5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

被害者は刑事裁判の部外者である。

1 :ななしさん:2000/11/08(水) 21:36
検察官は公益の代表者として
犯罪者を起訴する。言わば国の代表。

被害者の怨みを晴らすために働いてるのではない。

被害者と警察が協力して犯人を罰すると思っている人は、
テレビドラマの見過ぎではないか?



2 :ななし:2000/11/08(水) 21:37
┌────────────────────────┐
│    ( ̄ ̄)                                |
│     )  (     馬 鹿 ス レ 認 定 証          |
│   /    \                               |
│    | Λ Λ |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .  認定番号 第103号   |
│    | ( ゚Д゚)< 馬鹿ちゃう? |                 |
│   \__/.\_____/                    |
│                                    |
│   このスレが2ch馬鹿スレ審査委員会の定める認定   |
│  基準(第5項)を満たしていることをここに証する。    |
│                                    |
│平成12年10月       2ch 馬鹿スレ審査委員会      |
│                   理 事 長  ひろゆき@管直人    |
│                  認定委員 名無しさん        |
└────────────────────────┘
 ■ 馬鹿スレ認定を受けたスレッドではsageで発言、
   あるいは放置してください。  、、、ひろゆき@管直人より
  



3 :↑ぷ!:2000/11/08(水) 22:16
ha?

4 :名無しさんさん。:2000/11/08(水) 23:28
復讐する権利がうんぬんとといってるやつは
1をよーくみやがれ

5 :???:2000/11/09(木) 00:39
>1
世間は、その状態を治そうとしているんだよ。

いいかげん、世論とズレた法運営をかざすのは止めてくれ。
国民は自国の法体系や運営にたいして改正を要求できるんだから。
法である以上、そのすべては改正の対象なんだよ。
イカレタ弁護死団体や、理想しか頭に無くてしかも何一つ自分では実行しない
人権屋どもは商法改正には何も言わないくせに。

だいたい、検察批判が巻き起こったのも、被害者無視して、検察審査会とかで
不当と認定されるような不起訴を連発してたからだろ。
検察が運営上で公益を代表しなくなっていると世間は気づき始めている。

6 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 00:43
馬鹿な国民によるいいかげんな世論なんぞ蹴り飛ばすのが
インテリゲンチアの務めである

7 :名無しさん:2000/11/09(木) 01:02
>5
検察審査会はバカの集まり。
兜山事件を起訴させたのは、バカ検審の犯罪的判断によるもの。
日本に陪審員制は根付かない。
なぜならバカだから。

8 :ハローきてぃ:2000/11/09(木) 01:29
自分以外はみんなバカだ、見たいな発言はやめましょう。
999でもそんなこと言ってた奴が、鉄郎の前で自滅してた。古いけど。

9 :名無しさん@1周年 :2000/11/09(木) 01:32
それを言ったらレス出来なくなる厨房がわんさかと・・・

10 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 02:34
世論って、、無関心だよ。
所詮ひとごと。
氏ね氏ねいってるのはこの板の腐れ厨房ぐらいのもんさ。

11 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 11:48
>1
それは手続きの問題であって、刑罰の問題じゃないよ。

12 :べんけい荘:2000/11/09(木) 17:33
>10番投稿者様
 全てがそうであるとは言い切れませんが、
「国民の考え」と「司法(裁判判決など)の考え」とが
食い違っています。
山口母子殺人事件なんかが典型的な例だと思います。
他にも、森総理の支持率が10%台。
支持者の意見は「ほかにいいひとがいないから」という
意見が多いです。
この国(日本)はどうなることやら。
相当明るい未来だな。

13 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 19:50
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   @`――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /   @`(・) (・) |
  (6       つ  |
  |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      /__/ /  <ウザ!!
/|         /\   \__________

14 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 20:27
┌────────────────────────┐
│    ( ̄ ̄)                                |
│     )  (     馬 鹿 ス レ 認 定 証          |
│   /    \                               |
│    | Λ Λ |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .  認定番号 第103号   |
│    | ( ゚Д゚)< 馬鹿ちゃう? |                 |
│   \__/.\_____/                    |
│                                    |
│   このスレが2ch馬鹿スレ審査委員会の定める認定   |
│  基準(第5項)を満たしていることをここに証する。    |
│                                    |
│平成12年11月       2ch 馬鹿スレ審査委員会      |
│                   理 事 長  ひろゆき@管直人    |
│                  認定委員 名無しさん        |
└────────────────────────┘
 ■ 馬鹿スレ認定を受けたスレッドではsageで発言、
   あるいは放置してください。  、、、ひろゆき@管直人より

15 :名無しさん@1周年:2000/11/11(土) 12:40
国家警察権力の横暴から、犯罪者を守る為に
裁判制度はある。

もし、犯罪者に人権がないのなら。
警察が逮捕して、自白がとれた瞬間に銃殺すればいい。

16 :名無しさん:2000/11/11(土) 12:47
被害者は殺すべき絶対悪です!リンチです!
被害者様の心を考えて心が痛まないあなたは鬼畜です!
死んでくださいです!

↑こんな事しか言えない奴は社会のヒエラルキーの底辺、
法律を変えられるほどの能力も権力も無い馬鹿どもだ。
本気で法を変えるつもりはなく感情に任せて
日頃のウサばらししてるだけだろ?(藁

17 :井上啓二:2000/11/11(土) 23:44
1は正しい。刑事裁判は被害者の復讐の場ではない。
だからこそ、刑事裁判で判決を受けて、刑が終わっても、
加害者は終生、被害者(遺族)に許されず、世間に
受け入れられることはない。
なぜなら、被害者の恨みを晴らし、世間を納得させる
場が存在しないからだ。

刑事裁判で恨みが晴れない以上、刑が終わっても
いつまでも恨まれ、憎まれ続ける。それが望ましいあり方
といえるだろう。

18 :名無しさん@1周年:2000/11/11(土) 23:47
人を憎む感情を持っている限り、
悟りに至ることはできない。

19 :つーか:2000/11/11(土) 23:50
刑罰が恨み憎しみをはらすためのものでないんだから、
刑罰がおわって出所した人間を憎むなってのは
かえって変だろ?

「裁判や刑は恨みを晴らす場ではありません。
 恨みは別な方法(村八分とか取引拒否とか陰口とか)で
 晴らしてください。
 方法は個人の自由ですが、自分が犯罪者にならない程度にね」
ってのが、国家の制度なのかな。

20 :>18:2000/11/11(土) 23:53
なんとなく言いたいことはわかりますけどね。
悟りは宗教家じゃないと、なかなか到達できないでしょうね。
日本は信教の自由を保証してるので、特定の「悟りの境地」を
国民に強制はできないですからね。

21 :名無しさん@1周年:2000/11/11(土) 23:58
近代法の立場では
国家は国民生活に
介入しないことを
基本にしています。

したがって、
刑罰以外の
被害者感情の救済や
犯罪者への社会的制裁
などには
積極的に関与しません。

22 :菩薩:2000/11/11(土) 23:58
憎しみや復讐のために加害者を殺すのはどうかと思うが、
愛と救済のために加害者を殺すのなら、むしろ良いのでは
ないか。
生命をもって償うしかない大罪を犯した者の罪を浄化し、
悪しき因縁を断ち切り、真に新たに生まれ変わらせるために
命を絶ち、成仏させることは、菩薩の行だとおもう。

23 :>21:2000/11/12(日) 00:02
したがって、
>刑罰以外の
>被害者感情の救済や
>犯罪者への社会的制裁
>などには
>積極的に関与しません。

つまり、上で言ってたように、犯罪者への憎しみが晴れない
ために、犯罪者が憎まれ続けて社会的制裁を受けることを
「止める」こともしないのが国家なんだね。
(犯罪者への迫害が犯罪の構成要件に該当しない限り)

国家は、被害者の恨みを晴らさない。
国家は、晴れない恨みを負ったままの加害者が、
社会に糾弾されても、救わない。

24 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:04
>22
オウムの教義で聞いた事あるよ(w

25 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:07
>23
それは、私人間の問題であり
一戦を超えないなら
特には問題とはならないでしょ。

26 :>21:2000/11/12(日) 00:15
刑事訴訟法的にはそのとおりだが、刑事政策的には
必ずしもそうではないよ。
欧米のように、刑事訴訟とは別な場で、被害者と加害者の
対話・和解の試みを設定する制度例もあるからね。
刑事裁判で被害者の恨みが晴れず、加害者が出所後も
恨まれ憎まれ続けるのでは、結局、加害者の社会復帰も
満足にできないことになるから。


27 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:24
>26
英米法と大陸法では違います。
日本は伝統的にはプロシア法(大陸法)が基本。
(戦後、英米法の影響もかなり強く受けているけど)
大陸法では、民事と刑事は全く分断されているんだ。
アメリカやイギリスの制度を真似出来ないしくみになってるんだよ。

28 :>27:2000/11/12(日) 00:30
それは訴訟法レベルの話でしょう。政策論的に「対話の場」
を設定することが不可能とまではいえない。
(どこまで強制できるかは問題があるし、否認事件など
困難なケースもあるけど)最近、研究されてますよね。

29 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:34
大陸法はローマ法(一部ゲルマン法加味)、英米法はゲルマン法の
流れが強いですからね。
ローマ法は犯罪について国家訴追であり、民事とは切り離していた
のに対し、ゲルマン法は私人が訴追し、民会で裁いていた。
後者は、刑罰の代わりに、人命賠償金(Wergeld)を加害者に払わせ
る、というふうに、刑事訴訟と民事訴訟は事実上一体化していた
のですよね。

30 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:37
>28
実際に、そのような制度が稼動しているのは、
アメリカ、イギリスです。
ドイツにも制度はありますが、利用されていません。

31 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:40
現実には、量刑判断では、被害者・遺族の応報感情を考慮
するということは当然あるでしょう。

つまり、手続法としての刑事訴訟では、被害者感情に左右
されない適正な手続にのっとって、被告人の人権に配慮
した公正な裁判を行なうことが必要。
しかし、実体法としての刑法の適用段階では、被害者感情
も考慮した厳しい判決が下されることはありえます。


32 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:43
つーか、被害者感情を刑法からいっさい無視して良いのなら、
「殺人罪の刑を懲役1年以下にしても、(殺人事件が増えない
 なら)かまわない」
という理論もなりたつね。

33 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:48
>32
国会で刑法改正すれば何の問題もないよ(w

34 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 00:50
裁判官って
法律を無視した判決を出しても
法的には何の責任も取らなくていいんだよね。
不思議だ。

35 :>32:2000/11/12(日) 00:53
実際には、「殺人罪の刑は1年」にしたら、復讐やリンチが
横行するだろうけどね。
その意味で、刑法の刑罰は、「被害者や大衆が、リンチを
(あんまり)する気にならない程度には重くしておく」
という配慮があるとはいえるね。

36 :>34:2000/11/12(日) 01:02
懲戒されることはあるんじゃないか?(裁判所法49条)
たとえば、執行猶予の不可能な犯罪(例:強盗殺人罪、内乱罪の
首謀)に執行猶予をつけたり、上限を超えた刑期を言い渡したり
したら・・


37 :もっとも:2000/11/12(日) 01:13
刑事裁判の入り口段階である「起訴」では、被害者・遺族の
意向に配慮する傾向がでてきたといえばいえるかな。
(特に交通事故)

38 :ご参考>37:2000/11/12(日) 01:21
http://news.yahoo.co.jp/headlines/mai/001111/dom/20150000_maidomc079.html

39 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 01:23
>36
誰に懲戒する権限があると思うの?
裁判官は一人一人独立した国家機関なんだよね。
上級審で判決が破れることはあっても
その責任を追及されることはないよ。

40 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 01:24
>>34
弾劾裁判は工房が習う事だぞ。
おまえ厨房か?
弾劾裁判なんか開かれてみろ一般人の比にならない晒し者。

41 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 01:27
>39
あんたも厨房決定。

42 :>39:2000/11/12(日) 01:34
裁判所法と裁判官分限法を知らないようだな。
司法自身が懲戒できるんだよ。

43 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 01:39
裁判所法49条(懲戒)
裁判官は、職務上の義務に反し、もしくは職務を怠り、または
品位を辱める行状があったときは、別に定める法律で定めた
ところにより裁判によって懲戒される。

44 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 01:49
>39
小難しい事を書いてる割には勉強してない奴だな。
憲法を勉強してる時に40、42は出てくるだろう?
最近は公民でも習うぞ。
判例で裁判官の懲戒処分が話題になってるだろ?

45 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 12:19
>44
あまり実態がわかってないんだな。
現実には、裁判官分限法で懲戒されるのは、
心身の故障によるものだけだ。
形式がそれなりに整っていれば
どのような判決が出されても
その判決に責任を追求されることはない。
そうでなければ、違憲立法審査権行使の主体とはなり得ないからな。

判例で問題になるのは、10年ごとの再任拒否についてじゃないか?


46 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 12:29
>40
裁判上の判断で、弾劾裁判にかけられる訳ねーだろ。
賄賂を受けとっていたということなら、そうなるかもしれんがな(w

47 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 12:42
>46
法的にありえない判決をやりまくるような判事でもか?

48 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 12:55
>47
裁判官は法と良心に基づいて裁判を行えば良い。
法が憲法の精神に反すると判断すれば
法を違憲判断して、判決を出すことも可能。
はっきり言って、やりたい放題。
法律判断を一官僚である裁判官に委ねている
日本の司法の欠陥と言える。

49 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 12:57
まぁ、高裁で破れるんだけどな。
先進的な判断がお好きな裁判官は
高裁に配置されることはないから(w

50 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 19:00
司法制度改革きぼーん

51 :"死神"大佐:2000/11/12(日) 19:04
偏った判決出す裁判官は出世できない・・・っと

52 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 19:12
支部から支部へ

53 :遺族感情に配慮する裁判官もいる:2000/11/14(火) 23:45
岩手県葛巻町で1998年4月、小学2年生の女児=当時(7つ)=を
乱暴、殺害したとして、殺人、死体遺棄などの罪に問われた元運転手
坂上久幸被告(47)の控訴審判決が14日、仙台高裁であった。
泉山禎治裁判長は「当初から殺意を抱いた計画的犯行とは言えず、量刑が
軽すぎるとはいえない」として1審の無期懲役を支持し、死刑が相当とした
検察側控訴を棄却した。
 しかし、泉山裁判長は「遺族が極刑を切望している気持ちも十分理解
できる」とし、「受刑開始後20年前後で仮釈放が検討される例もあるが、
本件はそのような短期間で仮釈放されるべき事案ではない」と異例の意見を
付けた。さらに、仮に釈放が検討される場合は、遺族から意見を聞くなど、
被害者感情に十分配慮すべきだとした。
[時事通信社 2000年11月14日 18:13 ]

54 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 00:50
法的根拠のない意見を
つけることは
越権行為です。

55 :被害者が公判で意見陳述!!:2000/11/18(土) 01:10
刑事裁判で被害者の意見陳述を認めた刑事訴訟法の改正に伴い、
東京地裁は17日、傷害事件の被害者の男性に29日の公判で
意見陳述を行うことを認めた。改正刑訴法に基づく意見陳述の決定は、
東京地裁では初。被害者は既に初公判で被害感情などを証言したが、
「被告人質問を踏まえて意見を述べたい」と申し出ていた。
[毎日新聞 11月17日]


56 :ココ山岡:2000/12/23(土) 00:09
age

57 :ココ壱番屋:2000/12/23(土) 00:27
たこが多いんだけど
釧路の裁判官は立派だったぜ,
あかんぼ殺しに=そく実刑だ

58 :優生学:2000/12/23(土) 00:55
>54
同意見
法的な根拠の無い意見は無意味です。
彼には、死刑判決を出すべきでしたね。

59 :始祖@弱小スレッドを保護する市民ネットワーク:2001/01/14(日) 02:33
木村

60 :名無しさん@1周年:2001/01/26(金) 04:01
是非上げましょう。

61 :厳密にいえば:2001/01/27(土) 09:52
一部改正された刑事訴訟法などのおかげで、「当事者」ではないが
まったくも「部外者」でもなくなった、という方が正しいよ。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)