5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少年法廃止

1 :廃止:2001/08/03(金) 21:23
 死刑について。皆さんもっと単純に考えましょう。300年前にもどって。
どんどん死刑にすれば。その一族郎党も。早い話終身刑はお金がかかり過ぎます。少年Aの捜査費用など。レトロ調ですがその場で処刑すればただに近かったのでは。人間の命は高いようで安い。
エコノミカルが一番です。刑務所、少年鑑別所、経費がかかります。
 それから死刑よりもっと重い罪人体実験などいかがですか?これこそ社会に還元できますよ。それに少年Aなんかの親にしたら渡りに船ですよね。
それから暴走族に警察官さんどんどん発砲してください。古い話で申し訳ない。私は日本に住んでないので関係無いです。

2 :名無しさん:2001/08/03(金) 21:32
>>1
反論は多いだろうが私は賛成です。

3 :あげ:2001/08/04(土) 02:28
あげ

4 :死刑反対  少年法廃止 廃止:2001/08/04(土) 02:32
 能力の伸長激しい少年をそれにふさわしい法制度で裁かなければ
多くの少年の人生を無に帰する結果になると思うのだが・・・

5 :名無しさん:2001/08/04(土) 02:46
人の人生を無にするような少年に未来など無し!

6 :死刑反対 :2001/08/04(土) 02:57
>>人の人生を無にするような少年に未来など無し!
何を根拠にいうのすべての少年がそういう犯罪をしてるわけでないでしょう

7 :名無しさん:2001/08/04(土) 10:40
この件に関しては、やはり遺族や被害者の意見を重要視すべきでは?

今、ふと思ったのだが、凶悪犯罪を起こした未成年者が刑期を終えてから
どんな人生を送ったか、追跡調査したデータって無いのだろうか?
どんな真人間に成長してるのか気になる気になる。

8 :練無@浴衣姿:2001/08/04(土) 10:47
>>6
だから全ての少年じゃなくて
他人の人生を無にする少年には未来など与えなくても良いって事でしょ。

9 :名無しさん:2001/08/04(土) 13:42
>>6
すべての少年についてではなく、「人の人生を無にする」少年についての話でしょうが。
そういうことは文脈と知識で分かるはずですが、理解できないならまず質問してください。

10 :酔狂:2001/08/04(土) 14:33
犯罪を犯した少年のみが、
「少年法」のお世話になるわけだから、
>>5さんが言うように、別に「少年法」で、
全ての少年に対して、「刑罰」に一定の留保を、
一律・事前に与えておく必要はないのかもしれない。
それが、一種「特権的地位」として、
潜在的に少年犯罪を助長する可能性は否めないので。

もちろん、全ての事件が公開に適するとか、
というものでもないので、
全面的に通常の刑事手続等に則って、処理することは無理であろうが、
少なくとも、パターナリズムゆえの「刑の減免」というものは、
一義的に法定すべきではなく、
検察官による起訴便宜や裁判における酌量によって、
個々の事件に対して、個別具体的に対応していけば足りるものと解する。

よって、結論としては、少年法廃止に賛成。

11 :名無しさん:2001/08/05(日) 09:36
アゲてみる。

12 :暑い:2001/08/05(日) 09:56
少年法はあってもいいと思う、ただし殺人は別とすればいいのではないか
それから、顔写真だけど、出してもよいと思われる、事件を起こした少年
の、周りの人間は顔にモザイクがかけられていても、その少年を知ってい
るんだし、何の意味もない、顔写真を出して死刑の前に恥刑にすべきです。

13 :死刑?:2001/08/05(日) 10:13
少年法廃止に賛成です。が、いかに償わせ、罪の重さを解らせる為には死刑は向かないかと思います。刑の内容、場合によっては実行を被害者に任せるべきです。

14 :聖人:2001/08/05(日) 21:51
>>13
>場合によっては実行を被害者に任せるべきです。
どういう場合?
まったく想像ができない。

15 : :2001/08/05(日) 22:23
少年法は刑罰確定後の更正を主旨とすべき
裁判自体は成人と同じでよい。
なぜ通学定期のように割引するのか?

16 :nana−si:2001/08/05(日) 22:24
精神的に未成熟な触法少年のための少年法。
しかし触法少年の犯罪は大人と同じかそれ以上。
ということは、大人と同じ扱いを受けてもやむを得ないとも言える。
少なくとも、少年法があるのをいいことに犯罪を犯すDQNは情状酌量の余地なし。

>>10
法学部の方ですね?

17 : :2001/08/05(日) 22:26
僧侶殺人では暴力団・組のごとく
パシリが出頭して、真の加害者は逃げてる(ようだ)
これも少年法がなければ生じなかった事件
少年法は犯罪増加奨励法でしょう

18 :(-_-:2001/08/05(日) 22:54
>>17 本気で腹立たしい塵共だ

19 :(-_-:2001/08/05(日) 23:03
8ch見てるかい

20 :ひったくり:2001/08/05(日) 23:12
俺も死刑になるんか?

21 ::2001/08/05(日) 23:42
>>19
ひったくりの奴な。あんなの30年くらい閉じ込めとけばいいよ。

22 : :2001/08/06(月) 01:55
悪質な脱税には重加算税もあるの
悪質な少年犯罪に重加算刑が少年法にはない

23 :裁判長:2001/08/06(月) 09:58
>>20
お前は今すぐ死刑だ

24 :私設警察:2001/08/06(月) 13:55
現実問題として、少年法再改正のためには、立法府すなわち連立与党への働きかけが必要だと思われますがいかが?

25 :私設警察:2001/08/06(月) 13:56
しかし今回の参議院議員選挙で少年法再改正を公約として戦った政党があっただろうか?

26 :名無しさん:2001/08/06(月) 13:57
すでに改正されてんじゃん。馬鹿か。

27 :私設警察:2001/08/06(月) 14:01
私の言っているのは、再々改正のことですよ.国民の中には、まだまだ改正内容が不充分、全廃を唱える人もいるのですよ.

28 :名無しさん:2001/08/06(月) 14:01
あほらし。

29 :私設警察:2001/08/06(月) 14:04
法律は、立法府の手続きを選れば何度でも改正可能です.

30 :星野:2001/08/06(月) 14:04
あほらし。

31 :名無しさん:2001/08/06(月) 14:05
残念だけど君のキチガイ妄想と法律は相容れないと思うよ。

32 :私設警察:2001/08/06(月) 14:06
また能無しの屁理屈マンが出たな.

33 :蛸君:2001/08/06(月) 14:07
確かに理論的には、少年法全廃も可能だからね.

34 :廃止:2001/08/06(月) 14:09
このスレは、少年法廃止です

35 :聖人:2001/08/06(月) 18:36
少年法の廃止には、未成年の自己決定権を認めることが必須条件です。
「臭いものには蓋」的な現在の教育制度では、廃止は不可能です。
よって、教育制度改革を訴える立候補者の内容を吟味して、方向性の正しい人物に
投票すること、結果的に少年法廃止への早道です。
少年法廃止は未成年にとっても有益ですよ。

36 : :2001/08/06(月) 18:48
>それから暴走族に警察官さんどんどん発砲してください。

絶対、族に飲み込まれた車とか撃つんだよなぁ・・・
流れ弾、一般車と民家に直撃!とか新聞に書かれるな。
「日本の警察はですねぇ、実力もないのにそーゆー事やってですねぇ、」
とか評論家を騙るオヤジが言うなぁ。

37 :無主:2001/08/06(月) 20:51
>36
確かに銃はまずいかもな
無難に警棒かなんかでタコ殴りにでも・・・

38 :名無しさん:2001/08/07(火) 02:03
少年法で更正できた奴もいるだろう
でも、少年法があったばかりに犯罪に巻きこまれた奴も多い。
新聞は連日報道してる。

39 :名無しさん:2001/08/07(火) 02:58
少年を保護するより
幼児虐待を殲滅することに命掛けたほうが
はるかにかっこいい。

少年法の保護は低年齢化した組織暴力を助長する。

40 :恵一:2001/08/07(火) 03:01
>39
児童虐待防止法
児童福祉法が去年新しく出来たんだよ

41 :恵一:2001/08/07(火) 03:03
とりあえず
児童虐待防止法第三条
何人も児童に対し虐待をしてはならない
だってサ

恐ろしく当たり前な法律だね
国会は焼き払った方がいいかな
って少し思ったよ

42 :聖人:2001/08/07(火) 04:36
>>38
刑務所で更正できた大人もいます。
少年法廃止といっても実際は適用年齢を下げるだけ。
それに伴った教育改革を含めて。

実際、欧州ではいくつかの国が実践しているし
しっかり機能している。

でもどっかの国で社会を震撼させた10歳の凶悪犯罪者の処遇を
どうするかでもめてたな。

43 :http://fusianasan.2ch.net/:2001/08/07(火) 04:37
>>38
罪の重さにより、
更正させるのか、一生鎖で繋ぐのか、
の判断が必要ですね。

44 :http://fusianasan.2ch.net/:2001/08/07(火) 04:37
少年法は廃止しなくていいです。
改正は必要かもしれません。

45 : :2001/08/07(火) 22:02
改正しなくていいです。
廃止は必要です。

46 ::2001/08/07(火) 22:24
どうしたって誰かが文句を言う。
文句を言いたいだけの奴もいるが。

47 :娘命:2001/08/07(火) 22:27
ちゅどどどどどどど

48 :駄猫:2001/08/07(火) 22:30
少年法廃止はまだ早すぎる。
凶悪な少年犯罪が増えて国民に少年法廃止の気運が高まるのを待とう。
大して時間はかからんだろう。
それに人権屋のマスコミや一部野党も反対はできなくなるだろうしな。

49 :名無し:2001/08/07(火) 22:34
凶悪な少年犯罪が増加したとすれば、それは見当違いな先の改正のせい。
より厳罰方向に進めばますます増加する結果になるだろう。

なんてな。解釈次第でどうにでもなるのだよ。
ろくな論証もせず選挙のために断行した少年法改正が
いかに愚かな行為だったのかつっこまれるのがオチだな。

50 : :2001/08/07(火) 22:38
議論なんかいらん。
国民投票できめさせろ!

51 :駄猫:2001/08/07(火) 22:39
ほう?
改正後少年犯罪が増えでもしたか?

52 :名無し:2001/08/07(火) 22:40
>凶悪な少年犯罪が増えて国民に少年法廃止の気運が高まるのを待とう
といったから、そんな場合には上述のように返されるのが関の山だって事さ。

53 :駄猫:2001/08/07(火) 22:44
>>52
なら「見当違いな先の改正のせいで凶悪な少年犯罪が増加した」という根拠を問うまでさ。

54 :聖人:2001/08/07(火) 22:48
凶悪な少年犯罪なんて法改正前後で変化ないよ。
以前の感覚で説明のつかない犯罪が多くなったので
マスコミがこぞって取り上げているだけ。

でも最近の中高生は大人並みの情報を仕入れているので
判断能力をつけさせるための教育改革とセットにしての
少年法の年齢引き下げはやる必要があると思います。

55 : :2001/08/07(火) 22:56
いじめといい組織暴力は広域暴力団、極悪暴走族なみも。
刑罰強化が必要

56 : :2001/08/07(火) 23:08
犯罪者情報を公開せよ
オンラインで現住所を検索出来るようにしちくれえィ
となりにコンクリ−ト殺人者がいるかと思うと怖い

57 : :2001/08/07(火) 23:12
「この地域に性犯罪者が住んでいます」って立て看板
立てる国があったような・・・   いいなあ

58 :名無し:2001/08/07(火) 23:17
少年を守れ!

59 :名無し:2001/08/07(火) 23:20
暴走族を守れってか?お犬さまかよ

60 : :2001/08/07(火) 23:23
飼い犬に手を噛まれる・・・

61 : :2001/08/07(火) 23:27
犯罪起るたびに・・・イライラするぜ・・

62 :閻魔大王:2001/08/08(水) 00:07
不良少年、少女は、北朝鮮え留学させろ!

63 :蛸くん:2001/08/08(水) 19:33
少年犯罪被害当事者の会の意見欄に少年法廃止の意見が載っていました。

64 :名無し:2001/08/08(水) 21:23
断罪するときは大人も子供もないでしょう
更正する時だけ考慮すればいい

65 :名無し:2001/08/08(水) 21:25
いじめを見てても少年少女の犯罪者は馬鹿で残酷
組織暴力も大人社会以上に陰湿
情状酌量の余地なし

成人法と同じ扱いで問題なし

66 :名無しさん:2001/08/09(木) 03:05
陪審員制度がいいね、全員、被害者で構成する。
被害者からみて、更正できると判断されない限り極刑だあ!

67 :うい:2001/08/09(木) 03:27
未成年者がこんだけひどくあつかわれるんなら
大人はどうなるんでしょう?
痴漢したら、速攻で射殺されちゃいそうですね

68 :名無しさん:2001/08/09(木) 04:05
ガキは無茶するからなあ、容赦なく。

69 :おっぱい:2001/08/09(木) 04:07
ま、それが逆におもしれえんだけどな。

70 :名無しさん:2001/08/09(木) 04:09
笑えないこと、多すぎ

71 :名無しさん:2001/08/09(木) 07:29
ちなみに、死刑のほうが経費高いよ。
もっとも、日本ではそれ系の経費は公開されていないけどな。
しかし模倣したであろうアメリカの経費は調べれば分かる。

先入観だけで話さずにしっかりと調べてみな。>1

72 :おさる:2001/08/09(木) 13:10

                           この香り               (  (
                   ,,.r'' ゛~~` ''ッ,,  この旨さ!            )   )
                 、 ゛  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ヾ.   最高だぜ!!   ,.、    / /
                  ミ   ミ゛,へ.__, ,_ノヽ i.                .| |l   l ,´
                ミ    ミ, ( ・) {・フ 〉 ミ.          _-、i::| |ニニii '
            、,,,,ツi:     ミ,`~´ ヽ~〈  .ミ        /,‐ヽヽ`、||
          、シ``   i:      ,ゞ  'n.inヽ. .ミ          ( .〉〉/
         シ  //      ミ`    l.l ヽ"、         /  ノ
        ミ/ シ           彡 ,=こ二=.{ ミ,,      ,r'´ ,,、'゛
        ミi. /  /       ' ! w、`~^' vwv '、   ミ      〃 .ミ
       .ミ /     i:  /      `^^     \ ."   〃  ミ
      .ミ.:/ / / i:      v    !  ,,   \ 、 〃  ミ
      :i;     .i:   w      !!   ミ!:   ミ \\( ⌒ヽ
      :i;  /   i:      !!       .ミ キ    , ⌒`、_  )  )
      :il     .i:    !    w!    ミ .:i.   (_ (  _,ノ  ) ,
     :il   !  i:           ! ,〃゛  キ    ゞ、 __,  ノ ,
     .:il !   /~~````` " '''' = ‐- 、ミ  _,,,,_ミ,  il `  ー ´
     :il   ´ ―  ̄ - ,,. -‐‐-、、 ヽ. ヾ、  ゞ、 `  〃
     ゝ、wx.mn.!!++ナ'~      ヾ~ヽ、 ヽ、 ,, ~^^}´
        彡   〃  〃     }} /〉.〉〉〉i''"   〃
         彡、     {{     〃,__!////l |    〃
           X,,    》.   ≪.__`‐'.' '´,Uwwvw'、...,,,___
            ^^^^ !wニこ)こ)二)`) (_,,,..- 、...二⊃_).

73 :名無しさん:2001/08/10(金) 00:53
金がかかったら死刑はなくなるのか?
営利じゃないんだから黒字にしなくていい

74 :名無しさん:2001/08/10(金) 01:30
17歳は少年ではないと思うが

75 :名無しさん:2001/08/10(金) 01:34
次期国会で少年法廃止を決議しろ

76 :七誌さん:2001/08/10(金) 10:23
>>74
知識(情報)と知性(判断力)が一致していないことが問題。
「知識」を奪って未成年を保護しようとする勢力
「知性」を与えて大人へ引き上げようとする勢力が今の日本に混在する。
個人的には情報化社会では知識を奪うのは無意味なので
酒・煙草・性情報等を含め、現状に則した見直しをして、低年齢層からの現実的な
教育を行って、少年から大人へ引き上げてあげる(保護を外す)のが正しいと
思われ。
規制しての少年法廃止ではドキュソは減らない。

77 :名無しさん:2001/08/12(日) 00:25
人間社会のルールとはなにか、ルール違反とは何か、
犯罪とはなにかなんて子供でもわかるでしょう。
人を傷つける、殺すことがいけないってことだけ。

つまり、少年の特別待遇には根拠が無い。

78 :愛死美絵無:2001/08/12(日) 00:26
マッタクその通りだな。

79 ::2001/08/12(日) 00:32
76も示唆しているが、少年が保護されているというのは
酒・煙草・性情報等も同時に規制されていることも含んだ意味である。
そしてこの規制が敷かれる理由は
「大人と同じ責任能力がない」ということである。

犯罪にかぎって大人と同じ責任を取らせるというのはやや放論だ
ってのが特別優遇とやらの根拠。
べつに特別優遇でもなんでもないが。

80 :名無しさん:2001/08/12(日) 00:35
少年法がなくなったところで少年への保護がなくなることはない

81 ::2001/08/12(日) 00:54
日本には日本のルールがある!
人権以前に共同体のルールを破ったものには、
それ相応のしかるべき罰を与えるのは当然!
今の日本が置かれている状況もまさに甘い罰のせいである。
古代ローマ法の事を少し触れると、多神教ローマでは
価値観が多様なので、法律はモラルや宗教、哲学によって
レールがしかれるのではなく人間によって、共同体のルールによって裁かれていました。
死刑廃止論など多神教の日本では無意味!
絶対的価値観の無い日本では、共同体のルールによって
厳罰にするべきである。
司法とは、あくまで人間によるルールを維持する為のシステムである。
感情論に惑わされず、一度ローマ法の精神をふりかえってはどうか?

82 :名無しさん:2001/08/12(日) 01:23
酒・煙草・性情報等を規制したことが責任能力がなくなるのか?変な話。
責任能力を無くさせるなら・・・もっと徹底しなきゃ

まあ、そうだなあ・・・
1・少年に限り、夜間戒厳令(10持以降は外出禁止)
2・他人と口を聞くときは警察に認証された第3者を交えること(イジメの防止)
3・携帯電話は全て記録されること(犯罪の防止)。
4・バイクは少年には凶器として全面禁止。
5・買い物では全て身分を記録されなければならない(凶器入手の確認)
6・外界を移動する時は、最寄の駅・警察・コンビニに身分証明書を提示すること
(バーコード式で読み取り機に通す)

これぐらい、少年を疑って責任能力を奪えば
今の少年法でもいいYO!

83 :名無し:2001/08/12(日) 01:35
>>82
規制したことが責任能力がなくなる?
責任能力がないから規制しているってことでしょ?

79の文章が不明確なのが原因かなあ。
「犬が人殺したら懲役」がナンセンスってのは分かるでしょ。
それと同様に、責任能力が低いものに同じ責任を要求するのはナンセンス。
保護とかの話の基本だね。

あと、君の記述でまともな人間が育つとは到底思えんYO!

84 :名無しさん:2001/08/12(日) 01:41
>>83
現状では人をイジメられる能力、殺せる能力はあるし発揮できる状態。
つまり責任能力がある状態。

法的に責任能力がないと宣言しているのだから
現実の状態も同じようにしないと条文の意を反映しない。

責任能力が無い=実行することが不可の状態

85 :名無し:2001/08/12(日) 01:43
殺人を犯した奴なんか、人権もなきゃ、保護もありえない。
日本はどうなってんだぁ???
少年、少年って。
どうでもいいだろ。
人殺しておいて、人権あるのか!
ガンガン顔出せ。
みんなに見せろ。
即、死刑だそんなもん。
金の無駄だ。

86 :名無し:2001/08/12(日) 01:43
>責任能力が無い=実行することが不可の状態

ってオカシイだろ。
犬も人殺せるが、犬に保証できるか?

87 :名無しさん:2001/08/12(日) 01:47
責任能力って実行可能性のことじゃねーだろ。

88 :名無しさん:2001/08/12(日) 01:52
少年はルールを知ってますが
犬は刑法知りません。ペット板に移動しますか?

89 :名無しさん:2001/08/12(日) 01:54
責任能力のないとされてる者が犯罪を犯すはずがない。
犯したら能力があったことなる。
法的にないとするなら・・・是が非でもおこさせないようにせねば。

90 :名無しさん:2001/08/12(日) 01:56
>>89
たぶんアンタは一度法律系の勉強をした方がいい。
キチガイ一直線だあよ。

91 :名無しさん:2001/08/12(日) 02:25
>>90
だから責任能力を持たすべき
少年法廃止なのです

92 :名無しさん:2001/08/12(日) 02:33
あれれ、一件落着しちゃったの?

93 :七誌さん:2001/08/12(日) 05:01
相変わらず堂々巡りしているな。
説明している人ご苦労様です。

大人になるということは
保護を取り払い、知識と権利と責任が与えられることである。

まあ、大人でも理解していない人多いけどね。

94 :綾乃:2001/08/12(日) 13:25
責任ってものはもっと複雑なものだと思う。例えば、社会人だったらある仕事をしててそれが失敗したら自分で責任をとらなくちゃいけないでしょ。だけど、子供はそこまで求められてないんだと思う。結局責任なんて子供には取れないものだし、取り方だって分からないんじゃないかな。もし、少年が犯罪を起こす能力があっても、それは責任能力があるってことにはならないような気がする。自分の行動に責任をもてないのが子供だから。

95 ::2001/08/12(日) 14:13
待つ気なんてないし

96 : :2001/08/12(日) 14:24
その行為に対する責任ってのはどこ行くんだよ。やりっぱなしか。
だったら親に責任取らせるべきだろう。
親の住所氏名顔写真を公開。刑罰もまるまる。

97 :七誌さん:2001/08/12(日) 16:13
>>94
>結局責任なんて子供には取れないものだし
ここを少年法解釈の理念を元に説明すると
子供は不完全な生き物である社会のルールを守ることは万人が
守るべき基本であるが、子供は無知ゆえ教育の必要がある。
そしてその責任者は保護者である。
保護者は子供が社会のルールを守る為の必要以上の規制をかける
権利がありその代わり保護監督責任を問われるということです。
学校も然りです。校則でむやみに縛るのは、学校が保護者や
地域住民、関係者に対し生徒の監督責任を持つからです。
ただ、今の子供(中学生・高校生)は十分社会のルールというものを
知っています。が、判断能力に若干の不安があるので、その点を
重視して教育し、保護を外すことによって大人と同じルールの基で
同じレベルでの責任と権利を与えようというのが少年法廃止案です。

98 ::2001/08/12(日) 21:10
そもそも、成人と未成年の区別や判断能力を論議する事に意味があるのか?
30超えても分別のない大人もいるし、15ぐらいでちゃんとした考えの人もいる。
環境だって、多少の違いはあってもみな完璧なわけじゃない、どこかに問題を抱えているのが普通だ。
やはり犯した罪に応じて罰を受けないと!
あと心神喪失もやめて欲しい。ローマ時代からある概念だが、死んだ物がうかばれない。
罪だけが一人歩きし、人を殺すのだろうか?あくまで犯罪を犯すのは人間である、可笑しなヒューマニズムで論点をすりかえないで欲しい。

99 :七誌さん:2001/08/12(日) 21:31
>>98
>成人と未成年の区別や判断能力を論議する事に意味があるのか?
少年法がある限りある。

>30超えても分別のない大人もいるし、15ぐらいでちゃんとした考えの人もいる。
その通りだ。でも未成年者は法律で酒・煙草を禁止させられているし
選挙権もない。

>やはり犯した罪に応じて罰を受けないと!
極論だが、幼児の万引きに罪は問えまい。保護者の監督責任だろ。

心神喪失者も他の精神障害者に被害が及ぼされる(=同列に見られる)
風潮が続けば、保護しきれなくなり「死刑やむなし」となるんでは
ないかと考えております。ただ、この辺りの論点ってどのように
なっているのか分からないので、なんともいえないところ。

>可笑しなヒューマニズムで論点をすりかえないで欲しい。
少年法の問題はヒューマニズム論ではない。
>>97を読め。

100 :@:2001/08/12(日) 22:35
いえいえごもっともです>>97
ただ子供が責任がとれないというのは現実論で、そういう教育がなされなかったからだと思います。
私が言いたいのは、大人も責任が持ててるかという疑問です。
責任という物を早期から教える為にも、少年法は障害になるのでは?

101 :七誌さん:2001/08/13(月) 00:16
>>97
そういうことです。権利と義務は表裏一体であることを認識させる必要があります。
権利や自由だけを認めても、義務や責任だけ押し付けても物事はうまくいきません。
未成年の行動範囲や情報量は年々拡大しています。社会に触れる数が多い分
しっかりその点を教育できれば、現在の大人一般よりも責任能力の高い人たちが
多く出てくると思います。

102 :名無しさん@骨細:2001/08/13(月) 01:00
>>100
賛成です。
少年法を逆手にとって犯罪できること自体、判断能力はある。
そういう犯罪が起こっていない年代まで適用年齢限度を下げてほしい。

103 :名無しさん@骨細:2001/08/13(月) 01:07
>>99
選挙権(国政への参加)は納税(国家の歳入)と関係が有り、
納税していない少年は権利がないと思いますが・・・

まあ、自主的に納税を認めて参政権を付与する仕組みが出来れば
整合性はとれるかもかもしれません。やる奴はいないでしょうが・・

104 ::2001/08/13(月) 01:27
 少年法は廃止は流石にやりすぎだが
改正は必要。
12歳以上は殺人すれば死刑!
 

105 ::2001/08/13(月) 01:29
 ちなみに死刑には1人に付き約4億かかると聞いたことがあるが、
何にそれだけの経費が生じるのか誰か知ってますか?
 そんなに金がかかるんだったら僕がボランティアで
殺人犯を殺してあげるのに。

106 ::2001/08/13(月) 02:06
>>105
うむ。
君が殺人犯殺しまくってくれれば君一人の4億で済むからなあ。

107 :私設警察:2001/08/13(月) 22:47
人類の歴史において、世界ではじめてアメリカで少年法が成立して百数十年しか経っていない。このことを指摘しておきたい。

108 :七誌さん:2001/08/14(火) 02:13
少年法を語るとき必ず出てくるのが親の監督責任。では、果たして犯罪少年の親は
しっかり監督責任を取っているのであろうか?
そこで考えたのが少年法適用選択制。とりあえず12歳以上から
保護者が子供の少年法の適用を廃止するか否かを決定する。
廃止した場合は子供は刑法によって裁かれる。
維持した場合は保護者の監督責任で代わりに裁かれる。
裁判中は当人は強制保護施設で預かり、保護者の出所と共に
家庭に戻されるが、その後は少年法の適用は除外される。

109 : :2001/08/14(火) 02:17
みんな後者をとるでしょう

110 : :2001/08/14(火) 02:18
間違いっす。前者、廃止でしょう。

111 :名無しさん:2001/08/14(火) 02:19
だったら死刑にしたいような奴は適当に裁いてやれよ
ネットであらゆる情報を公開して。

112 : :2001/08/14(火) 02:37
そうだ、ここで闇法廷開けばいいんだ

113 ::2001/08/14(火) 03:33
>>112
某珍走団や葵龍雄みたいな発想だね。

114 : :2001/08/14(火) 23:11
仮想でもいいから、納得行く裁きを見たい
ニュース見るたびムカムカしてくる

115 : :2001/08/14(火) 23:14
>>114
別に君を納得させるために司法があるわけではない。

116 : :2001/08/14(火) 23:18
民意を反映しない司法は、国会で改正決議せよ

117 :名無し:2001/08/14(火) 23:21
民意じゃなくて「僕ちゃんの願望」だろ。

118 : :2001/08/14(火) 23:24
コンクリートの中で静かに寝て下さい

119 :名無し:2001/08/14(火) 23:25
>>117
ひょっとして人権派?

120 :名無しさん:2001/08/15(水) 00:04
コンクリートの中じゃ朝起きれない

121 :名無しさんの初潮:2001/08/15(水) 00:12
>>119 (=116?)
情けない反駁は止めんか。漏れは人権派でも117でもないが
>>117 は言いえて妙だと思うぞ。

122 :名無しさん:2001/08/15(水) 02:21
少年法よりイジメとか族とか現在国民の脅威になってることへの
法対処してくれよ、小泉

123 :___:2001/08/15(水) 12:10

どうでもいいが
透明な裁判をのぞむ

124 :(-_-)さん :2001/08/15(水) 23:03
どうしてお礼参りするやつを
更正する必要があるんだ

125 :名無しさんの初潮:2001/08/16(木) 00:10
>>124
ちょっと文章が変だな。「お礼参り」を計画している奴を更生して
真っ当な人間に仕立て上げる必要はあると思う。
あなたが言っているのは「現にお礼参りをしている奴がいる。更生
なんて役立たず」と言うことだと思うので、そちらで進めますが、
更生できない人がいて、再犯の被害者がいることは事実だ。それが
レアケースであっても許されるものではない。再犯を犯すものがいる
と言うことは司法制度の存在意義にもかかわる大問題ではないか
嘘発見器でも精神鑑定でもいいが「もう二度と罪を犯さない」と
本当に思っているのかしっかり最終判定して欲しいと思う。
そしてその判定にはじかれた人を社会に戻さないで欲しい。
それが最低限のルールではないのか?

126 :(-_-)さん :2001/08/16(木) 02:05
判定時に見抜ぬけなければそれまで。
反省が無い奴はする。

「俺は何をやっても捕まらないんだ。
暴力と殺しのライセンスがあるから」

そういう意味では成年と同じ処罰がいいし
お礼参りした場合は、重罪を科してほしい。
一生後悔するほどの

127 :名無しさんの初潮:2001/08/16(木) 02:43
>>126
親の管理責任能力、司法の判定能力の双方を疑われるのだから、
確かに再犯における少年法の適用は筋が通らないね。
少年に限らず、再犯の厳罰化はもっと検討するべきだとは思うね。
かなり再犯を躊躇する程の。

128 :(-_-)さん :2001/08/16(木) 02:50
少年の判断力が問題になるけど判断力が未成熟であるとすれば
暴走する危険も高い。(現実に凶悪化してる)

大人より危険な存在でもある。
保護する対象としてだけでなく、危険物としても扱うべき

129 ::2001/08/16(木) 03:16
私の友達もしばらく危険物でした。
今はまっとうに生きてますが、やはり人間は痛い目に遭わないと反省しないので
甘さを見せるより厳しく当たるのが筋と思われます。

130 :(-_-)さん :2001/08/16(木) 23:07
やや厳しく10tトラック・時速100kmで当ててあげましょう

131 :()():2001/08/16(木) 23:11
そもそも少年法も憲法と同じくアメリカ様から授かったもの
憲法はこの際どうでもいい!少年法なんとかせい

でも少年法が最初から無かったら、この国どうなってたんだろう・・・

132 :(-_-)さん :2001/08/16(木) 23:15
そりゃ、もちろん。
オヤジがりは無いし
コンビニも安心して行ける。
世界一安全な国神話もそのまま

133 :名無し:2001/08/16(木) 23:35
もし、少年法がなかったら・・
シンクタンクでシュミレーションしたら
どんな結果が出るんだろうか

134 :名無しさんの初潮:2001/08/16(木) 23:38
>>133
犯罪発生率は変わらないと思うよ。確信犯的凶悪犯罪は減るかもしれない
けど。

135 : :2001/08/16(木) 23:38
少年法って・・・あまやかしのじいちゃん、ばあちゃんに似てる。
甘やかして・・・極悪犯罪人を作ってしまう。
まさに、行政の口の出しすぎだね。規制緩和しろってんだ

136 : :2001/08/16(木) 23:42
>>134
少年でも名前が出て、前科が残って
減税いや減刑うけられなくて刑務所に行って
死刑にもなったりして・・・発生率はかなり変わると思うが

137 :名無しさんの初潮:2001/08/17(金) 00:14
>>136
恐らく端数でしょうね。凶悪犯罪の件数は戦後極端な減少傾向に
あります。
ましてや死刑の執行数は、年平均1桁です。
暴走族による殺人事件などでも犯人は成人だったり未成年だったり。
刑法や少年法を理解して計画的に犯行に及んだ奴は一体何人かな?
殆どが知らないんじゃないかな?程度問題(死刑にはならないとか)は
別にすると。それでも少年法廃止はありだと思うけど。

138 : :2001/08/17(金) 00:21
ということは・・・
少数化と凶悪化が同時進行してるってことですか?
2極化してるのかな、何もしないGと凶悪Gに。

139 : :2001/08/17(金) 01:26
数が減ってるなら、少年法はもう要らないよね。

大抵の少年は犯罪を犯さなくなってるし、保護の必要性は低下。
犯す奴は凶悪犯なので成人と同じでいい。
少年法を維持する根拠が無くなってきた

140 :名無しさんの初潮:2001/08/17(金) 01:39
>>138
いや、凶悪化も進行していない。ただ、理解不能な犯罪が散見している
ので、報道が大々的に取り上げているだけ。
反社会的な犯罪行為ではなく、脱社会的な犯罪行為が増えていると
よく言われる。

>>139
激しく同意。中学生以上か高校生以上かは意見が分かれると思うが、
少年法の適用年齢の引き下げは行ったほうが良いと思われ。
ただ、もうちょっと社会的判断能力をつけさせないと大人と同列に
扱われるのはやだね。やだねったらやだね。

141 : :2001/08/17(金) 02:41
>>140
脱・・社会ですか・・・
脱・・人間的=鬼畜的ではないのですか?

142 :名無しさんの初潮:2001/08/17(金) 15:36
>>141
殺人という件だけ取れば非人間的ですが、「自分以外の人間がどうなったって
構わない」という感じ。社会の規範に抵抗する(例えば暴走族的行為)ではなく
全く社会との接点のない感情からの(社会的しがらみのない)犯罪が増えている
という点がそれにあたる。

143 : :2001/08/18(土) 20:36
>>140
社会的判断力って刑事責任上いります?
何が刑罰に処せられるか、それだけわかりゃあいいじゃん。
1時間で説明おわる。

144 :はぁ?:2001/08/18(土) 21:14
>>137
>ましてや死刑の執行数は、年平均1桁です
死刑執行の数と死刑囚の数は比例していないものと思われ。

>刑法や少年法を理解して計画的に犯行に及んだ奴は一体何人かな?
殆どが知らないんじゃないかな?

ンなあほな・・・DQN少年だって、「14歳までは罪にならない」って言うのぐらい
理解してたからここまで酷くなったんじゃないの?

145 ::2001/08/18(土) 21:21
とりあえず廃止してみたら?
問題があったらまたそこで考えましょう

146 : :2001/08/18(土) 21:29
>>144
甘やかしたらいけないっていうのを法律でやったらこうなった、でしょう。

147 :名無しさんの初潮:2001/08/18(土) 22:09
よく誤解されると思うのですが、
「どうやったら犯罪の起こりにくい社会になるか」を議論している
最中に「実際に犯罪が起こっている」を例に出すのは違和感を感じる
場合が多いです。少年法を廃止すると言うことは、未成年に(全てでは
なくとも)大人と同様の権利を与えることに等しいと思います。
ただ少年法を廃止(適用年齢の引き下げ)を行えば、犯罪は激減する
かと言われれば疑問符を出さざるを得ないと思います。死刑論議よりは
少年法廃止における抑止力は強いと思いますが、それでも教育に
よる犯罪防止効果に比べればかなり無視できる範囲だと思います。
未成年・成人を問わず社会的判断能力をつけさせることは、
犯罪減少を望むのであれば必須要件であると思っております。
また、単に少年法を廃止すれば「なぜ成人と同様の責任を負わせ
られるのに規制されるものがあるのか」と権利を主張してくるのは
当然の成り行きなので、規制緩和も同時に進めなければならない
のです。

148 :名無しさん@骨細:2001/08/18(土) 23:36
>>147
>「どうやったら犯罪の起こりにくい社会になるか」を議論している
>最中に「実際に犯罪が起こっている」を例に出すのは違和感を感じる
>場合が多いです。

現実に起こっていることを無視して、一体どんな解決策が生まれるのでしょう?
本来は具体的な事件1つ1つについて解析し、その積み重ねが大切。
全てが抽象的な言葉の議論では現実に即した解決は見出せないと思う。

>少年法を廃止すると言うことは、未成年に(全てでは
>なくとも)大人と同様の権利を与えることに等しいと思います。

少年も大人も区別はないはず。
本来持っていた権利を大人が勝手に少年から奪ったと考えるべき。
奪う時に(信賞)必罰をゆがんだ形にしてしまった。
ちゃんとした法なら、運用もなされるならこんなスレ自体立たない

タバコとか酒の規制はやめてもいいでしょう。
もちろん、成長期にどんな発育不全を引き起こすかを知った上で選択性にすればいい。

少年法廃止の原点は凶悪犯罪やイジメにありますが
その根拠はやはり、法自体の不合理性です。

149 :名無しさんの初潮:2001/08/18(土) 23:52
>>148
書きながら「言葉足らずだな」とは思っていたのですが・・・
理論構築の上での実例主義を批判しているわけではないのですが、
一面的感情論での実例の提示が多かったもので誤解をさせてしまった
事をお詫びします。

未成年に規制されていることで代表的なものは、
1公民権
2酒・煙草・賭博
3ポルノ・売春
4自動車免許交付
などがあげられます。
多くの件に規制緩和推進者がおりますが、適用年齢については推進者の
なかでもかなり意見が分かれます。また、勤労・納税義務の
有無でも意見はばらばらです。これらについて納得できるだけの
土壌と教育を確立できるのならば少年法の適用年齢引き下げも検討
に値すると思っております。(そもそも被選挙権の年齢制限などでは
殆どの人が納得しておりますし)

150 :ばぶやま:2001/08/19(日) 00:15
死刑は無くていいと思います。なぜなら、もし自分の彼女や子供が殺さ
れたら自分の手で殺したいです。無期懲役でやっと出所してきた所を
捕まえて、いたぶり殺す。二重の苦しみでしょ?テレビ見てると何で
みんなそうしないのかな〜って思ってます。   

151 :名無しさんの初潮:2001/08/19(日) 00:21
>>150
死刑の代わりに終身刑が導入されたら殺せまい。

152 :名無しさん@骨細:2001/08/19(日) 00:26
>>149
未成年規制に抜けているものがあります。
5・傷害・殺人

わざわざ書くことでもないのでしょうが
言われないと「聞いてないよ」って言う奴いますので・・

あと自動車免許交付は規制緩和の必要はないでしょう。
少年にとっては凶器です。

153 :名無しさんの初潮:2001/08/19(日) 01:23
>>152
>5・傷害・殺人
成人にも規制されているって(w
っていうかどちらにも規制されていないって言うか・・・

154 :名無しさん:2001/08/24(金) 03:32
age

155 :プロ便秘スト:2001/08/24(金) 04:07
国際アムネスティの聖人君子の方々の子どもを
40人で輪姦して熱湯をかけて内臓破裂するまで鉄パイプで殴っても

加害者の更生の余地を考慮して人権守ってくれるのかな?

我が身の安全が確保されてるなら
何回でもやっちゃうぞ♪

156 :名無しさん:2001/08/24(金) 04:38
>>155
お前みたいなバカがいるからあいつ等がほくそえむんだよ。

157 :名無し:2001/08/24(金) 11:11
>>156
あいあぐりーうぃずゆー

158 :名無しさん:2001/08/24(金) 11:23
人権問題で遺族を罵倒するスレを発見
今から荒らさないか

159 :少年法廃止賛成:2001/08/25(土) 02:38
優良スレだね

160 :少年法廃止賛成 ◆NtVkSITE :2001/08/25(土) 03:02
この不景気に無駄な金つかわなくてすむんだったら、さっさと廃止してもらいたい。
馬鹿餓鬼なんかの為にそんなに金使わなくてもいいだろ?あいつらの為に、国はいったいいくら金をつかってると思ってんだ?
捜査費用だけじゃなく、刑務所の建設費、維持費、人件費、奴等の食費、医療費等、全部俺達の税金でまかなわれてんじゃねーか!ふざけるな!
甘ったれんのもいいかげんにしろ!なんで屑のために金を納めなきゃならねーんんだよ?そんな金あるんだったら、もっと高齢者福祉や雇用改革に金まわせ!

161 :名無しさん:2001/08/25(土) 03:04
>>160
刑務所の経費は増えるだろ。
野放しの方が金はかからんよ。

162 :少年法廃止賛成 ◇NtVkSITE :2001/08/25(土) 03:18
極刑をもぞむ。そしたら金が浮くのさ。

163 :名無しさん:2001/08/25(土) 03:23
>>162
極刑も高いよ。

164 :ななしだって:2001/08/25(土) 03:33
というか、極刑の方がはるかに高い。

165 : :2001/08/25(土) 03:37
少年法廃止賛成。
家庭裁判所で行われるのは、裁判とは程遠い保護更正を目的とした「審判」である。
罪を正しく裁くことなどしていない。
勿論検察官はいない。
裁くことではなく保護更正が目的なのだから、捜査をしないこともある。

年齢ではなく罪(少なくとも殺人や傷害など)から少年法とは何かを考えて欲しい。
現状では改正されたとはいえ、あくまで「保護更正」が目的。
そこでは被害者は自分の子供がどの様に殺されたか事件の詳細を知ることすらできない。
いつか少年に身近な人や自分が殺された時、今のままでは泣き寝入りするしかないのである。
こんな法律は、いらない。

166 :ななしだって:2001/08/25(土) 03:38
>>165
法は復讐代行人じゃないっすよ。

167 :165:2001/08/25(土) 03:52
>>166
復讐代行人という解釈の仕方が不明。
私刑(あだ討ち)を認めろと言っているのではない。
現状少年法という壁がある為、法律によって動く機関が、相手が少年だと解った時点で
動けないことが多いのが現状である。
審判は加害者の言い分のみで進められる。
そこで嘘をつこうが事実と全く違うことでも、それを基に勧められる。
例えば一方的に殺害された場合でも「相手が殴りかかってきた」この様に証言をすれば
そのまま通る。それが少年法。

168 :ななし:2001/08/25(土) 03:57
死刑にしても平均で10年ぐらいムショ入れられるんだから意味ねーじゃん。
しかも働かないんでしょ?

懲役のほうがいいですよ。

169 :ななし@:2001/08/25(土) 03:59
幼児でも死刑になんのか

170 :復讐代行人:2001/08/25(土) 03:59
なんで極刑のほうが高いの?すぐ殺せば経費かかんないじゃん。終身刑で、馬鹿を刑務所にかくまっておく方がもっと金がかかるんじゃない?刑務所だって馬鹿共を収容し切れず拡張しなきゃならなくなるんだし。

171 :ななし@:2001/08/25(土) 04:00
>>170
囚人は働いてるんだよ。ぼけ。

172 :ななし@:2001/08/25(土) 04:02
>>170
すぐ殺せだと?
サウジとかのキチガイ国は、おまえみたいなのがたくさんいるんだよ。
感情だけで考えるな。

173 : :2001/08/25(土) 04:02
私は子供が嫌いです。
子供は幼稚で礼儀知らずで気分屋で
前向きな姿勢と 無いものねだり
心変わりと 出来心で生きている
甘やかすとつけあがり 放ったらかすと悪のりする
オジンだ 入れ歯だ カツラだと
はっきり□に出して入をはやしたてる
無神経さ
私ははっきりいっで絶壁”です

努力のそぶりも見せない
忍耐のかけらもない
人生の深みも 渋みも
何にも持っていない
そのくせ 下から見上げるようなあの態度

火事の時は足でまとい
離婚の時は悩みの種
いつも一家の問題児
そんな御荷物みたいな
そんな宅急便みたいな
そんな子供達が嫌いだ

174 :165:2001/08/25(土) 04:08
死刑論とはまた別だと思うのだが、少年法改正を唱えると
人権派が必ず出てくる「厳罰化反対」の論調。
少年法廃止を願う人全てが、すぐ殺せやれ殺せといっているわけではない。

あくまで罪を罪として認めて、正しく裁くことができない現実を前にして
訴えているのである。
やれ殺せすぐ殺せという論調は人権派に攻撃対象とされるだけ。
少年法廃止を願い訴えていく場合、足枷になる様な気がする。

175 :名無しさん:2001/08/25(土) 04:22
>>174
漏れは逆だと思うな。少年法は「保護」という名目で未成年の人権を
縛っているんだから。実際の識者には、未成年者の人権を尊重する
為に少年法を廃止すべきといっている人もかなりいるよ。

176 :165:2001/08/25(土) 04:29
>>175
うん。そういう見方をしている人もいると思います。
私が言いたかったのは、少年法廃止を唱える時に、人権派に攻撃されやすい材料を
なくさないと、攻撃されて終わることがある。
厳罰化は尤も攻撃されやすい要素のひとつ。
実際に現状を知らない人達や、無関心な人達に訴えやすい部分だから。
(未来ある少年の命を奪うな!とかね。。)

そういった意味で、現状の少年法の名の基に行われている不公正な制度を
なくす為にも、死刑死刑と唱えていくのは足枷だと思う。という話です。

177 :復讐代行人 :2001/08/25(土) 04:32
ドアホ>171、囚人ごときが働いたくらいで、テメーの食扶持稼げるとでも思ってんのか?世迷いごとは、ちゃんと国に税金納めてから言え、糞厨房。

178 :名無しさん@骨細:01/08/27 00:01 ID:DMt1MQXk
>>176
少年法が廃止されることが厳罰化につながると考えることがおかしいと思う。
もともと信じられないくらい信賞必罰の罰をなくしてあるのだから。
それに罪がゆるいことを既得権と考えるほうがおかしい。

少年の未来は成人の未来と同等である。
名前を出さないから未来が守られるというのは
名前が出ないうちはどんなことをしても未来にキズが付かないと同等。

少年法適用年齢時に学校か警察が
「DQNでもわかる刑法」の講習会を開けばすむこと。
但し、小学校3年以下は無理かな

179 :165:01/08/27 00:15 ID:pgWYs8fA
>>178
少年法廃止=厳罰化とは書いてないですが?
私自身の思想は、少年法廃止をして、年齢に関係なく
(これは多くの人に反対されるけれど、幼稚園児だろうと私は刑事罰を与えていいと思っている)
罪の重さによって刑事罰を与えるべきだという考え方です。

対して、人権派がよく言うのが「少年法廃止により厳罰化する」ということ。
これは、第三者から見て感情的に移入しやすい面がある。
少年に対しても死刑を導入せよ!
そういうと、その事件の内容を知らない人にとっては、
「未来ある少年の命を奪うな」という風に唱えられやすい、という話。
現に、こういった形で少年法を捉えて、改正反対ということは多いでしょ?
その現実の話をしています。

かといって、厳罰化を唱え続け、少年法が廃止されないままに
泣く被害者が増える状況をそのままにしておく訳にもいかないと思う。

現在の少年法は本当にひどい。一度に廃止を唱えていても恐らく受け入れられることはないでしょう。
その為、感情面で足元をすくわれやすい「厳罰化」はひとまず抑えるべき、ということを言っています。

再三言う様ですが、私自身は、少年だろうが年寄りだろうが、罪に対してはそれ相応の罰を与えるべきという考えです。

180 :名無しさん:01/09/24 15:15
age

181 :霧島文鶴:01/09/24 18:50
俺は改正には同意。
例えば厨房になってから大人と同じに裁くとか。
それ以下は場合によって決める。
特に言えば殺人とかの重い罪なら裁く。
万引きとかの犯罪は鑑別ぐらいか、児童相談所。

182 :Nana:01/09/24 19:11
1 :名無しさんのみボーナストラック収録 :01/09/24 17:46
この男!kohichiと名乗る。
ヤツは2ちゃんネラー。X。XFANであるが、
色んな女にメアドを聞いちゃあ〜エロメールを送り
色んな名前を変えちゃあ〜2ちゃん、公式HPで
エロ荒らし行為をするヤツだ!
現にヤツの話題をヴィジュ板で書いたらエロ荒らしをしたのさ!(ゲラゲラ
kohichi=桃源鏡!!
お前等ぁ〜!いつものうっぷんをここで荒らせや!
2ちゃんネラーkohichi被害者一同代理人より・・。
さあ!kohichiお得意のエロ荒らし攻撃がくるか!?
hideのコスプレ女と(10代)とSEXしたい
30歳半ばの男!自分の不細工な写真付き名刺を配り散らす!

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=hidecity

183 :蛸くん:01/09/30 12:08
人類の歴史において少年法のない時代のほうがずっと長い、少年法のない時代にそのことで社会が大きな不利益をこうむったなどとは聞いたことがないが?

184 :名無し:01/09/30 16:56
少年法のある時代にそのことで社会が大きな不利益をこうむったなどとは聞いたことないが?いや、むしろ犯罪発生率は激減している。

185 :蛸くん:01/09/30 17:53
おいおい、少年犯罪被害当事者は大きな不利益をこうむってないのかい?

186 :名無し:01/09/30 18:22
犯罪率が1/10になれば、被害当事者も1/10になるのだよ。
被害者の受ける不利益が社会全体の不利益とみなされるならば
ほぼすべての先進国が少年保護という体制をとることは無かったであろう。

187 :蛸くん:01/09/30 19:09
少年に対する保護は、むしろ児童福祉法であろう。恵まれない少年に対する公的支援には、基本的には異論はない。少年保護といつても経済的支援と、刑事罰は別物であろう。

188 :名前なんてどうでもいい:01/10/01 03:15
俺は少年法なんていらないと思ってる。
少年法があった方がいいという奴は必ずと言っていいほど
「少年法を撤廃(或いは厳罰化)したところで少年犯罪が減る訳ではない」
という決まり文句を並べるが、ならば聞きたい。
なぜ罪を犯した人間が保護される必要があるのか?
殺人だとしたら殺された被害者は名前も顔もワイドショーや新聞でバンバン出まくるのに。
餓鬼共は少年法を逆手に取ってつけあがってるんだよ。
第一、被害者や遺族の気持ち考えれば当然だろう?
あんなもんがあるから少年犯罪が減らないんだ。

189 :ぴんきー:01/10/06 10:23
いや、まったくそのとおりだ

190 :ななし:01/10/15 17:08
いらないか            

191 :第三者:01/10/15 17:12
少年法が成立した時から基本的になにもかわっていないことが問題。

192 :おれ:01/10/16 00:07
ニュース速報板でも話題になってたが・・

一番良いのは、犯罪少年が大人になって就職してから、
(もちろん時効前に)犯罪が発覚して逮捕され処罰されることだね。

犯罪時に少年であれば少年法が適用されるのだろうし、実名も出ない
だろうが、それでも、
「成人して就職後に過去の犯罪で処罰される」のと
「犯罪の処罰を終えたあと成人して就職する」のとでは
全然違うからな

前者が非常に痛苦を与える手段としては効果的だ
実名報道がなくても、職場には知られ、職を失って没落する。
さらに、既に結婚して妻子がいればさらにいいぞ。
妻子のいる奴が、少年時代の罪で逮捕処罰され家庭崩壊。

すべての警察には、少年犯人が発覚後も、わざと泳がせて、就職結婚した後
逮捕するように薦めたい。

193 :前田雅英・都立大学教授:01/10/16 00:42
 少年法を改正し、特に刑事罰を加える場合を拡大することは、単に
被害者の視点から正義を実現するということだけでなく(それも非常に
重要なことではあるが)、社会の規範の明確化とその少年への浸透に
役立つか否かという視点から、考察されなければならない。

そして、現在の情報化社会において、「俺はまだ少年だから、犯罪を
犯しても大丈夫だ」とうそぶく少年、少年法のかなり細かなことまで
熟知した非行少年が多い現状では、厳罰化を宣言する意味はそれなりに
存在する。
(「少年犯罪を考える 統計からみたその実像」東京大学出版会P192)

194 :名無しさん?:01/10/16 00:57
『レイプは罪が重すぎると思う。減刑するべきだ2』
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/gender/997028501/l50

ここ見てみりゃ解るが、スレ題のようなこと言ってる連中がいる限り
犯罪は無くならない。
ガキの内から「悪いことはしてはいけない」ということを解らせるべきだ。
故意に犯罪を犯した人間(年齢問わず)に未来などいらない。

195 :名無し:01/10/16 09:24
罪に問われなければ、人殺すかい?
そして厳罰化の統計的意味は?

196 :胃の飢え刑事:01/10/16 10:10
>>195
>罪に問われなければ、人殺すかい?

「刑法上の殺人罪」がもし処罰されなくなったら人殺したい奴は
多いだろう。もちろん、刑罰の有無に関係なく殺さない人間の方が
それよりも遙かに多いだろうとは思うが。

殺人は極端な例かも知れないが、たとえば贈収賄や横領が処罰されなかったら
それらは激増すると思う。要は犯罪一般に対する抑止効果を否定することは
できないということだ。

197 :第三者:01/10/16 10:31
>>195
厳罰化すれば、多少は減少するでしょう。
それよりも罪を人を殺したような犯した奴を、刑務所で生かしておくために
われわれの税金が使われていることがいやなんだ。

198 :名無しさん:01/10/16 10:34
>>197
死刑の方が費用はかかるよ。

199 :劣勢遺伝氏:01/10/16 10:43
抑止効果としての厳罰化は否めない事実だと思う。
完全なる秩序は完全なる恐怖によってのみ維持されるのだと知るべきだ。
完全なる恐怖とは法による恐怖、すなわち死刑の多用を含めた厳罰主義であり、
少年法などという安直な救済は、社会に害悪を垂れ流す行為だと考えなければなるまい。
第一、理由はどうあれ積極的に犯罪を犯す意思を保持するものは、少年か?
年齢の過多だけにより、一律更生の可能性を論ずるのは愚の骨頂だと思う。
人は積極的に犯意を抱く様になった時に大人になるのだ。
故に少年法は廃止すべきだと思う。

200 :汰痢萬:01/10/16 10:46
費用がかかるのなら
石なげ死刑。

201 :ただ:01/10/16 10:47
現実には、死刑にならない犯罪者の方が圧倒的に多いわけで。
死刑にならない場合、いつかは必ず社会に戻ってくる。
処罰は必要だが、特に少年の場合、精神的な成長期でもあるから
教育的な配慮で、少しでも改善されるようにする対策も必要なのでは?

厳罰にして懲役させるのはいいが、精神がひねくれて邪悪化して出所しました・・
ではしゃれにならない。

202 :名無しさん:01/10/16 10:47
>>199
厳罰化が犯罪を抑止するはその通りだが、常に成り立つとはいえない。
繊細な問題を一つの主義で決めるのはやや暴論だとおもう。

203 :劣勢遺伝氏:01/10/16 10:58
>>202
やや暴論であることは、あえて認めます。
ただし問いたい。繊細な問題故に繊細に解決すべしとしたスタンスが、
現実の少年犯罪の増加に対して、クリティカルヒットであり得ましたか?
法制度は、つまるところ社会効率性の過多において論じられるべき筋合いのもので、
繊細な処理と「暴論な処理」とを比較して、犯罪率の低減化により効果的な手段が
どちらなのかを考えていただきたい。どう見ても後者なのでは?

204 :名無しさん:01/10/16 11:04
いや、繊細と表現した問題は少年犯罪そのものもそうであるのだが
主題は「厳罰化が犯罪を抑止する」にもかかる。
社会効率性過多において論じるならば、事実、世界最高水準の低犯罪率をほこる
わが国の(法を含んだ)社会制度は現状では理想的だとは思わんか?

ただ線形に「厳罰化」→「犯罪減る」ではないことを強調する。

205 :>204:01/10/16 11:06
言いたいことはわかるが、
だとすると、死刑廃止論も説得力を失うな
現在死刑制度が存在していることも、「理想的な現状の社会制度」に
組み込み済みなわけだから。

206 :名無しさん:01/10/16 11:10
>>205
だろうな。
少なくても、現状の日本という下地には死刑はあって自然なのだろう。

207 :劣勢遺伝氏:01/10/16 11:15
>社会効率性過多において論じるならば、事実、世界最高水準の低犯罪率をほこる
>わが国の(法を含んだ)社会制度は現状では理想的だとは思わんか?
なるほど、現状を法制度との関連のみで分析するなら、一理あるでしょう。
しかし国内においては、現実には法律以外の大きな要素として、世界的にも極めてまれな
村落共同体的体質があったことを忘れるべきではないでしょう。
今、こうした伝統的共同体の束縛がほとんど崩壊してきており、比例して
犯罪率の増加を招いているということは、従来の「低犯罪率」が法制度にのみ
依存したものでないことの証明でしょう。
従って、「犯罪率の増加」という新しい状況に即した、新しい法秩序が
今求められているということだと考えますが。

一両盗んでも死罪であったが故に江戸の治安は完全であったという話もありますよ。

208 :名無し:01/10/16 11:25
少年法廃止、賛成!!
大人でも人殺してもそう簡単に死刑にならないうえ、未成年だからと言って悪いことしても何か特している感じ。
どこかの国では禁固100年というとんでもない年数があるらしい。
それあってもいいかもしれない。

209 :毒舌 ◆Q00ouYKM :01/10/16 11:32
少年法廃止 もちろん賛成
少年だから減刑なんて矛盾している

210 :名無しさん:01/10/16 11:32
>>207
ふむ。下地の村落共同体的体質が瓦解するから法で抑止というわけかな。
私の主題としては
「厳罰化が犯罪抑止効果をもつのはある条件のもとに成り立つもので、一般性はない」
というわけだ。(未来には)新しい法秩序は確かに必要とされるかも知れん。
しかしその法秩序が厳罰に由来するべきものであるといえるのか?

何千年もの刑罰が軽くなる歴史と同時に、
犯罪率も減っているという事実を考えたい。

#江戸自体には士農工商という制度に基づいたものであって
#特権的な士族がほとんど犯罪を犯さなかったという話ではないかな?
#山には山賊が、農村では死体が転がり、レイプも日常茶飯事
#犯罪率は現在のおよそ300倍であったと聞いているが。

211 :劣勢遺伝氏:01/10/16 12:14
>「厳罰化が犯罪抑止効果をもつのはある条件のもとに成り立つもので、一般性はない」
仰られる主旨に一理アリとします。
例えば現在の中華人民共和国のように、汚職も空き巣も死罪というのは、
ここで言う非「ある条件」の方でしょう。
中国の犯罪が極めて残忍性が高いケースが多いのは、何れにせよ死罪である場合、
相対的に重大犯罪の犯罪抑止力が低下するからでしょう。

こうした死罪の「インフレーション」は、私の言う「完全なる恐怖」とも同義では
ありません。
一般に「死」をもって最大の恐怖とするならば、死罪の適切な適用こそが
「完全なる恐怖」であり、最大の抑止となるでしょう。

私が主張したいのは、そうした「適切なる(効率的な)死罪の適用配分」と「現実の国内法規」
との間に、大きな溝があるということです。とりわけ少年法などが、其の極致でしょう。


212 :トト・リイナ:01/10/16 12:28
少年法の施行は大正12年だっけ?
少年法施行前の大正11年の新聞記事を読んだけど、
「夜になると、市街地には数百人のゴロツキ、愚連隊の不良少年がたむろし、
強盗、傷害、強姦などを連日繰り返している」
みたいなことが書いてあったんですけど…。これってどういうこと?

213 :まんこ:01/10/16 23:13
あげ

214 :人民判事:01/10/17 00:11
>>212
ん?
少年法施行は1922年
ただし当時は、検事が刑事処分にするか保護処分にするかを最初に決める方式で
あった。(現在は、家裁が決める)
改正されて現行の形になって、1949年施行

215 :童貞だけど、何か?:01/10/17 00:33
小松川女子高生殺人事件
1958年8月、都立小松川高校(東京・江戸川区)の定時制に通う女子高生が、
校舎の屋上で腐乱死体となって発見されました。この事件は、犯行を認める犯人
の電話と手紙が新聞社や警察に送られてきたり、犯人と記者との間で交わされた
一問一答の録音がラジオで公開放送されたりしたので世間の注目を浴びました。
事件発覚から10日後の9月1日、女子高生と同じ高校に通う1人の少年が容疑
者として逮捕されます。少年の名前は李珍宇(当時18歳)。
当時のマスコミはこの事件を朝鮮人少年の犯行として大々的に取り扱いました。
新聞や出版物には、少年法で禁止されていたにもかかわらず、珍宇の名前や写真
が掲載され、なかには取り調べの模様までのせた新聞もありました。事件の凶悪
さのために、珍宇は18歳でありながら少年法の適用外とされ、裁判で死刑を言
い渡されます。そして支援者の減刑助命嘆願も虚しく、62年11月16日宮城
刑務所で処刑されました。

↑素晴らしい裁判官だね。こういう善良な裁判官にどんどん死刑判決を下して欲しい。

216 :123:01/10/17 00:35
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact8/

217 :人民判事:01/10/17 16:21
>>215
在日朝鮮人李珍宇が死刑になったのに、その他の強姦殺人の(日本国籍の)少年が
死刑にならないとしたら、在日朝鮮人を不当に差別したことになるな

218 :名無し(1):01/10/17 16:24
他板に行っても自作のゴルゴAAがコピペされなくて
落胆するプロ中のプロ

219 :名無し(1):01/10/17 16:24
間違えた!

220 :裁判所ガードマン:01/10/17 16:44
>>217
人民判事さん、その通り!
普段、差別するなって言っておきながら、
生きるか死ぬかで差別するのは良くないよなあ。
悪いことやったんだから、死刑だろ、李珍宇も萩原も宮野も。
みんな列になって13階段昇れ!

221 : :01/10/19 13:13
>>214
戦前の少年法では,適応年齢が14歳以上18歳未満で16・17歳には死刑の適応がある。
(実際に17歳の時の犯行で死刑になった奴もいたそうな)

222 :第三者:01/10/19 18:28
戦前の日本のほうが、国民の精神年齢が高かったかもね。

223 : :01/10/19 19:46
>>222
戦前の日本は街角にはサーベル持った警官、軍刀持った憲兵、兵役行ったら鬼軍曹。
与太もんは兵役行ったら鬼軍曹にしごかれ、それでも矯正されないときは街で暴れていたらその場で憲兵や警官が斬り捨て。

224 :/:01/10/19 19:52
もし今現在の少年法で14歳くらいの少年が他人の家族(父、母、子供1人、計3人)を
猟奇的に殺害したらどのくらいの刑になるんでしょうか?
やはり4〜5年で出てこれてしまうのだろうか。
14だと家庭裁判所止まり?う〜む、なんだかなぁ。

225 : :01/10/21 04:01
私刑がもっと盛んに行なわれれば廃止されるでしょう。
少年を私刑から守るために

226 :名無し:01/10/21 05:43
隠さないで顔と名前出しちゃえばいいのに。どうせろくな人間じゃないんだから。みせしめだよ。

227 :  :01/10/21 05:58
>>226
だから、速報板の天誅軍団付サイバー戦隊がいるじゃないの。

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)