5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

雨上がりの伝説の少年【14】

1 :名作ネタ募集中:2001/02/01(木) 02:20
【12】http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=jan&key=980108062
【13】http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=jan&key=980698750

2 :登場人物紹介 その1:2001/02/01(木) 02:23
翔様:この物語の主人公で、おぼっちゃま学校に通う老舗桜井商会の息子。
   同級生・ひらがなの姉である、年上で背の高いお嬢様が好き。
   良家のおぼっちゃまらしい、大変純情・純朴な性格。
   大好きなお嬢様の淫乱な姿を想像しては、自分の汚さに苦悩している。
   自分にない魅力を持つ平安に憧れており、
   父親の会社で働いている小僧のこともわりと信頼しているようだ。
   趣味はポエムで、出来たポエムを小僧に聞かせては満足している。
   特徴は「学ラン」と「制帽」。

3 :登場人物紹介 その2:2001/02/01(木) 02:24
小僧:桜井商会に丁稚奉公している青年。
   仕事をサボって煙草を吸ったり、喧嘩が妙に強かったりするが
   仕事は黙々とこなしているようである。
   桜井商会の前でお嬢様に一目惚れし、お嬢様の鼻緒が切れた時に
   助けたことが縁で、ますますその身分違いの恋に苦悩する。
   翔様がつくるポエムがいまいち理解できずにまた苦悩。
   お嬢様がくれた「ハンケチ」が宝物。
   トレードマークは「絣」「坊主頭」「下駄」「〜ねぇっす」

4 :登場人物紹介 その3:2001/02/01(木) 02:24
平安:翔様の学校の友人。この物語のキーパーソン。
   学校では危険思想を持ったアウトローで、プロレタリア活動家。
   その活動が特高から目をつけられていて、実はとっても危険な状態。
   翔様にとっての憧れの人であり、純朴翔様に刺激を与えている。
   女性運動家の彼女がいたり、吉原に通っていたりとかなりの発展家。
   こう見えて、学校で一番の名門出身で、日本屈指の平安財閥の御曹子。
   キャンディキャンディの「テリィ」のイメージでどうぞ。

5 :登場人物紹介 その4:2001/02/01(木) 02:25
歪:日露戦争成金のおぼっちゃまで、お嬢様のフィアンセ。
  お嬢様とは相思相愛だと思い込み、やたらとアプローチするが相手にされていない。
  だが、嫌われていることに気付いていない幸せな性格。
  「全ては僕の手の中に」と信じて疑わない。
  トレードマークは「白いブラウス」「蝶ネクタイ」「チェックのベスト」
  「ステッキ」「懐中時計」「歪車」など。
  どうやら歌舞伎関係にコネがあるらしく、鑑賞券をよく持っている。
  とっても嫌な奴だがどうしても憎めない、お得なキャラ。
  キャンディの「ニール」やちびまるこの「花輪君」的存在である。

6 :登場人物紹介 その5:2001/02/01(木) 02:25
ひらがな:お嬢様の弟。通称「ひらちゃん」
     翔様とは学校の同級生で、翔様とは比較的親しい間柄。
     神社の境内で街の不良に絡まれているところを小僧に助けられ、
     それ以来、小僧のことも友だちだと思っている。
     実は倒れかかった家の再建が肩にかかっているのだが、
     お姉ちゃん子だからか、わりと何も考えていない呑気な性格。
     今後は小僧とお嬢様との伝書鳩的な活躍が期待される。
     ふかし芋が好き。

7 :登場人物紹介 その6:2001/02/01(木) 02:26
お嬢様:翔様と小僧に想われているこの物語のヒロイン。
    ひらがなの姉で日舞を習っている大和撫子。
    翔様より4歳年上で、背が高くてキレイな女学校の生徒。
    良家のお嬢様だが早くに父親が亡くなったため、財政援助を
    してくれている湯上家の息子・歪と嫌々ながら婚約中。
    どうやら体が弱いらしく、今後の展開における処遇が危惧される。
    モデルは、先日某スレで翔様の元彼女と話題になった女性。
    もちろん最初に噂になった女性の方なので、あしからず。

8 :登場人物紹介 湯上家:2001/02/01(木) 02:26
歪父:大会社の経営者で、桜井商会とは商売仇である。
   だが日露戦争成金のため、その商法はかなり悪徳。
   お嬢様の家に資金援助をしていて、いずれは乗っ取ろうと企み中。
   イメージは宝田明、岡田真澄など。

歪母:成金を絵に描いたような品のないマダム。
   歪が可愛くて仕方ないため、金にモノを言わせて甘やかしまくっている。
   富士真奈美がイメージにぴったり。

ナオキ:歪おぼっちゃまの子分兼用心棒。
    歪が指を「ぱちん」と鳴らすと、どこからともなく参上。


9 :登場人物紹介 桜井家:2001/02/01(木) 02:27
お父様:老舗桜井商会の経営者。
    まだ登場していないが、加藤剛などがイメージらしい。
    きっと大岡越前のように温和で公平な人なのだろう。

母さん:翔様の母親。和服姿の美しく聡明な女性。
    イメージは竹下景子や高橋恵子など。
    翔様にとっては理想の女性であると思われる。
    最近、妙に平安と仲がいい翔様を心配している。

番頭:桜井商会の番頭で、小僧の上司にあたる人物。石倉三郎似。

10 :登場人物紹介 その他:2001/02/01(木) 02:28
小僧父:長野辺りで農家をしているイメージだろうか。伊東四郎で。

小僧母:貧乏子だくさんの母親。泉ピン子を御想像下さい。

平安の彼女:平塚らいてうばりの女性プロレタリア活動家。
      過激な運動で非業な死を遂げ、その遺志を継ぐかのように
      平安はますます革命運動にのめり込んで行く。

11 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:35
>>2-10
これで全部かしら?
素晴らしいわ。ありがとう

12 :787です:2001/02/01(木) 02:36
ええ、みなさまのお気に召すかどうか・・・・

13 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:37
す、すばらしい・・・>登場人物紹介
787様、どうもありがとうございました。

14 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:38
やっぱり歪のところで爆笑してしまうんだな。

15 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:38
>>12
歪が指を「ぱちん」と鳴らすと、
どこからともなく参上のナオキが素敵でした


16 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:39
どうもありがとうございます。感謝カンゲキ雨嵐でございます。>787&786



17 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:39
ひらちゃんの好物がふかし芋ってのがいい。

18 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:39
なぜか大岡越前のような翔様のお父様に萌え〜〜

19 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:40
すごすぎる・・・尊敬致しますわ。

20 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:41
平安がお嬢さんを看取る設定の場合
お嬢さんと平安の接点は?

21 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:42
あの、深夜参加していた者ですが、思いついた部分を書き込んでもいいでしょうか?
一応、人物紹介に沿っては作ってはみたんですけど。
かぶったり、主旨と違っていたらどうしようかとは不安ではあるんです。

22 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:42
私にはこのような創作能力が乏しいいので、787様脱帽ですわ。

23 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:43
申し訳ありません、上げてしまいました。逝ってきます。

24 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:43
>>20
私もそれは思っていたのですわ
やっぱり平安が看取るのはちょっと無理ではないかと・・・・
そもそも平安は拷問で逝かれる設定ではなかったでしょうか?

25 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:44
翔様のエイヤー!で許して差し上げるわ>23

26 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:44
>>20 見取るまでは考えていなかったんですが、なれ初めはなんとかこじつけたものを
   用意してはいます。

27 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:44
>>23
お気になさらずに。
せっかくここまで待っていたのですから、一緒に考えましょ。

28 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:45
>>24
お嬢様を看取ったあと逝かれるのですわ。
ちくるのはナオキあたりで。


29 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:46
すごいね・・・この登場人物紹介考えた人。
何気に現実とかぶらせて書いてあるし。
歪の歌舞伎とかナオキとか、小僧の煙草とか。すごいわ。

30 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:47
>>21
どうぞどうぞ、お書き下さい。
みんなでいろんなネタ出しあった方がいいお話になりますわ。

31 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:47
歌舞伎関係にコネ…(にやり)

32 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:48
そうなんですの?!>>24
私は憧れていた平安が死んだことにショックを受けて
「お嬢様は僕が守る!」と奮起する翔様を想像しておりました。

33 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:48
時代的に、小僧が戦争へ召集されるなんていかが?

34 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:48
>>32
お嬢様もプロレタリア活動中なんですの?

35 :ありがとうございます>30:2001/02/01(木) 02:49
では、前後関係なく連発しますね。深夜のレス、喜んでもらえて嬉しい限りです。
しつこくて申し訳ないのですが、落としきれてないぞゴラァ!と思ったら皆さん
とめてくださいね。ひらちゃんともどもよろしくです。



36 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:50
桜井商会は芋関係の会社がいいですわね。
それとも郵便関係かしら・・・

37 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:51
>>34
いや、例えば平安が今際の際に
「・・・桜井、好きな女の一人も守れないような男になる、、、な・・・」
か何か言い残して逝くのですわ。


38 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:52
郵便関係がよろしいのでは?>>36
それ、いいかも!ですわ>>33

39 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:52
桜井家の土間。うなだれる小僧。盗み見する翔様。

番「おめえ、奥様の大事なお着物をどうしてくれるんだ!」
奥「そんな怒鳴らなくても・・・ねぇ小僧、何か理由があるんでしょう?」
小「・・・・・・。」
番「このぉ・・・!」
翔「うわぁ・・こ、小僧・・・」
そこへ桜井家に遊びにきていた平安が現れる。
平「私がつい悪戯心で小僧君をおどかしてやろうと声をかけたら、彼、
  勢い余って倒れてしまって。
  おば様、番頭さん、私が弁償しますので、小僧君を許してやってください。」
といって懐より100円の札束を出す。
奥「まあ、そんなことが・・・。小僧、はっきり言ってくれればよかったのに。」
番「むぅ、まったく、せ、世話の焼ける奴だ。」
平「とにかく、受け取ってください。こういうことは気持ちの問題ですから。」

翔様のお部屋。
小「俺、なんてお礼を言っていいのか・・・。金は何年かかっても必ず返しますから。」
翔「いや、元はといえば、小僧が僕を助けようとしたから。小僧、平安さん、ごめん。」
平「別にいいさと、言いたいところだが、君達の性分じゃそうもいかないだろ
  うな。では、出世払いということで、よろしく。
  あぁ、なんか腹減ったね。銀座にコロケットでも喰いに行くか?」



40 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:52
>>37
素敵ですわ。
やはり平安はキーパーソンですのね。
お嬢様を看取るのは誰がいいかしら。


41 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:53
>>39
特に近頃いいことないや〜
昨日100円拾ったぐらいだ〜を思い出してしまいましたわ。

42 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:55
>>39
平安と石倉三郎に萌え〜〜〜ですわ

43 :あまりこれからの話と関係ないんですが・・・:2001/02/01(木) 02:58
歪とその手下から逃げ切った二人。
嬢「ありがとうございました。でも、小僧さん大丈夫かしら・・・。」
翔「あいつ、すばっしこいから。あぁ、でも、僕、きちんと武術の稽古をつけて
  おくべきでした。
  そうしたなら、あんな奴ら、エイヤーってやっつけることができたのに。」
嬢「フフ、頼もしい方。あのね、翔さんと見込んで頼みがあるのです。これか
  らも弟のひらがなと仲良くしてやってくださいね。母と私で育てたか、あの子、
  気立てはいいのだけれど、どうも薄ぼんやりとしたところがあって。」
翔「も、もちろんです。ぼ、僕なんかでよければ喜んで!」
嬢「あら、雨・・・?」
翔「あ、これ、もしよければ使ってください。」
といって持っていた番傘を差し出す。
嬢「でも、それじゃあ、翔さんが濡れてしまいますわ。」
翔「なんだか体が火照っちゃって。雨粒にでもうたれていたい気分なんです。
  もちろん、〇子さんがお家に着かれるまで、しっかりと見守りますから。」



44 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 02:59
つっついに傘!!

45 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:01
>>43
いいですわね(にっこり
ついでに

嬢「あら、翔さん、お口の端から血が・・・」
翔「あ・・・(手で拭いながら) 大丈夫です、これくらい」
嬢「どうしましょう、私のせいで・・・」
お嬢様、懐からハンケチを取り出し、
嬢「ちょっとじっとしておいてくださいね」
と、顔を近付けて翔様の口の血を拭う。
翔「・・・・(顔が真っ赤)」

というシーンはいかがでしょうか?

46 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:02
43はここで終りです。番傘貸したら、お嬢様とひらがなに会う口実が
出来るかなと思ったのと、翔様といったらやはり傘ははずせませんし。

47 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:02
やはり出てきましたわね、番傘。

48 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:03
>>43様の会話の後に、>>45様のシーンを入れたら素敵ですわ。


49 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:03
>>45ありがとうございます。どうも色恋描写が苦手なもんで。それを付け足しましょう!

50 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:06
あ、>>39もこれで終りです。短文ですみません。
平安、食いしん坊でイイ男なんです。

51 :653を訂正:2001/02/01(木) 03:08
あ、ではせっかく翔様が傘を持っていることですし、、、

小僧がナオキと殴り合いをしている間にお嬢様を助けたい翔様。

翔「◯子さんを離せ!」
歪「この坊主!生意気な!」
歪、持っているステッキで翔様に応戦。
翔様、負けじと持っていた番傘で、歪めがけて振り上げる。
傘、見事にステッキをヒット!
歪おぼっちゃまのステッキ、まっぷたつに。
歪「あ、僕のステッキが〜〜〜!」
この隙にお嬢様の手をひいて逃げる翔様。


52 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:09
ステッキVS番傘なんですね!>51
その対戦はみものですわ。

53 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:10
翔様!ついに傘を武器に!!

54 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:11
翔様に傘を持たせたら、怖いものなしですわ!>>51

55 :ひらがなはふかし芋だけでなく・・・:2001/02/01(木) 03:12
ひらがな家にて談笑する3人

嬢「平安さんはあの若さで踊りの名手で、それに長唄小唄都都逸なんでも
  ござれなんですのよ。私も何度かご指導していただきましたわ。」
翔「だから着替え場所を知っていたのか・・・。(こそっ)」
嬢「えっ?」
翔「い、いえ、なんでもないですっ!」
ひ「姉さん、姉さん。」
嬢「なあに、ひらちゃん?」
ひ「コンペイトウは甘くて綺麗で美味しいね。」
嬢「まあ、もうこんなに食べちゃって。今度はたんと買ってくるわね。」

>>20様のご指摘があったので、お嬢様と平安の馴れ初めを。
それとどうしてもひらがなにこの台詞を言わしたくて・・・。


56 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:14
なるほど平安とお嬢様の馴れ初め・・・
天晴れですわ

57 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:14
ど、都々逸・・・・(爆笑

58 :ですわで統一なの?:2001/02/01(木) 03:18
すいません、他担なんですがここの面白さには参りましたわ!
創造力豊かな嵐担に乾杯〜。
過去スレ読みに逝ってきますわ。
(邪魔してスマソ。ささ、続けて下さいな)

59 :ですわ。で統一:2001/02/01(木) 03:19
なんですわ。>>58

60 :お嬢様ってば・・・もしかして?:2001/02/01(木) 03:20
嬢「翔さん、日舞には興味あって?」
翔「あ、、、は、はい!大好きです!」
嬢「そう。それでは今度、日舞の発表会があるのですが
  よかったら来ていただけません?」
翔「喜んで!何があっても絶対に参ります!!」
嬢「そう、よかった。
  で・・・・その・・・・あの・・・」
翔「何か?」
嬢「あの・・・小僧さんって方も、、、もしよろしければどうかしら」
翔「こ、小僧・・・ですか?」
嬢「あ、無理にはいいのよ!あの方にも助けていただいたから・・・
  でもきっと日舞なんてご興味ないわよね」
翔「・・・わかりました、誘ってみます」


61 :ですわなんですよ(笑)>58:2001/02/01(木) 03:21
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=jan&key=980698750&st=662&to=662
の続きです。翔様自作の詩を読み聞かす。

翔「ど、どうだった?」(わくわく)
小「・・・・・。」
翔「なんだよ。思ったこと何でも言っておくれよ。」
小「外来語が入っていてよくわかんなかったっス。節回しも異様にドスが効いているし。
  あと、坊ちゃま、顔、恐いっス。」
翔「・・・・・。」
小「あ、番頭さんが呼んでいるので、これで。(ぺこり)」


62 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:22
お嬢様と小僧大接近ね。

63 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:22
>>61
わろーた。
外来語…!!!インザハウスYO!
北京語でもよかったかもしれないね。

64 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:23
>>60 小僧!やったじゃんですわ!!!

65 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:24
ポエムがラップ!

66 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:25
ほんとだ、北京語でもよかったですね。タイムリーだったのに>>63

67 :平安の恋愛相談室:2001/02/01(木) 03:25
平安行きつけのカフェ「ーリェチ」で平安に相談する翔様。

翔「◯子さんとうまく話せなくて・・・」
平「桜井は話がつまらないんだよ」

68 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:27
>>67
そこで翔様が椅子から転げ落ちるリアクションを取る所が
容易に想像できますわ。

69 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:28
翔「どうせ僕は・・・。」
平「また、そうやってすぐ落ち込む。」

70 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:28
歪はひらちゃんを手懐けてお嬢様に近付こうとしていただきたいのですが・・・

歪「あ、ひらちゃんじゃないか」
ひら「湯上家の黒ぼっちゃんですね。どうも(ペコリ)」
歪「黒・・・まぁいいや。ひらちゃんこれをあげるよ」
ひら「わぁ、ふかし芋だ。湯上家の黒坊ちゃんありがとうございます」
歪「お嬢様にもよろしくね」
ひら「はーい」

でもひらちゃんは鶏のごとく3歩歩けば物を忘れてしまいそうですわ。

71 :リベンジ翔様:2001/02/01(木) 03:30
懲りずに小僧にポエムを披露する翔様。

翔「今度のはどうかな?」(わくわく)
小「坊ちゃま、お風邪でもひかれたんですか?声がちょっと・・・」
翔「・・・・。」
小「あ、俺、旦那様に仕事頼まれてますんで、これで(ぺこり)」

72 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:30
>>70 かつてのあいばちゃんキャラを彷彿とさせますね。憎めないわ。
   つーか、黒ぼっちゃんって・・・凄すぎますわ。

73 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:31
湯上さんちのお坊ちゃんはひらちゃんにやさしいのね。
それともふかし芋に首の後ろが暖かくなったりする媚薬でも
入ってるのかしら・・・


74 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:32
やっぱり小僧ははっきり言ってしまうのね。

75 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:33
>>71
カフェ「ーリェチ」で平安、ポエムを読んだら小僧に・・・
翔様へこみまくりですわね。

76 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:34
結局、お嬢様の想い人はどなたなのかしら・・・

77 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:35
平安かも・・・

78 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:35
私はお嬢→小僧なんですけど、お昼のログではお嬢→平安もありましたね。

79 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:35
平安は彼女一筋ですわ!>>77

80 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:36
お嬢様の報われない恋というのもちょっと素敵じゃございません?


81 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:37
私も小僧派ですわ。


82 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:37
小「坊ちゃま、それは新しいスポーツですか?」
翔「そうだよ、父様の友人から教えていただいたんだ」
小「なんと言うものなのですか?」
翔「フェンシングと言うらしいよ。エイヤー」
小「坊ちゃんには素質がありそうっすね。」
翔「そうかい?ありがとう」

・・・少し傘ネタに触発されてしまいましたわ。
でもこの時代フェンシングが伝わっていたのかどうか・・・
るろうに剣心でも読んでみようかしら。

83 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:37
報われないのなら、せめて小僧と・・・・

84 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:38
小僧が確かに一番妥当かもしれませんわ

85 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:38
>>79さんの平安→彼女を踏まえての一コマ。

彼女「平安君は汚いわ!女性をお金で買うなんて!私、知っているんだから。
    京都での遊学時代、芸者、舞妓遊びに明け暮れていたってっ!」
平安「僕がどんな気持ちで朝から晩まで歌い踊り狂っていたか、君はちっとも
   分かっちゃいない!」

と言ってますが、私もどんな気持ちで踊り狂っていたかなんて考えていません
でした。




86 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:38
要するに翔様はどっちみち報われないということですかね(笑
ま、実際も報われなかったようなので・・・(自粛)

87 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:40
あら、久々の自粛ネタですわ(ワラ

88 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:40
ははは〜、素質ありありでしょうね。>>82


89 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:41
これで翔様とうまくいってしまっては
ドラマとして成り立ちませんしね。

90 :桜井家の傘事情:2001/02/01(木) 03:42
桜井家にて。

母「翔さん、この間買ってさしあげた番傘はどうしたの?
  まさか、またなくしたの?」
翔「ひらがな君に貸したのです、母さん」
母「そう、ならいいんだけど。
  翔さん、すぐに傘をだめしてしまうから。
  今年に入って何本だめにしたと思ってるの?」

91 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:44
嬢「小僧さん・・・、私。」
小「お嬢さん、それ以上は・・・。」

などという、切ないシーンがあれば死んでもいいです。

92 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:45
すぐに傘をダメにする傘・・・・・

93 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:45
>>85
そのあと平安は「でも心は君のものだ(吉原に通いづめていても・・・)」
とかかんとか言いそうですわね(くっさー)。

・・・書いてて背中の辺りがかゆいですわ。

94 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:46
小僧とお嬢さんの深夜密会とかあればいいですわね。


95 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:47
>>93
または自分の都合が悪くなると・・・

彼女「ねぇ!ちょっと聞いてるの!?平安ってば!!」
平安「・・・・・」
彼女「・・・また寝たフリして」
   

96 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:48
お嬢様結核だとわかる。

医者「ご家族の方は・・・」
ひら「あ、ぼくです」
医者「君は・・・弟さんかね?お姉さんの事についてなんだが、
   ・・・残念だが、結核になってしまわれたようだよ」
ひら「けっかく!?・・・それってふかし芋よりおいしいんですか?」

・・・ここを見ていらっしゃるひらがな担の方には申し訳ないですわ。

97 :ははは>93:2001/02/01(木) 03:49
じゃあ彼女に「男の人っていつもそうだわ!もう信じられないっ!!」
とでもいってもらいましょうか。

そして、彼女はさらにプロレタリア活動にのめり込み、悲劇に落ちていくと。

98 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:49
>>94
深夜密会!竜馬がゆくを思い出しましたわ。
ぜひ夜這いきぼーんなんですわ。

99 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:50
私も「竜馬がゆく」大好きですわ!>>98
駄レスですみません。

100 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:51
わろうてしまいましたわ。>>96
でも翔様(一高)と同級生なんですよね。でも面白いからいいか。

101 :竜馬がゆく・・・:2001/02/01(木) 03:52
懐かしいですわね。>>98
たしか竜馬が年上の女性のところに忍んで会いにゆく、という
場面がありましたわね。んでそこで一夜を共にするという。

102 :98:2001/02/01(木) 03:55
そう、そんなんですのよ!<竜馬がゆく
ここの方たちは博識のようでしたので
もしかしたらご存知かと話題にしてみてよかったですわ。
お嬢様とあの女性がかぶって見えてしかたありませんわ。

103 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:55
お田鶴様ですか!?>>102

104 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:56
結核とわかって隔離されたお嬢様でないと、ここの小僧は夜這いなんて出来そうも
なさそうなんですが。ましてや、翔様は・・・(自粛)

たとえば、小僧お得意の三味線が聞きたいわとか。口実を作って会いに行くなど。
貧乏だけど、かつて母親のピン子に教えてもらっていたとか。

105 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:57
>>85
・・・何気に正気に戻ってしまった同担の私。

106 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:59
>>104
では翔様は当分「ーリェチ」のままなのでしょうか・・・
翔様・・・笑いがこらえきれませんわ。

107 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:59
>>105 ネタ作りとは言え、申し訳ない。

108 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 03:59
>>103
そうですわ。

109 :小僧ピンチ!:2001/02/01(木) 04:00
仕事中、旦那様に呼ばれる小僧。

父「小僧、ちょっとちょっと・・・(と柱の陰から手招き)」
小「? 何でしょう、旦那様」
父「えーとだね、小僧には心に決めた女性とかはいるのかね?」
小「へ?」
父「実はだね、、、大玉商事知っているだろう?
  ほら、うちの取り引き先の」
小「はぁ」
父「そこの社長がだね、小僧の働きぶりを大層かってくれてだね、
  えーー、娘さんの婿養子にどうかと話してきたのだが・・・」
小「はぁ、、、へ?私がですか?」
父「あぁ、こんなにいい話はないと思うのだが・・・」
小「だ、ダメです!旦那様!私なんて・・・そんな貧乏ですし」
父「向こうはそれでもいいとおっしゃってるよ」
小「ダメです!そんな・・・」
父「いや、いいんだよ。小僧の気持ちが一番だからね。
  もったいないけど、この話は私から断わっておこう」
小「すいません・・・・」

初登場の加藤剛氏。温和な感じに仕上げてみました。

110 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:01
小僧このままのキャラだと後追いしちゃいそうだな

111 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:02
ものわかりのいいお父様でなによりですわ>加藤剛

112 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:02
>>104
申し訳ございません。当分「ーリェチ」でいてください。何も知らない翔様は
ポエム作りとフェンシングにいそしんで下さいませ。

113 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:02
>>110
大玉商事!

114 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:03
大玉商事蛇兄ですわね。

115 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:07
>>112
では翔様はお嬢様を想いながら自分をお慰めになるのね。(サービスカット)
そしてそんな自分に自己嫌悪してしまわれるのね。

・・・ごめんなさい。もう夜もいいかげん更けすぎなので私としたことが、つい・・・

116 :小僧、お嬢様の秘密を知る!:2001/02/01(木) 04:08
>>96さんの続き・・・

ひ「あ、小僧〜。」
小「ひら坊ちゃん、こんにちわ。」
ひ「ねぇ、ねぇ、けっかくってなあに?」
小「けっかく?誰か結核なんですか?」
ひ「うん、姉さんのことだよ。」
小「坊ちゃん、このことはご家族以外の誰にも言っちゃあいけませんよ。」
ひ「う〜ん、わかった。小僧の言うことは聞いてあげるよ。」


117 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:09
>>115
そうですわね(にんまり
そしてその後、自己嫌悪にかられて真夜中の土手っぺりを
浴衣に下駄でロボコップ走りされるのですわ

118 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:10
もちろん、サービスカットは必要不可欠ですわ!(断言!)>>115

119 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:10
ひらちゃん・・・頑張って。

120 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:13
もちろん、その時には
「◯子さん・・・あっ、あっ、あっ!」
と、サクラップでよがっていただきませう。>>115
・・・すいません、逝ってまいります。

121 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:15
小僧・・・せつないですわ
翔様・・・情けないですわ

122 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:15
ひらちゃん・・・

123 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:16
自己嫌悪される翔様

母「翔さん、こんな時間にどこへいかれるのですか?」
翔「母様、すみません、自分は・・・自分は・・・」
母「翔さんっ」
翔「自分は汚らわしい男になりさがってしまいました」
下駄を履いて走り去る翔様・・・


124 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:18
そういえばすっかり歪ぼっちゃまのことを忘れておりましたわね


125 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:18
湯上家豪奢なリビングにて

歪「うわ〜ん、僕の車が歪んじゃったよ〜。」
母「歪ちゃん、泣くんじゃありません!車の一台や二台すぐに買ってあげますわ。」
歪「ううん、僕、車よりももっと欲しいものがあるんだ。」
母「あなたの気持ちはわかってますよ。なのに、あの家族は恩をあだで返す
  ことしかできないのかしらっ!今に見てらっしゃい。目に物を見せてやるわっ!」

126 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:19
こえ〜〜〜、富士真奈美・・・・

127 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:19
湯上家の黒坊ちゃまは出現に波がございますわね。

128 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:21
思い出したように、黒坊ちゃまですわ。

129 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:22
湯上の名を借りた黒一家ですわね・・・
湯上母も黒魔術の達人なのかしら?<目に物見せてやる

怖いですわ・・・

130 :平安の恋愛相談室2:2001/02/01(木) 04:22
カフェ「ーリェチ」にて。

翔「◯子さんのこと、考えると体が火照って眠れなくなるんだ・・・」
平「ははーん・・・桜井もまだまだだな」
翔「・・・・・。」
平「よし、桜井、いいところへ連れて行ってやるよ」

というわけで、平安は翔様も吉原へ連れて行ったのです。

131 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:24
>>130 とうとう翔様も、オ・ト・ナですか?

132 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:25
過去ログによると、直前で逃げて帰ってきてしまうのでした>>131

133 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:26
翔様と小僧は、お互いにお嬢様のことが好きなことは知ってるのかしら?

134 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:26
歪ぼっちゃまご幼少のみぎり

母「歪ちゃん、今日はお香の焚き方を教えてさしあげるわね」
歪「かあさま、これでいいですか?」
母「あら、さすが私のかわいい歪ちゃんね。物覚えがはやいわ」
歪「今度は呪文を教えてくださいませ」

135 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:27
ふとVの嵐を思い出しましたわ・・・<翔様と小僧の恋敵

136 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:29
なるほど、>>130があって過去ログになるわけですね。残念ですわ。
でも蛇の生殺し状態の翔様も、なかなかよいものですね。(鬼畜)

137 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:29
そう言えばそうですわね>>135
今回はだいぶキャラが違うのでイメージが全くかぶりませんわ。

138 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:31
>>133
小僧は知ってそうな気がするんです。ポエム聞かされたりしてますしね。
でもここの翔様はね、ちょっと・・・(自粛)


139 :一大決心!:2001/02/01(木) 04:32
ついに思い切ってお嬢様にラヴレターをしたためた翔様

翔「小僧、これ、ちょっと読んでみてくれないかい?」
小「へぇ」
翔「どうかな?」(どきどき)
小「・・・すいません、坊ちゃま、字が汚くて読めません」
翔「・・・・。」
小「あ、これからお使いを頼まれてますんで(ぺこり)」

翔様は無言でその手紙を破ってエイヤーと投げましたとさ。
以前あった「翔様は字が汚い」ネタに触発されたので・・・


140 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:38
ワラタ・・・。>>139

翔「王義之(中国の書道家)にも負けない字を書くことのできる平安さんに
  頼みがあります。」
平「なんだい、改まって」
翔「あの、ラ、ラ・・ヴレ・・・」
平「なんだい?変な奴だな。」
翔「いや、なんでもないです。」

あくまでもヘタレな翔様であった。


141 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:40
翔様・・・メールと言う物がある時代にお生まれになって
本当によかったですわね。

142 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:41
どうでも良いのですが、やはりこのドラマのタイトルは
「雨上がりの伝説の少年」なのでしょうか?
個人的には昔リベで出たキャッチフレーズからつけたい所・・・

143 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:42
嬢「小僧さん・・・私、あなたのことが・・・」
小「お嬢さん、いけません」
嬢「でも、、、小僧さん、小僧さん、、、」
小「お、お嬢さん、、、」
嬢「小僧さん、、、小僧さん、、、小僧さん、、、」
小「お嬢さん・・?何でそんなに俺の名前を呼ぶんですか?」
嬢「小僧さん、、、小僧、、、小僧、、、」
小「お嬢さん?」
嬢「小僧、、、小僧、、、小僧、、、、」

番頭「おい!小僧!!起きろ!!」
小僧「うわあ!!お嬢さん!!!」
勢いよく起きた途端押し入れに頭をぶつけ、
戸袋から大量の本が頭の上に落ちてくる。
どさどさどさ・・・・
番頭「何が『お嬢さん!』だ!この馬鹿者!
   何十回も呼んでもちっとも起きやしない!
   今、何時だと思ってるんだ!(と、ゲンコツ)」
小僧「痛ぇ!すいません・・・」

・・・小僧、夢の中でもお嬢様に夢中。



144 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:43
>>142
何かぴったりのキャッチフレーズありましたっけ?

145 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:45
>>143 ワラタ!

146 :>143:2001/02/01(木) 04:46
小僧、カツオみたいですわ・・・

147 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:47
>>143 >>91にて死んでもいい発言をしたものですが、石倉相手じゃ死に切れません。

148 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:47
Mステの小僧の部屋の話から作ってみましたわ>>143

149 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:49
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=jan&key=968700718&st=495&to=512
これでございますわね。<キャッチフレーズ
でもお見受けしたところいいのは無いみたいですわ・・・。
タイトルまでは考えておりませんでしたわね。

150 :夢見るお年頃。:2001/02/01(木) 04:52
カフェ「ーリェチ」にて。

平「桜井、お前、キッスはしたことあるか?」
翔「キ、キッスだなんて、平安さんふしだらです!」
平「そんなことないぞ。キッスくらい普通だぞ」
翔「・・・・・」
平「ははーん、その顔はまだなんだな。いいぞー、キッスは。
  女の子の顔がな、こう近くにあって、
  唇なんてな、真綿のように柔らかいんだぜ」
翔「・・・・・」

その夜。
翔(キッス・・・◯子さんとキッス・・・・)
その時。
母「・・・翔さん、枕なんて抱きかかえて何してますの?
  しかも目をつぶって口を尖らせて、、、変な顔になってますわよ」
翔「わあ〜母さん!が、学芸会のひょっとこの練習です!
  部屋に入る時はノックくらいしてください!」

151 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:53
翔様・・・唇が触れるだけでご満足なのですね。

152 :プロレタリア活動家の彼女、瀕死の床にて:2001/02/01(木) 04:55
彼女「平安君、私達生まれてくる時代が早すぎたのかしら?」
平安「おい、しっかりしろっ!」
彼女「もっと素直な娘の方が良かったでしょ・・・。」
平安「何言ってんだ!今のお前だから、惚れたんだよ!!」
彼女「そ、の言葉が、聞けて、よ、かった・・・。」

落とせなかったです。すんません。

153 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:56
ブサ顔翔様・・・ひょっとこの練習とは(ワラ

154 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 04:57
>>150 翔様の母さんが久々に見れて嬉しかったですわ。

155 :友情編。:2001/02/01(木) 05:02
桜井家、食事時。

父「翔、最近お前、平安くんと仲がいいみたいだが」
翔「はい、平安さんはとってもいい人です」
母「でもね、翔さん、平安さんは財閥をお継ぎにもならないで
  危険な運動に参加されてるそうよ」
父「うむ、あまりよい心掛けとは言えんな」
翔「そんなことありません。平安さんはいい人です
  僕は平安さんが大好きです」
母「確かに平安さんはいい方よ。母さんも好きだわ。
  でもね、このまま平安さんとおつき合いしてると
  翔さまが今まで頑張ってきたことが“無”になってしまうわ」
父「そうだな。平安くんがいい方なのはわかるが
何もかも無になったら意味がないな。
  ちょっと間をおいて付き合った方が・・・」
翔「父さんも母さんも、何てことを言うのですか!」

お箸をお膳に激しく置いて、食事の途中で居間を出る翔様。

156 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:03
>>152
いいねー、浪漫だね。
平安おいしいとこ持っていき過ぎですわ!

157 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:04
すまん、一部改行失敗したわ。
母さんが「翔さま」とかいっちゃってるし。すみませんわ。>>155

158 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:05
>>115さん、それは平安の「HEY3」の「無」発言を踏まえているのでしょうか?

159 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:06
そうですわ>>158

160 :手がおぼつかなくなってきている:2001/02/01(木) 05:07
115→>>155だったわ。すんません。

161 :こんなところで才能発揮:2001/02/01(木) 05:13
翔様、体育の授業中。

先生「今日の授業は剣道を行う!
   まずは・・・桜井と平安!前へ出ろ!」
翔「はい!」
平「桜井とか・・・楽勝だな」
先生「試合開始!」
翔「えいやーー!突きーーー!」
平「うわーーー!ごふっ」
「一本!」

翔「平安さん、大丈夫ですか?」
平「ごほっごほっ・・・お前、意外とやるな
  こんなに突きが効いたのは、始めてだよ」
先生「桜井、お前〈突き〉がうまいな。
   どこかで習ってるのか?」

突きもの系ならお任せあれ。

162 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:19
>>60さんの続き。踊りの会に招かれた翔様と小僧。舞台裏にて。

翔「これ、差し入れのカステイラです。」
ひ「わ〜い、カステイラ、カステイラ!」
嬢「わざわざ来てくださって、本当にありがとうございます。」
翔「〇子さんの『藤娘』、何ていうか、もう、大変美しかったです。舞台上で衣装
  を次から次へと替えるなんて、あれは神業ですよね!」
嬢「小僧さんは、どうでした?」
小「・・・天女みたいだったっス。」
ひ「姉さん、カステイラ食べていい?」

163 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:20
ひらちゃん・・・本当に頑張って。

164 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:21
翔様、やっとここで素敵と思いましたわ!>>161

165 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:23
やっぱりお嬢様は小僧が気になるのね・・・>>162
張りきりすぎて会話が空回りしてる翔様が痛々しいですわ

166 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:24
ひらがな担と歪担の方々、本当にどうもすみません。
それに本編と違う方向のものしか浮かばなくなってきてしまいました。
もう、私、逝った方が良さそうかも。

167 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:24
いやいや、楽しませていただきましたわ>>166
もうこんな時間なのですね・・・

168 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:26
162>>165 雰囲気を汲み取っていただいて嬉しいですわ。

169 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:27
何ならお嬢様が翔様の話を無視されているようにも汲み取れましたわ(笑

170 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:27
>>166様、楽しいですわよ。ネタですから楽しければアリですわ。

171 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:28
小僧・・・高倉健を思い出してしまうのは私だけ?

172 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:28
楽しく時を過ごせました。では、では、皆様さようなら。

173 :翔様ファイト!:2001/02/01(木) 05:29
衣装じゃなくて、踊りを誉めてさしあげて、翔様・・・。

174 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:29
ええ、また今夜・・・
今夜も板、MAXになるのかしら・・・?


175 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:30
高倉健ぽいかも!
「・・・不器用ですから」とか言いそうだもんな>小僧

176 :最後に・・・:2001/02/01(木) 05:32
平「うわーーー!ごふっ」
ってすごくないですか?平安、よくご無事で。

>>171 高倉健とは渋いですね。小僧にも「自分不器用ですから。」と言わしてみたいですわ。

177 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:34
歪担ですが、とっても楽しいですわ。
誰かこの物語で脚本か小説を書いてくれないかしら。
話の大筋から、ちょっとしたエピソードまで
全部爆笑、感動させてもらいましたわ。

178 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:35
>>176
翔様の突きにあって無傷な方はいらっしゃらないですわ

>>177
ありがとうございます。作っていた者としては嬉しい限りですわ。
これからも頑張ります!

179 :同じく:2001/02/01(木) 05:39
>>177
どうもありがとうございます。でも気になるところがあったら、容赦なく
エイヤーと突っ込んでくださいませ。もちろんロムラーさんもね。

180 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:39
それではまた今夜にでも。
エンディングは見えているようでまだはっきりとは決まってませんわね。

181 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:44
>>178>>179
ぜひまた楽しみにしてます。
みなさん尊敬ですわ。

182 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 05:46
>>178 平安ははやり無事ではなかったのね・・

183 :   :2001/02/01(木) 07:47
  
 
  

184 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 09:22
今朝もまた楽しくロムらせて頂きましたわ。
これ読みたさに出勤してきたようなものです。
また明日楽しみにしております。

185 :ななすじゃにー:2001/02/01(木) 10:27
ほんと、楽しいです。続きがきになるところです。
頑張ってくださいませ。

186 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 10:31
30分かかって、ようやく読み終わりましたわ・・。
深夜組の皆様、大変楽しく読ませていただきました。
中国語ラップなど、タイムリーなお話も入れていただけて・・
今夜もage荒らしに負けず、創作活動にいそしんで下さいませ。


187 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 11:03
白痴っぽいひらちゃんに萌え〜でございます。
今宵のお話も楽しみにしております。

188 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 11:16
ちょっと〜皆さんおもしろすぎっ!
会社でロムってるから口元隠してニヤニヤ大変ですよぉ。
明日の朝はマスク出社します。
皆さん、頑張って〜今夜も。

189 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 11:27
翔様はやはり「僕じゃ君を守ってやれない」とお嬢様に言って、身を引いてしままれるのでしょうか・・

190 :今は真夜中・前スレ672:2001/02/01(木) 11:35
カフェー”ーリェチ”を職人のみなさまに受け継いでいただいて、嬉しゅうございます。
こちらに伺うと、
異国にいながら皆様とお茶でも御一緒しているような
楽しい心持ちになりますわ・・・。



191 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 11:44
翔様はうっかりお嬢様が逝ってしまわれる直前まで
お嬢様の病気すら知らないで日々悶々としてらっしゃるかもしれませんわよ。

翔「小僧、最近○子さんを見ないが小僧は知ってるか?」
小「坊ちゃん・・・しらねえっす、おいらは何も存じ上げてねぇッス」

192 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 11:49
>>190
やはり異国の方でしたのね・・
こちらはお昼ですが、お気になさらず作品をご披露くださいませ・・。

193 :アルバムジャケのセーターが可愛かったから:2001/02/01(木) 12:03
翔「ひら君、素敵な赤いセーターをお召しだね」
ひら「ありがとう(ぺこり)ねえまがぼくのためにあんでくださったんだ、えへ」

学校帰り、女学生でさざめく手芸店をおそるおそる覗いてみる翔。

「まあ、一高の学生さんだわ」
「フェンシング部の桜井様じゃなくって?毛糸をお探しなのかしら!」

女学生に騒がれ、真っ赤になって学生帽を深く被り直し、足早に去って行く翔。
店の奥にいたお嬢様はその騒ぎを聞き、「一高の桜井様?」と顔を上げるが
すでに翔は立ち去った後だった。
お嬢様の手には、青の毛糸玉が握り締められている。
「小僧さんにきっと似合うわ・・・」
お嬢様は、絣の着物に手編みの青いマフラーを巻いた小僧と
一緒にそぞろ歩く自分を想像して頬を染めた。

どこまでも報われない、ショウサクライ・ウイガッチュノー。

194 :193さんの触発されて・・・:2001/02/01(木) 13:56
桜井家の裏木戸にて。
嬢「小僧さん、良かったらこれ受け取っていただけないかしら」
小「・・・これ、は?」
嬢「(ほんのり頬を染めながら)いつぞやの鼻緒のお礼です。
  へたで恥ずかしいのですけれど」
小「そんなお礼なんて・・・。俺、そんなつもりじゃねえっすから。
  勿体無くて罰が当たります」
嬢「(遮るように)要らなかったら捨ててくださって構いませんわ」
マフラーを小僧に押し付けて、そのまま走り去るお嬢さん。
小「あ、これっ!」
マフラーを握り締めて、お嬢さまが去った方角を見つめて佇む小僧。

翔「小僧、そんなところに突っ立ってどうしたんだい?
  ・・・今走っていったのは・・・」
小「坊ちゃん!?」
翔「その手に持っているのは?」
小「こ、これは、その・・・。・・・お嬢さまが『翔さまに』と」
咄嗟に持っていたマフラーを翔に渡す。
翔「俺に?○子さんが?」
こくんと頷く小僧。その瞳に苦渋の色が滲み出ていることに翔さまは気付かない。
翔「俺に・・・○子さんが・・・」
小「あの・・・俺、仕事があるんで」

小僧が去った後、こっそり青いマフラーを首に巻き頬ずりする翔さま。
翔「温かい・・・」


195 :193さんの触発されて・・・:2001/02/01(木) 13:59
次の日。
あくまで偶然を装って、お嬢さまを待ち伏せする翔さま。
翔「○子さん!」
翔の首に巻かれているマフラーに目を留めて愕然とするお嬢さま。
嬢「翔さま。あ、あのそのマフラーは・・・」
翔「ありがとうございます。今年は風邪を引かずに済みそうだ」
嬢「それは・・・よろしゅうございましたわ」
翔「やあ、先ほどから雲行きが怪しかったがとうとう降ってきてしまいましたね。
  よろしければお入りになりませんか?」
常備の番傘を差し掛ける翔さま。
自分の様子には気付かず頬を染める翔さまに、お嬢さまは何も聞けなくなってしまう。
茫然自失のお嬢さまは、翔さまに促されるまま相合傘でその場を去るのでありました。

小「いいんだ。これでいいんだ・・・」
お使い帰りに偶然その場に居合わせた小僧。
物陰からその様子を見ていた小僧は、自分に言い聞かせるように呟いて踵を返す。
折りしも夕立はその激しさを増し、その粗末な絣の着物を容赦なく濡らすのであった。

なんてね(爆)。・・・ごめんなさい。逝って来ます。


196 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 14:05
うっかり小僧に涙してしまいそうになりましたわ。>>194>>195

197 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 14:22
ここを読んでいると小僧担になってしまいそうです。
小僧が幸せになりますように。

198 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 14:45
やっぱり何度読んでも、「小僧さん」って呼ばれ方と、「〜ねぇっす」
ってゆう小僧台詞は笑えるわぁ。
会社で読んでるからほんと笑いこらえるの大変。

199 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 14:52
皆さんはお嬢さんのこと、誰をイメージしてますか?
例えば女優さんとかで・・・


200 :私も触発されました:2001/02/01(木) 15:30
神社の境内で煙草をふかしている小僧。
「俺には不釣り合いなお方なんだ。ああするしかなかったんだ」と自らに言い聞かせつつも
翔様のマフラーを見て愕然となっていたお嬢様の姿が頭から離れない。
そこへ愛犬アト坊を連れたひらちゃんが。
ひ「あ、小僧くん。どうしたんだい?」
小「いや。なんでもねぇっす」
ひ「そうだ。小僧くんもこれ食べる?姉さんはお芋をふかすのがとっても上手なんだ」
手にしていたお芋を半分小僧にあげるひらがな。
小「あ、ありがとうございます。うまいっす」(食べながら涙がこぼれてくる)
「お嬢さん、俺は貴女がふかした芋で十分っす」と心の中でつぶやく小僧。
芋を食べながらうれしそうに泣く小僧の姿を見て、ひらちゃんもにっこり。
ひ「小僧くんもお芋が好きなの?僕も大好きなんだ。じゃあね」
去っていくひらちゃんを見送り、小僧は駆け足で仕事に戻っていった。

すいません。私も逝ってきます。

201 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 15:38
>>199
お嬢様・・・>>7 参照
お嬢様はあくまでも翔様より年上の女子大生の元彼女様ですわ
それしかイメージできませんわ!

202 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 15:40
そうですわね(にっこり >>201

203 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 15:58
お嬢様の編んだマフラー・・・ステキですわね。

歪「翔君、そのマフラーどうしたんだい?」
翔「お前には関係ないだろうっ」
歪「○子さんから貰ったんでしょう?僕なんでも知ってるんだよ」
翔「・・・(睨み)」
歪「僕の婚約者からの贈り物は全て僕の物なんだよ。
  取り返してよ、ナオキ」
ナオキは翔様に飛びかかっていきます。
翔「グッ・・・何するんだ、これは○子さんが自分のために・・・エイヤーッ」
その勢いで破れてしまうマフラー。そこに通りかかるお嬢様。
「まぁ、これは・・・」
翔「あ・・・あの・・・ごめんなさい。」
そして翔は全力疾走で走り去っていった。

・・・すみません。翔様に睨みをきかせ頂きたかっただけですわ・・・。

204 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 16:07
お客様が数名いらっしゃるようですわね・・

205 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 16:09
ざっつくーるの精神ですわよ。

206 :193:2001/02/01(木) 16:18
営業から戻って電脳立ち上げてみたら
素晴らしい展開につなげていただいて、ビックリですわ・・・。
嬉しゅうございます。
雨に濡れる小僧さん、お芋を食べて泣く小僧さんに、
私もうっかり涙しそうになりました。


207 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 16:38
家に帰るなり破れたマフラーを手に小僧の部屋を訪れる翔。
「小僧・・どうしよう。せっかくお嬢様が編んでくれたのに」
一瞬表情を曇らせるが、すぐに笑顔を作る小僧。
「大丈夫っすよ。俺が繕っておきます」
「じゃあ。よろしく」
翔が部屋を出るなり、マフラーに顔を埋める小僧。
「お嬢様・・お嬢様・・俺・・もう・・」

・・仕事中なのに、私ったら・・。


208 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:04
明日は学校が休み。平安さんに今夜 部屋に来ないか誘われていた。

平安の借りている古い下宿部屋。
翔はきしむ階段を上った。

平安、と書かれた表札の前で立ち止まり扉をノックしかけた。
中から女の声が聞こえてきた。
翔「誰かいるのかな」
とりあえずノックした。
平「はい」と中から声がして扉が開いた。
平「おう、桜井。中に入れよ」

平安にうながされ中に入る翔。

視線の先に飛び込んできたのは胸元の開いた
ブラウスを着た女だった。
平安と女は酒を飲んでいるらしく、
女の胸元は少し赤らんでいた。

目のやり場に困っている翔に
平「座って桜井も飲めよ」とグラスを渡した。

翔「えっ?」
驚いている間にグラスに酒が注がれた。

どの位飲んだのか?
気が付いたら朝になっていた。

翔「っ!!」
ガンガンと脈をうつ頭を押さえ、隣で寝ている平安と女を
横目に、部屋を飛び出た。
翔「こんな所を誰かに見られたらっ」
必死に走り」家を目指した。

っと、角を曲がりかけた所で誰かとぶつかってしまった。

開いてはお嬢さんだった。
しかも翔は お嬢さんに覆い被さり
片方の手がお嬢さんの柔らかい胸をつかんでいた。

209 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:07
平安・・・財閥の御曹子なのに古い下宿を借りているあたり
ナイスですわ

210 :208:2001/02/01(木) 17:12
ゴメンナサイ!
会社で人目を盗みあわてて打ったら
誤字脱字が激しくて、、、


211 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:15
193さん、お仕事お疲れさまでございます。
手編みというほろ甘い設定につい遊ばせて頂きましたわ。
失礼致しました。失礼ついでにもう少し。

ある日のカフェー”ーリェチ”にて。

いつも大事そうにしていたマフラーを今日はしていない翔さまを
からかうように見ながら、
平「そういや、いつものいかしたマフラーをしてないじゃないか。
  いったいどうしたんだい?」
翔「い、いや何でもないんだ」
平「ふふふ。君も案外隅に置けないな」
翔「・・・平安君。君だから聞くけど、女性が手編みのものを男に
  贈るっていうのはいったいどういう気持ちからだろうか?」
平「そりゃ好きだからこそだろうよ。そんなことも判らないのかい?
  好きでもない相手に手間暇かけてそういことはせんだろう。
  (小声で)ま、そういうことをしそうもない女もいるが」
翔「え?」
平「いや何でもない」
今は亡き彼女の面影に、微苦笑しながら伸びた前髪を掻き揚げる平安。
それぞれの想い人を胸に無言でカフェラテを啜る2人。


212 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:16
場面変わって桜井家。
翔さまから預かったマフラーの繕いをしている小僧の元へひらちゃんが遊びにくる。

ひ「あ、それどうしたの?姉さまの手編みのマフラーがぼろぼろじゃないか」
小「申し訳ねぇっす。柱の釘にでも引っ掛けたらしくて」
ひ「なーんだ、小僧君も意外にそそっかしいなぁ〜。気を付けてよ。
  姉さまがせっかく夜なべして編んだんだから」
小「・・・え?」
小僧の苦しい言い訳にも気付かず、無邪気に言い放つひらちゃん。

ひ「姉さまったら『小僧さんはどんな色がお好きかしら』って僕に聞くんだもの。
  頬なんか染めちゃってさ」
小「お、俺の為に夜なべを・・・」
ひ「ねえ、このふかし芋もうひとつ頂いてもいい?」
小「は、はい」
ひらちゃんの頓着しない言葉に、気もそぞろな小僧。
お嬢さまへの想いに心は千路に乱れる。

翔「まさか。・・・そうなのか?俺は、俺はいったいどうしたら・・・」
マフラーが気になって様子を見に来た翔さまは、2人の会話を偶然聞いてしまう。
矢も立ても堪らず家を飛び出すと、気持ちを振り払うように川べりをロボット走りで激走する翔さま。
その眉間には苦悩の縦ジワがくっきりと刻まれていた。
『そりゃ好きだからこそだろうよ』
翔さまの混乱した頭の中にはカフェー”ーリェチ”での平安の言葉が
ぐるぐると渦巻いているのであった。


・・・ちょっとお遊びが過ぎたようですわね。

213 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:33
切ない!切な過ぎますわ、翔様・・・
しかしながら平安と堂々と書いてある表札を
想像して変なところで爆笑してしまいましたわ。
逝ってきた方がいいのでしょうか・・・。

214 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:37
ひらちゃん・・・相変わらずいい味出しているわ。

215 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:43
本当に良い味だしてるわ〜

216 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:44
闇雲に走ってたどり着いたのはカフェー“ーリェチ”。
いつもの席に平安はおらず。
マスタアが「平安くんは吉原へ行ったよ」とのん気に言っている。
平安くんなら何かいいアドバイスをくれたかも・・・。と思いあぐねる翔様。
そんな翔様のトコロへ妖艶な女性が近付いてきた。
「あら、ぼくちゃん。かわいいじゃない。お姉さんと遊ばない?」
やけになっている翔様は言われるまま女性の後を付いていく。

ごめんなさい。

217 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:50
今は亡き女を思い、酒を煽って別の女を抱く平安が素敵です。
時代はちょっとずれますが、BGMに「酒と泪と男と女」By河島英五
が浮かんでしまいました。(ご存じの方、きっといらっしゃらないですわね)

218 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 17:50
連れて行かれた先はその女性の部屋だった。
女「浮かない顔しちゃって、どうしたの?
  賢そうなお顔が台無しじゃない。」
そう言って女は翔様の顎をとる。翔様は我に帰ると
その手を振り払った。
翔「なっ・・・何をするんですか、破廉恥な!」
女「あら、赤くなっちゃって、かわいいわねぇ」

・・・こんな展開はいいのかしら・・・

219 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 18:03
217様のおっしゃるBGMがわかってしまいましたわ・・。
飲んで飲まれるのですわね・・

220 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 18:08
平安はかっこよすぎますわ・・・・。
大人の男ですわね、4人の中では貴重な。
後の4人の役柄はみんなある意味子供ですから・・。

221 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 18:15
今日は1日楽しませていただきました。
また今宵、期待しております>深夜組のみなさま。

222 :酒と泪と男と女:2001/02/01(木) 18:18
217様 、219様。
抱いて〜抱いて〜抱かれて〜抱いて〜
というフレーズもございまですわ・・・・

223 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 18:24
へるぷれす じ〜んと きますわよ なんだか・・・

224 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 18:31
>>208
ここの平安に惚れそうです。
一夜限りの関係でも抱かれたいなどど
思ってしまいましたわ・・・。
ごめんなさい、逝ってきます。

225 :話しが戻りますが:2001/02/01(木) 18:33
>>203マフラーを奪われそうになるシーン、
歪&ナオキと争う翔さまのお顔を、
「Love2あいしてる」でネックレスを奪われそうになった時の
顎で必死に押さえていた物すごい形相をあてはめてみましたわ・・・・・
マフラーを奪われまいと、顎ではさんで上目遣いの薮にらみですわ。

226 :208:2001/02/01(木) 18:34
>224 頑張って会社で書いた甲斐があります。嬉しいですわ〜

227 :カフェー“ーリェチ”の:2001/02/01(木) 18:49
マスタアには「史上最悪の逢引き」平安回の店長をきぼーんですわ。

228 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 18:59
>>224
私も同じことを思いました。
逝ってきますわ。

229 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 19:09
>>225 まあ怖い…。
    でも笑ってしまいましたわ。
    歪の睨みとの対決ですわね。

230 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 19:14
こんな素晴らしいお話、このままここだけにとどめておくなんて
勿体無さ過ぎですわ。
是非嵐音にでも・・・
毎日5分ラジオドラマ・・・
あぁでも実写版が見たい。

231 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 19:20
マンガにしても よろしいかしら・・・少女マンガ はいからさんちっくな感じで・・

232 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 19:28
お嬢様の役は天海 ゆうき さん、いかがから?

233 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 20:01
>>232
同じ年代だったら鶴田真由さんとかどうかしら。
もう少し若い方だったら・・・仲間由紀恵さんとか。

234 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 20:38
uza

235 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 20:52
仲間由紀恵さんいいですわね。


236 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 22:53
いつも深夜組のみなさまと創作活動に勤しんでいるものです。
(ちなみに登場人物紹介も作らせていただきました)
みなさまに喜んでいただけて本当にうれしいですわ。
これからも、落としては上げ、上げては落としの精神でがんばりますわ。

ちなみにお嬢様は強いて言うなら、松たか子さんかと。
なぜかと言うと、例の年上の元彼女様は松たか子さんに似ていると・・・(以下自粛)

237 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 22:56
suge


238 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 22:59
平安さんの今は亡き恋人は どなが適役かしらね?

239 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:06
個人的には深津さんとか好みなんですが・・
でもイメージがちょっと違いますわね。

240 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:07
翔坊ちゃんをたらし込む役どころとして、
遊廓にお勤めのポンズダブルホワイト姉さんをお願い致しますわ。

241 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:10
あなたでしたか!!>>236
素晴らしい紹介をありがとうございます。
お腹を抱えて読んでしまいましたわ。
これからも頑張ってくださいませ。

242 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:11
>>240
翔様をたらしこむのは葉月里緒菜がいいかと思うのですが。。。

243 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:17
あまりの平安様のかっこよさに、
昨日はキャンディキャンディを読んでしまいましたわ。
テリィ、、、、せつなすぎます。

244 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:20
ポンズダブルホワイト姉さんは、バトロワの光子さんかしら
奥様のほうかしら・・・

245 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:21
光子のほうですわ。
彼女の恍惚とした表情が非常に良かったので・・。

246 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:22
奥様はちょっと・・・・(自粛)
まるで女狐のようです。
バトロワの光子さんは、意外と平安の彼女でもイケるのではないでしょうか?

247 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:23
>>246
そうですわね。
貴子でもいいですわ。


248 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:23
平安の彼女のイメージの方ってあまりいらっしゃらないですわね。
こうやって考えると、今はあまり骨のある女役者さんが
いらっしゃらないのかもしれませんね。

249 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:25
岩下志麻さんのような素敵な女優さんいらっしゃらないですものね。

250 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:28
平安の彼女は平塚らいてうばりなので、きっと頭がよい方だと。
頭がよい繋がりで菊川怜さんとか・・・・

251 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:30
羽田美智子さんとかいかがかしら?
この方、ちょっと昔っぽい舞台背景のほうが
映える気がしますわ。

252 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:30
どなたかいないかしらと、女優データベースまで検索してしまってますわ。
>>244 柴咲コウさん、眼に迫力のある方ですわね。>光子

253 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:31
よろしいのですが、ちょっと年齢が・・・>羽田美智子さん

254 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:31
ほー

255 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:31
翔様と同い年にびっくりです>柴咲コウ

256 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:33
もしや微妙に荒らされているのかしら?>>254

257 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:33
ファンデーションを使ってないとはびっくりですわ

258 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:34
気にしないで。

259 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:35
ま、イメージは浮かんだ時でよろしいかと・・・
お話の続きを始めませんか?

260 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:40
板落ちする恐れがあります。
書込は控えましょう。
ここは巨大掲示板「2ちゃんねる」内にある掲示板で、通称「ジャニ板」です。
2ちゃんねる内の掲示板はいくつかのサーバーにふりわけられており、
現在、ジャニ板は廃墟ロビー板や芸能有名人板、ヴィジュアル板、
ニュース速報板、アナウンサー板、Jr板、大学受験板、コスプレ板、
CCさくら板、少年犯罪板、初心者、質問板、無線板など、
ジャニーズとは関係ない人たちと同じサーバーを共有しています。
http://www.maido3click.com/2ch/
ここ数日ジャニ板はアクセスがとても多いため、サーバーに負荷がかかり、
http://news.kakiko.com/mentai/saki.html
他の関係ない板が壊れる事態が多発し、多くの人に大変迷惑をかけています。
そのため以下のことにご協力下さい。

261 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:49
ねえ、これって荒らしなのかしら?>>260
板がかなり重いのはわかってるけど、、、、

262 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:52
小説が楽しみで、今宵もやってまいりましたのに・・。

263 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:54
いえ、がんばりますわ!
でももう少しお待ちを>>262

264 :ななしじゃにー:2001/02/01(木) 23:56
>>261
荒らしでしょうね。
協力要請なら、
>そのため以下のことにご協力下さい。
肝心の「以下のこと」が書いてありませんわ(苦笑

265 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 00:01
>>264
私も荒らしかと。
Jr板の方がHit数多いのに何の処置もされてないですし。
ジャニ板なんてsakiの他の板とくらべると大したことないんですのよ。
多少は気にすることも必要ですが、ナイーブになることないんじゃないのでは?

266 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 00:04
でも今完璧赤のMAXですわ。
ちょっとは気をつけないと…

267 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 00:09
ニュース板がすごいことになってるからね…

268 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 00:10
>>265様の言うことも正しいと思いますし、
>>266様の言うことも正しいですわ。
ということで、もう少ししたらまた参ります。

269 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 00:11
それが無難ですわね>>268
私も今のうちに用事を済ませて、もうちょっとたったら来ますわ。

270 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 00:45
まだダメ?

271 :登場人物紹介:2001/02/02(金) 01:43
・翔様編 >>2
・小僧 >>3
・平安 >>4
・歪 >>5
・ひらがな >>6
・お嬢様 >>7
・湯上家 >>8
・桜井家 >>9
・その他脇役陣 >>10

272 :あらすじ その1:2001/02/02(金) 01:44
【翔様 vs 歪おぼっちゃま 編】

「死闘!ステッキ vs 番傘」の巻 >>51
「初めての相合い傘」の巻>>43
「ひとつ傘の中で・・・」の巻 >>45
「救世主・平安」の巻>>39
「桜井家の傘事情」の巻 >>90

273 :あらすじ その2:2001/02/02(金) 01:45
【恋する翔様 編】

「ポエマー翔様 」の巻 >>61
「リベンジ!ポエマー翔様」の巻 >>71
「一大決心!ポエマー翔様」の巻 >>139
「平安さんにお願いが・・・」の巻 >>140
「翔様、夢見るお年頃」の巻 >>150

274 :あらすじ その3:2001/02/02(金) 01:46
【翔様の日常 編】

「翔様、フェンシングに夢中」の巻 >>82
「翔様、才能発揮!」の巻 >>161
「友情」の巻 >>155

275 :あらすじ その4:2001/02/02(金) 01:47
【日舞にお呼ばれ 編】

「お嬢様からのお誘い」の巻>>60
「翔様、空回りしております」の巻 >>162

276 :あらすじ その5:2001/02/02(金) 01:48
【平安の恋愛相談室 編】

「平安の恋愛相談室1」の巻 >>67
「平安の恋愛相談室2」の巻 >>130

277 :あらすじ その6:2001/02/02(金) 01:49
【平安の愛 編】

「平安と彼女」の巻 >>85
「平安と彼女2」の巻 >>93
「平安と彼女3」の巻 >>95
「平安と彼女4」の巻 >>97
「その言葉が聞けてよかった・・・」の巻 >>152

278 :あらすじ その7:2001/02/02(金) 01:50
【小僧の日常 編】

「小僧の縁談」の巻 >>109
「小僧、お嬢様の秘密を知る」の巻 >>116
「大切なものを守りたい」の巻 >>191
「夢で逢えたら・・・」の巻 >>143

279 :あらすじ その8:2001/02/02(金) 01:50
【みんな大好き!ひらちゃん 編】

「ひらちゃんは金平糖が好き」の巻 >>55
「ふかし芋よりおいしい?」の巻 >>96

280 :あらすじ その9:2001/02/02(金) 01:51
【みんな大好き?!歪おぼっちゃま 編】

「黒坊ちゃま、ひらちゃんを手懐ける」の巻 >>70
「おそるべし!湯上家」の巻 >>125
「歪おぼっちゃまの幼少時代」の巻 >>134

281 :あらすじ その10:2001/02/02(金) 01:52
【手編みのマフラー 編】

「あの人に似合う色・・・」の巻 >>193
「すれ違い」の巻 >>194
「せつない三角関係」の巻 >>195
「小僧の涙」の巻 >>200
「歪おぼっちゃま、手編みのセーターを狙う」の巻 >>203
「こんなに好きなのに・・・」の巻>>207
「それぞれの愛のカタチ」の巻 >>211
「真実」の巻>>212
「少年、大いに傷つく その1」の巻 >>216
「少年、大いに傷つく その2」の巻 >>218

282 :あらすじ その11:2001/02/02(金) 01:52
【読者サービス 編】

「読者の叫び」の巻 >>91
「サービスカット その1」 >>115
「サービスカット その2」 >>117
「サービスカット その3」 >>120
「母さん、自分は汚らわしい男に成り下がってしまいました」の巻 >>123
「酒と泪と男と女」の巻 >>208

283 :ふぅ……:2001/02/02(金) 01:54
とりあえず、こんな感じで物語の流れごとにまとめてみました。
転載が違ってたりしたらすみません・・・

284 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 01:55
まぁいつのまに!
ごくろうさまですわ。

285 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 01:57
>>283 ありがとうございます。各レスのタイトルも素敵すぎて笑えますわ。

286 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 01:59
>>283さま!ビックリいたしました。感謝カンゲキ雨嵐ですわ。
ちゃんとタイトルまで付けてくださっているのですね。
またそれがぴったりじゃないですか。本当にどうもありがとうございます。

287 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:00
素晴らしすぎですわ!
プリントアウトしたいくらいです。

288 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:00
喜んでいただけて何よりですわ。
頑張った甲斐がございました。

289 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:02
283=288です。
確かリべの方で「まとめて読みたい」と言う方がおりましたので
勝手に題名をつけて、まとめてみたのですが・・・
いいタイトルがうかばなくて、気に入らないものがございましたら
ごめんなさいなのですわ。

290 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:03
こうして読み返してみると
おねえさんが結核のときでも
ふかし芋のことを考えているひらちゃんは大物だわ・・・

291 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:05
とんでもない!すばらしすぎて涙ですわ!>>289
個人的には【みんな大好き!ひらちゃん 編】と【みんな大好き?!歪おぼっちゃま 編】が
ツボですわ!歪おぼっちゃまに「?」がついてあるあたり、いいですわね。


292 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:05
>>289
気に入らないものなんてないです。私もスレ参加者なんですが、思いつつまま
書いていたのでさぞやまとめにくかったことでしょう。
ありがとうございます。

293 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:09
そろそろ傘スレ、動き始めたかな?と思ってリべより馳せ参じてまいりましたわ。
今日は職人さんたちはいらっしゃらないのかしら?
早く続きを考えとうございますわね。

294 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:10
朝〜昼組の皆さん、すごいですね。>>193-195などは、小僧があまりにも可哀想で
胸が締付けられる思いでした。
個人的には傘スレながら、小僧頑張れモードですわ。


295 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:14
そろそろ再開ですか?
こりゃ今日もオールになりそうですわね。

296 :浅草少年五人組:2001/02/02(金) 02:14
チラシを見ながら
翔「なんでも凄い人気だそうですよ。屋形船で突如現れたり、排球の会場で舞い踊ったり、お経のような歌を披露したり。」
平「それは、目新しい。俺のやっているものとは、少々異なりそうなだな。」
翔「でもね、それだけじゃないんです。実はですね・・・。」

ひらがな家の茶の間
ひ「裸同然でなんだって。寒いだろうなあ。ポンポン痛くなっちゃうよね。」
嬢「まあ、破廉恥な。ひらちゃん真似しちゃ駄目よ。」
ひ「は〜い、姉さん。」

浅草の大通りに一台の車
歪「くだらない。しょせん、子供のお遊戯に過ぎないな。どんな奴だろうと、僕
の美貌にかなうわけないね。くすくすっ。さ、ナオキ車を出しておくれ。」

お使いの帰り道、煙草をふかしつつ大看板を見上げて
小「こんな大きな舞台で、女子供の前で三味線をかき鳴らしたり、大声を出
  したり、正気の沙汰じゃねえな。俺には考えられねぇ。」(すぱー)


297 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:17
申し訳ない改行をあやまりました。>296
ちょっと毛色を変えたものです。

298 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:18
翔様の「実はですね・・・」の後が気になりますわ!>>296

299 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:20
>>298様、
すみません、そんな深い意味はないんです。ドラマでカットをつなげて
いく手法あるじゃないですか。あれです。
だから、続きはひらちゃんが言っている内容なんですよ。

300 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:21
な〜〜るほど!わざわざご解答、ありがとうございます>>299

301 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:22
お嬢様と小僧、紆余曲折があってやっと一夜を共に出来た次の日に
お嬢様が亡くなる、なーんてのはどうでしょうか?
そうですね、伊集院静の「白秋」のようなイメージで。
(きっとみなさん、わからないですよね・・・逝ってまいります)

302 :浅草少年五人組2:2001/02/02(金) 02:22
桜井家裏庭

翔「この前浅草少年五人組のレヴューを見たんだ!歌って、踊って、そして宙返り
  をするんだよ!」
小「こんな感じですかい?」(バク転くるくる〜)
ひ「小僧すごいや!」
小「俺、本当は、角兵衛獅子にさせられたかもしんなかったっスから。」
ひ「じゃあ、僕も〜。」(バク宙くるくる〜)
翔「なんだ、意外と簡単そうじゃないか。よ〜し。エイヤー!」(顔からずべちゃっ)
小ひ「・・・・・。」
小「・・ひら坊ちゃん、奥でふかし芋でも食いますかい?」
ひ「わ〜い、ふかし芋大好き〜。」
翔「むぅ・・・。」


303 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:24
小僧の腕の中でお嬢様はお亡くなりになるのですわね。


304 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:24
結局、話的にはお嬢様が亡くなるってので決定ですの?>>301
私は結構「小僧、出征」っていうやつがお気に入りなのですが。
何となく、小僧には最後まで不幸でいていただきたくて(鬼)。
そしてお嬢様には帰ってくるはずのない小僧を一生待ち続けていただきたいわ

305 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:24
小僧担としては一夜を共にしてほしいです。切実です。>301

306 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:25
では、小僧が出征してる間に
お嬢様が結核で逝ってしまわれる設定にしたらどうかしら?
小僧が戻ってきても、お嬢様はもういないのですわ。

307 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:25
むむ、それもいいですわね。>>304

308 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:26
伊集院静の「白秋」、わかりますわよ>>301
とても美しいお話でございました。

309 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:28
>>304
それ、いいですわ!賛成ですわ!
帰ってこない小僧を待ちつづけるお嬢様・・・・
それを見守る翔様、そして何も考えてないひらちゃん・・・せつないですわ

310 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:28
ラストシーンの翔様はどんなご様子なのかしら・・・

311 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:29
浅草ネタ、爆笑しすぎてぽんぽんがイタイですわ!

312 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:31
喧嘩が強くて、編み物もできて、角兵衛獅子になる予定だった小僧に萌え、ですわ

313 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:31
>>311
ありがとうございます。ホッとするものを用意したくて。本編がせつな系に
まっしぐらなもんで。

314 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:31
本筋が結構シリアスなので、こういう毛色の違うエピソードは
本当におもしろいし、嬉しいですわ。
ありがとうございます>浅草ネタ職人様

315 :平安と彼女〜出会い〜:2001/02/02(金) 02:39

京都の遊学から連れ戻され、もうどのぐらい経つのだろう。この頃、まったくと
いっていいほど稽古に身が入らない。俺の才能もここまでなのだろうか。いっそ、
きっぱりと止めてしまい、父の後を継ぐべきなのだろうか・・・?

いつものように銀座をブラブラする平安
平安「腹減ったなあ。」
運動家「女性にも選挙権を!そして人権向上を!」
平安「へぇ、勇ましいなあ・・・。」
彼女「ご署名お願いしますっ!」
平安「・・・ふ〜ん、ここに書けばいいの?」
彼女「はいっ、そうです。皆、素通りばかりで、どうしようかと思ったんだけど。
   感謝カンゲキです!」
平安「あのさ、なぜ君そんなに一生懸命になれるんだい?」
彼女「そうね、男と女が分け隔てなく生きることのできる世の中なんて、想像し
   ただけでわくわくしない?」
平安「わくわく・・・か。しばらくそんな気持ちになってないな。」
彼女「あなたも集会に来れば?大歓迎よ。」


316 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:44
勇ましいなぁ。ってところが好きだわ〜

317 :315:2001/02/02(金) 02:45
平安だけは落とせない・・。しかし最初にプロレタリア活動家を振った人間としては
どうしても書きたかったので。でもくさすぎるわ。

318 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:47
平安は、このまま落ち無しで行ってほしいわ。
周りが間抜けなキャラばかりだし。

319 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:47
現代の平安にもわくわくを与えてやって欲しいものだ。

320 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:51
>>319 激しく同意。

321 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 02:51
そうね、他のメンバーがオチありすぎて、
これで平安までオチキャラだったら収集つかないかも(笑 >>318

322 :315:2001/02/02(金) 02:53
じゃあ、現状維持で。皆さんから抱かれたい男NO1をめざしますわ。
それに比べて翔様は・・・。

323 :あの・・・:2001/02/02(金) 02:54
私も参加したいのですが、文才がないせいで思うように書けなくて・・・
「こんなシーンを!」と詳しくリクエストしますので
職人さんたち、書いていただけませんか?
私と同じ気持ちのロムラー、結構いると思いますので・・・ダメでしょうか?

324 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:01
>>323さん、大歓迎です。ちなみに私はすでに煮詰まっています。
リクエストにどれだけ応えられるかわかりませんが、努力しますので。
ただ、上げて落とすという精神なので、オチに怒んないで下さいね。

325 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:04
私からもお願いします!>>324

326 :書き逃げ:2001/02/02(金) 03:11
翔 「小僧、手にあかぎれができてるじゃないか!」
小僧「外は冷えますからね。でも気にせんでください」
翔 「そうはいかないよ。じゃあ僕のこの手袋を持っていきなさい」
黒手袋を取り出す翔様。
翔 「皮だから暖かいよ」
小僧「・・・。」

327 :いいとこ見せたい翔様:2001/02/02(金) 03:11
ひらがな家に遊びに来た翔様。
翔「◯子さんは女学校で何を専攻されているのですか?」
嬢「私?私はエゲレス語を勉強しておりますの」
翔「エゲレス語・・・すごいなあ。
  ハイカラだなあ、さすが◯子さんだ」
嬢「そんなことないですわ。全然上達しなくって」
ひ「え〜〜ん。話が難しくてわからないよ〜〜。お腹すいたよ〜〜」
嬢「あら、ひらちゃん。ごめんなさいね。
  もうすぐお芋ができあがるから、もう少し辛抱なさい」
翔(エゲレス語か...よーし!)

その夜、桜井家居間。
父「翔はどうしたんだ?食事をとるなりすぐに部屋にこもって」
母「何やらお勉強しているようですわよ。
  最近は平安君と遊んでばかりで心配してましたけど
  あの子もやっとやる気になってくれたようですわ」
父「そうか、それはよかったな」
母「そうですわね、おほほ・・・・」

1週間後。再びひらがな家に遊びに来た翔様。
嬢「あら、翔さん、いらっしゃい」
翔「Ola!Como esta?」
嬢「??」
翔「Boa tarde?」
嬢「・・・翔さん、それはポルトガル語ですわ・・・
  さすがに私もポルトガル語はちょっと・・・」
翔「・・・・。」
ひ「姉さん、僕、ポルトガル知ってるよ!
  カステイラの国なんだよ!カステイラ、カステイラ!」

・・・すいません、こんなオチで。

328 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:17
ひらちゃん・・・ますます頑張って・・・・

329 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:18
>>326 黒手袋なのね。でもあかぎれの伏線を踏まえているところが上手いなあ。
    お嬢さんとの出会いの時もあかぎれだったもんね。

330 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:19
何だか翔様が憐れでなりませんわ(ワラ
どなたか、翔様にちょっといい思いをさせてあげてくださいまし。

331 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:20
>>327
ポルトガル語、空回り・・・おいたわしや!

332 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:21
「Ola!Como esta?」素敵ですわ。翔様、でも本当に不憫ですわね。
夜はなぜかギャグに向かいがちですわね。


333 :もう、どうにもとまらない:2001/02/02(金) 03:25
ひらがな家。憂いているお嬢様。

〇子「最近、体がだるい。お母様やひらちゃんは何も言わないけど、私、もしかしたら・・・?」
小 「ごめんくださーい。」
〇子「まあ、小僧さん。どうなすったの?」
小 「使いで近所まで来たもんで。お体の加減、いかがスか?」
〇子「え、えぇ、もうだいぶん・・・。」
小 「・・これ、田舎の母ちゃんが送ってきてくれた梅干っス。お口に合うかわか
   んねえけど。」
〇子「まあ、ありがとうございます。美味しそう・・・。小僧さん・・・ひらちゃん
   や私とずっとこのまま仲良くしてくださいね。」
小 「・・俺、いつまでもこのままじゃいられないっスよ・・・。」


334 :黒手袋といったら、これでしょう:2001/02/02(金) 03:27
桜井商会で年に一度の大掃除が行われた。
番頭「おい!小僧、モタモタしてないでこっちの荷物を運べ!」
小「・・・ったく、石倉番頭だって何もしてねぇのに(こそっ)」
番頭「・・・何か言ったか?」
小「いや、何も。今、運びますんで」

そこへ・・・
翔「やあ、みなさん御苦労様です。僕も手伝いますよ」
番頭「やや!坊ちゃま!何をおっしゃいます!!
   坊ちゃまに手伝わせたら罰が当たります!
   ここは埃がすごいですから、あちらで遊んでてくだせえ」
翔「いや、いいんだ。手伝わせてくれ。
  ほら、この通り、頭にハチマキもしてきたんだ」
番頭・小僧「・・・・・・。」

335 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:27
このままじゃいられないのね・・・

336 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:28
>>333
きゃーー!どうする小僧!?

337 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:29
>>334
翔様・・・素敵ですわ。


338 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:29
>>333 多分、梅干しネタは小僧母が春コンで差し入れたからでしょう!

339 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:30
ハチマキ・・・わらた。きっと赤いんでしょうね。>334

340 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:33
そうです。>>338
さてどうしましょう。私、小僧例え死んでも、お嬢と一夜ともに派なんです。>>336


341 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:36
>>336
もちろんですわ!私もそうですわ!
しかも私的にはお嬢ではなくて小僧に死んでいただきたい。
その方が話が盛り上がると思いますの。
あと、お嬢と小僧の契りも1回だけの方が盛り上がりそうでは?

342 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:39
>>341
いいですね。契りという言葉がそこはかとなく悲しい感じで。私は、エロネタが
下手なので、どなたかよろしくお願いいたします。

343 :せつないぞ、小僧:2001/02/02(金) 03:44
小僧実家にて。
小母「ちょっと!父ちゃん!小僧から手紙が来てるだよ!」
小父「・・・そうか。母ちゃん、読んでけろ」
小母「んだ、ちょっと待ってけろ(がさがさと手紙を広げ)
   えーーっと、では読むぞい。
   ----------------------------------------
   おっ父、おっ母、元気でやってるか?
   小僧太や小僧郎、小僧助、小僧美、小僧江、小僧子たちも元気か?
   俺もやっと東京になれ、元気に働いている。
   桜井商会のみんなはとってもいい人ばかりです。
   旦那や奥様はさすが東京の人って感じで上品だし、
   石倉番頭も厳しいけど、いい人です。
   旦那の息子の翔様も・・・優しくていい方です。
   東京で友だちもできました。
   翔様の同級生のひらがな坊ちゃんは、こんな田舎者の俺にも
   優しく話かけてくれます。
   ひらがな坊ちゃんには・・・とっても美しいお姉さんがいて
   翔様はどうやらお嬢さんに夢中みたいです。
   俺は・・・俺は、翔様とお嬢様にうまく言ってもらいたいと
   ・・・・そう思ってます。
  
   さて、おっ母にお願いがあるんだ。
   おっ母の梅干しを、ちょっと多めに送ってくれないか?
   お金を少しだけど同封します。
   小僧太たちに靴下でも買ってやってくれ。

                       小僧
   ----------------------------------------
   ・・・元気そうで何よりだべな!父ちゃん!」
小父「・・・・。」
   

344 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:46
妹の名前にまで小僧・・・ぽんぽんいてぇ〜

345 :343:2001/02/02(金) 03:47
すいません、方言がわからないもので・・・・
小僧の両親をどうしても登場させたかったのに、うまくいかなかったわ

346 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:48
>>343 爆笑!!小僧太や小僧郎、小僧助、小僧美、小僧江、小僧子
    小僧七人兄弟なのねー!

347 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:49
もちろん、小僧が長男です。

348 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:50
>俺は・・・俺は、翔様とお嬢様にうまく言ってもらいたいと
>・・・・そう思ってます。

こ、小僧・・・・(涙)

349 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:51
故郷は長野らしいですね。でもイメージはおしんの世界。
なんつってもピン子と四朗ですもんね。

350 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:52
>>342
となると、お嬢様は結核じゃない方がいいのかしら?
>>343
敬服致します。もう腹筋が筋肉痛寸前です。

351 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:53
どなたか長野辺りの出身の方、いらっしゃいませんこと?
方言指導をお願いしたいですわ。

352 :およしになって、翔様!:2001/02/02(金) 03:54
平「桜井、近頃女性の間で流行っているパーマネントというのを知っているかい?」
翔「なにやら、頭に電気のコードをたくさんつけて巻き髪にするそうですね。」
平「”ーリェチ”の女給がしてきたんだよ。なかなか似合っていたさ。お前もして
  みろよ。きっといなせな伊達男になるぞ。〇子さんも惚れ直すってもんだ。」
翔「本当ですか!じゃあ、一度挑戦してみようかなあ。」


353 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:55
およしになって!>>352

354 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:55
いよいよ出てきましたわね!
おばぱーネタ(にやり

355 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:57
342>>350
難しいですね。結核推進派もいることでしょうし。不治の病と思っていたのに
女性が助かって、フィアンセが列車事故で死んでしまう「塩狩峠」を思い出しましたわ。

356 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 03:59
ひらちゃんの結核ってふかし芋よりおいしいの?って
強力なネタがありますからね…

357 :いつの時代も。:2001/02/02(金) 04:00
ある朝。ひらがな家。
ひ「え〜〜んえ〜〜ん、姉さん、姉さ〜ん」
嬢「どうしたの?ひらちゃ・・・何!?そのお顔は!」
ひ「目の下が黒くなっちゃったよ〜〜え〜〜ん」
嬢「ひらちゃん、ひどいクマじゃない」
ひ「え〜んえ〜〜ん」
嬢「また夜遅くまで漫画読んでいたのでしょう?」

358 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:01
なかなか難しいですわね・・・>小僧とお嬢の展開

359 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:03
お嬢様の養生のために、空気のおいしい小僧の田舎に行くってのは?
昔は結核患者はサナトリウムに行きましたし。
「風立ちぬ」の世界ですわ。

360 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:04
ひらちゃんが読んでいるのは、「のらくろ」なのかしら。
それでも一高生、翔様と同級生なんですね。

361 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:05
確かにMステのひらちゃんはすごいクマでした・・・

362 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:05
湯上さんちの別荘に療養してたお嬢さんが
実は別荘が小僧の実家の近くで
小僧が帰省しているとき(実は特攻隊とかで)
偶然再会して一夜をともにするとか。

363 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:05
>>360
ひらちゃんって、やっぱり大物。

364 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:06
おぉ!サナトリウム萌え〜ですわ。でもこれって、婚約者(女)が死んでしまうんですよね。

365 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:07
このスレのネタ職人さんたちって、すごい学識あるよなぁ。憧れるわ。

366 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:08
>>362 いいかもですわ!小僧の出た特攻隊のドラマを思い出しましたわ。

367 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:08
>>362
いいですわね!特攻隊小僧を想像しただけで今から涙が・・
しかし、こうなるとヘタレ翔様が絡んできませんわね・・・うーむ

368 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:09
翔様の別荘にて療養のお嬢様。
そこに「うちの別荘へ!」と湯上一家が押し寄せてくるとかは?>>367

369 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:09
>>362
少々都合のいい展開のような気もいたしますが、
湯上さんがらみなので読んでみたいですわ。

370 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:09
専攻学科がこんなところで役に立つなんて思いもよりませんでした。>365

371 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:10
>>368
ははぁ、なるほどね。
療養中に歪やら富士真奈美やらが押し寄せてきたら、療養にならなくていいかも(笑

372 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:11
あら、日文とか?>>370
私は専攻は違うのですが、読書癖がこんなところで役に立つとは・・・ですわ

373 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:13
370>>372
そうでございます。その上、細々ながら近代文学を主にやっていたのです。
読書癖が役に立ってようございましたわね。 

374 :嫌な一家・・・:2001/02/02(金) 04:14
愚かな湯上家母が結核のお嬢様を受け入れるとは思えませんわ

母「歪ちゃん!あんな結核女のことなんて忘れなさい!」
歪「いやだよ〜〜あの女じゃなくちゃいやなんだよ〜〜」
母「歪ちゃん!しっかりしなさい!
  世の中にはあんな結核女よりもいい女がたくさんいるざます!」
歪「ぐすん・・・そ、そうかな?(にやり」

こんな感じでしょうか?

375 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:17
>>374
富士真奈美だと思うと、おかしくて仕方ない。
はまり役にもほどがあるわ。

376 :一夜の序曲。:2001/02/02(金) 04:23
「赤紙」が来て、特攻隊員として出征することになった小僧。
出征前に生まれ育った村に帰ってきていた。
ある夜、小僧は林の中の自分だけのお気に入りの場所にいた。

小(はぁ、、、もうすぐこの景色ともおさらばか。
  もう、、、ここに来ることはないだろうな。
  最後に一目でいいからお嬢さんに会いたかったな、、、
  お嬢様、坊ちゃまと結婚するのだろうか・・・・
  できれば、俺がこの手で・・・・
  なんてな、もうすぐ死ぬってのにお嬢さんのことばかり考えるなんてな)

その時であった。
がさがさっと茂みが動き、小僧が目をこらして茂みを見ると
そこには・・・・夢にまで見た、あの人の姿があった。
小「お、お嬢さん・・・?!ま、まさか・・」
嬢「・・・小僧さん、、、?小僧さんなの?どうしてここへ!?」

こんな感じの出逢いかしら?


377 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:25
お互い氏が近づいてるなんて状況として切なすぎるわ。

378 :翔様の想い、小僧の想い:2001/02/02(金) 04:30
桜井家。居間。

翔「父さん、母さん、折り入って頼みがあります。」
母「まあ、なあに、翔さん、改まって。」
翔「実は僕の友人のお姉さんが、け、結核にかかりまして。」
母「まあ・・・。」
翔「どうしても空気のいいところで静養させてあげたいのです。そこで、うちの
  別荘を貸して差し上げたいのです。どうか、お願いいたします!」
母「でも、結核といったら・・・。」
翔「〇子さんは死にません!必ず直ります!」(涙を目に浮かべながら)
父「翔がこれほどまでに、言っているんだ。母さん、私達もそのお嬢さんのため
  に人肌脱ごうじゃないか。」
翔「父さん・・・ありがとうございます。」

立ち聞きする小僧
小「坊ちゃま、俺、やっぱりかなわねぇス・・・。」


379 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:37
さっきまでのギャグとはうってかわって、
どんどんせつな系になってきましたね。

380 :難しいなぁ:2001/02/02(金) 04:41
小「お嬢さん、、、俺、お嬢さんのことが」
お嬢様を力強く抱きしめる小僧。
嬢「ダメ・・・結核が伝染ってしまう・・・」
小「いいんです!お嬢さん、お嬢さん・・・」
嬢「小僧さん・・・・」

月明かりが2人を静かに照らしていた。

381 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:43
このままの展開だと、契りは野外になってしまうわ!
そこのところはどうなんでしょ?

382 :あねおとうと:2001/02/02(金) 04:43
嬢「ひらちゃん、体に気をつけて。あまり夜更かししちゃ駄目よ。」
ひ「うん、僕はいつでもぶりばり元気だよ。姉さんこそ、自分の体の心配しなく
  ちゃいけないのに、変なの〜。」
嬢「ほんと、変ね・・・。あら、やだ、姉さん、目にゴミが入ったみたい。
  ひらちゃんの顔がかすんで見えないわ・・・。もう、行くわね。」
ひ「姉さん!」
嬢「なあに?」
ひ「またいっしょにふかし芋食べようね!」


383 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:45
>>382
ひ「あ、姉さん!」
嬢「なあに?」
ひ「お土産は金平糖がいいなあ」
でもいいかも。

384 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:45
契りが野外だなんて・・・・(ぽっ)
私はいいと思いますけど、みなさまは?

385 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:46
あら、ほんとですわ!野外・・・小僧、ワイルドね〜で終わらせますか?
それともすんでのところでか・・・難しいですわね。

386 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:48
>>384 野外でさらっと流してくれれば良しでは?>>380で終わってもいいのでは?
    で、朝というか、事が終わっているシチュエーション希望ですわ。

387 :イマイチだなぁ:2001/02/02(金) 04:50
>>385

小「お嬢さん、、、小僧はずっとお嬢さんを・・・」
嬢「・・・私も小僧さんをずっとずっとお慕い申し上げておりました」
涙を流すお嬢様。
小僧はたまらなくなり、お嬢様を静かに押し倒した。
小「好きです」
お嬢様の唇に自分の唇を重ねる小僧。
お嬢様の手が小僧の背中を強く掴んだ。
小「お嬢さん・・・!」
小僧、ついにお嬢さんのブラウスを・・・・

388 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:52
>>387 えらいこっちゃですわ。ドキドキもんですわ。お手柔らかにお願いしますわ。

389 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:53
この後に文芸的にながら2人の描写をするか、
>>386様の案にするかで意見が別れそうですわね。

390 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 04:55
いよいよクライマックスですわ!>>387

391 :ネタの限界です・・・:2001/02/02(金) 04:59
薄暗い闇の中に、若い2人の裸体が浮かび上がった。
たくましい小僧の体が、白くはかないお嬢様の体を包み込んだ。
2人の体が重なり合い、月明かりに溶けた。

・・・文芸的というとこんな風でしょうか?
あまり過激だと、ひく方も多いはずなので。

392 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 05:02
>>391
ご苦労様です。このあたりが一番イイカンジじゃないでしょうか。若い方も見てます
でしょうし。
私もそろそろ限界ですわ。

393 :391:2001/02/02(金) 05:04
限界ながら、今日のネタ職人様たちは頑張ったと思いますわ。
本日はこれで、朝・昼・夕方組の職人様たちに引き渡しましょうか。

394 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 05:05
そうですわね>>392 >>393
朝・昼・夕方組の職人さんたちにあとはお任せしましょう。

395 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 05:06
マフラーネタも確か朝・昼組さまたちの創作でした。
きっと素晴らしい物語に仕上げて下さいますことでしょう。
私たちの努力が報われますよう>深夜組

396 :392:2001/02/02(金) 05:07
そうですね。>393
今日はネタ職人さんも少なかったようなのに、ロムラーの皆さんにひっぱって
いただきました。ありがとうございました。


397 :最後の方・・・:2001/02/02(金) 05:09
話が切ない系になってしまってごめんなさい。

398 :ロムってました:2001/02/02(金) 05:09
クライマックスという一番難しいところを見事にまとめてくださいました。
確かに本日は職人さんが少なかったようなので、
>>392様、>>393様、>>394様、>>395様は大変だったと思います。
ロムってる者としては感謝カンゲキ雨嵐!です。
どうもありがとうございました。さらにいいお話になるといいですわね。

399 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 05:12
ざっつくーるに終われたら、嬉しいですわ。
遅くまでお付き合いありがとうございました。>398

400 :あらすじ その12:2001/02/02(金) 05:31
【浅草少年五人組 編】

「浅草少年五人組、見参!」の巻 >>296
「裏庭の少年三人組」の巻 >>297

401 :あらすじ その12(訂正):2001/02/02(金) 05:33
【浅草少年五人組 編】

「浅草少年五人組、見参!」の巻 >>296
「裏庭の少年三人組」の巻 >>302

402 :あらすじ その13:2001/02/02(金) 05:35
【翔様の日常 編】(追加)

「翔様の思い遣り」の巻 >>326
「はりきる翔様」の巻 >>334
「およしになって!翔様」の巻 >>352

403 :あらすじ その14:2001/02/02(金) 05:36
【恋する翔様 編】(追加)

「Ola!Como esta?」の巻 >>327
「翔様の想い、小僧の想い」の巻 >>378

404 :あらすじ その15:2001/02/02(金) 05:37
【平安の愛 編】(追加)

「出逢い、それは街角だった」の巻 >>315


【みんな大好き?!歪おぼっちゃま 編】(追加)

「この親にして、この子あり」の巻 >>374


405 :あらすじ その16:2001/02/02(金) 05:38
【みんな大好き!ひらちゃん 編】 (追加)

「のらくろ大好き!」の巻 >>357
「あねおとうと」の巻 >>382
「おみやげ」の巻 >>383

406 :あらすじ その17:2001/02/02(金) 05:39
【小僧の秘めた想い 編】

「このままじゃいられない・・・」の巻 >>333
「おっ父、おっ母へ」の巻 >>343

407 :あらすじ その18:2001/02/02(金) 05:40
【結ばれる2人 編】

「一夜の序曲」の巻 >>376
「ずっとこうしていたい・・・」の巻 >>380
「最初で最後のキス」の巻 >>387
「そして、2人は1つになった」の巻 >>391

408 :あらすじ担当者:2001/02/02(金) 05:45
これ以前のあらすじについては
>>271-282 を参照してくださいませ。

では本日はありがとうございました。

409 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 05:47
ご苦労様です。ありがとうございました。>408

410 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 07:46


411 :ちょっと早起き:2001/02/02(金) 07:56
深夜組みの皆さまお疲れ様でございました。
あらすじ担当者さま、大変わかりやすく大助かりでございますわ。
では、僭越ながら続きを。

小僧出征の朝。
望まない朝は情け容赦なくやってくる。
やっとの思いで結ばれたその時が、また2人の別れの時でもあった。

小「俺、きっと帰ってきます。それまで待っていてくださいますか?」
嬢「でも、わたくしは・・・」
小「俺は、お国の為、いや、あ、あなたの為に闘ってまいります。
  あなたは俺の為に病気と闘ってください」
嬢「!・・・はい」
小「それまで、これを俺だと思って持ってて欲しいっす」

懐に忍ばせておいた愛用の煙草入れを差し出す小僧。
それを大事に胸にかき抱きつつ、お嬢さまはおもむろにべっ甲の髪留めを外す。
漆黒の髪がハラリと落ち、その甘い香りが小僧の鼻腔をくすぐる。

嬢「ではこれを、わたくしの代わりにお供させてくださいませ」
小「お嬢、・・・○子さん!」
嬢「小僧さんっ、どうかご無事で・・・!」

小僧の胸にしがみ付き咽び泣くお嬢さま。
二度とは会えないかもしれないと思いつつ、束の間の幸せに酔う2人であった。

待て次号!(笑


412 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 09:11
いやぁ〜待てないっ!
お早めに次号お願い致しますわ。

413 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 09:20
おはようございます。
これ読みたさに、いつもより1時間早く出勤してしまいましたわ。
感涙ものでございました。。
小僧担になってしまいそうな勢いですわ。
ヘタレ翔様にも多少のご活躍を期待しております(笑)。

414 :次号?:2001/02/02(金) 09:29
足繁くお嬢さまのご機嫌伺いをする翔さま。

翔「ご機嫌はいかがですか?今日は家の雌鶏が卵をたくさん
  生んだので少しばかりですが持参しました。
  ○子さんの病気には滋養のあるものが必要不可欠ですからね」
嬢「まあ翔さん、いつもすいません・・・ゴホゴホッ」
翔「だ、大丈夫ですか?」

お嬢さまの背中を擦ろうと手を伸ばすが、そのあまりの儚げな様子に
出した手を思わず握り締める。
ようやく発作の治まったお嬢さまは、すっと顔をあげたその先に
まるで誰かがいるかの如く視線を彷徨わせていた。

嬢「大丈夫ですわ・・ゴホッ。お見苦しい所をお見せしてしまって」
翔「・・・もうお休みなったほうがよろしいですね。また来ます」

籠を枕もとにそっと置き、部屋を退去する翔さま。
(あの人の心の中には俺の入り込む隙間などないのだろうか・・・)
身近にいながらふっと遠い目をするお嬢さま。
報われない恋の痛みに翔さまの心は切なく疼くのであった。


415 :街角:2001/02/02(金) 09:54
休日とあって街には沢山の人で賑わっていた。

平安はダンスホールへ行く所だった。
途中、電柱のビラに目をやryと、
そこには男女平等を訴える集会の知らせが書かれていた。

平「・・・集会かぁ」
平安は以前 街角で署名運動をしていた女を思い出した。
ビラに書かれた日付は今日だ。
目的地であるダンスホールとは逆の道に、足が向いた。

その時。
目の前に人の頭が平安の肩にぶつかった。

小「ごめんなせいっ」
背中を丸め、平安に頭を下げた。

慌てていたのか?ぼんやりしていたのか?
平安は小僧の瞳に正気が無いと感じた。

平「大丈夫か?」
小僧は平安の言葉も聞かず、歩いて行った。

ふと、平安が足下に目をやると簪が落ちていた。
平「さっきの坊主が落としたんだな」
平安は人混みに消えた小僧を捜したが
姿は雑踏に消えていた。


416 :415:2001/02/02(金) 09:57
髪留めでしたね≫簪
すいません・・・

417 :卵対決:2001/02/02(金) 10:09
歪は○子を忘れられなかった。
病気の体と聞いて、以前にも増して想いを寄せた。
歪「家で養鶏所でとれた、生みたて栄養満点の卵を食べて
○子さんの病気が治れば、世間が黙っちゃいないだろう!
不治の病を治す卵・・・売れるぞ!」

歪はナオキを従え桐の箱に入れた卵を持って
車で○子さんを訪ねた。

418 :そのころ戦地では。:2001/02/02(金) 10:12
小僧は停留先の村で先輩格の兵士に夜這いの誘いを受けていた。

兵「なあなあ、小耳に挟んだんだがこの先に頼めば誰とでも寝てくれる
  後家がいるらしいんだ。蓮っ葉な感じだが、なかなかの別嬪らしいぞ。
  慰めて貰いにいかねえか?」
小「・・・俺はいいっスよ」
兵「何だよ、誰ぞに義理立てでもしてんのか?」
小「・・・」
兵「けっお堅いこって。俺達ぁいつ死ぬか判んねぇんだ。
  いい思いしておくに越したこたねえぞ。後悔先に立たずってな」
小「俺のことはほっといてくれよっ!」
兵「何でぇ何でぇ!すかしやがってっ!胸糞わりぃぜ」

鼻息荒く兵士は去っていった。
残された小僧はふっと夜空を仰いだ。木々の隙間から満点の星空が覗いている。
この空だけはあの人の元へ繋がっている。
小「○子さん・・・」
小僧の呟きは、誰の耳にも届くことなく薄暗がりの中に溶けていった。


411>>416 まあお気になさらず。
さて仕事すっか・・・。

419 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 10:18
落とした髪留めと煙草入れを
一緒にして欲しい・・・
二度と会えない小僧とお嬢様なら・・・

420 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 10:19
すばらしすぎます。みなさま。
ひらちゃんで会社だというのにお腹が痛くなるぐらい笑い
小僧では切なくて涙が出そうになりました。
今後の展開がとても気になりますわ。
あらすじをまとめてくださった方、ありがとうございます。
見直してはまた、笑っておりますわ。


421 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 10:21
≫419
平安と傘がつながりある二人だから、平安の部屋に置いてあったのを
傘が見つける、とか。。。
読みてぇっす!!

422 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 10:51
ただ今ようやく深夜組の皆様の作品を読み終えましたわ。
特にまとめてくださっている方、本当に感謝カンゲキでございます。
ネタ職人@会社組のひとりとして、仕事よりこちらが気になる今日この頃ですわ・・。

423 :平安の部屋にて。:2001/02/02(金) 11:10
何気なく本棚の書物に目をやる翔さま。
ふとそこに無造作に置かれているべっ甲色の物に目が止まった。

翔「こ、これは」
平「ん?変な顔をしてどうかしたのかい?」
翔「平安君、こ、この髪留めはいったい・・・」
平「ああ、それか。先だって街角でぶつかった折に小僧君が落としていったもんだよ。
  どうやら俺には気付かなかったようだがね。慌てて探したが間に合わなかった。
  兵服を着ていたが彼も出征したのかい?」
翔「ええ・・・」
平「丁度良かった。それ君に預けるから小僧君に渡してやってくれないか?」

黙って頷き改めて髪留めを手にとる。
(これは確かに○子さんの髪留め・・・)
見覚えのある髪留めの、その艶やかな感触にそっと指を滑らせる。
翔さまはそれを懐の奥深くにしまい込むと、着物の合わせ目の上から
そっと大事そうに抑えるのであった。


確か平安と小僧も知り合いでしたわよね?>>39参照
これで良かったのかハラハラドキドキですわ。
さて翔さまは素直に髪留めを渡してさしあげるのでしょうか?
それとも・・・?!

424 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 11:36
本日も出社早々ぽんぽんが痛くなるほど笑わせてもらいました。
皆さんのご尽力に対し、微力ではありますが当方(某民放局勤務)も
何かしたいと思い、深夜の10分程度の枠でいいからこの様ドラマを
作って頂きたいと只今、上司に懇願致しましたところです。
いつか、実現出来ると嬉しゅうこざいます。
それまで皆さんも頑張って下さい。


425 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:03
個人的には、映像化して欲しくない気もいたしますが・・
いかんせん、自分の中で想像力が働きすぎて、映像で見た時に愕然としてしまうのが恐ろしゅうございますわ。

426 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:07
>>424お願いいたしますですわ!

427 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:08
ススススミマセン!

428 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:14
426=427様?
そこまで脅えなくとも、エイヤー!
とはいたしませんわ・・。

429 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:22
私も映像化はちょっと・・・。 小僧とお嬢さんの一夜なんて特に御遠慮願いたい。

430 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:24
26夜でカエラヌ人を演じた小僧には この物語りでは生きて欲しいな〜

431 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:30
この物語が終劇したら 演じたメンバーに感想とか言って欲しいわ。傘 ぼくらしさが出ていて演じるって言う感じがしなかったイ゙エ゙〜イ゙っ。。。 すいません逝きますわ。。

432 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:37
おはようございます。
ダイジェスト版が出来ていたのですね。
何気に自分の物が入っていてうれしゅうございました。
結核はふかし芋よりおいしいの?がひらがな担の方にも受け入れてもらえたのですね・・・

ところで私小僧に特攻に行ってもらうなら是非とも
「もう僕達は大きくならなくてもいいんだ」(うろ覚えです)
をどこかのシーンに踏まえていただきたいですわ・・・
今の小僧なら「もうおいらは成長する必要はねぇっす・・・」
なのかしら。実はこのシーンが一番好きなのです<二十六夜参り

433 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:38
想像だから楽しいのですわ。映像は嫌ですわ。どうせなら アラシンブンの家族を映像化して欲しいですわ。雷おやじ小僧・キャミ傘・コギャル歪・3男?でしたっけ平安・飲み屋のママひらがな 萌〜ですわ!

434 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:45
>432 同感ですわ、ダイジェストに入っていて。 酒と〜の平安です。

435 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 12:47
>432 僕らしさ・・・(ワラ 正反対かと思ってましたわ。

436 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:01
お嬢様のあまりにリアルな設定に薮睨みされる翔様も見てみたいですわ。

437 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:03
>435 431のぼくらしさ?の事ですわよね?すいません・・余計なことを・・レスを行ったりきたり確認してしまったので・・

438 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:07
映像化にしなくてもいいかなとは思うけれど、気に止めていただけて光栄ですわ。

439 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:17
>>433
嵐一家のことですわね。あれこそ深夜10分枠で見たいですわ。
キャミ姿の翔様と別嬪なひらがなと平安の太股に萌えてしまいましたわ・・・

440 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:23
今日も楽しく拝見させて頂きました。
そろそろ終幕の様ですが、是非第二部もお願いします。
個人的には、お嬢さんが小僧との契りで出来た小僧Jrを産み落として
亡くなり、その子を翔様が引き取り(本来なら、叔父にあたるひらちゃんが
引き取るんでしょうけど、何せアレですから・・・)そこから小僧jrを中心
とした第二部が始まるってゆうのが希望ですが、どうでしょう?


441 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:30
私もロムラーなのですが、ちょっとだけストーリーの案を・・・。
ネタ職人様、もし使えそうでしたら使ってやってくださいませ。

>>423様のつゞき

平安からお嬢様の髪留めを預かった翔様は、そのことをお嬢様に告げずに
しばらく隠し持っている。
もう帰ってこないかもしれない小僧をずっと思いつづけるお嬢様を思い、
翔様はとうとう、小僧が御国のために立派な死を遂げたと告げる。
(しかし、まだ小僧は亡くなっていない)
そして、小僧が戦地で身につけていたものとして、お嬢様の髪留めが
戻ってきたと告げ、その髪留めをお嬢様に渡す。
小僧の死を告げられたお嬢様は生きる望みをなくし、病状が悪化してしまう。
一方、小僧はお嬢様への再会を果たすべく、必死に戦地で生き延びている。
それから数ヶ月後、無事戦地より生還した小僧は、お嬢様が小僧の後を追うように
息を引きとっていったと知らされる。

ちょっとお粗末なストーリーで申し訳ないのですが、
ネタ職人様、もしよろしければうまく使ってやってくださいませ・・・。


442 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:31
第二部までいくとなると専用のスレを立ててしまいたい気持ちになりましたわ・・物語り専用スレ・・

443 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:33
この辺で歪にひとつやらかして欲しいわ。 なんでも思い通りに逝かないと気が済まないので、業を煮やした歪はお嬢様を手込めにしてしまう。 ちょっとカゲキかしら。

444 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:36
>441 立派なネタ職人さんですわ!ネタ職人の お仲間が増えて嬉しいかぎりで ございます。

445 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:40
>443 卵対決 とタイトルがある続きで ○子さんを訪ねた歪が・・・なんて いかがかしらん?

446 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:41
もう仕事どころではありませんわ・・。


447 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:42
私もです。
今朝から全く仕事になりませんわ・・。
傘スレの虜になってしまいました。

448 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:45
424ですが、出過ぎた真似でした、スミマセン。
この物語の映像かはどうとあれ、せめて深夜10分枠の
件は、引き続き頑張ってまいります。

449 :スレ職人:2001/02/02(金) 13:48
私はもうネタが尽きてしまいましたわ・・。
後は皆様のお話を楽しみにしております。
本筋は今宵あたりに終着しそうですわね・・。

450 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:48
○子さんには出産はキツイかと・・441様のストーリ展開 個人的には好きですわ。 最後は新少ラストのように皆で海辺で歌い踊り はしゃぎ〜で落とすのでしょうか・・

451 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 13:52
>448様 是非 アラシイッカ をお願いしたいです。

452 :441:2001/02/02(金) 13:59
444様、450様
ご賛同いただけて大変嬉しゅうございます。

新少ラストの・・・というのは♪「デキル、イケル」のあのダンスのことでしょうか?>>450

453 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 14:09
>445 よろしいですわよ。 黒歪ぼっちゃまの登場ですわ。

454 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 14:15
>452様 そうですわ。皆で楽しげに 歌い 踊り マリンマリンな海辺ですわ〜。

455 :423:2001/02/02(金) 14:27
>>441様、続けていただけて嬉しゅうございますわ。
要点を抑えたまとめで、キャラの会話まで浮かんでくるようですわね。

これ第二部まで続くんですの?
皆さま凄すぎ&楽し過ぎですわ。
もうワクワクです。

456 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 14:53
>>441様のストーリーを読んで
友和百恵映画を思い出しましたわ・・・。
立場は逆ですが、身分違いの惹かれ合う恋人が
男の出兵で離ればなれに。毎日相手を思い同じ夜空を見ながら
歌を歌うんですわ。でも女の方が結核?になって
相手の帰りに間に合わず死んでしまう。でも男は死んでしまった
女性に花嫁衣装を着せ式を挙げるんでしたわ・・・。
嗚呼、ごめんなさい古すぎますね。どうぞ皆さまお続け下さい。

457 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 14:58
第2部もいいですが、ネタ職人さんの書く
アラシンブンも見てみたいですわ。
・・・我侭でごめんなさい。聞き流してくださいませ。

458 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 15:13
ひ「おそいわね〜小僧さん」 グラスを磨きながら毎夜やってくるハゲ頭の小僧を待つスナックひらがなのママ。 カラ〜ンカラ〜ン店のドアが開き小僧が入ってきた。 小「ママっ!っく!冷ちょーだいヒヤ!ひっく!」 小僧は泥酔していた。 ひ「あら いやだ 小僧さんったら でいすいしちゃって〜」 お嬢様の物語が完結していないのについ。。。フライングですわね。。

459 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 15:17
>>458
純愛ドラマとは一転していて良いですわ。
小僧があまりに不憫でしたので、せめてハゲ親父小僧には
幸せになってほしいところですわね。

460 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 15:25
>>458
私の頭の中は「ひらちゃん」キャラがなかなか抜けませんの。
ひらがなママの台詞が、なぜかひらちゃん言葉に自動変換されるように
もうプログラミングされておりますわ・・・(悲)。

461 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 15:27
小「うちの チビが っひっく。犬っころ拾ってきやがって っく!か〜わ〜い〜い〜 か〜わ〜い〜いってっとに 親父をたてろってぇんだっ ひっく!」 ひ「いいじゃないの〜 どうぶつ かわいがるこどもたちに かこまれてっ!小僧さんトコの こどもさんたち みんな やさしいのね!犬に やきもち やいてるのね」 フライングパート2ですわ 調子に乗りすぎました。。

462 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 15:36
>>458 >>461
改行して頂けると助かりますわ。

463 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 15:54
小僧担の私としてはとても楽しく
読ませていただいてるのですが
ここ傘スレなのによろしいんでしょうか。

464 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 16:01
>>463
確かに、いつの間にか主人公が翔様から小僧になっておりましたわね。

465 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 16:07
>>463
この話の流れからすると仕方ないと思いますわ。
小僧のほうが逆境に強い(似合う)ような気がしますもの。

466 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 16:09
続アラシンブンにおいての翔様は、
やはり翔様ご希望の小僧親父の不倫相手なのかしら・・

467 :458 461:2001/02/02(金) 16:11
ごめんなさいっ!
PCがなかなか空かなくて
携帯から打ちましたので・・・
恐ろしく見にくい段落ですわね・・・しかもご指摘通り
傘様スレなのに、ひらがな、小僧でアラシイッカ始めてしまって

反省しますわ。。。

468 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 16:19
>>463
いえいえ、傘担の私もこのお話は小僧主役のほうが
楽しめますわ。


469 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 16:22
傘「ねえ〜オニューのキャミワンピ、似合う?」

傘は彼氏の ひらがお君の前でクルンと
回って見せた。
ひ「似合うんじゃない、きゃみわんぴ?」
傘「分かってるの?キャミワンピの意味!」

いつも分かった風な返事をする ひらがお に
傘は睨みながら言い返した。

470 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 16:31
傘・・・・・女子大生
ひらがお・・傘の彼氏
ひらがな・・スナックひらがな のママ
小僧・・・・傘、歪、平安の父(禿頭&雷ガンコおやじ)

今のところ いかがでしょうか・・・


471 :457:2001/02/02(金) 16:34
>>458-469
あぁっ、私の我侭に付き合ってくださって
感謝カンゲキ雨嵐ですわ。
あの、でも、「母さん、逝ってきます」ドラマの方も終わらせてくださいませ。
(たしかこのセリフ↑が発端でしたよね・・・いまの傘物語)
それからでよいのです。

472 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 16:35
「スナックひらがな」に大爆笑。

473 :441様の粗筋を踏まえつつ:2001/02/02(金) 16:37
では、本筋を少し進めてもよろしいかしら?

自室の勉強机に座り、手の中の髪留めをじっと見つめる翔さま。

翔「これは○子さんが小僧に渡したのだろうか?
  だとしたら、僕からこれを渡して小僧が戦死したと言えば
  あの人は僕のことを見てくれはしないだろうか・・・」

自分の黒い考えにハッとする翔さま。

翔「翔どうしたんだ!父の言い付け通り『正直であれ』と生きてきたのに。
  こんな卑怯なことを考えるとは・・・」

良心の呵責と恋の苦悩に、翔さまは一人悶々とした時間を過すのであった。
夜は静かに更けて行く。

474 :441様の粗筋を踏まえつつ:2001/02/02(金) 16:39
あくる日。
いつものようにお嬢さまの病室を尋ねる翔さま。
舶来の珍しい果物をお見舞いに持参していた。

嬢「まあ、これは何ですの?初めて見ましたわ」
翔「メロンと言うのだそうです。親戚から頂いたので一つ持って参りました」
嬢「綺麗な黄緑色ですこと。どうやって頂きますの?」
翔「ほらこうやって種をとって、スプウンですくって・・・」
嬢「あまい・・・!おいしゅうございますわ。ひらちゃんがいたら喜んだでしょうに」
翔「ではひら君には、こちらの半分をとっておきましょう」
嬢「あの子だったら、このぐらいペロリですわ」
翔「違いない」
嬢「まあ、翔さんったら」

久しぶりに、お嬢さまの軽やかな笑い声が部屋中に響き渡る。
このまま静かな時が過ぎていくかに思われた。

しかし、翔さまは懐から髪留めを取り出すのであった。

475 :441様の粗筋を踏まえつつ:2001/02/02(金) 16:46
翔「○子さん、これを」
嬢「何ですの?・・・あ、これは!?何故?何故あなたがお持ちなのですか?!」
翔「・・・」
嬢「(ハッとして)ま、まさか小僧さんの身に何事か?!そうなのですか?」

お嬢さまの口から直接発せられた小僧の名に、翔さまの表情は固く強張る。
それまで逡巡していた気持ちは、とうとう悪いほうに傾いてしまった。

翔「・・・小僧は見事お国の為に散りました。立派な最後だったそうです」
嬢「そ、そんな、あの方がわたくしより先に逝くなどと」
翔「この髪留めは、小僧の遺品として軍部より送られてまいりました。
  それを僕が預かってきたのです」
嬢「(呆然と受け取りながら)小僧さん・・・」
翔「○子さん、僕は・・・」
嬢「わざわざ来てくださったのに申し訳ございませんが、わたくしちょっと
  疲れてしまいましたわ。・・・お帰り願えますでしょうか?」

「また来ます」と呟きのろのろと部屋を出て行く翔さま。
扉を閉めた途端聞こえてきたのは、お嬢さまの慟哭ともいえる泣き声だった。

続く・・・(のか?)


476 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 16:52
翔様が黒いお考えを持つようになったのは
歪が富士真奈美から仕込まれた呪文をマスターしたからかしら


477 :少々時は溯りますが:2001/02/02(金) 16:55
小僧が戦地へ発ってからというもの、お嬢様は毎日2人が結ばれた林で
煙草入れを抱きながら小僧の無事を願っていた。
卵を届けようと別荘へやってきた歪ぼっちゃまはお嬢様の留守を知り
ナオキに命じてお嬢様を探させる。
がさがさっと乱暴な音がしてお嬢様が振り向くと微笑みをたたえた歪ぼっちゃまがいた。

歪「○子さん、探しましたよ。お加減よろしいようで何よりですね」
嬢「・・・ええ。おかげさまで」
歪「○子さんに卵を食べて頂こうと思って持ってきたんです。ロシヤ製の薬もあります。
家の別荘にいらっしゃいませんか?」
嬢「いえ。結構ですわ。私もう帰らねばなりませんの。失礼いたします」

歪ぼっちゃまは苛立ちに顔を歪め、ひょろ長い手を伸ばしてお嬢様の肩をつかんだ。

歪「どうして僕をないがしろにするんだ。僕はこんなに君を愛してるというのに!」

お嬢様に詰寄り、力まかせに押し倒す歪ぼっちゃま。

嬢「やめてくださいっ!誰か、助けてっ。・・・小僧さんっ・・・」

病気のため一層衰弱しているお嬢様が抵抗できるわけもなく、
お嬢様は握り締めた煙草入れを見つめて「小僧さん」と祈るばかりだった。

ひ「あ、お姉さま。黒ぼっちゃまも。見てください!こんなにお芋が取れたんですよ」
おうちに帰って食べましょう」

顔に泥をつけてニコニコしているひらちゃんが現れた。
安堵の表情を浮かべるお嬢様。
小僧さんが助けてくれた、と煙草入れを強く抱き締めるお嬢様であった。


お姉さんが襲われていても、いつも通りのひらちゃん。こんなでいいのか・・・。

478 :473-475:2001/02/02(金) 16:56
>>476 それもありですわ(笑

479 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 17:05
>>477
始めてひらがながとてもたくましい人に見えましたわ!

480 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 17:05
>477
顔を歪めって大爆笑!!
ひらちゃんはやっぱり・・・なのね。

481 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 17:14

ひ「姉さま相撲ごっこですか?ご病気なんだからほどほどにしないとだめですよ。
  さあおうちに帰りましょう。僕、おなかぺこぺこなんだ」
嬢「え、ええそうね。・・・ちょっとはしゃぎ過ぎてしまったわ」
ひ「僕、今日はお芋を焼いてみようと思うの。姉さまどう思う?」
嬢「ひらちゃん・・・(涙)」


482 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 17:22
>>481
ひらちゃん、、、さすがですわ。
もう言う事ないです、私・・・。

483 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 17:28
これ、またあらすじ担当者さんがうまくまとめてくれるといいですわね。
あらすじ担当者様、見ていたらお願い致しますわ。

484 :441:2001/02/02(金) 17:31
皆様、粗筋を踏まえていただき本当に感謝カンゲキでございます(涙、涙)。
それにしても翔様、やはりhelplessなのでございますね・・・。切ないですわ。

485 :あらすじ担当者:2001/02/02(金) 17:41
ありがとうございます。深夜組の活動時間までにまとめておきますわね。>>483
昨夜はネタがつきて結構しんどかったのですが、
朝・昼のネタ職人様たちは素晴らしいですわ・・・才能をお借りしたいくらい。


486 :ネタ職人@深夜組:2001/02/02(金) 17:56
本当に・・・朝・昼組の皆様ありがとうございました。
>>485様、私もロムラー様のご意見がなかったらどうなることかと思いました。
青色吐息でございました。
私もログ保存をして、ねたを考えてきますわ。

487 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:05
そういえば小僧はお嬢様から貰った髪留めをなくしたことに気付いていないのでは?
落としたことに気付いた小僧の失望ぶりが見たいですわ。

488 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:10
>477 歪んだ顔に歪んだ口。接吻される時、きっと前歯が当たって流血ですわね。 ここはやはりお嬢様は恥ずかしがっていると勘違いして、めげずにやってほしいわ。

489 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:12
そうですわね。>>488
歪は「自分が嫌われていることに気付いていない幸せな性格」ですから(登場人物紹介より)
歪には、お嬢様は病気のせいで歪との結婚を遠慮している、または
翔様や小僧をはじめとする下品な奴らにだまされていて自分を見失っている
くらいの思い込みちゃんでいて欲しいですわね。

490 :朝 昼組 職人です:2001/02/02(金) 18:13
会社帰りに寄ったショップで思わず プリクラ全員1人1人別枠で 写してしまったわ。物語と重なって素敵に見えましたわ。

491 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:13
歪母こと富士真奈美には、是非ともハンケチの端を噛んで
「キーッ!」と悔しがっていただきたいわ(ワラ

492 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:19
>>481様のひらちゃんがあまりに可愛すぎるので・・・続き。

ひ「どうしたの?姉さま、お胸が苦しいの?」
嬢「違うの、ひらちゃん。ひらちゃん・・・」

と、涙を流しながら、あまりにもおバカな・・・もとい無邪気な弟が愛おしくなり
ひらちゃんをひしと抱くお嬢様。

ひ「姉さま〜〜!姉さま、泣かないで〜。
  僕のふかし芋、ひとつあげるから〜〜。
  姉さまが泣くと、僕まで・・・・え〜〜んえ〜〜ん」

493 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:23
ひらちゃん・・(涙)
愛らしすぎて、とめどなく涙が溢れてまいりますわ・・。

494 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:28
ひらちゃんは「てへ。」の頃のひらちゃんのままなのですね。



495 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:53
コンサで おやつに 芋持っていくわ

496 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 18:56
芋うちわでも作りたい衝動にかられてしまいますわ。
どうしましょう・・・ほぅ。


497 :人気者のこの2人の話がないので:2001/02/02(金) 18:59
湯上家洋館には謎の地下室がある。
地下室には何やらたくさんの古書とフラスコ・ビーカー・試験管があり
見たこともないような粉末や液体で溢れ返っていた。
また、地下室内は檻に入れられたガマガエルやら蝙蝠やらの鳴き声が反響している。

歪母「・・・さて、ここでこの液体とこの液体を混ぜて・・・
   そしてこの西洋毒々ガマガエルの心臓の粉末を入れて・・と。
   ………◎∵齏δШ‡龠鬮顰Å⊆鰊髏歪歪歪……はっ!!」

歪母が何やら呪文を唱えると、調合された薬は青白く光を放ち、
フラスコからは無気味な色の煙りがわき上がってきた。

歪母「ふふふ・・・これをあの小娘に飲ませれば・・・・
   あの小娘は歪ちゃんしか眼中になくなるわ。ひっひっひ」

498 :富士真奈美はやっぱり恐ろしい…:2001/02/02(金) 19:00
歪母「歪ちゃん!歪ちゃん!!」
歪「何だい?ママ」
歪母「この薬をあの結核の娘に持って行っておやり。」
歪母は歪にピンク色の液体が入った小びんを渡すと言った。

歪母「これはね、湯上家に代々伝わる惚れ薬ざます。
   ママが歪ちゃんのために精魂込めて調合したざますわよ。
   これをあの娘に飲ませれば、あの娘は歪ちゃんの虜ざます」
歪「ママ、ありがとう!これを飲ませればいいんだね!!
  さっすが僕のママ!ママ、大好きだよ!」
と、歪んだ顔をさらに歪めて笑うと、母親に抱きついた。

歪母「ママは歪ちゃんの為だったら何でもするざますよ!
   ただし、その薬は3日以内に飲ませなければ効果がないざます
   今すぐあの娘のところに届けておやりまさい!」
歪「◯子さんってば、恥ずかしがってちっとも僕と話してくれないんだ。
  これがあれば、きっと◯子さんも素直になってくれるね(くすくすっ)。
  ナオキ!今すぐ車を出したまえ!
  もちろん、行き先はフィアンセのところだ!」


499 :歪 vs ひらちゃん:2001/02/02(金) 19:01
車を走らせ、お嬢様のいる翔様の別荘へ到着した歪おぼっちゃま。

ひ「あれ?湯上家の黒坊ちゃまじゃないか。こんにちは(ぺこり)」
歪「◯子さんはいらっしゃるかい?」
ひ「姉さまは今、診療所へ行ってるよ。ぼく、1人でおるすばんなんだ!
  ねえ、えらいでしょ?(えっへん)」
歪「(・・・◯子さんはいないのか。せっかくフィアンセの僕が
   こうやって訪ねてきたっていうのに。ま、いいや。)
  じゃあ、また来るよ。◯子さんにフィアンセの僕が来たことを
  伝えておいてくれたまえ。」

500 :歪の大失敗:2001/02/02(金) 19:02
とりあえず帰ろうとした歪おぼっちゃま。
しかし、その時ナオキが・・・
ナ「おぼっちゃま。明日からはスケジュールの方がたくさん入ってまして…
  明日は黒ミサ、明後日は暗黒舞踏会、明明後日は整体のご予約が。
  本日を逃すと、薬の効き目があるうちにはここには来れませんが・・・」
歪「むむ…そうだった。人気者の僕は忙しいんだった。
  仕方ない、このまぬけ面の弟に預けるか・・・
  ひら坊くん、ちょっとお願いがあるのだが」
ひ「なあ〜に?黒坊ちゃま。」
歪「この薬を、◯子さんに渡してくれないかい?」
ひ「わあ〜〜!もも色のサイダアだ!きれいだなあ(わくわく)」
歪「ちょっ・・・待ちたまえ。これは◯子さんの病気の薬だ。
  桃色のサイダアではない。よく効く薬なので、必ず今日中に
  ◯子さんに飲ませて欲しいのだ。お願いできるかな?」
ひ「う〜ん、ぼくものみたいけど・・・わかった!
  このもも色のサイダアはきっと姉さまにわたします!」
歪「むむ…ちょっとばかり心配だが、、、じゃあ、頼んだよ。
  今度、お礼にふかし芋をたくさん持ってきてやるからね(にっこり)」
ひ「わ〜〜い!ふかし芋!ふかし芋!」

愚かな歪おぼっちゃまは、ひら坊に薬を預けてしまうのでした。

501 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 19:03
まるでディズニーのようで素敵な 展開!歪母

502 :鶏のごとき3歩歩くと…のひらちゃん:2001/02/02(金) 19:06
さて、診療所から帰ってきたお嬢様。

嬢「ひらちゃん、ただいま。御留守番ありがとう」
ひ「ぼく、さみしかったけど一人でがんばったよ。えっへん」
嬢「そう、えらかったわね。御留守番の御褒美にふかし芋をたくさん買って・・・
  あら、この桃色の小瓶は何?」
ひ「あ、それはね、さっき黒坊ちゃまが来て・・・・
  え〜〜っと、え〜〜っと、なんだっけ??」
嬢「(小瓶を光に透かしながら)・・・サイダアかしら?」
ひ「あ!そうそう!サイダアだって。姉さまに贈り物だって!」
嬢「そう・・・私、今はちょっといらないから
  よかったら、ひらちゃんサイダア召し上がって。」
ひ「わ〜〜いわ〜〜い!サイダア、サイダア!」

・・・どうなってしまうのでしょう?
すいません、くだらなくて………

503 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 19:07
ひらちゃんが我慢できずに飲んでしまいそうだわ…

504 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 19:10
富士真奈美が唱える呪文に「歪歪歪」と・・・爆笑ですわ。
個人的には歪おぼっちゃまのスケジュールにも・・・ぽんぽん痛い

505 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 19:18
>>497-502
こういう話があってこそ、本筋が引き立つというものですわ!
整体に通っていても、いまだ成果があらわれない歪様に萌え〜ですわ!

506 :ちょっと脱線編@:2001/02/02(金) 19:47

【歪のお嬢さま獲得作戦その2】

桜井家別荘

あまり具合の良くないお嬢様そんな姿を
こっそりドアの隙間から見ながら苦悩の表情の翔様・・・
「僕はなにもしてやれない 君のために・・・
 僕は何も出来はしない・・・何も・・・」
うなだれているとそこへ郵便屋が(実は変装したナオキ)
郵「電報でーす。」
翔「電報?何だろ?」
電報を広げた翔の表情が固まる。
−ハハキトクハヤクカエレ チチ−(歪の作った偽電報)
翔「母さんが?母さんが〜?」おろおろ〜。
あまりの突然の出来事に気が動転してしまう翔。
でもここは病床のお嬢様に
これ以上の動揺を与えてはいけないと余計な気をまわし

翔「・・・お嬢様、ちょっと家に戻ってきます。
  い、いえ、別に大したことじゃないんです。
  母がちょっと、き、きと、記憶喪失らしく・・・
  い、いや、大したことでは(しどろもどろ)
  お、お嬢様はご自分の病気を治すことだけ
  考えてどうか、どうか・・・
  ・・・・てところでうまくまとめられたらな。と。
  とにかくちょっと行って参りますので・・・すぐ、すぐ戻ってきます」

着のみ着のまま飛び出す翔。

翔「かあさーーーん!今参ります・・・どうかそれまで・・・・・」

続く・・・ごめん。

507 :ちょっと脱線編A:2001/02/02(金) 19:50
>>506続き

桜井家別荘

翔が出ていったのを確認すると、歪が別荘へ入った。
まずひらちゃんの部屋に入った歪。

ひ「あぁ〜黒ぼっちゃまどうしたの?この間はお相撲楽しそうだったよね
  ずるいよ〜。姉さんとばっかり。僕ともお相撲しようよ〜。」
歪「いいよ〜ところで僕今日おみやげを持ってきたんだ。じゃーん!
  ひらちゃんの好きなこんぺい糖だよ!
  さつま芋はこの間たくさん穫って飽きただろうから(ワラ」
ひ「わーい、わーい、わーい!こんぺい糖だー!いろんな色があるね。」
歪「そうだよ!好きなだけ食べてね(にやり)」

歪がこんぺい糖に密かに睡眠薬を注入しているのも知らず
どれにしよっかな〜♪どれにしよっかな〜と悩むひらちゃん。
これで邪魔者はすべて居なくなったな・・・ふふふと
横を向きほくそ笑む歪が振り返った瞬間歪の少し空いた口に何かが入った。

ひ「ひとつ、あげるね!」
ひらちゃんがこんぺい糖を歪みの口に入れたのだ!
歪「ごくんっ」
この事実に気が付いたときすでにこんぺい糖はノドを通っていた。
ひ「ぼーくも!ごくん!あまくておいし〜ねえ。おいち・・い・・ねえ・・・ね・・ぇ〜・・・・・・・・・ZZZZZ」
歪(薄れゆく意識の中で)「・・・・・ちきしょう何て事だ・・・・・・覚えてろよ・・・・・・・ZZZZZZ」
ひ「ZZZZZZZ・・・・・こ・んぺ・・・ぃ・・・ZZZZZZ姉さん・・に・も・・・ZZZZZZ」
歪「ZZZZ・・・ぼくが・・・ぼ・・・くが・い・・・ち・・ZZZZZZ」

桜井家別荘の一室には日溜まりの中で二人の寝息だけが静かに響くのであった。

ちょいとおちゃらけてみました。スミマセンお流し下さい。


508 :こっちもちと進行:2001/02/02(金) 20:44

<平安捕獲>

戦火は勢いを増すごとに軍部の力もまたその勢いを増していた。
言論の自由は既に奪われ、その多少に関わらず国家に背く疑いのある者は
容赦なくブタ箱に放り込まれた。
逮捕された者には手酷い拷問が待っている。
平安もご多分に漏れず、その動向に目を付けられていた。

カフェー「ーリェチ」にて。

マ「この辺も物騒になってきましたね」
平「ああ、昨日も俺の友人が逮捕されたよ」
マ「平安さん、この店もそろそろ閉めねばならない時が来たようです」
平「まさか、マスタアも?」
マ「ええ、私にも赤紙が来ました。そろそろ兵役もお役御免になりそうな
  こんな年の私にまでね。近頃は学生だろうがなんだろうがお構い無しだ。
  平安さん、この戦争、日本国は負けますよ」
平「しっ!・・・どこに目が光ってるか判りませんよ」
マ「何を言ったところで、これ以上事態が好転するとも思えませんがね」
平「・・・・・・」
マ「・・・・・・」

重苦しい沈黙に、ふと窓の外に視線を逸らせた時だった。
片時も忘れたことのない愛しい顔が目の前を横切っていく。

平「あの女人は・・・!」
マ「平安さんっ、どうしたんですか!今出て行ったら・・・!」

マスターの静止の声を振り切って、平安は思わず外へと飛び出していく。
視界の隅に残るその人影を追ったが角を曲がったところで見失ってしまった。

平「見間違いか?しかし良く似ていた。・・・ふっ、未練だな」

唇に自嘲気味な笑いを浮かべ、カフェー「ーリェチ」に戻ろうと振り返った時だった。

保「平安だな?」
平「!」
保「国家反逆罪で逮捕する!」
平「畜生!離せ!!」
保「大人しくしろ!この非国民めっ!」

素早くその脇をすり抜けようと身を翻すが、気付かぬ内に退路を絶たれていた。
所詮多勢に無勢、逃げ切れるわけもなく。

さて、囚われの身となった平安の運命は如何に?!
(えー罪状とか適当です(汗)。フォローよろしくお願いします)


509 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 21:05
過去ログもう一度読み直してしまいましたわ。
小僧エピソードで涙が出そうなりそうなところに
ひらちゃんの天然さで癒され・・・皆様素晴らしいでございますわ。

個人的に小僧は性的イメージが涌かないので、林の出来事は違和感があったけど・・・
ってゴメンナサイ勝手な事言ってしまいまして・・・

それと、翔様はもっとおいしい思いをしていただきたいわ。
何時になったら翔様も大人になられるのかしら?今から楽しみですわ。
(それにしても、実際の翔様とは正反対でかなり面白いですわね。イメージ狂いそう。ワラ)



510 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 21:06
きゃーー!平安さん!!

511 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 21:07
そうですわね、一応翔様スレですし。
今後はちょっと翔様おいしいムードでいきますか。
(でもあくまでも「おとしては上げ、上げてはおとし」ですわ)

512 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 21:34
ここのお話を読んでいると、松嶋菜々子主演の「百年の物語」を
思い出してしまいますわ。もちろん第1部ね。
それに当てはめると、松嶋がお嬢様、原田龍ニが小僧で、
さしずめ山口祐一郎が翔様ってとこでしょうか?


513 :今後の展開・・・:2001/02/02(金) 21:43
翔様においしい展開を考えてはみたのですが・・・>>509

翔様の嘘によって、小僧が戦死したと知らされるお嬢様。
大変気を落とすが、翔様の懸命な看護と支えの甲斐あってか
次第に病状を持ち直していく。そして、小僧亡き今、
自分を支えてくれている翔様の愛に気付き翔様とお嬢様は結ばれる。
しかし、戦後の混沌とした景気の中で老舗桜井商会は経営が悪化、倒産。
翔様とお嬢様は、東京を離れてひっそりと家庭を持つ。

さて、戦地から奇跡的に生還した小僧は、愛するお嬢様の
元へ急ぐが、戦後の混乱の中で東京を離れたお嬢様を探すのは
無理に等しいことであった。ましてや頼りにしていた桜井商会もなく
小僧はお嬢様の安否を気遣いながらも、東京を離れる。

その後、小僧は持ち前の丁稚奉公根性と自信で事業を起こし、成功。
大会社を切り盛りする大金持ちになるが、その心の中ではずっと
生きているかどうかもわからぬお嬢様一人を想い続け、今だ独身であった。

・・・こんな感じで、また小僧とお嬢様が偶然の再会を果したりして。

514 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 22:18
・・・病室にて

翔「・・・では、自分はそろそろこれで」
嬢「あ、あの。・・・毎日来てくださってありがとうございます。」
翔「いいんですよ。これが自分の日課ですから(にっこり)(notくすくす)」
そう言って翔様は病室から出て行った
嬢「あら?これは・・・」
ふと翔様の座っていた椅子を見るとそこには手帳のようなものが・・・
お嬢様はか細い手でそれを手に取り、ちょっとだけ中を見た。
嬢「これは・・・翔様がしたためた私へのポエムかしら・・・」
読みにくい字ではあるが確かにそこには自分の名前で愛の詩が書かれていたのだった。
嬢「翔様・・・こんなにも私の事・・・」
嬢「・・・『○子インザハウスyo!』?なにかしら、これ・・・」

性格上落とさずにはいられないのです・・・
>>513さまのあらすじに沿ってみましたわ。

515 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 22:23
平安までもがつかまってしまうのですね・・・
浅草少年5人組は大丈夫なのかしら。

516 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 22:58
>>514様、
「◯子ぴーぽー調子はど〜お〜?」もお願いしますわ(ワラ


517 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 23:01
今日って…23時からですよね?

518 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 23:06
>>517
作ったよ。

519 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 23:06
ええ、今から参ります>>517

520 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 23:19
もう少ししたら参ります。

521 :ななしじゃにー:2001/02/02(金) 23:35


522 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 00:32
赤いですね。また後で来ますわ。

523 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 01:13
kokonohitotatikimotiwarui

524 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 01:15
ルームマスターが落ちたので入れません・・・

525 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 01:33
もう一度お越しください

526 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 01:36
来ましたわ。

527 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 01:43
もうやめて下さい。切り身です。

528 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 01:44
よその板荒しておいて
いい気になるなよな!


529 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 01:45
ネタ職人様カモカモですわ。
もう少し落ち着きましたら、ね。

530 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 01:46
It's a busy Friday ですわ。

531 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:00
湯上さんですわ

532 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:03
あの、こちらにまとめ職人さんいらっしゃいますか?もしよろしければ
そろそろいいのではないでしょうか?



533 :あらすじ担当者:2001/02/03(土) 02:24
すいません・・・連日の徹夜続きで体調も悪ければPCの調子まで・・・
「お夜食」見たいがためにがんばって起きてましたが、もう限界なんです・・・
申し訳ないですが、あらすじは明日でよろしいですか?
すいません、本当に・・・・・・・

534 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:27
532>>533
すみません。催促してしまって。お体大事にして下さい。
私、持ち駒を少しずつださせていただきますね。
ゆっくり休んでくださいね。

535 :>533:2001/02/03(土) 02:28
申し訳ないなんてそんな!
どうぞゆっくりお休みになってくださいまし。
体調&PCの復調をお祈りしてます。


536 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:28
>>533 ゆっくりお休み下さいませ。充電したら、また再開していただければ
幸いでございますわ。

537 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:32
>>533
いつもまとめて頂いてありがとうございます。
とても分かりやすくなっていて本当に感謝感謝です。
ゆっくりお休みされて、また良くなった時にはよろしくお願いします。


538 :あらすじ担当者:2001/02/03(土) 02:35
みなさま、ありがとうございます。
お言葉に甘えて、今日はお休みさせてください。
みなさまのためにもまた絶対復活してがんばります!

539 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:36
いつものネタ職人@深夜組の方々はいらっしゃらないのでしょうか?


540 :我等台風世代:2001/02/03(土) 02:39
学校の帰り道
翔「『暴風雨』も素晴らしい楽曲ですが、『日本の日の出』もこれがまた甲乙つけ
  難いんですよ!」
平「俺はラヂヲで聴いた『台風世代』も捨てがたいな。」
翔「どうです。平安さん。今度一緒に演舞場に行きませんか?」
平「そうだな、お座敷で女を喜ばすには格好の話のネタになるかもな。」
翔「不純だな!まあ、いいです。噂では万国旗のような異国の衣装を着て宙乗りを
  披露して・・・。そうそう、団扇と懐中電灯は必需品だそうです。楽しみだなあ。」
平「桜井、お前、意外と軽いな。」

541 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:40
>>538さんお大事に。まず手始めに、軽めのものから書き込みました。

542 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:43
>>540 嵐担でなければ意味不明でしょうね。
大変面白く仕上がってますわ。フフフ

543 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:44
>542
私、本筋よりもどうもお遊びに走ってしまいがちで・・・もうしわけないですわ。


544 :願い事、叶うなら:2001/02/03(土) 02:49
冬の校庭。アト坊を連れたひらがなが木に飾り付けをしている。

平安「ひらがな君じゃないか。何をしているんだい?」
ひら「平安さんこんにちは。(ぺこり)あのね、短冊に願い事を書いていい子にし
   ていると、サンタクロウスというおじいさんが叶えてくれるんだって。」

平安、七夕と混同してないか?と思いつつ、

平安「ほほう、君はロマンチストなんだね。なんてお願いをしたんだい?」
ひら「えへっ!お姉さんが元気になりますように。」
平安「そうか・・・思いやれる相手がいるということは素晴らしいことだな。
   よし、ひらがな君の協力をしようじゃないか。短冊を貸してごらん。俺は、
   〇子さんの顔を知っているからね。おじいさんがわかるように似顔絵を
   描いてあげよう。(さらさら〜)できた。さ、どうだい。」
ひら「ひぃっ!え〜ん。こ、恐いよう!」
アト坊「きゃう〜ん、きゃう〜ん」
平安「失敬だな!(チョイ切れ)」


545 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:49

演舞場からの帰り道にて。

翔「意外に面白かったですね!」
平「そうだな。俺も最後は身を乗り出してしまったよ」
翔「俺はあの一風代わった経文のような『ガナリ』が気に入りました!
  平安さんはどうでしたか?」
平「・・・・・・」

ご、ごめんなさい。逝ってきます!


546 :540:2001/02/03(土) 02:52
>>545さん 感謝カンゲキでございますわ。いけてますわ!

547 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:53
>>544
イラストネタ萌え

548 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 02:54
やっぱりキレる平安殿・・・。
ご自分はまた本音は隠しておちゃらけた願い事を書くのでしょうね。

549 :>547:2001/02/03(土) 02:55
サンキュウでございます。でも自分の書き込み見難いことこの上ないわ。
改行しなおさなくては。

550 :545:2001/02/03(土) 02:57
>>540さま
ドキドキしながら戻ってきましたわ。
深夜ってなんかこう変なテンションになりませんこと?
というか私の頭が沸いてるのですわ・・・


551 :>550:2001/02/03(土) 02:59
深夜、駄目ですよね。昼組の壮大なロマンとは似ても似つかない
おちゃらけネタ爆発ですわ。

552 :545:2001/02/03(土) 03:01
>>551さま
つか、私本来昼組なんですの(笑)。
なんだか切ない話ばっかり書いてると、時として暴れたくなりまわ。

553 :でもね@551:2001/02/03(土) 03:04
落差ありすぎでしょ。>545
では次はほのぼの系だしますわ

554 :小僧の笑顔:2001/02/03(土) 03:09

境内で煙草をふかす小僧。流れる雲を見つめている。

小「お嬢さん・・・。(すぱー)」
嬢「こらぁ、サボタージュですか?」
小「うわっ!!」
嬢「驚かしてしまって、ごめんなさい。先日は、弟のひらがなを助けて
  いただいてありがとうございました。」
小「ひら坊ちゃんのことですかい?上級生みたいな奴らに、芋を取り上げ
  られて泣いてらしたんスよ。」
嬢「そんなことで・・・。お恥ずかしいわ。
  あの子、ふかし芋が大好きで、もしかしたらお芋から生まれたんじゃないか
  と思うくらいで・・・。
  でも、元来、食い意地がはっているのかも。
  いつぞやはカステイラを丸ごと一本食べたこともあって・・・。」
小「フハハ♪」
嬢「あら、私、支離滅裂。何を言っているんだか。うふふ。」
小「フフハハ〜♪」
嬢「ふふふふ。」

小僧さんの笑顔初めて見た・・・。声はソプラノのようなのね。素敵。


555 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:12
芋から生まれた平太郎!
またサブストーリーができそうですわね


556 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:12
>>554
お嬢様鼻緒が切れる→ひらがな家を訪れる→お嬢様とひらがなの談笑の後日談です。
小僧がなぜひらがなを助けたかという説明なのです。


557 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:14
ソプラノで笑う小僧、ステキですわ。
ほのぼの青春の1コマですね。
芋から生まれた(らしい)ひらちゃんがまた・・・。

558 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:19
ありがとうございます。昼とは偉い違いだわでしょう。>557

559 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:24
>>558
全然!何だか自然と顔が綻びますわ。
リアルタイムでこの時間にいるのは初めてですけど、
朝、深夜組の皆さんのログを読むのが凄く楽しみなんですよ。
こういう風に書けないかしらと思うことしきりで。

560 :想い出はセピア色:2001/02/03(土) 03:25
>>415さんを踏まえて

カフェー「ーリェチ」にて

彼女「今日は来てくれてありがとう。どうだった?」
平安「正直言って、よくわからなかった。」
彼女「そう、簡潔かつ辛らつな御意見どうもありがとう。
   ところで、今日は粋な着流し姿じゃない。踊りでも習ってられるの?」
平安「えぇ、まぁ。」
彼女「凄いわね。私なんて、立ち振る舞いが粗野だ、野蛮といつも皆から
   言われているわ。」
平安「でも、もう辞めようかと思っているんだ。」
彼女「あら、どうして?」
平安「才能の限界かな。」
彼女「限界なんて自分でこしらえちゃ駄目。
   努力をしないで、甘えたことを言う人間は大嫌いだわ!
   お勘定はここに置いておきますから。さようなら。」

彼女、カフェーを足早に出て行く


561 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:30
>>569
ここ最近はネタ切れで、職人だめなんですよ。
弱音はいちゃと、この話を大団円で終わらしてもらって、次の話か「アラシ
一家」になればいいなと。お昼にフライング話が出てましたけどね。

562 :僕と彼女のいた場所:2001/02/03(土) 03:34
銀座の雑踏。署名活動をしている彼女に近づく平安。

平安「頑張っているね。」
彼女「こ、この前は、少し言いすぎたかもしれないけど、
   謝る気なんてないから!
   それとも何!文句でも言いに来たの!」
平安「いや、これだけ言いたくて。踊り、続けるから。
   それだけ。じゃあ。」

立ち去ろうとする平安。彼女が呼び止める。

彼女「あの・・・私達のよくわからない集会に来てくれたのだから、
   今度はあなたの踊りを見に行って差し上げるわ。」

彼女、はにかみながら右手を差し出す。

平安「了解。簡潔かつ辛らつな御意見をよろしくお願いします。」

平安、笑顔で握り返す。

思ひ出は遠くなりにけり。すっかり冷めきったカフェラッテを前に、窓の外を見
やる平安であった。


563 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:34
このお話の題名はなんでしたっけ?

564 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:35
平安かっこいいですわ・・。

565 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:36
>>463 実は決まってないようですよ。

566 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:38
平安の彼女話待ってましたわ。ありがと。>562
やっぱり平安だけオトナで萌え〜。

567 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:39
>>561
そうか、早く終らせちゃったほうがいいんですね・・・。
実は508で平安捕獲を書いたのも私ですが、この先をどうしたらいいものかと。
以前、平安は非業の氏を遂げるという案が挙がってたように思ったので、
一応捕獲までは書いてみたんですけど実は気が進まなくて・・・。
というか、やはりみんな(それなりでも)幸せになって欲しいなと思いまして。
それでちょっと案を拾おうとこの時間に参加した次第です(笑


568 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:40
しかし>562は他の話を含めて、これで今日の持ち駒を使い果たしてしまいました。
すみません・・・。

569 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:44
平安だけで話が作れそうですわね。
でもそうなると主人公が死んでしまうので無理ですが。
まあ、脇役だから光ってるってのもあるんでしょう。

570 :561:2001/02/03(土) 03:45
>>508の平安捕獲はかなり萌えましたよ。
それに触発されて、>>560-562を書いたようなもんですから。
どうしましょうかね。今日は本当に少なそうですね。
辛いと思っているのは、私だけかもしれませんし。

571 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:47
>>567
んー、どうやら捕まった時にはもう敗戦が見えていたようですし、
拘留はそれほど長くならずに出てこれそうですよね。
その後は新しい日本を作ることに生涯を傾け、一匹狼で生きていく・・・とか。

572 :561:2001/02/03(土) 03:51
>>567 そうですね。しばらく消息を絶って、終戦に出てくるとか。

この話、明治か大正か昭和かよくわかんなくなってきてますね。


573 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:52
>>570
ぐっ、こっぱずかしいですわ。
それとこういうネタを考えるのは波があるのでは?<辛い

>>571
なるほど!
ちと考えてみますわ。


574 :570:2001/02/03(土) 03:55
そうだと思います。きっと、この話の始まりから嬉々としていたからですわ。
ちょっと英気を養いますわ。ありがとうございます。>>573

575 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:59
では>>489を受けまして・・・。
懐かしのネタを絡めてみました。駄文失礼。

別荘から帰る翔&ひらがなのもとへ歪坊ちゃまが・・・。
歪「翔君,〇子さんのことは諦めた方が君の為だよ」
翔「余計なお世話だ(睨み)」
歪「お嬢さまにふさわしいのはこの僕なんだよ(にっこり)。
  君と僕とでは格が違うからね。
  君ん家なんて所詮時代に乗り遅れた中途半端な商家じゃないか?
  お嬢さまと結婚なんて無理だね。」
家族を馬鹿にされ激昂した翔様,
たまたま傘を持っていなかったので思わず拳を歪へ。
そのまま乱闘に突入。
どうして良いか分からずその場に立ち尽くすひらちゃん。
ひ「(僕はどうすればいいんだろう・・・?
  そうだ人を呼ぼう!)たすけて〜!だれかきて〜!」
騒ぎを聞きつけた村人たちがどうにか2人を引き離して事無きを得る。
しばらくしてナオキも到着。
ナ「お坊ちゃま,一体どうなさったんですか?」
歪「翔君が先に殴ったんだよ〜(泣)。」

>>508
「治安維持法違反」でしてよ。>罪状

576 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 03:59
575です
sage忘れました・・・。大変失礼。

577 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 04:03
>>575
2での歪らしいわ。でも歪担これでいいのかしら。
私はいいけど。

578 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 04:04
>>574
最初からだと大変でしょうしね。
その場その場でノリも違いますし。

>>575
あ、ありがとうございます。<「治安維持法違反」

579 :574:2001/02/03(土) 04:09
>>573 >>578
引越し以来辛いことが多かったんで、盛り上げたいなあなんて張り切っちゃって。
でも本当は書くのが楽しかったんですけどね。フフハハ〜♪

580 :578:2001/02/03(土) 04:14
>>579
のってくるとホント楽しいですよね。
私も朝っぱらから出血大サービスのように書きまくってますわ(にっこり)

581 :574:2001/02/03(土) 04:20
>>580
本当に会社からアクセスしている方の、業務を止める勢いのスレに
なってしまいましたものね。(ヂュミヂュミ〜)

582 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 04:25
湯上担として、黒ぼっちゃん最高ですわ。
でもできれば、ユニークで憎めない、
悪すぎないキャラにしていただけたら一番ありがたいですわ。


583 :ではそろそろ本筋?:2001/02/03(土) 04:27
513さまの粗筋&514さまを踏まえつつ。

翔「やあ、今日はお顔の色がよろしいですね」
嬢「(うっすらと頬を染めつつ)今日も来てくださったのね」
翔「日課だと申し上げたでしょう?」

翔さまの言葉に俯くお嬢さま。その耳朶が桜色に染まる。

嬢「これ、もしかして昨日お忘れになりませんでしたこと?」
翔「あっそれは!あ、いや、僕のでは、いや僕のですが・・・その、えっと」
嬢「まあ、おかしな翔様」
翔「はは、はははは」
嬢「ところで、その『○子インザハウスyo!』って何のことですの?」
翔「(絶句)」

麗らかな日差しが差し込む、ある晴れた日の午後のこと。

>>581
仕事はまあぼちぼち・・・。


584 :はははは〜!:2001/02/03(土) 04:31
>>583様 爆笑でございます。横腹痛いです。

585 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 04:35
無邪気な顔のお嬢様と、
絶句してブサ顔で驚いている翔様が目に浮かびますわ。

586 :庭を散策する2人。:2001/02/03(土) 04:52
翔「○子さん、ほらもう梅の実が綻んでますよ」
嬢「まあ本当に。美しゅうございますわね」
翔「静かですね。外の喧騒が嘘のようだ」
嬢「不思議な心持ちですわ。まるでここだけ時が止まったようで・・・」
翔「・・・・・・」
嬢「・・・・・・」

しばし無言で辺りの景色に見入る2人。
近頃とみに自分に笑顔を見せてくれるようになったお嬢さまに、
翔さまの口から秘めていた思いが零れ落ちる。

翔「○子さん、初めてお会いした時から僕はあなたのことが、」
嬢「皆までおっしゃらないで」
翔「○子さん?」
嬢「・・・あなたは私の心が他の方の元にあることをきっとご存知だったはず。
  それなのに、そんな私をずっと支え続けて下さいましたわ」
翔「僕はただあなたを守りたかった。人として当然のことです」
嬢「いいえ。それはきっとあなたがお優しいからですわ」
  いつしか、私もそんなことあなたのことが・・・」
翔「○子さん!」
嬢「翔様、お慕い申し上げております」

初めて自分の腕に愛しい人を抱きしめる翔様。
激動の時代は、思いを通わせ合った2人を尚その本流に飲み込もうとしていた。

うーん、我ながらくさい。


587 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 04:57
>>586
とうとう翔様にもオイシイ思いをする時がやってきたのですね。
長かったですわ。よかったです。小僧だけに良い思いをさせるのもねえ
と鬼の小僧担でした。

588 :そこへ突然?!:2001/02/03(土) 05:04

歪「まったーーー!!」
嬢「ひっ」
翔「何だ!人の庭に断わりもなく入り込んで!?」
歪「ふふん、人の婚約者を盗みとろうとするのはどうなんだい?」
嬢「そんなことっ!もうあなたとの婚約は解消したはずですわ。
  あなたのお母様からも
  『病人をうちの大事な息子の嫁に貰う訳にはいかにゃーだに』
  と言われましたのに」
歪「お母様は僕の言うことなら何でも聞いてくれるんだ。
  僕が欲しいものなら何でも手に入れてくれるさ」
翔「○子さん、僕の後に隠れておいでなさい」

歪が指ぱっちんを鳴らすと、どこからともなく陰のようにナオキが現れた。
翔さまの唯一の武器である番傘は運悪く週に一度の虫干し中。
不敵な笑みを浮かべる歪。
翔さまの艶やかなおでこから汗が一筋滴り落ちる。

翔さま危機一髪!


589 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 05:05
翔様、よろしゅうございました・・・

590 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 05:22
いやあ!まるでジェットコースタームービーのようですわ。

591 :そこへ突然?!その2:2001/02/03(土) 05:31

まるで三竦み状態の庭先へひょっこり現れたのは救世主ひらちゃんである。
ひらちゃんは雨も降っていないないに、真新しい黄色の傘をさして
くるくる回しながら歩いていた。

ひ「姉さま、僕の新しい傘を見てぇ。ほらきれいでしょう?テヘ」
嬢「・・・!!ひらちゃん、ごめんなさい!」
ひ「あ、僕の傘!」

お嬢さまはひらちゃんから傘を引っ手繰ると、翔様に向かって放り投げた。

嬢「翔様、これを!」
翔「ありがとう!さあ、来るなら来い!」
歪「ぬう〜余計な真似を・・・!」

翔さまの突きは天下一品。
喉元を狙って繰り出される電工石化の突きを避けるのは何人たりとも至難の技。
それは如何に屈強なナオキとて例外ではなかった。

ナ「ぐおっ」
歪「ナオキ!・・・ちっ」
翔「今度はお前が相手か?」
歪「くそっ、今日のところは勘弁してやる。」

捨て台詞を残して去っていく歪とよろよろとそれに付き従うナオキ。
ホッと胸を撫で下ろすお嬢さまに微笑みかける翔様の、その眩いばかりの
前歯がキラリと光った。

ひ「僕の傘〜〜!うわ〜ん!」
嬢「ひ、ひらちゃん」
翔「ひ、ひら君」

わ、忘れてた、ひらちゃん・・・(涙)。

592 :583=586=588=591:2001/02/03(土) 05:35
うーんこの時間は、何だか魔物が住むようですわ。
ついつい遊びすぎてしまいました。
そろそろお暇しますわ。皆さまごきげんよう。

593 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 05:35
ひらちゃん、おいたわしや。でも翔様素敵ですわ。
久々に大活躍、おめでとうございます。

594 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 05:39
>>583・・・以下略
面白かったです。抱腹絶倒いたしました。そうです。ここには
黒魔術を使う方がいらっしゃるのですよ。くすくすっ

595 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 09:13


596 :今は夜の職人:2001/02/03(土) 10:01
みなさまおはようございます。
昨日転んでしまって入院したためこちらに伺えず、
先ほど帰宅してログを全部読みました。
ソプラノ小僧、芋から生まれたひらちゃん等など、
もうもう、ぽんぽんが痛うございます。
他の痛みを忘れさせてくれる、まったく阿片のようなスレですわ・・・
深夜組の皆様、有り難う。とっても楽しゅうございます。

597 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 11:28
お大事になさいませ>596

598 :596:2001/02/03(土) 11:41
>597 ありがたう。
では浅草少年五人組で、小ネタでも・・・。

平安の下宿にて、蓄音機を前に語り合う平安と翔。
翔の手には、浅草少年五人組のレコオド「浅草一番」が。

翔「僕は愛と勇気のさくら餅がいいと思う。君は?」
平「過敏症かな」

*中国語訳されたタイトルを参考にしてみました。

599 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 11:41
ぽんぽん痛すぎの連続でここ何日も全然受験勉強進みませんわ・・・。
職人の方々、毎日のお仕事と創作お疲れさまです。
私もみなさんに負けないよう勉強頑張らないと!

小僧が戦地から帰ってきたら一体三人の関係はどうなってしまうのかしら?!


600 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 11:48
kimo…

601 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 11:54
ところで本物のナオキって強そうなんですか?

602 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 12:09
強そうではありませんが、歪の手下役としては最適です。
歪の言うことなら何でも聞きそうですから。
なんでも、シングルかなりの数買いたみたいですし。

603 :602:2001/02/03(土) 12:14
すいません、「買いた」ではなく「買った」です・・・。
あ、あと個人的には浅草少年五人組のネタが好きです。
もちろん本筋も大好きですが。
どこまでもおバカなひらちゃんに萌え!

604 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 12:42
確かひらちゃんは翔様と同級生のはず・・・
どうしても5〜6才にしか見えませんのよね。
でも、このキャラ好きですけど。 おバカ(スマソ)と天才は紙一重と言う所でしょうか。

605 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 12:47
翔様の番傘はまるでアンパンマンの新しい顔のようですわね。>>591

606 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 13:09
>>605
消費が激しいのですわ(くすくす)<番傘

607 :新しい旅立ち:2001/02/03(土) 14:44

終戦後。
富みに胡座をかいていた者が貧窮し、生命力溢れる者がのし上がってくる。
桜井家も例外ではなく、戦後没落の一途を辿っていた。

翔「○子さん、とうとう家も土地も手放さなくてはいけなくなってしまいました。
  僕にはもう何もない。これ以上あなたを側に引き止めておいては・・・」
嬢「別に家や土地がなくてもどうってことございませんわ」
翔「○子さん・・・」
嬢「わたくし、こう見えても意外にやりくり上手ですのよ、ふふふ」
翔「(こっそり涙を拭きながら)やあ、これは頼もしいな。
  ・・・実は東京を離れようかと思います。
  家の番頭だった石倉の実家が信州のほうにあるのですが、
  僅かばかりですが土地を貸すと申し出てくれたのでね。
  今までのようにはいきませんが・・・付いてきて下さいますか?」
嬢「どこまでもお供致しますわ」
ひ「ねえねえ翔さん、しんしゅうってお芋はいっぱいあるの?
  僕芋ほりできるところがいいなぁ」
嬢「ま、ひらちゃんたら」

3人の軽やかな笑い声が響き渡る。

608 :ノミ市にて:2001/02/03(土) 14:46

男「旦那、もう少しいただかねえと、あっしもおまんまの食い上げなんですがね」
平「ふ、ん。ボッタくりだな。先週まではこの半分の値段で買えた筈だが?」
男「嫌ならとっとと帰ってくんな。買い手は他にいくらでもいるんだ」
平「・・・しょうがない、頂こう」
男「(にやりと笑って)毎度あり〜」

長い前髪を苛立たしげに掻き揚げながら、貧相な男から包みを受け取る。
咥え煙草にいなせなマフラアを巻き、うっすらと無精髭を生やしたその顔は
逮捕後行方知れずになっていた平安であった。

平「まったく住み辛い世の中になったもんだ。
  だが日本国は負けてこれから生まれ変わる。変えるのは俺達だ」
その瞳に強かな光が宿る。

その時、船着場から男達の声が聴こえてきた。
「おーい、復員船が帰ってきたぞーーー!」

船から降りてきたのは、果たして・・・!


609 :出立前夜:2001/02/03(土) 15:04

嬢「これはもう封印しなければいけないわね」

引出しの奥深くに大事に仕舞って置いた煙草入れを取り出す。
それを愛しげにさすりながら、在りしの笑顔に思いを馳せた。

嬢「小僧さん、ほんの一時のこととはいえ○子は幸せでしたわ・・・」

一瞬、まるでその昔に戻ったように切なげな微笑を浮かべるお嬢さま。

ひ「姉さま〜、どこ〜〜?今日のお芋はかくべつうまくふかせたんだよ〜」
嬢「ひらちゃん、姉さまここよ!今行くわ!」

静かに音を立てて扉が閉まる。
煙草入れの持ち主がまさか生きているとは、知る術など無いお嬢さまであった。


610 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 15:49
翔様・・・お幸せに・・・。
平安様・・・惚れましたわ・・・。

611 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 16:04
ひらちゃん、しんしゅうでまってるわ・・・。


612 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 16:54
ナオキって歪と仲いいんですか?

613 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 17:45
sage

614 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 19:09
ここはすばらしすぎます!
なんとも抱腹絶倒大爆笑!

友人知人にコピペして送信しまくり、きっと今頃
笑い死にしてるかも・・・・。


615 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 19:18
平安様・・・生きていらっしゃったのね(涙)
戦後の財閥解体で、平安様も苦労をすると思いますががんばっていただきたいですわ。

616 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 19:18
いつぞやの歪んだケーキといいここでの「あかんたれ」や
「細腕繁盛記」を思わせる軽妙なストーリー展開(分からないかな?)
に大笑いしています。
ラーメン食べてたらキット鼻から出たことでしょう。

617 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 19:25
喜んでいただけてありがたいですわ>>616
ただ、できることならsageていただければ嬉しゅうございます・・・・

618 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 19:46
これでよろしいですか?(うふ)

是非大河ドラマにして欲しいような作品の数々です!
毎日のぞきに来ます!



619 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 19:57
>>618
sageは半角小文字でお願い致しますわ・・・

620 :歪、屋根裏の散歩者偏:2001/02/03(土) 20:02
ここは暗雲忍び寄る、歪邸。
なんとしてでもお嬢様の御様子を伺いたい一心で
「スパイ暗躍」という新聞のみだしをヒントに新たなる
企てを思いつく歪であった。

歪「スパイか、、、。のぞき、、、。もう僕にはこれしかないんだ。」

歪はなんとかお嬢様の部屋の屋根裏にうまく忍び込み、天井板を
静かにずらし、お嬢様戻られるのを今か今かと待ちつづけた。

621 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 20:15
kimo…

622 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 20:16
きもー

623 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 20:16
傘様ったら やはり奇麗なお姉様が大好きなのですね(ウフ)電波を使って公表してしまいましたわね。

624 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 20:18
と、そこへ、、、、。
ひら「黒ぼっちゃん、みぃつけたぁ。こんどはかくれんぼ?」
歪「ひ、ひらちゃん。ち、ちがうんだよ。そうだ。今度は
  お外で竹馬をして遊ぼう。」
ひら「うん。いいけど。あっ。ここからねえ様がよぉくみえるよぉ。」
歪「ひ、ひらちゃん、大きな声をだしちゃだめだよ。ほら、僕の
  懐中時計をかしてあげるから。」
ひら「わぁ。きらきらぁ。きれいだぁ。あっ。落としちゃったよぉ。」



625 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

626 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

627 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

628 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

629 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

630 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

631 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

632 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

633 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

634 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

635 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

636 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 23:29
yoooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

637 :ななしじゃにー:2001/02/03(土) 23:56
wooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

638 :どうして!:2001/02/04(日) 00:02
ここだけ荒されるの!!!!
信じられない!!

639 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 00:10
頑張って下さい。好きです。

640 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 00:18
犯人は・・・

641 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 00:29
目がチカチカするわ・・・。

642 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 00:54
あら、今宵も楽しみにきたのに荒らしさんが・・・
もう少し後からの方がよろしいようですわね。

643 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 01:09
今日のガキバラ、ビニール傘が登場してたね。

644 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 01:11
流血の嵐にならなくて良かったです

645 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 01:15
ガキバラ予告の翔様の学ラン姿で
ここでの翔様のお姿を思い出してしまいました

646 :ユーは名無しネ:2001/02/04(日) 01:37
平安のお相手の方、小沢凛サンは如何でしょうか?
『ヒッパレ』で拝見したのですが、なかなか清楚で知的な方でした。
『デート』で共演した黒澤優さんもいいですね。

647 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 02:04
黒澤優さんいいですね。
聡明なお方がいいですわ。

648 :お待たせしました:2001/02/04(日) 02:05
【登場人物紹介】 >>2-10
【2月1日分 ダイジェスト】 >>272-282
【2月2日分 ダイジェスト】 >>401-407
【今後の展開】 >>513

649 :あらすじ その19:2001/02/04(日) 02:05
【平安の愛 編】(追加)

「想い出はセピア色」の巻 >>560
「僕と彼女のいた場所」の巻 >>562

【平安の足跡 編】

「平安捕獲」の巻 >>508
「行方・・・」の巻 >>608


650 :あらすじ その20:2001/02/04(日) 02:06
【恋する翔様 編】(追加)

「まだまだ健在!ポエマー翔様」の巻 >>514
「◯子インザハウスyo!」の巻 >>583

【小僧の秘めた想い 編】(追加)

「小僧の笑顔」の巻 >>554

【結ばれる2人 編】(追加)

「心はずっと一緒だから・・・」の巻 >>411
「こんなにそばにいるのに」の巻 >>414
「この空の向こうに」の巻 >>418

651 :あらすじ その21:2001/02/04(日) 02:06
【翔様 vs 歪おぼっちゃま 編】(追加)

「一触即発?!翔様 vs 歪おぼっちゃま」の巻 >>575

【みんな大好き!ひらちゃん 編】(追加)

「願い事、叶うなら」の巻 >>544

652 :あらすじ その22:2001/02/04(日) 02:07
【翔様とお嬢様 愛の軌跡 編】

「落とした髪留」の巻 >>415
「絆を摘む者」の巻 >>423
「黒い翔様」>>473
「これも・・・愛」の巻 >>474
「嘘と慟哭」の巻 >>475
「春の訪れ」の巻 >>586
「そこへ突然?!」>>588
「黄色い傘の救世主」の巻 >>591
「新しい旅立ち」の巻 >>607
「出立前夜」の巻 >>609

653 :あらすじ その22(訂正):2001/02/04(日) 02:09
【翔様とお嬢様 愛の軌跡 編】

「落とした髪留」の巻 >>415
「絆を摘む者」の巻 >>423
「歪おぼっちゃまに似てきた?!翔様」の巻 >>473
「これも・・・愛」の巻 >>474
「嘘と慟哭」の巻 >>475
「春の訪れ」の巻 >>586
「突然の来訪者」の巻 >>588
「黄色い傘の救世主」の巻 >>591
「新しい旅立ち」の巻 >>607
「出立前夜」の巻 >>609

654 :あらすじ その23:2001/02/04(日) 02:09
【みんな大好き?!歪おぼっちゃま 編】(追加)

「愛、その裏に商魂」の巻 >>417
「僕だって好きなんだぞ!」の巻 >>477
「転ばぬ先のひらちゃん」の巻 >>481
「姉さま、だいすき」の巻 >>492
「歪のお嬢様獲得作戦 前編」の巻 >>506
「歪のお嬢様獲得作戦 後編」の巻  >>507
「歪、屋根裏の散歩者 前編」の巻 >>620
「歪、屋根裏の散歩者 後編」の巻 >>624

655 :ユーは名無しネ:2001/02/04(日) 02:09
優サンは平安の初恋のお方、というのはいかがでしょうか。
でも実は平安父上の浮気相手との間に出来た子供で
血が繋がってるのを知って自害する。

のちのち平安が革命運動にかかわるキッカケになった女性に
なるのは如何でしょうか・・・

656 :あらすじ その24:2001/02/04(日) 02:10
【浅草少年五人組 編】(追加)

「我等台風世代」の巻 >>540
「翔様の美的感覚」の巻 >>545
「“浅草一番”絶賛発売中!」の巻 >>598

657 :あらすじ その25:2001/02/04(日) 02:11
【湯上さん家のおとぎ話 編】

「秘密の薬」の巻 >>497
「恐るべし、母の愛」の巻 >>498
「歪 vs ひらちゃん」の巻 >>499
「歪の大失態」の巻 >>500
「ひらちゃんはやっぱりひらちゃん・・・」の巻  >>502

658 :番外編:2001/02/04(日) 02:11
【おまけ:アラシンブン 編】

「登場人物紹介」 >>470
「スナックひらがな物語 その1」の巻 >>458
「スナックひらがな物語 その2」の巻 >>461
「傘子とひらがおのラブラブコーナー?!」の巻 >>469 

659 :あらすじ担当者:2001/02/04(日) 02:13
昨日はお休みさせていただき、ありがとうございました。
転載などで違っているものがあったら、すいません。
どんどん増えてきましたね。
話が完結したら、その時にはまたきちんとまとめなおします。
とりあえず、本日までの分をまとめました。

660 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 02:15
あらすじ担当様いつもごくろうさまです。

661 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 02:18
>>659
あらすじ担当者お疲れ様でした。
すばやいまとめ、いつも助かっておりますわ。


662 :661:2001/02/04(日) 02:19
さ、様が抜けておりましたわ。失礼しました。

663 :あらすじ担当者:2001/02/04(日) 02:24
とんでもないです、いつもつたないまとめですいません。
>>661様、わざわざありがとうございます、いいんですのよ>様
歪おぼっちゃまとひらちゃんはほぼ同時に出てくるので、
どちらにまとめればいいか困ってしまいます・・・一応歪にしてますけど。

664 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 02:29
このまま歪のほうでよろしいのでは?<ひらちゃん
このコンビって楽しいですわ。
黒さが程よく中和される感じで。

665 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 02:33
そうそう、このお話の清涼飲料水って感じですわ>ひらちゃんと歪
今日は職人様たちはいらっしゃらないのかしら?

666 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 02:49
あらすじ担当者様、お加減大丈夫ですか?あまり無理をし過ぎないで下さいね。
私、深夜のネタ職人として皆様と遊ばせていただいておる者ですが、
自身の少々ネタと才能がつきてきたようです。
どちらかというと小ネタ披露のお話のくせして、情けない限りです。
研鑚を積んでまいります。

667 :ひらちゃんの初恋?その1:2001/02/04(日) 03:44

ひ「姉さま、僕病気かしら?」
嬢「まあひらちゃん!どうしたの?ぽんぽんでも痛いの?」
ひ「あのねあのね、僕おともだちができたの。お話してるととっても楽しいの。
  それから胸がとってもドキドキして変な感じなんだ。僕、やっぱり病気なのかなぁ?」
嬢「まあひらちゃん、それはきっと恋というものよ!
  お相手の方はどんなお嬢さんなのかしら?可愛らしい方?」
ひ「わかんないの。塀越しにしかお話できないから」
嬢「へ、塀越し・・・!(まさか捕らわれの身?!)」
ひ「そう、声しかわからないの」
嬢「声だけ?それ以外はわからないの?」
ひ「えっとね、”かめに”だって言ってた。”かめに”っておいしい?」
嬢「か、亀似・・・塀越し・・・亀似・・・・・塀・・・」

亀と塀が頭の中をぐるぐる回る。
お嬢さまは心配のあまり、思わずきつく胸を押さえるのであった。


668 :ひらちゃんの初恋?その2:2001/02/04(日) 03:56

ひらちゃんから聞いた話を、翔様に切々と訴えかけるお嬢さま。
そこで翔様は、きっかけを作ったのは自分だと白状することに。

翔「実は、息抜きにと思って僕がお誘いしたんですよ」
嬢「翔様が?」
翔「ええ。『影絵恋物語』と言って巷で大流行りの遊戯なんですよ。
  発展家の若者が何人か集って薄い塀越しに話をするんです。
  塀越しにというのは、何でも容色に捕らわれないようする為らしいです」
嬢「まあ近頃ではそんな遊戯がございますの?
  あの子、気の利いた会話のひとつもできたのかしら。心配ですわ」
翔「いや〜なかなか会話が弾んでいるようでしたよ」
嬢「まあ、ちゃんと会話になってたんですのね。お芋にしか興味がないと
  思っていたあの子がいつの間にか大人になって・・・(さめざめ)」
翔「あ、いやその・・・」
嬢「やはり男は男同士。これからもひらちゃんのよき友人として
  面倒見てやってくださいましね」
翔「あ、だからその」
嬢「いつかお相手の方を紹介してくれるかしら。
  きっと可愛らしい方でしょうね。今から楽しみですわ」
翔「そのう・・・」
嬢「お話を伺って安堵いたしましたわ。ではご機嫌よう」

弟の初恋?に甘酸っぱい感傷に浸っているお嬢様は一方的に喋って去っていった。
残された翔様はというと。

翔「でも、ひら君はずっと芋の話しかしてなかったんだけどなあ。
  それに、亀似?・・・そんな女性がいたか?」

と、不思議そうに小首を傾げるのであった。
ひらちゃんに幸多かれ!


669 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 04:02
亀似のあの方は堀越しにひらちゃんを手なづけているのかしら。
さすが掘越しね・・・

670 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 04:18
>>669「塀越し」→「堀越し」って・・・
もしやマジボケかしら?

671 :出撃の日:2001/02/04(日) 04:20
数人の特攻隊が戦闘機の前で整列している。上官が一人一人に語りかけており、
小僧の番になる。

上官「私は、最初にお前を見た時、やる気があるのか無いのかわからない風情に
   大変心配したものだった。
   しかし、なかなかどうして、言われたことはきっちりやるし、運動神経も
   人一倍発達していて、今で一番の自慢の部下だ。
   小僧。日本男児の名に恥じぬよう、お国のために立派に働いてこい!」
小僧「へいっ!上官殿!」
上官「ハッハッハッ!返事だけは直らないな。」

小僧は思った。

小僧「俺、もう、大きくならなくてもいいんだな・・・。
   だけど、おっ父、おっ母、小僧太、小僧郎、小僧助、小僧美、小僧江、
   小僧子、俺、結局、何にもしてやれなかった・・・ごめんな。
   そして、お嬢さん、できるなら、もう一度・・・。」

そこへ、息せき切らせながら走ってきた通信兵が、上官に耳打ちする。

上官「これから、ラジヲを通じて、天皇陛下殿が直々にお話をされるそうだ。
   今回の出撃は見送る!全員速やかに戻るように!」


672 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 04:21
堀越しだったらさらに笑える

673 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 04:21
ああ、ついに終戦!

674 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 04:25
私も最初「堀」だと読み違えましたので、669様もマジボケかもしれませんわ。

>>608
>>571をふまえて考えてくださったのかしら。だとしたら感謝カンゲキですわ。
自分のアイデアを採用されたのって初めてですの。

675 :671:2001/02/04(日) 04:26
>>432さんのリクエスト?に応じて、台詞に入れ込んでしまいました。
でも二十六夜参り見てない上に、かなり哲学的な言葉だったので
果たしてこれでよかったのかどうか・・・。苦悩、苦悩。

で、結局、平安の彼女以外、皆生き残っちゃいましたね。
本当は、小僧殺す気マンマンだったんだけど。鬼の小僧担。

676 :671:2001/02/04(日) 04:30
で、不勉強でなんだが、外国から特攻隊は出撃しなかった?かも。
日本からの飛び立つのしか知らないので。
だとしたら、こじつけちゃいました。ごめんなさい。


677 :平安の初恋:2001/02/04(日) 04:31
帰宅途中の道。

翔「ねぇ、平安さんの初恋の人ってどんな人?」
平安「・・・忘れた。」
翔「平安さんのことだから、世慣れた年上の人?」
平安「本当に忘れてしまったよ。それに終わった恋愛の話を
   他人にペラペラと話すのは俺の趣味じゃない
   ・・・じゃあ俺は吉原に行くから。またな。」

平安が向かった先は、吉原ではなく墓地だった。
周囲と較べても粗末な墓の前に立つ平安。
「ごめん、お前の事しばらく忘れてたよ・・・」

678 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 04:35
平安の初恋のお相手は彼女でなくて?
彼女も芯で初恋の方も染んだのかしら

679 :>678:2001/02/04(日) 04:37
初恋が優さん、
本当の意味での恋愛は革命運動の彼女、
と考えました。

680 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 04:37
お前が最初で最後のおんなぁ〜?
平安…無駄に格好いいな…

681 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 04:42
もう平安には完璧にいってほしいなり

682 :677:2001/02/04(日) 04:45
平安のお父上、母上は誰が良いでしょうか?
誰か助言をお願いいたします。

優ちゃんのお母上はこの前2時間ドラマに出てた
姿晴香さんという女優さんがイメージなのですが。
↑知ってる人、いるかなあ(汗)

683 :ぶろまいど:2001/02/04(日) 05:16
ひらがな家。茶の間。
浅草少年五人組の写真を手にひらがながはしゃいでいる。

ひ「じきしょうそう!じきしょうそう!」
嬢「まぁ、ひらちゃん、ご機嫌ね。」
ひ「ねぇ、ねぇ、姉さまはどの方がお好き?」
嬢「そうねぇ、姉さまは、純朴そうなこちらの方かしら。
  けれども、その隣りの威嚇した目をした方も素敵だし、左端の殿方の
  眉の下がり具合も捨てがたいわね。
  あら、お一人、どこかで見たような気がする方がいるわ。どなただったかしら?
  まぁ、真ん中の方、とても首が長くていらっしゃるのね!
  それに、現像の具合がよくないのか少し歪んでいるような?」
ひ「わ〜い、歪んでいる!歪んでいる!」


684 :申し訳ない・・・:2001/02/04(日) 05:25
>>677
>>682の女優さん、どうしてもわからないです。すみません。
優しそうな感じの方と、勝手に思い込んでおります。

で、平安なのですが、私、勝手に父親が芸者さん(死去)に産ませた子で、
だから芸事が上手な設定を脳内で組み立てておりました。
ゆえに、平安は本妻のところに引き取られるが、そりがあわず京都で遊学
していたと。
ちなみに父上は竜雷太、母上はきつそうな江波杏子(ラブコンでの反町くんの母親)
のイメージです。


685 :684>677(補足):2001/02/04(日) 05:29
勝手に思っていたことなんで、書いておきながらなんですが無視してくださいね。
だって、平安の周りの女の人、死にすぎだし。あはれ、平安。
ノーマルでいくなら、岡江久美子か原日出子かなぁ。


686 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 08:49
>>671
上官の小僧に対する印象が的を射ていらして、
そんな小僧に萌〜ですわ。


687 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 09:19
この物語に参加して、最初は平安に降りそうになり、
次は小僧担になりそうな勢いでしたが、
今はひらちゃんが愛おしくてなりません。どうにかしてくださいまし。

688 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 09:26
あらすじ担当者様、毎度のことながらありがとうございます。
まとめてくださっているおかげで、ネタもうまく進むというものです。
昨日は具合が悪かったようですが、今後も無理をなさいませんよう
ご活躍を心からお祈り申し上げております。
アラシンブンの方までまとめてくださって、感謝カンゲキですわ。

689 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 09:38
コンサに浅草少年5人組 団扇 持って行きますわ〜

690 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 10:16
あいたたた・・・

691 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 11:33
ita

692 :608:2001/02/04(日) 13:19
>>674
もちろん、>>571でのご意見を参考にさせて頂きましたわ。
気に入って頂けるとよろしいのですけど。

693 :677>684:2001/02/04(日) 14:29
確かに平安さんは本妻さんの子よりも、妾腹の子の方が合いますわね。
京都のやさぐれ時代(・・・)に出会った少女が優さん、お母さんは
原日出子さんにさせていただきます。

しかし遊学中のボンボンと芸者の娘の出会ったキッカケが
浮かびませんわ・・・誰かアドバイスお願いします・・・


694 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 15:16
>>693
ありがちですが。
悪友に連れられて、料亭に遊びに行ったことにすれば如何かしら。
そこへ、置屋のお母さんに言われて姉さん芸者の忘れ物を
届けに行った芸者の娘に出会ったと。
一悶着あってもよろしいかも知れませんわね。
娘が酔っ払い(置屋の上得意)に絡まれるとか。

悪友には原さんあたり希望(こそ)。


695 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 19:22
原は嫌です。
色々お客が来て荒れそうです(町田を登場させろとか)

Jrは登場させない方が宜しいと思います。

696 :平安恋人の革命運動女性:2001/02/04(日) 19:30
佐伯日菜子さんは如何でしょうか?

697 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 19:42
金曜日の昼以来なのですが・・
やはり会社でゆっくり読む事に致しますわ。

698 :あらすじ担当者さま:2001/02/04(日) 19:55
>>663は「浅草少年五人組」のカテゴリーに入れてくださいませ。
わがまま言ってすみません。

699 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 19:56
age

700 :ネタ職人です:2001/02/04(日) 19:58
すみません。イタくなってきそうなので、できれば惜しまれつつ?
おわりたいです。
戦後編は荒れないうちに、さらっと終わりたいです。

701 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 20:59
そうですね。膨らませすぎな感もいたしますわ・・・

702 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 21:16
確かに同感かもですわ。
平安の初恋とかまで入れていたら、大変なことになってしまいそうですわね。
せっかく終戦まできたのですから、あとはラストに向かっていけばよろしいかと。

ちなみに私はあらすじ担当者さまではないけれども、
>>698様のおっしゃっている意味がよくわからないのですが・・・・
あらすじ、私はあれで大満足ですわ。

703 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 21:49
kimokimokimokimokimokimo!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

704 ::2001/02/04(日) 22:45
♪   嵐のアルバムよかったよかった    ♪
 ♪    嵐のアルバムやっぱりよかった       ♪    ♪
  ∧ ∧ .   ∧ ∧ .   ∧ ∧ .   ∧ ∧ .   ∧ ∧ .
  (@`@`゚∀゚)    (@`@`゚∀゚)    (@`@`゚∀゚)    (@`@`゚∀゚)    (@`@`゚∀゚)
 @_)    @_)    @_)    @_)    @_)


705 :ななしじゃにー:2001/02/04(日) 23:03
soudane


706 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 00:36
あら、どなたもいらっしゃらないようで・・。

707 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 00:40
おりますわよ、

708 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 00:41
見てますよー。
また上げられてしまってねぇ。

709 :698は、:2001/02/05(月) 00:44
>>663>>683の間違いでした。
「ぶろまいど」を「浅草少年五人組」にいれて欲しいなということです。
>>702様にご指摘されるまで気がつきませんでした。
ありがとうございました。

710 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 00:51
今家にあった「あすなろ坂(文庫版)」を読んだのですが
この時代(江戸末期〜昭和初期)って独特の空気があって
良いですね。嵐メンバーのまったり具合とピッタリのような・・・

711 :家族団欒。:2001/02/05(月) 01:11
数年後・・・・ある夕方。

翔「ただいまー」
嬢「あら、あなた。おかえりなさい。今日は早かったんですね」
翔「ああ、明日からまた学童用の傘の大量注文があって忙しくなるからね。
  暇な時くらい早く家に帰ってこないと・・・あれ?子どもたちは?」
嬢「ひらちゃんとデパートへ行ってますわ。
  ひらちゃんたら、ほら、この間までやっていたお芋の品種改良、
  大成功だったみたいで、農協から臨時収入が入ったんですって。
  それで『舞と修にいいものを買ってやるんだ』って言って聞かなくて。
  もう少しで帰って来るとは思いますけど。」
翔「あぁ、あの品種改良、うまくいったのか。それはよかった。
  でもまさか、あのひら君が“芋の研究者”になるとはな・・・
  夢にも思わなかったよ、あはは」
嬢「本当に・・・“好きこそ者の上手なれ”ですわね。うふふ」

その時。「がらっ」(玄関を開ける音)

ひ・舞・修「ただいま〜〜」
翔・嬢「おかえりなさーい」
舞「あ、お父様、お帰りなさ〜〜い!」
修「おとうちゃま、おかえりなちゃ〜い!」
翔「ひら君、子どもたちをデパートに連れて行ってくれたそうだね。
  ありがとう。悪かったね」
ひ「てへ。ぼくね、お芋の品種改良、上手にできたの。
  ごほうびにお金をい〜〜っぱいもらったんだよお。
  だから舞と修にいいもの買ってあげたんだ。えっへん」
嬢「ひらちゃん、ありがとうね。」
舞「ひらちゃんおじさま、靴下をたくさん買ってくださったの」
修「くちゅした、かってくれたの」
嬢「あら、舞も修もよかったね。お母様に見せてくれる?」
舞「はい!(と言って、ひらちゃんに買ってもらった靴下を差し出す)」
修「あい!(と同じく買ってもらった靴下を差し出す)」
嬢「あら、ふたりともこんなにたくさん靴下買ってもらっちゃって・・・
  ・・・でも、どうして全部くるぶし丈なの?」
舞「だって、ひらちゃんおじさまが
  『くつしたはくるぶし丈がいちばんかわいいんだよお』
  っておっしゃるんですもの」
翔・嬢「・・・・・・」
ひ「(勝手にお鍋の蓋を開けて)
  わ〜〜い!今日の夕御飯はお芋の煮っころがしだよ〜〜! 
  ぼく、お腹ぺこぺこなんだよお。早く御飯にしようよお」


712 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 01:25
ひらちゃん、、、芋の研究者の道に進むのね
さすが、翔様と同じ一高生だわ(にっこり)


713 :小僧の誓い:2001/02/05(月) 02:25
焼け野原の中で呆然と立ち尽くす小僧。

小「ここに桜井商会が確かにあったはずなのに。旦那、奥様、坊ちゃま、
  皆死んじまったのか?お嬢さんの家も焼け落ちていたし・・・。」
平「小僧・・くん?」

不意に呼ばれ、小僧は振り返った。

平「覚えているかい?桜井と一緒の学校だった−。」
小「平安さん?生きてらしたんスね!良かった!本当に良かったっス!」
平「君こそ良くぞ無事に戻ってこれたもんだっ!」
小「あの、皆さんご無事なんでしょうか?」
平「僕は終戦までずっと牢獄にいてね。すまない、まったく、消息を知らないんだ。」

二人はいたたまれなくなって、視線を地面に落とした。

小「あっ!」
平「これは桜井の・・・。」
小平「番傘。」

そこには、かすかに原型をとどめたぼろぼろの番傘が転がっていた。
平安が、番傘のすすをはたきながら言った。

平「ひどい空襲続きだったのに。こんなこともあるんだな。」
小「平安さん、俺、坊ちゃま達が生きているような気がしてならないっス。」

小僧はそして心に誓った。
お嬢さん、俺、お嬢さんのこと、きっと探し出してみせるっス。



714 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:34
あーーーーー!(絶叫)
せつない、実にせつないっス!
小僧の知らないところで、翔様とお嬢様は>>711様のお話のような
円満な家庭を築いているのね・・・・

715 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:37
>>713
最後の「っス」が微妙に間が抜けてて笑いましたわ。
寝ようかどうしようか迷ってたところだったのですが、
一つお話を読めたので、これで落ち着いて眠れます。おやすみなさいませーーー。

716 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:39
ネタ職人さんいつもありがとう。でもますます眠れなくなりましたわ。

717 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:40
上げては落とされ・・・の翔様、小僧の生還でどうなってしまわれるのか
楽しみですわ。
でも翔様とお嬢様との間に出来た子供を見たら、小僧、身を引くのかしらん。

718 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:42
小僧が傘関係の仕事をしていて、とっても嬉しいのは何故かしら?>>711

719 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:43
ごめん、小僧→翔様の間違えでした>>718


720 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:44
農協から臨時収入が入るひらちゃんに萌え萌えですわ。

721 :713は:2001/02/05(月) 02:48
こんな話書いといてなんですが、もう揉めさせたくはない派なんです。
>>711さんの話を読んで、余計にそう思いました。
探し出すんだけど、幸せな家庭を見て、結局、

「お嬢さん、坊ちゃまと幸せに暮らしてください。」

と言わしたいなと。平安ともども「明日に向かって生きていく」ラストを
希望ですわ。

722 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:52
でもその場合お嬢さんの気持ちが揺れるのは必至ですわよ。
不倫ドラマはまずいですわ。

723 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 02:55
>>722
では、小僧と翔様が対面して(notタイマン)して、戦死したとウソをついた
ことを謝る。で、翔様のお嬢さんへの深い愛を思い、小僧は彼女に会わずに帰る。
というのはいかがでしょう。

724 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:02
それが一番いいかもしれませんね。>>723
私も>>711さんのお話読んで、ほのぼのしてて「いいなあ」って思ったんです。
このスレの主旨とは違うかもしれないけれども、
>>722さんの案が一番幸せな終わり方ではないかな、と思います。

725 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:03
ごめんなさい、また間違えた。
>>722>>723です。もうだめだ。逝ってまいります・・・・・・・

726 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:08
>>725
ドンマイですわ。そうですね。ネタ職人、それぞれ、ご贔屓がありますしね。
ここだけでは決められないですね。朝、昼組の方のご意見も伺ってから決めて
もおそくないですしね。


727 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:11
ありがとうございます・・・感謝カンゲキですわ(涙)。
そうですね、ネタ職人様はたくさんいらっしゃいますので
他の方の意見もお聞きして、あと2、3日中には完結したいですわね。
私も最初はネタをかなり提供させていただいておりましたのに、
ここのところは時間もなければネタ不足でして・・・お力になれず凹み中ですわ。

728 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:20
何をおっしゃる>>727様!
私も、途中ペースダウンいたしましたわ。しかし、このスレのパワーは
恐ろしいものがありますのよね。
あの方の、魔術のせいかしら。

729 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:29
本当にありがたいお言葉ですわ・・・>>728様。
この週末は実質夜組だけの活動になっておりましたので、
明日から朝・昼組の方たちの創作活動に触れれば刺激になるかもですわね。
このスレを楽しみにしてくれている方たちがこんなにいるというだけで
このスレのパワーはやはりすごいのだと実感しますわ。

730 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:29
あの方にも素敵な結末を用意してあげないと

731 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:30
ああ、あの方・・・ですね(くすくすっ)

732 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:31
あの方のお家は、戦後どういう道をたどったのでしょうね(一般的に)。
やはり桜井商会と同じで没落していったのでしょうか?
宝田明・富士真奈美・そして歪様が没落した姿に興味津々ですわね。

733 :ビニイル傘の幸せ:2001/02/05(月) 03:39
翔「おっと、父様もひら君には負けないぞ。これは『ビニイル』という
  新しい素材を使った傘なんだ。透明を主流に販売するつもりなのだが、
  一つ試作品を作ってみたんだ。」
嬢「まあ、軽い!今までの傘とは比べ物にならないわ。
  それに、なんて綺麗な桜色。」

〇子はビニイル傘を広げ、くるりと回って微笑んでみせた。

修舞「わ〜、お母様きれい!」
嬢 「あら、いやだ、からかわないで。」

ひらがな芋の煮っころがしをつまみぐいしつつ、

ひら「きれいだねぇ。(もぐ)その上でお芋を回したらおめでたいねぇ。(もぐ)」
嬢 「もう、ひらちゃんまで。」

そんな光景を見ながら、幸せをかみしめる一家の大黒柱翔様であった。



734 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

735 :暇なら寝ればいいのにね:2001/02/05(月) 03:47
はい、ごくろうさま。
こちらにも参りましたね、あげあらし。
ちなみにね、漢字間違ってるよ。
「鬼頭」は正しくは「亀頭」、「差檄」は「刺激」ね。


736 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

737 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 03:53
>735
そんないちいち相手しなくても。
どうせコピベなんだし。

738 :桜井家、混乱。:2001/02/05(月) 03:54
舞「ねえ、お父様。>>743はいったいなあに?」
修「おとうちゃま、なあに?」
翔「き、気にしなくていいんだよ。お気の毒な方だからね」

ひ「“しかし、まつ・・もとはよう・・・ようしゃなく?!さくらいを・・・”
  姉さま、つぎは何てよむんだっけ〜〜?う〜〜ん・・・」
嬢「ひ、ひらちゃん・・・読まなくていいから!こら、ひらちゃんてば!」


739 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

740 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

741 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

742 :ななしじゃにー  :2001/02/05(月) 04:12
荒らしているのはアンジェラ小梅?

743 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

744 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 05:24
これは雨上がりです。

745 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 06:42
おもしろくない・・・・

746 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:05
なんて可哀相な小僧・・・


747 :再会後:2001/02/05(月) 10:06
焼けて無くなった桜井商会。
小僧はいつか○子さんを見つけようと心に決め
新しい仕事をみつけ、日々を送っていた。平「小僧君、新しい仕事には慣れたかい?」

平安と焼け落ちた桜井商事で再会をしてから
小僧は 休日になると平安を訪ねた。
唯一、○子さんや、傘坊ちゃんと接点のあった平安と
昔話をすることで、いつか必ず○子さんと・・・
と気持ちを揺るぎないものと確信したかったからだ。

小「仕事には慣れたっす」
平「で、どんな仕事なんだい?」
小「へえ・・・・・・
  ビニイル、と言う透明な布のような物を
  扱っているんっす」
平「ほ〜う。一度見て見たい物だな」
小「平安さん、一度仕事場にいらしてくだせえっ!
  俺も働いてる姿、見てもらえたら
  励みになるっす」
平「じゃあ明日にでも伺わせてもらうよ」
小「うれしいな・・仕事場ではみんな同じ
  うす茶色のジャンパーを着ているんす!
  これも舶来物で胸に 村田ビニイル、と
  名前が入っていて。とにかくハイカラで・・」

久しぶりに自分の事を話して
小僧も平安も終始 笑顔だった。
  

748 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:17
まあ、薄茶色のジャンバーに村田ビニイル・・・素敵すぎますわ。
そこにはカツオさんのような熱い男もいるんでしょうか。

749 :747:2001/02/05(月) 10:30
この後、傘様がビニイルを仕入れに
小僧のいる、村田ビニイルへ やってきて
小僧に○子さんの事とか今までの事を話
傘が自宅に戻る。
○子さんに小僧と会った事を話す。
○子さんに傘が 小僧と再会しても・・・
と言うと○子さんは首を横に振り
今、私が愛しているのは傘だけです。

とか言う感じの流れに進めていくのは
いかがでしょうか・・・

勝手に深夜組の職人様たちの
意見をまとめさせて頂きました・・・

750 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:35
小僧さんとても良い職場に恵まれましたのね。


751 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:35
どこまでも可哀相な小僧・・
だったら殉死したほうがよかったのかも・・
と思ってしまいましたわ。

752 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:39
小僧ってば不憫ですわ〜。
でも、小僧の憂いある表情に萌えっぱなしですわ。

753 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:41
「最後にやっぱり落とされる」翔様もちょっと見てみたかった気もいたしますが・・(鬼)。
なんだか小僧、最後まで格好よいのですわね・・。


754 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:44
小僧もカッコいいが一番は平安でしょ。

755 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:47
そうですわね、このまま小僧と平安にはカッコよく終わって頂きたいですわ。
私ここの小説読んでからというもの、
すっかり小僧・平安担になっております・・。
だって自担があまりに・・・なんですもの。。

756 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:51
最後に傘様 落とすなら、将来 小僧がビニイル問屋を経営。そこに仕入れで買いつけに来る傘。 小僧より格が下がる傘様・・いかがかしらん?初めの方のレスに確か小僧は○子さんを ひたすら思い独身。会社経営・・とあったような記憶が・・

757 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:51
そうですね、小僧平安にはこのままで行っていただきたいわ。
一生一人身でもいいかも?(可哀相過ぎるかしら)


758 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:55
平安も小僧も愛する1人の女性を思いつづけて
生涯をまっとうする・・。
素敵ですわ。


759 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:57
平安には エゲレス語を学んでいただいて、踊りを教える先生になって頂きたいわ。又はミュージカルの舞台俳優でもよろしいかと・・・

760 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 10:59
なんだか祭のバトロワ同様、
主役の翔様より脇役の平安・小僧のほうがカッコイイのね・・。
でも納得ですわ、、そのほうがお話的に良いと思います。

761 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 11:01
平安は踊りを諦めかけた時、彼女に踊りを続けるから!と約束したのですから 約束を胸に、忘れはしないよ胸のどこかに〜!で頑張って頂きたいわ

762 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 11:04
平安はあまりにも本人とかけ離れた役になってしまいましたわね・・。
実際は「どうにかしたかったがどうにもならなかった(笑)」
りしてらっしゃるのに・・。

763 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 11:04
傘様には 格好良く終わっていただいては駄目ではないかと・・持ち上げては落とす・・ 悪傘担より・・

764 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 11:04
そろそろ800も近くなってきたことですし、
お引越しの前に上手く終結できると良いのですが・・・

765 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 11:09
ひらちゃんの最後は てふてふが飛び回る芋畑で傘の子供たちと戯れ、歪は色々な黒い計画で特許とか取りまくって頂きたいわ。おねだりマシーンとか研究して 藁

766 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 11:34
そういえば歪の専売特許のおねだりシーンはなかったように思えますわね・・
「ハンサム侍」のように、取り巻きにおねだりする歪も見たいですわ


767 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 11:47
平安から小僧に 出征の時、街角で髪留め落とした出来事&小僧は無くした事を戦地で気付いて落ち込んでいた、と互いに 語るシーン(懐かしい事だ と微笑んで)読みたいですわ

768 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 11:56
歪 素敵コロン!発売!この香りを嗅いだ相手は あなたの望むブツを何でもプレゼントしたくなる!(多分)←多分は凄く小さい文字で書いてあって、読みづらい時は拡大鏡で見て下さい!と書いてあるんです〜 情報局ハガキ参照 (ワラ

769 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

770 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

771 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:28
一難去って、また一難ですわね・・・

772 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:32
あちらのスレは一体何なんでしょう。

773 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:39
ネタであってほしいですわ・・
よりによって金田一とは・・。

774 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:39
あそこには青林さんとファイターさんしかいらっしゃらないと思われますわ・・

775 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:40
どうでもいいけど、歪ヲタなのか?

776 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:45
うちの方、今「タッチ」放送してる。
たっちゃんって小僧のイメージが強いのよね。
余談だけど・・・


777 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:46
名無しネさんの刺し違いのような様相ですわよ。

778 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:49
Jr板でも1人で盛り上がってる方がいるようですわ。
あれは歪ヲタなのかしら?

779 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:51
最終的には小僧叩きになるのかしら・・・。
ふぅ・・。

780 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:52
今暴れているヲタは、ジャニ板では見かけない方のようですわね。
喜びのあまり壊れてしまったのかしら・・。


781 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:53
>>779
そのようですわね・・・。
はぁー・・・。

782 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:56
歪を持ち上げまくっていますわね。

783 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:58
この様子では、今夜中の大河ドラマ完結は難しいようですわね。

784 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 16:59
どうして小僧にばかり矛先がいってしまうのかしら?
私は嵐になってからの小僧しか知らないけど、
全然叩かれる要素なんて無いと思うわ。
むしろ彼機転がきくし、ある意味影のリーダーはこういう人が
いいと思う位なんですが、、
自担がもっとアドリブのきく人なら問題なかったのよね。。

785 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:02
>>784
ありがとう。
素直に嬉しい小僧担です。


786 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:06
私も不思議でならないわ。
小僧ってどこまでも不憫よね・・。


787 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:11
かわいさ余って憎さ・・・なのよ。
だって、困ってる小僧の顔かわいいんだもん。スミマセン逝ってきます

788 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:11
小僧はイライラした事があって髪を切ったらしいわ。
因みに髪型はお任せらしい。
小僧って普段顔に見せないけど、嫌な事とか沢山あるんでしょうね。
ますます不憫だわ・・・


789 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:12
あちらにはとうとう翔様ヲタまで出現なさいましたわ。はああ・・

790 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:15
ドラマスレにも登場ですわ>歪ヲタ

791 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:16
すでに歪叩きに変わっているようですわね・・

792 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:18
小僧がイライラした事ってどんな事かしら?
なんにせよ暗い歌ばかり作ってないで、
他の趣味もそろそろ開拓したほうが宜しいのでは・・。

793 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:20
小僧はとても凝り性な気がするので、
当分作詞作曲熱は収まらないと思われますわ・・。


794 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:24
趣味を持つ事は悪い事ではないわ。
絵・ラップ(?)・作詞作曲・読書
ひらがなは・・・・マンガ?


795 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:39
THE苦ラップはご趣味だったんですね・・(泣)

796 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:40
ひらがなはバスケ!

797 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:43
サクラップが趣味の域を越えないことを祈るばかり。

798 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:49
小僧は今年は先生について本格的に
ピアノを習いたいなどど言っておりましたが
コンでバラードをピアノと共に・・・なんて
嗚呼、哀愁が漂いますわね。でも声がソプ・・・(自粛)

799 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:52
なんでもいいわ。
チケさえ取れれば。

800 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:55
某掲示板でひらがなが大学合格!なんてニュースが。
本気にされてる方が何名もいらっしゃって。
ひらがなのあのお疲れモードの原因が受験勉強だったら
どんなにか楽か・・・。

801 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:57
>799
あなた、好きだヮ。

802 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 17:58
あらら・・・いつの間にか。
そろそろお引っ越しですわ。

803 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 18:04
このスレで物語完結出来ませんでしたね。

804 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 18:06
じゃあ、次は「オチ募集中」ってことで・・・

805 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 18:14
すみません・・私のPCからは新スレ立てられませんの・・
申し訳ありませんが、どなたか立てていただけませんか?

806 :ななしじゃにー:2001/02/05(月) 18:29
お引っ越しですわ・・・皆様。
【15】はhttp://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=jan&key=981365137

807 :続きは新スレで。:2001/02/06(火) 03:49
【登場人物紹介】 >>2-10
【2月1日分 ダイジェスト】 >>272-282
【2月2日分 ダイジェスト】 >>401-407
【2月3日分 ダイジェスト】 >>649-654 >>656-658

【平安の愛 編】 (追加)

「はつこひ」の巻 >>677

【小僧の秘めた想い 編】 (追加)

「8月15日」の巻 >>671
「小僧の誓い」の巻 >>713
「あの人のために」の巻 >>747

【みんな大好き!ひらちゃん 編】(追加)

「ひらちゃんの初恋 前編」の巻 >>667
「ひらちゃんの初恋 後編」の巻 >>668

【翔様とお嬢様 愛の軌跡 編】(追加)

「家族団欒」の巻 >>711
「ビニイル傘の幸せ」の巻 >>733
「桜井家、混乱?!」の巻 >>738

【浅草少年五人組 編】(追加)

「ぶろまいど」の巻 >>683

808 :ななしじゃにー:2001/02/11(日) 15:05
アンジェラ、ありがとう〜

809 :名無しでGO!:2001/03/06(火) 16:20
age age age age

810 :ななじゃにー:2001/03/13(火) 01:23
かなりイケテル小説ですね!


811 :ななしじゃにー:2001/03/19(月) 20:24
>810
私もココロからそう思います。

812 :ななしじゃにー:2001/03/21(水) 07:24
ageてみる

813 :鯖負担になります:2001/03/21(水) 10:38
終了したスレに書き込まないでください
●●終了●●●●●●●●●●終了●●●●●●●●
●●終了●●●●●●●●●終了●●



814 :ななしじゃにー:2001/03/24(土) 23:15
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 嵐ヲタはウザッ!逝ってしまえ!
  \ _ ___________
     ∨

   ∧ ∧         .Λ_Λ
  (@`@` ゚Д゚)        .( ´∀`)∵‥プシュ
━━つ━つ━━∞∞∞(  =======∵‥
〜/ ノ           | | | ∵‥
ι' U            (__)_)


815 :ななしじゃにー:2001/03/25(日) 15:12
  ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧
  ( ´∀`)   ( ´ー`)  ( `∀´)  ( ゚ ∀゚ )    ( ^∀^)
 (    つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━┳⊂     つ
 | | |  ┃ 嵐ヲタどもこの板から出て行け  ┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__)_)


816 :ななしじゃにー:2001/03/26(月) 00:32
  ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧
  ( ´∀`)   ( ´ー`)  ( `∀´)  ( ゚ ∀゚ )    ( ^∀^)
 (    つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━┳⊂     つ
 | | |  ┃ 嵐ヲタどもこの板から出て行け  ┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__)_)
  ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧
  ( ´∀`)   ( ´ー`)  ( `∀´)  ( ゚ ∀゚ )    ( ^∀^)
 (    つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━┳⊂     つ
 | | |  ┃ 嵐ヲタどもこの板から出て行け  ┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__)_)
  ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧
  ( ´∀`)   ( ´ー`)  ( `∀´)  ( ゚ ∀゚ )    ( ^∀^)
 (    つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━┳⊂     つ
 | | |  ┃ 嵐ヲタどもこの板から出て行け  ┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__)_)
  ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧
  ( ´∀`)   ( ´ー`)  ( `∀´)  ( ゚ ∀゚ )    ( ^∀^)
 (    つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━┳⊂     つ
 | | |  ┃ 嵐ヲタどもこの板から出て行け  ┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__)_)
  ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧
  ( ´∀`)   ( ´ー`)  ( `∀´)  ( ゚ ∀゚ )    ( ^∀^)
 (    つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━┳⊂     つ
 | | |  ┃ 嵐ヲタどもこの板から出て行け  ┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__)_)


231 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)