモン
      ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      (*・∀・)*・∀・)・∀・*)・∀・*)
  (○) (  つ|⌒|⌒| )|⌒|⌒|)⊂   )
  ヽ|〃(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒) (⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       ガマンデキナイ
 タッチャッタ ∧_∧∧_∧ ヌレチャッタ   ∧_∧∧_∧ ハヤクイレテー
      (* ・∀・)・∀・*)        (; ・∀・)∀・*)
  (○) ( つ|⌒|⌒|⊂ )      Oノ   へつ⊂ノ
  ヽ|〃 (⌒)(⌒)(⌒)(⌒)       (_(⌒)へ_ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ガンガンイクーゼ イキソー     フェーラサイコー
  ∧_∧ .∧___∧       ∧_∧      モウデソー  アソーコカラオトガ
 ( ;・∀・)( *・∀・)      (・∀・ ;)      ∧_∧∧_∧ デテハズカシー
 (  つ/   つ    ∧_∧   つ     (; ・∀・)∀・*)
 . ) )(___⌒)    (    )  /     Oノ   へつ⊂ノ
 (__)_).(_) .  / /  つ(⌒)    (_(⌒)へ_ノ
            ( (  ノ ングング        クチュクチュ
           (⌒)(⌒)

475 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2000/08/22(火) 22:46
  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (; ・∀・)< 結局セクース!?
 ( つ つ  \__________________
  .)  ) )
 (__)_) ナンデヤネン


672 :名無しさん:2001/05/19(土) 23:34
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

673 :名無しさん:2001/05/19(土) 23:35
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

674 :名無しさん:2001/05/19(土) 23:35
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

675 :名無しさん:2001/05/19(土) 23:54
1も243も文章がおかしくないか?
読解力も怪しいし。そんなんで受験して大丈夫?

676 :243:2001/05/20(日) 00:06
>>675
どこをどう直せばよろしいか
指摘してくださいませ。

677 :名無しさん:2001/05/20(日) 00:07
1は相変わらずイタイ

678 :名無しさん:2001/05/20(日) 00:26
嵐にむきになって相手してる所がイタイ。

679 :名無しさん:2001/05/20(日) 00:34
ドキュソは予備校なんて行かずに肉体労働でもしてろよ
どうせ大学なんて受からないんだから

680 :243:2001/05/20(日) 00:53
>>676続き
国語悪いから、指摘してください。
評論はともかく小説最悪です。
今年一年で直らないかもしれない…。

681 :名無しさん:2001/05/20(日) 01:30
一生直らないかも(藁 >243

682 :名無しさん:2001/05/20(日) 01:56
ここ荒らしてるヤツ、凶悪犯罪おこしそうな予感…
可哀想だが、精神に異常きたしているとしか思えない。
明日のニュースは要チェックかな?

683 :名無しさん:2001/05/20(日) 01:57
>>682 同感

684 :?j?A?X:2001/05/20(日) 02:10
?¡“ú‰p?a?«“T?Ì???[?_?[?Y?ð?Â?¢?É”??¢?Ü?µ?½
?ü?è?É?Í?¡?Ü?Å?æ?­‘¼?Ì?«?‘?Å?â?Á?Ä?¢?¯?½?È?Æ?¾?í?ê?Ü?µ?½?B
?v?¦?Î???Z?ê”N?©?çM1?Ì?¡?Ü?Å?W?[?j?A?X?¾?Á?½?í?¯?Å?·?ª
?F?³?ñ?Ì?«?‘?Õ?ð?Í?Ç?ñ?È?à?ñ?Å?µ?å?¤?©



685 :名無しさん:2001/05/20(日) 02:16
ageちゃってるのも荒らしと一緒だよ

686 :名無しさん:2001/05/20(日) 02:19
ここあまりにマジすぎたから
荒氏が爆発しちゃったんだよ

687 :名無しさん:2001/05/20(日) 02:40
荒らすにしても読んで面白いのにして欲しい

688 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

689 :名無しさん:2001/05/20(日) 10:48
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

690 :名無しさん:2001/05/20(日) 10:55
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

691 :名無しさん:2001/05/20(日) 10:55
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア




692 :名無しさん:2001/05/20(日) 13:36
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア



693 :名無しさん:2001/05/20(日) 14:02
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

694 :名無しさん:2001/05/20(日) 14:04
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

695 :名無しさん:2001/05/20(日) 14:09
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

696 :名無しさん:2001/05/20(日) 14:32
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア




697 :u:2001/05/20(日) 16:20
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

698 :名無しさん:2001/05/20(日) 19:10
ヒャア・・・って傍観者の仕業だったりして(藁

699 :名無しさん:2001/05/20(日) 19:18
いや、予備校講師に女を寝取られた奴の仕業だったりして(プッ

700 :名無しさん:2001/05/21(月) 00:09
いや、でも、何も関係ない第三者から見ても
荒らしたい気持ちはわかる。
(自分は荒らしてないよ。)

イタイよ、ガキみたいな女ばっか。

701 :名無しさん:2001/05/21(月) 00:50
イタイ以前にかなり頭悪くないか?
1と最近叩かれても懲りずに(気付かず?)
出しゃばっている奴。

702 :名無しさん:2001/05/21(月) 00:57
バカ女相手してる講師もバカだな
喰えれば誰でもいいと思っているのかもしれんが

703 :名無しさん:2001/05/21(月) 03:07
>>701
だよな。頭悪いからぐだぐだ講師にかまうんだろ。
興味本位でしかなさそうだよな、恋なんかには見えん。
>>702
そりゃそうなんじゃないの。
いいとこそれぐらいしか役に立たんだろ、この女どもは。
ヤリ捨てられても自業自得だからわめくなよ。


704 :名無しさん:2001/05/21(月) 03:21
ここで騒ぎを起こしてるヴァカ女たちの
現在の偏差値、そして志望校はどんなものだろう?

今の様子だと四大は無理そう。帝京女子短がいいとこか?

705 :196:2001/05/21(月) 04:46
あら、すごいことになってる(笑)
ふ〜む、私の偏差値?一度くらいはテレカほしかったかも(T_T)
いつもきわどくフラレてたな。。。まあそんなことは遠い昔の思い出。
大学は野球応援にいかせるために6月2日(土)の講義を休講にする先生の
多発するところでっす。
さてもう私はこのスレに登場しなくなるでしょう。受験病から立ち直れたみたい。
先生とは半元生徒、半お友達、って感じでグループ単位で楽しくやってます。
それもまたよし。。。。
色々参考になるレス書いてくださった方々、ありがとうございました。

706 :名無しさん:2001/05/21(月) 12:09
>>700-704
自作自演がバレバレだよ。
もっと上手くやらなきゃ。
なんか読んでてワラタ。

707 :名無しさん:2001/05/21(月) 16:09
>>706
ハァ?頭悪すぎ。ちがうんですけど。
ワラタって、俺のほうが706のイタさにワラタ。
傍観者か243じゃねーの?>706

708 :名無しさん:2001/05/21(月) 19:03
・・・かなり荒れてんじゃん。
荒らすのはやめてー。(今更遅い?)
つーか書き込みたくないよね、こんなんじゃ。
>>705
のようにみんな去って、このスレも終了か。
野次馬根性(ゴメン)で読んでて楽しかった。
ネタっぽいキャラたちが好きでした。

709 :名無しさん:2001/05/21(月) 19:06
オラ

710 :名無しさん:2001/05/21(月) 19:08
オラ


711 :ヒマジン:2001/05/21(月) 19:08
到着

712 :名無しさん:2001/05/21(月) 19:09
オラ

713 :名無しさん:2001/05/21(月) 19:09
でなにすんの?

714 :名無しさん:2001/05/21(月) 19:09
ちょっと煙草かってくる

715 :名無しさん:2001/05/21(月) 20:11
>>706
700〜704のうち一つだけ自分がレスしたけど?
時間のとこ見て自作だと思ったんでしょ?(笑)
それだけで自作って判断できることがスゴイですね。

ここの女以上に妄想激しいですね。

716 :名無しさん:2001/05/21(月) 22:03
>>715
傍観者だったりしてね(藁


717 :名無しさん:2001/05/21(月) 22:56
このスレが荒れ始めたのは、結局、善意の第三者を装った「傍観者」が原因だな。
これは全員の総意だろ?

718 :名無しさん:2001/05/22(火) 01:18
>>717
うん。傍観者が来なければまたーりと進行してたのにね。
わざわざスレ移動までするから。

719 :名無しさん:2001/05/22(火) 02:38
傍観者の影響は大きいだろうね。
でも勘違い女のイタさは変わらないだろうから
どっちみち煽られると思うけど。

720 :名無しさん:2001/05/22(火) 03:26
>>719
そうだね。
>>717
総意です。

721 :名無しさん:2001/05/22(火) 05:27
>>688
ネタかなんか知らないけど、
二股くらいで別れちゃ予備校講師とは付き合ってられん。


722 :名無しさん:2001/05/22(火) 23:17
下がりすぎage。

723 :名無しさん:2001/05/23(水) 14:09
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


724 :名無しさん:2001/05/23(水) 14:16
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

725 :名無しさん:2001/05/23(水) 19:57
荒らしご苦労様です、傍観者さん!?

726 :名無しさん:2001/05/24(木) 00:06
真っ昼間から荒らしとは、御苦労ですな。

727 :名無しさん:2001/05/24(木) 00:57
これ発音すると相当まぬけだな。
アアア、って。

728 :名無しさん:2001/05/24(木) 00:58
ごめん、あげちゃった。
死んできます。

729 :名無しさん:2001/05/24(木) 02:16
傍観者は生徒にコクって振られた哀れな売れない講師なのです

730 :名無しさん:2001/05/24(木) 23:03
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア


731 :a:2001/05/25(金) 02:35
a

732 :奈々師:2001/05/25(金) 23:01
このスレ終わったの?

733 :名無しさん:2001/05/27(日) 19:51
ヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアアヒャアアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャヒャアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアアヒャアアヒャアアアヒャアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアヒャアアヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアアアヒャアアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアヒャアヒャアアアヒャアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアアアヒャヒャヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアヒャヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアアヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアヒャヒャヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアヒャヒャヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアヒャヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアアヒャアアアヒャアヒャヒャヒャアアヒャヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャアヒャアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアヒャアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャヒャアアアヒャアアヒャアアアアアヒャアヒャアヒャアアアアアヒャアアアアアヒャアヒャヒャヒャヒャアアアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャヒャアアアヒャアヒャヒャアアアヒャヒャアヒャヒャアアアアアヒャアヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャヒャアアアアアアヒャアヒャアアヒャアアヒャアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャアアアアアヒャヒャアヒャアアアアヒャアヒャア

734 :ナナシ:2001/05/29(火) 20:34
age

735 :mie:2001/05/29(火) 21:45
今、付き合ってるぜ〜

736 :名無しさん:2001/05/29(火) 22:42
どこのやつとよ?

737 :名無しさん:2001/05/31(木) 01:53
age

738 :名無しさん:2001/05/31(木) 03:40
代ゼミ、駿台、河合、東進、Z会、SEGのうちのどれか。

739 :名無しさん:2001/05/31(木) 03:43
age

740 :名無しさん :2001/06/03(日) 03:42
もう頭きた。
元生徒と浮気ばっかりしやがって。
今度こそは泣きつかれても別れてやる。
私はあんたのお母さんじゃない!!甘え過ぎ。
エロ講師なんてしんじゃえよ、クズ。


バカやろう…。

347 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)